BitMEX(ビットメックス)評判・登録方法・使い方【日本語対応・初心者向け】

どうも!資産運用に1,000万円以上つっこんでいるノガミです。

ノガミ
ノガミ
ビットコインFXしてるんだけど…国内取引所だとサーバーが重くて思うようにトレードできない…。

そんな疑問に答える取引所が「BitMEX(ビットメックス)」です・

今回の記事の概要

国内取引所でうまくトレードできていない・これからビットコインFXを始める人に読んでほしい!

この記事のポイントは?

  • BitMEX(ビットメックス)取引所の特徴・評判・登録方法・使い方まで完全網羅!
  • なぜ選ばれているのか・なぜトレードすべきなのか理由がわかります。
  • 使い方をゼロから解説していますので、すぐにトレードができるようになります。

国内取引所でビットコインFXをやっている人には、このような不満をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか?

現物価格からの乖離や独自ルールによる不利益な状態でのトレードなど困っていませんか?

本記事では、ビットコインFXができる取引所で最も人気&最強のBitMEX(ビットメックス)を紹介します。

BitMEX(ビットメックス)をゼロから完全に解説していますのでぜひ最後までご覧ください。

今だけ!このサイトから登録すれば6ヶ月手数料10%オフです…!

BitMEX(ビットメックス)とは?

ここ最近、ビットコインFXが流行中でその中でも抜群の人気を集めているのが「BitMEX(ビットメックス)」です。

▼BitMEX(ビットメックス)概要

運営会社HDR Global Trading Limited
所在地香港
会社HPhttps://www.bitmex.com
1日平均取引高30億ドル

BitMEX(ビットメックス)は日本の取引所ではなく、海外取引所になります。

ビットコイン以外にも複数のアルトコインのFX取引が可能。

現在の1日平均取引高は30億ドル(3,000億円以上)を超えていて、BitMEXのメイン取引ペアである「XBT(BTC)/ USD」は、世界で最大の取引高を誇っています。

▼取引所出来高ランキング

圧倒的取引量ですね。まさにケタ違い。

5言語に対応済みで世界中の方がBitMEX(ビットメックス)でトレードをしています。

 

BitMEX(ビットメックス):メリット・デメリット

✔ BitMEX(ビットメックス)のメリット

  • 最大レバレッジ100倍!
  • 取扱通貨(BTC/ADA/BCH/EOS/ETH/LTC/TRX/XRP)
  • 追証なしのゼロカット
  • サーバーが軽く遅延なしでサクサク動く
  • 日本語表示に対応
  • 手数料がもらえる(手数料割引サービスもあり)
  • 強固なセキュリティ
  • 登録は3分あれば完了

 

✔ BitMEX(ビットメックス)のデメリット

  • リスク管理を怠るとすぐ口座が吹っ飛ぶ
  • 日本円ではなくUSD(換算)でのトレード

メリット多すぎですねw

BitMEXメリット①:最大レバレッジ100倍!

BitMEX(ビットメックス)最大の特徴であり最大のメリットがレバレッジ100倍です。

レバレッジを1倍〜最大100倍まで自由に設定できます。

▼レバレッジのイメージ図レバレッジとは…自分の元手を証拠金として、数倍~数百倍の金額で取引できます。これをレバレッジといいます。

国内取引所での最大はQUOINEX(コインエクスチェンジ)の25倍。国内最大手bitFlyer15倍です。

そんな中、BitMEX(ビットメックス)の最大レバレッジが驚愕の100倍です。

▼他社と比較

取引所最大レバレッジ
BitMEX(ビットメックス)100倍
ビットフライヤー15倍
QUOINEX(Liquid)25倍
ビットバンクトレード20倍
GMOコイン10倍
DMM Bitcoin5倍
HUOBI20倍
OKCoin20倍

国内最大手bitFlyerのレバレッジ15倍とBitMEX(ビットメックス)のレバレッジ100倍がどれほど違うのか比較してみます。

bitFlyerとBitMEXを比較

原資10万円(ビットコイン価格100万円とした場合)

  • bitFlyer150万円までポジションが持てる→1.5
  • BitMEX1000万円までポジションが持てる10

このようにレバレッジを使えば自分の証拠金以上のトレードができ効率的にトレードすることができます。

さらに100倍でうまく利幅をとれた場合は、少額の原資でも一気に総資産を増やすことが出来るのです。

これがレバレッジ100倍の魅力ですね〜。

ただし、逆方向にいくと損失!一気に含み損が膨らむこともあります。

ノガミ
ノガミ
えっ?増えるときはいいけど、マイナスになったらとんでもない借金を抱えちゃうじゃん!

