初めての資産運用はウェルスナビ。その理由は

今から億り人を目指すならリスクを取るしかないよってお話し。

仮想通貨投資初心者の方。何種類の通貨を保有していますか?けっこうな種類を保有していませんか。

投資の本やサイトを見て、ポートフォリオを組むことが大事、分散投資でリスクを減らす!

ってことはよく聞く話です。

仮想通貨に投資している皆さんはどんな目的で投資していますか?

たぶん儲けたいって人が多いと思います。ぼくもその一人です。

(確かにブロックチェーン技術は素晴らしいものだとは思っています。が、ちょっと難しいw

ぼくは仮想通貨への投資をはじめて約半年になります。今までリスクを抑え極力損をしないようなトレードをしてきました。結果、資産全然増えてません

いろいろ考えた結果、一発大きく儲けたいならリスクを覚悟で一点集中する必要があるってことを考えています。(当たり前ですが)

億り人になってる人ってどこかで絶対リスクあるトレードしてるんですよね。

なので自分もそこを目指すならリスクとらなきゃ追いつかない。

分散投資してる場合じゃねぇ。リスクとって一点集中だ。

で、冒頭部分の質問の答え。

皆さんけっこう通貨もってませんか?もしかしたら多い人では10種類以上保有している人もいると思います。

確かに分散投資すれば、どれかが下落したとしても他の通貨でカバーできるのでリスクを低いです。

でもでも!

大きく儲けたいなら一点集中!!!

これに尽きます。

その手法は二つ。

暴騰しそうなアルトコインを見つける

例えば、10月にモナコイン(1週間で約8倍くらい)11月にビットコインキャッシュ(3日間で6倍くらい)が暴騰しましたね。

原資100万円だとして単純計算でこの流れにうまくのれている、かつ一点集中していれば、

100万円×8倍=800万円

800万円×6倍=4800万円

(こんだけうまくはまることはなかなかないですが。)

2ヶ月で100万円が4800万円(48倍)になっていた計算です。これであと2倍銘柄にのれば億り人です。

これから暴騰する銘柄

上記は暴騰したあとだから言える結果論。

一番難しいのはどの銘柄が暴騰するかの銘柄選びです。それがわかってれば誰でも億り人っすよね。

でも、この2ヶ月で暴騰した銘柄を振り返ることで次のチャンスがわかりやすくなるはず。

  • モナコイン

長い間底を打った動きをしていました。そこにbitFlyer上場のファンダ要素が出て暴騰

  • ビットコインキャッシュ

こちらも8月の付与直後に高値をつけてから長い間底を打ったような動き。そこに、BTCの分裂騒動の退避先として、さらにジハンのツイートなどもあり暴騰。

つまり、ファンダメンタル要素とテクニカル要素どちらも上向きになっている銘柄は暴騰する可能性が高いと言えます。

ってことは、次は○○○。いやぼくもわかりません。

こういった銘柄が次も暴騰するんじゃないでしょうか。

もしくはビットコインFX

こちらも可能性としてはかなりあります。

ツイッター上では億り人も現れています。

これもリスク覚悟の一点張り。

例えばこの1週間。

100万円の元手でレバレッジ約10倍・12枚保有していてショートが決まれば、

87万円の天井から61万円まで) → 312万円 一気に3倍です。

で、こういった暴騰下落は二ヶ月に1回くらいのスパンで起こっているのでチャンスはまだまだあります。

まとめ

最後は手法の話になっちゃいましたが、とにかく大儲けしたいならリスク覚悟で一点集中が必要だよってお話でした。

ぼくも今まで分散投資をしていて全然利益がのっていない状況です。

どこかで大勝負かけないと、このままずるずるいっちゃいそうですね。リスク覚悟の一点集中。

ぼくはビットコインFXに一点集中します!

ただし、短期トレードではなくレバレッジをかけた長期ロング!

 

おすすめ取引所をランキングで紹介!

おすすめ取引所ランキング!

めての仮想通貨投資には、この取引所から!
これから仮想通貨をはじめる初心者の方に”本当におすすめできる取引所”をランキング形式で紹介しています。

>>この記事を読む

 

ビットコインfxBTCFX取引所ランキング!

ビットコインFXをはじめるなら最強取引所を選びましょう…!
BTCFXの取引所選びはとても重要で信頼できる取引所でなければ満足にトレードできません。こちらもおすすめランキングで紹介しています!

>>この記事を読む

 

 

 

ABOUT ME
30代運用男子ノガミ
資産運用を初心者にもわかりやすく解説しています。

元駄菓子屋ラガーマンという異色の経歴の持ち主
>>元駄菓子屋ラガーマンがなぜ30代運用男子になったのか!?

↓↓↓最新の更新情報を配信

follow us in feedly

コチラの記事も読まれています