bitbank(ビットバンク)

【bitbank.cc(ビットバンク)】手数料なしでXRP(リップル)などのアルトコインが買える取引所!

XRP(リップル)をコインチェックで買っている人!ぶっちゃけ損してます!

ノガミ
ノガミ
え?なんで?

XRP(リップル)を買うなら絶対bitbank.cc(ビットバンク)です。

XRP(リップル)他、ETHやLTCがコインチェックよりも安く買えます。

その理由は、国内大手のコインチェックは販売所方式で、bitbank.cc(ビットバンク)は取引所(板取引)方式を採用しているからです。

これがbitbank.cc(ビットバンク)をオススメする1番の理由です。

そこで、今回はアルトコインをお得に買うことができるbitbank.cc(ビットバンク)のメリット・特徴を説明します。

bitbank(ビットバンク)とは?

日本国内の仮想通貨取引所で、プロ向けの取引所という紹介をしています。

引用:公式ホームページ

プロ向けということで初心者の方のハードルは高く見えそうですが、全然そんなことありません!!

むしろチャートは見やすいし、シンプルな構造で初心者にも使いやすい設計です。

会社概要は以下の通りです。

 

金融庁からの仮想通貨交換事業者の認可を受けています。(第4号)

bitbank.cc(ビットバンク)のメリット・デメリット

  1. 手数料なしでアルトコインが買える!
  2. 5種類のアルトコイン!
  3. 見やすくテクニカル分析できるチャート!
  4. セキュリティに安心感あり!
  5. 取引量が少ない…。

取引所でアルトコインが買える!

これが1番のオススメポイントです。

ビットバンクは取引所方式なので、bitFlyerやコインチェックより安くアルトコインが買えます。

なぜ安く買えるのか?理由は単純です。

ビットバンクは「取引所」方式、bitFlyer・コインチェック「販売所」方式だからです。

なぜ「取引所」方式のビットバンクのほうが安いのか

コインチェックでのアルトコイン売りと買いの価格を見てもらえばわかります。

※通常、この画面は見ることができません。moyashiさんの可視化ツールを使用しています。

3%以上の価格差があることが確認できます。これがコインチェックの取り分(手数料)です。

ちなみにこの価格差のことを「スプレッド」と呼びます。

bitFlyer・コインチェックのアルトコイン取引は販売所方式で、販売所から直接購入します。

小売店なんかと同じイメージですね。

つまり、間に販売所が入ることで手数料が発生しているってことですね。

対し、ビットバンクはすべてのアルトコインで「取引所」方式を採用しています。

このようなよく見る板取引ですね。

ビットバンクは「買いたい人」と「売りたい人」が板を通してマッチングしている取引の場を提供しているだけなので、売買のスプレッドはほとんどありません。

結果、XRPやLTCを買う場合、コインチェックよりもビットバンクが安く買えます!

これがビットバンクをオススメする一番のポイントです。

安くアルトコインが買えるビットバンク

5種類のアルトコイン!

さてさて、そんなビットバンクですが、5種類のアルトコインが上場されています。

  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

この中で、国内大手取引所で取引所方式で取引できず、ビットバンクでのみ取引できる通貨は、

XRP(リップル)とLTC(ライトコイン)です!

特にXRP(リップル)は日本人にも人気で12月から1月にかけて約10倍の伸長をしています。

XRP(リップル)を買うならビットバンク一択です。

見やすくテクニカル分析できるチャート!

さらにメリットとして、チャートが見やすく優れものです。

テクニカル分析によく使われるボリンジャーバンドやフィボナッチリトレースメントなど、多くのテクニカル分析に役立つツールが使用できます。

もちろん、かんたんに線をひいたりもできますよ。

手数料全ペア無料キャンペーン実施中!

キャンペーンも随時行われていて、現在は全ペア取引手数料無料キャンペーンが行われています。(〜6月30日まで)

内容は、文字通り取引手数料が無料になるキャンペーンです。

実はこのキャンペーン1月9日で終わりだったんですが、人気のためか期間を延長しています。

こういったところもbitbank(ビットバンク)のお客さま意識の高さが伺えますね!

手数料が無料のビットバンクを始める

セキュリティに安心感

コインチェックの流出事件以降、セキュリティに対する需要が増してきています。

その点、ビットバンクは安心感ありますよ。

取り扱い通貨すべてでコールドウォッレット管理です。

コールドウォレットとは?

コールドウォレットとは、オフラインタイプの仮想通貨ウォレットのことで、非常にセキュリティが高いウォレットと言えます。

逆にホットウォレットはオンラインタイプのウォレットで、常にリスクが付きまといます。

さらに多くの通貨でマルチシグ対応しています。

マルチシグとは?

マルチシグネチャーのこと。

秘密鍵を複数の保管場所に保管します。非マルチシグに比べてセキュリティが高くなっています。

取引量が少ない…。

取引量の少なさ、これがデメリットです。

国内大手3取引所(bitFlyer・コインチェック)・Zaif)と比較すると、登録者数が少ないのは確かで、売りや買いの注文が少ないため、注文が成立しない・スプレッドが広がる可能性があります。

大きな金額を動かす場合は、なかなか取引が成立しない場合もあります。

ただし、少額の場合はそこまで気にする必要はなさそうです。

また、この取引量の少なさを逆に利用することも考えられます。

例:大暴落が起こった際、買い板が少なく一瞬、大きく崩れたところを拾ってリバウンドで大きく利益を伸ばす方法。

これはなかなか起きるものじゃないしかなり難易度高めですが、指値を入れておくと可能性としてはあるかもしれません。

bitbank(ビットバンク)の口コミ

やっぱりXRP(リップル)買うならみなさんbitbank(ビットバンク)推してますね〜。

まとめ:bitbank.cc(ビットバンク)のメリット・デメリット

  1. 手数料なしでアルトコインが買える!
  2. 5種類のアルトコイン!
  3. 見やすくテクニカル分析できるチャート!
  4. 取引量が少ない…。

ビットバンクをオススメする1番の理由は、

取扱通貨すべてで板取引ができること。XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)がコインチェックより安く買えます。

XRP(リップル)が買いたいときには必須の取引所です。マストでの登録をオススメします。

 

▼今なら手数料無料キャンペーン中!ビットバンクの登録はコチラから▼

ビットバンクを使ってみよう

 

💲あわせて読みたい!ビットバンクの紹介記事💲

 

 

$資産運用を始めたいときに読む記事$

 

仮想通貨・仮想通貨をはじめようと思ったら読む記事

これから仮想通貨を始めたい!と思っている人のための記事です。これを読んで楽しい仮想通貨投資をしてみましょう!

bitcoin fx・仮想通貨をはじめてBTCFXに興味が湧いた人が読む記事

ビットコインFXの基本をイチから解説しています!

 

・投資金額が1000万円突破!資産運用のポートフォリオ公開

仮想通貨を含めた資産運用で投資金額が1000万円を超えました。そのポートフォリオをすべて公開しています。