こう思った方も多いはず。心配になった方は次の項目をご覧ください。

BitMEXメリット②:追証なしのゼロカット

BitMEX(ビットメックス)には追証がありません。

bitFlyerなどは急激な下落にサーバーがダウンしロスカットが発動しなかった事例があります。

このように、ロスカットが発動せず借金を背負ってしまうことは絶対に避けるべきです。

その点、BitMEX(ビットメックス)では「ゼロカット」が導入されており、証拠金を下回った損失に対し支払いを行う必要はありません。

つまり、100倍レバレッジというハイリスクなトレードをしていても、借金を背負うことはないということです。

なお、ゼロカットについてはこちらの記事「BitMEXの追証なしのゼロカットとは?仕組みとメリットを徹底解説!」で仕組みからメリットまで解説しています。

 

\BitMEXは借金にならない

※今、こちらから登録すれば6ヶ月手数料10%オフです!

BitMEXメリット③:アルトコインでもレバレッジ取引可能

国内では限られた取引所でしかトレードができないアルトコインでのレバレッジ取引ですが、BitMEX(ビットメックス)はもちろん対応しています。

▼対象アルトコイン

銘柄最大レバレッジ
ADA(エイダ)20倍
BCH(ビットコインキャッシュ)20倍
EOS(イオス)20倍
ETH(イーサリアム)50倍
LTC(ライトコイン)33.3倍
TRX(トロン)20倍
XRP(リップル)20倍

アルトコインはビットコインよりさらに値動き(ボラティリティ)が激しくうまくハマればさらに利益を積み重ねることが出来ます。

様々な選択ができるのもBitMEX(ビットメックス)のメリットですね。

BitMEXメリット④:遅延なしでサクサク動く

ハイレバレッジでトレードする上でかなり重要な部分で、価格の動きと逆のポジションを持っていた場合、ダメージが浅いうちに損切りをしようと注文を出しますよね。

しかし、サーバーが重く注文が入らない&遅延している状態だとどうでしょうか。

注文が入る前に価格が動き、まったく損切りができない状態になります。

実際にぼくはbitFlyerでの注文が遅延し(注文が通らず)強制ロスカットをくらっています

BitMEX(ビットメックス))ならこのような遅延も発生しないので無駄なロスカットの確率は減ります。

BitMEXメリット⑤:日本語表示に対応

海外取引所を使うにあたりこれは嬉しいですね!

自動翻訳機能ではなく、ほぼ完璧な日本語対応しているのでわかりづらい部分すらありませんよ。

ヘルプページも日本語化されていますよ。

▼PC画面

▼スマホ画面

BitMEXメリット⑥:手数料が安い、しかも“もらえる”

BitMEX(ビットメックス)はマイナス手数料を導入しています!

Maker※ならマイナス手数料(-0.025%)になり、手数料が「もらえます」

つまり、注文を新しく板に並べて、それが約定されたときにマイナス手数料が発生します。

マイナス手数料をうまく活用することでさらに利益を上乗せすることができますよ。

逆に、Taker※の場合は0.075%の手数料がかかります。

  • Makerとは・・・注文を新しく板に並べること
  • Takerとは・・・成行やすでに板に並んでいる注文を消化すること

ですが、下記リンクから登録すれば「6ヶ月手数料が10%オフ」になるキャンペーンを実施中です。

0.075%かかってしまう手数料が、こちらから登録すれば10%オフになります。

普通に登録したら10%オフにはならないのでぜひ下記リンクからどうぞ!

 

\このサイトから登録で無駄な手数料削減

6ヶ月手数料10%オフです!

BitMEXメリット⑦:強固なセキュリティ

ノガミ
ノガミ
海外取引所ってセキュリティ面は不安…。

ぼくも最初は海外取引所だから不安はありました。

でもよくよく調べていくうちにBitMEXは、非常に高いセキュリティ評価ということがわかりました。

取引所のセキュリティ対策で必須とされている、

  • マルチシグに対応
  • 100%コールドウォレット管理

をBitMEXでは実装しています。

さらに、ウォレットをオンラインにするのは出金時のみ。その出金時にも運営の手作業で承認作業を行なっているとの。

ここまで対応していると非常に安心感が持てますね!

BitMEX公式ブログでも、そのことは語られています。

今でもマルチシグを使用するすべてのトランザクションで 100% コールドウォレットを使用しています。ブロックチェーンでの 3BMEX トランザクションを見れば、そのことを確認できます。1,250 日連続(!)で、私たち 3 人のうち少なくとも 2 人は起きたら、その日の出金を確認し、当社のリスクチェックをしたら署名して、署名する次のパートナーに引き継いで、最終的にブロードキャストしました。

参考:BitMEX公式ブログ

セキュリティ分析ツールを使って調べたところ、BitMEXは最高評価となっています。

▼セキュリティ分析ツールを使った調べた結果

引用:取引所セキュリティスコア

参考:仮想通貨取引所のセキュリティ分析をまとめて実行するスクリプト作った

一概にこのセキュリティ分析ツールの結果が全てじゃありませんが、いずれにしろセキュリティの高さは評価されています。

つまり、セキュリティについては、控えめに言っても安心して利用できるレベルです。

BitMEXデメリット①:リスク管理を怠るとすぐ口座が吹っ飛ぶ

BitMEX(ビットメックス)のデメリットというよりは、ビットコインFX全般に言えることです。

レバレッジ100倍なら魅力がたっぷりと書きましたが、その逆ももちろんあります。

先ほどの例で逆に考えてみましょう。

bitFlyerとBitMEXを比較

原資10万円(ビットコイン価格100万円とした場合)

  • bitFlyer150万円までポジションが持てる→1.5
  • BitMEX1000万円までポジションが持てる→10

 

ロングポジションでビットコイン価格が1万円下落した場合、

  • bitFlyer1.5万円の損失  総資産 8.5万円
  • BitMEX 10万円の損失  総資産0

今のビットコインなら数秒で1万以上価格が動くこともあります。

トレンドの逆にポジションを持ってしまうと、一瞬で口座が吹っ飛びます。

ハイレバレッジでトレードする際は、かんたんに口座が吹っ飛ぶというリスクも理解してトレードしましょう。

ただし先ほども述べましたが、ゼロカットがあるので借金になることはありません。

 

\BitMEXは借金にならない

6ヶ月手数料10%オフです!

BitMEXデメリット②:日本円ではなくUSD(換算)でのトレード

BitMEX(ビットメックス)USDとのペアでトレードをします。

今までbitFlyerや国内取引所を使ってきた方は最初戸惑うかもしれません。

ざっくり1USD110と考えるとよさそうです。

また、トレードに勝った場合の利益はBTCでもらうことになります。

マイナスの場合は、BTCが減ります。

勝っても負けても、増減しているのが円じゃないので現実味があまりないんですね…。

ゲーム感覚でトレードしちゃうので、歯止めがきかなくなることがあります…。

 

BitMEX(ビットメックス)の評判・口コミ

BitMEX(ビットメックス)のサーバーの強さの評価は高いですね。

さらにゼロカットを導入しているので安心感がありますね!

 

BitMEX(ビットメックス)登録方法

カンタンすぎて1分で終わります。

まずは公式サイトにアクセス。

▼英語表記になっているので、日本語表記に変更します。

メールアドレス・パスワード・氏名を入力します。

その後、確認メールが登録したメールアドレスに送信されるので、メール中にある認証URLをクリックして登録完了です。はやい!

二段階認証の設定

二段階認証の設定も確実に行っておきましょう。

▼トップページからマイアカウントを押します。

▼マイアカウントから二段階認証の設定で設定できます。

以上で設定完了です。

BitMEX(ビットメックス)の使い方

ここからはBitMEX(ビットメックス)でゼロからトレードをはじめる方向けの解説となっています。

かなり詳しく書いているのでぜひ参考にしてください。

  • ① 入金方法
  • ② 出金方法
  • ③ 基本的な取引方法
  • ④ 注文方法
  • ⑤ 決済方法
  • ⑥ 特殊注文
  • ⑦ レバレッジの設定
  • ⑧ 手数料を抑える方法

 

BitMEX使い方①:入金方法

まずは入金方法から解説していきます。

トップ画面のアカウントをクリック

▼入金を選択し、ビットコインを送金

入金をクリックし、右の画面でビットコインのアドレスが表示されますので、他の取引所やウォレットから送金すれば完了です。

最小入金額は 0.0001BTCです。

入金はビットコインだけ

BitMEXの入金はビットコインのみです。

円では入金できないので日本円しかない場合は、国内取引所でビットコインに変えてから送金してください。

 

BitMEX使い方②:出金方法

出金もビットコインのみになります。

▼出金を選択し、送金先情報を入力

入金と同様のアカウント画面から出金を選択します。

その後、送金先アドレス・数量・手数料を入力して送金します。


BitMEX(ビットメックス)の出金は1日1回となっており、22時までの依頼分を取りまとめ送金しています。

急ぎで必要な場合は注意が必要です!

送金手数料は少し高い!

推奨手数料は0.001BTCで約1,000円。

自分で手数料は変更できるので、ビットコインのトランザクションの状況を確認して、混雑していなかったら手数料減らすことも検討してください。

 

BitMEX使い方③:基本的な取引方法

基本的にはログイン後のトップ画面で取引を行います。

①注文

ロングやショートの注文はここから。

②レバレッジ設定

レバレッジ設定ができます。クロスマージンから1倍〜100倍まで可能

③契約の詳細

24時間出来高や満期日、資金調達率など重要な情報が記載されている

③通貨ペアの設定

通貨ペアが設定できる

⑤オーダーブック(売り板/買い板)

オーダーブックです。

⑥約定履歴

BitMEX全体の約定履歴

⑦チャート

BitMEXのチャートはTradingViewが採用されています。

>>BitMEX(ビットメックス)チャートの使い方!【80種類以上のインジが使える】

⑨自分のポジション、アクティブな注文、約定・注文履歴など

現在保有中のポジションや注文、過去の注文履歴など

BitMEX使い方④:注文方法

基本的な注文方法「指値」「成行」の他にも、下記の特殊注文も行うことができます。

  • 「ストップ指値」
  • 「ストップ成行」
  • 「トレイリングストップ」
  • 「利食い(指値)」
  • 「利食い(成行)」

まずは基本的な「指値」「成行」について説明します。

指値注文

BitMEX(ビットメックス)の場合、1BTC=1XBTと表示しています。

  • 数量:買いたいXBTの数量 → 50,000USD分の数量
  • 指値:買いたいXBTの価格 →   6,425XBTになったら買うor売る
  • コスト:上記指値の場合の必要証拠金
  • 注文価額:上記指値で約定した場合のXBTの数量
  • 利用可能残高:現在自分が保有しているXBTの数量

つまり、具体的には下記のようになります。

保有証拠金:0.515XBT

必要証拠金0.0886XBTで50,000USD分のXBTを、ビットコイン価格6,425USDで指値注文している

今回は買いたい場合で説明しましたが、もちろんショートも可能です。

Maker手数料について

Maker手数料は-0.025%なので、指値で設定した価格が板に並び約定した場合、手数料がもらえます。

成行注文

成行注文の考え方はかんたんです。入力項目は数量のみです。この場合、5,000USD分を板に並んでいる注文から約定していきます。

成行注文はTakerになるのでTaker手数料がかかってしまいます。

なので、急に決済しなければいけない場面以外は手数料がもらえる指値注文をしましょう!

BitMEX使い方⑤:特殊注文

ここから特殊注文について解説していきます。

ストップ指値・ストップ成行

ストップ指値=逆指値(含み損をロスカットする)機能です。

上記画像は、指値10,000ドル、ストップ価格(トリガー価格)を12,000ドルとしています。

BTC価格がトリガー価格12,000ドル以下になると、11,000ドルの指値注文を自動的に発注する注文方法です。

ストップ注文を出しておくと、自分のロスカット基準にあわせて設定しておくことで自動的にカットしてくれます。

ぼくは寝ロング、寝ショート(チャートが見れない期間)する場合に設定していますよ。

※ ストップ成行はトリガー価格になった時に、成行で自動的にカットしてくれます。

利食い指値・利食い成行

利食い注文は上記ストップ注文の逆、プラス方向に動いている際(含み益が出ている状況)の決済方法です。

設定したトリガー価格になった際に、指値で決済、もしくは成行決済してくれます。

トレイリングストップ

設定したトレイル値を超えたタイミングでストップ成行が発動する注文方法です。

トレイル値を設定して、ポジションを持ったところからストップ注文が自動で更新されていきます。

具体例:ロングポジションでトレイル値を-100ドルにした場合

現在価格1000ドル →  900ドルになった時点で自動的に決済

価格が高騰し1500ドルになった →  1400ドルになった時点で自動的に決済(決済される価格も自動的に更新されます。)

含み益が出ている状態で、トレイリングストップを設定しておけばその時点でその取引がマイナスになることはありません。

つまりそnトレードは勝ち確…!損をしたくないときには積極的に使いたい機能です。

 

\トレイリングストップで勝ち確

※今、こちらから登録すれば6ヶ月手数料10%オフです!

 

BitMEX使い方⑥:決済方法

トップ画面のポジションから決済を行います。

ポジションに表示されているのが今、自分が保有しているポジションです。

一番右端に決済ボタンで以下2種類の決済をを行うことができます。

  • 指値で決済
  • 成行で決済

もしくは、逆ポジションの注文を行うことでも決済可能です。

今、買いポジションだったら売りをすれば決済ということになります。

BitMEX使い方⑦:レバレッジの設定

保有しているポジションに対しレバレッジを設定することができます。スライダーを動かして倍率を設定することができ、後からでも変更可能です。

BitMEXのレバレッジは、クロスマージンと分離マージンがあり、

一番左の「クロス」になっていればクロスマージン、それ以外は分離マージンということになります。

クロスマージン

常に最大レバレッジがかかっていて、BTC/USDだとレバレッジ100倍で固定されています。

そして、残高のすべてが証拠金に使われています。

例えば、急な価格変動でロスカットされた場合は、残高全てが証拠金として使われ大きな損失を生んでしまいます。

ですがその分証拠金維持率は高くなるのでカンタンにカットされづらくなりますよ。

分離マージン

クロスマージン以外の場合は、10倍・20倍・30倍・・と設定した倍率でのレバレッジとなります。

クロスマージンと違い、残高すべてが証拠金に使われることはありません。

ポジションを取った時に使用した残高のみ証拠金として使われます。

急な価格変動でロスカットされた場合でも、ポジションを取った時に使用した証拠金のみがロスカットの対象なので、残高全てがなくなることはありません。

状況に応じた最適なレバレッジの設定を!

常にクロスマージンにしておくと、一回の価格変動ですべての残高が吹き飛ぶ可能性があります。

 

ノガミ
ノガミ
じゃあクロスマージンは使わないほうがいいってこと?

いいえ!そんなことはありません!

確かにクロスマージンでロスカットされた場合は、残高すべてがなくなってしまいますが、自分で証拠金維持率を調整することができるんです。

分離マージンの場合は、常に証拠金維持率が100%からスタートします。レバレッジをあげればそれだけロスカットまでの値幅が小さくなります。

つまり、証拠金維持率が100%だと、ボラティリティが高いビットコインではロスカット基準に到達してしまう可能性が非常に高いということです。

クロスマージンは残高に応じた証拠金維持率になります。

なので、多めに残高を入れておき保有ポジションを小さくしておけば、高い証拠金維持率を保てるということですね。

ロスカット基準に到達する可能性も低くなります。

ただし万が一ロスカットされた場合は残高すべてなくなりますw

ということで、相場の状況と自分のトレードスタイルを考えて、クロスマージンなのか分離マージンなのかを見定めましょう。

 

\途中でレバレッジが変えられる珍しい取引所

※今、こちらから登録すれば6ヶ月手数料10%オフです!

 

BitMEX使い方⑧:手数料を抑える方法

BitMEX(ビットメックス)での手数料は以下の通りです。

メイカー=板をつくる注文をすれば、マイナス手数料=0.025%もらえます。

逆に、テイカー=すでに板にある注文や成行をすると、 0.075%の手数料を取られてしまいます。

そこで役立つのが、POST-ONLYという機能です。

Post-ONLYとは、テイカーになってしまう注文を自動的にキャンセルする機能です。

にチェックを入れておけば、無駄な手数料を取られることはありません。

ただし、急な値動きですぐ決済したい場合は、指値に指さらない可能性もあるので、その場合はチェックを外し成行決済することも必要です。

いくら手数料を払いたくないからと決済が遅れ、それ以上に損失を出してしまうのはもったいないですよ。

資金調達手数料(Funding手数料)

ビットコインの現物価格とBitMEX(ビットメックス)のXBT価格の乖離を少なくする目的の手数料になります。

8時間に1回適用されます。(日本時間 5時、13時、21時)

上記画像(トップページ左下)の場合、

6時間後に、ロングポジションは0.01%分の支払い手数料、逆にショートポジションは受け取り手数料が確定します。

逆に-0.01%となっていると、ショートポジションが支払いとなり、ロングポジションが受け取りとなります。

ページ上で資金調達率にカーソルをあわせると、8時間後の資金調達率予測を確認することができます。

プラス側に増えていれば、ロングポジションが増加している。

逆にマイナス方向に増えていればショートポジションが増えていることが推察されます。

さらに資金調達手数料は状況によってかなり変動します。

ビットコイン現物価格が大きく動いた時は、この手数料も大きく動く傾向があります。

スイングトレードしている場合は、この手数料を意識しておく必要がありますよ。(支払う場合も、受け取れる場合もあるので。)

 

BitMEX使い方:よくある質問

ノガミ
ノガミ
出金はいつされるの?

毎日1回のみ、日本時間午後10時に出金されます。

(5/10)現在、推奨手数料は0.001BTCですが、私は0.0005BTCでも問題なく着金しましたよ。

BitMEXのセキュリティ評価は非常に高く、マルチシグに対応していて100%コールドウォレットで管理しています。

さらに、運営3人のうち最低でも2人で出金の承認を手作業で行なっているとのこと。

そのため、毎日1回のみの出金となっています。

不便とも思われるかもしれませんが、GOXされるよりは全然いいですよね!

参考:BitMEX テクノロジーの規模拡張(BitMEX公式ブログ)

 

BitMEX(ビットメックス)の手数料割引は6ヶ月まで

BitMEX(ビットメックス)は紹介リンクから登録すると、手数料10%オフのプロモーションを行っていますが6ヶ月経つと終了してしまいます。

ですが、新たにアカウントを変更して再登録することで再度手数料10%オフにすることができますよ。

>>【BitMEX(ビットメックス)】手数料10%オフは初回登録から6ヶ月まで!すでに6ヶ月経ってたら再登録しよう!

アカウントを変えることで取引履歴や実績は引き継ぐことができませんが、手数料10%オフは継続させることができます。

再登録すれば6ヶ月手数料10%オフです…!

 

まとめ:BitMEXのレバレッジ100倍は魅力的

ノガミ
ノガミ
少ない資金で大きく儲けられるチャンスあり!

遅延なくサクサク動作したり、アルトコインでトレードできたりとレバレッジ以外の特徴もあるのがBitMEX(ビットメックス)です。

レバレッジと聞くと、初心者の方は「怖い」「危ない」というイメージがあるかもしれません。

しかし、リスク管理やレバレッジコントロールができるようになれば安心の取引できるようになります。

さらにゼロカットを完備しているので元手以上に損すること(借金になること)はありません。

魅力あるレバレッジ100倍の威力をぜひ感じて下さい!

一度試しにBitMEX(ビットメックス)を使ってみることをオススメします。

今だけ!このサイトから登録すれば6ヶ月手数料10%オフです…!

 

BitMEX(ビットメックス)の関連記事

この記事を見て、BitMEXを始めてみたいと思った方は参考にしてみてください。

BitMEXとbitFlyerを比較

ビットコインFXといえばこのBitMEXとbitFlyerの2大取引所。徹底解剖しつつ比較しました。
ビットコインFXの取引所選びで悩んでいる方にとても有益な記事なのでぜひ一読ください。

>>この記事を読む

 

ゼロカットの仕組み

BitMEXは借金にならないゼロカットを導入しています。その仕組みと本当に安全なのか解説しています。ハイレバレッジで取引するなら必須の仕組みです。

>>この記事を読む

 

その他の記事はコチラから → BitMEX(ビットメックス)を徹底解説!

 

ABOUT ME
ノガミ@1000万円資産運用中
資産運用を初心者にもわかりやすく解説しています。

元駄菓子屋ラガーマンという異色の経歴の持ち主
>>元駄菓子屋ラガーマンがなぜ30代運用男子になったのか!?

コチラの記事も読まれています