コインチェックFXを解説!レバレッジを使って効率的に稼ぐ【現在は停止中】

投資初心者
投資初心者
コインチェックでビットコインFXできるの?
のがたか
のがたか
今は停止中!だけど復活の日は近い!?

コインチェックでは、ビットコインのFXレバレッジ取引が行えました。

行えた。ということは現在は停止中です。

レバレッジ取引を使えば、少ない資金で大きな利益を狙うことができます。

レバレッジ取引は実際の資金より大きな額を取引できますが、だからこそ損失が出た時に備えておきたいものです。

コインチェックで行われれていたレバレッジ取引の仕組みやポイント、知っておきたい用語を紹介します。

※なお、先にコインチェックを詳しく知りたい方は、コインチェックメリット・デメリット・評判!初心者向けの仮想通貨取引所…それって本当…?をご覧ください。

コインチェック(coincheck)メリット・デメリット・評判!初心者向けの仮想通貨取引所…それって本当…? ぼくは仮想通貨に2017年2月から参入しました。当時、コインチェックではじめて仮想通貨を買ったとき、 「こんなにかんたんに...

FXの基本をおさらい

FXとは「Foreign Exchange」の頭文字を取った言葉で、本来は「外国為替証拠金取引」という意味です。

ドルなど外国の通貨は、為替レートによって価値が上下しますよね。その為替レートの動きに合わせて取引して利益を生み出していく取引を、FXといいます。

FXをしたことがない人からすると、

「FXといえば、資産運用の中でもリスクが高い」

というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?

FXがハイリスク・ハイリターンといわれる理由として、“レバレッジ”が大きく影響しています。

レバレッジについては後で詳しくご紹介しますが、運用方法によってはFXもリスクを抑えることができますよ。

FXは外国為替“証拠金”取引というだけあって、証拠金を準備する必要があります。

証拠金とは?

FX取引をする際必要となる証拠金。

もちろんコインチェックを介して仮想通貨でFX取引を行う時も必要となります。

証拠金とは、FX取引をする時に使うお金の事です。

「軍資金を10万円使ってFXをはじめる」という時は、その10万円が証拠金となります。

(証拠金は日本円のみです)

少ない元手で大きい利益を生み出せる「レバレッジ」

取引の1種であるレバレッジとは、前述した「証拠金」よりも大きな金額を取引できるものです。

レバレッジには「倍率」があり、銘柄や種類によって違いがあります。

コインチェックの場合、レバレッジは5倍までです。

つまり10万円を証拠金としてレバレッジ取引をすると、10万円×5倍で最大50万円分の取引を行えます。

FXがハイリスク・ハイリターンであるといわれるポイントは、このレバレッジ取引にあるのです。

利益が出た場合は証拠金よりもずっと大きい利益が出るので、「ハイリターン」となります。

損失の可能性もある

しかしFX取引は、損失が出る可能性もあるのです。

つまりレバレッジ取引では、損失が出た場合は証拠金よりも大きい金額が損失額となります。

これが「ハイリスク」といわれる点ですね。

そもそもレバレッジとは「てこの原理」という意味です。

てこの原理で重いものを持ち上げる要領で、FX取引でも少ない金額で大きな利益を狙うのがレバレッジ取引の基本的な考えです。

※ちなみにレバレッジ取引の反対は、現物取引となります。現物取引の場合は用意した資金以上の取引はできません。

普通に仮想通貨を買う場合は現物を買っていることになります。

売ること(ショート)からはじめられる

ビットコインFXでは「ショート」といって、売ることからはじめられます。

取引では先に買ってから売るのが原則です。

しかし、FXの場合、持っていないものを高く売り、値段が下がった時に安く買い戻すという取引ができるのです。

ショートは仮想通貨の価値が下がっても利益を出せる方法。

専門的な言い方ですが、買うことを「ロング」、売ることを「ショート」といいます。

コインチェックが見事に復活!

無料で口座開設。5分程度でカンタンに登録できます  

コインチェックFXの仕組み

コインチェックFXの特徴を解説します。

ポイント3つ:

  • レバレッジ取引には手数料が発生する(スワップ手数料)
  • ロスカット率は50%
  • レバレッジは自分で決められる!

レバレッジ取引には手数料が発生する(スワップ手数料)

レバレッジ取引は、現物取引と違って、日をまたぐごとに手数料が発生します。

この手数料を「スワップ手数料」(またはスワップポイント)といいます。

以下のように、レバレッジ取引の場合は買い(ロング)と売り(ショート)で手数料が異なります。

買い(ロング)0.04%/日
売り(ショート)0.05%/日

日を跨ぐ度にスワップ手数料が徴収されるので、長期で保有するのではなく、1日以下の短期で取引されるケースが多い。

スワップ手数料は取引所によって異なりますが、コインチェックの手数料は普通です。高いわけでも安いわけでもないですね。

FXで日をまたいだレバレッジ取引をするときは覚えておいた方がいいでしょう。

ロスカット率は50%

コインチェックのレバレッジ取引では、ロスカット率は50%です。

レバレッジ取引は倍率を上げて取引できるため、前述した通りハイリスクなもの。

そのため大きな損失を防ぐために、「ロスカット」という仕組みが用意されています。

ロスカットとは別名「損切り」ともいわれ、所有している仮想通貨FXの損失が大きくなった時、損失額を大きくしないための強制決済方法です。

ある程度の損失が出るけれど、それ以上資産損失を防ぐことができますよ。

何に対する50%かと言うと、取引する時元手にしている証拠金の維持率となります。

例えば証拠金が10万円だった場合、50%は5万円。

つまり、所有しているビットコインの価値が5万円を下回るとロスカットとなり、自動的に決済されます。

レバレッジ取引におけるロスカットは損失を増やさない救済措置ではありますが、

「もう少し待ったら損失が回復するかも…」

という可能性がなくなってしまうものでもありますので、ロスカットとならないよう注意が必要です。

コインチェックが見事に復活!

無料で口座開設。5分程度でカンタンに登録できます  

【ポイント】レバレッジは自分で決められる!

コインチェックのレバレッジは最大が5倍です。

「絶対5倍で運用しなければいけない」と思う人もいるのですが、実はそんなことはありません。

あくまでもFXの“最大”レバレッジが5倍というだけで、5倍以下なら自分で自由に決めて構いません。

つまり、「損失に備えて2倍で運用してみよう」という選択もできるということです。

ハイリスク・ハイリターンといわれるFXですが、レバレッジの倍数を自分で決めることで、万が一損失が出た時のリスクヘッジができますよ。

コインチェックFXのやり方・使い方

コインチェックFXの使い方を解説します。

口座を開設する

コインチェックでFXのレバレッジ取引を始める場合、まずはコインチェックで口座を開設する必要があります。

登録は、コインチェックの公式サイトにある[新規登録]から行います。

メールアドレスとパスワードを入力した後、入力したアドレスに届いたURLをクリックします。

その後電話番号による認証があり、最後は本人確認書類の写真データと、本人確認書類と自分を一緒に撮影したセルフィー画像を指定の場所にアップロードして登録を進めていきます。

登録後数日待てばコインチェックから本人確認完了のはがきが到着して、コインチェックの口座は準備完了となります。

証拠金を入れてレバレッジ口座に振替

コインチェックでFXのレバレッジ取引を行う場合は、まず証拠金が必要です。

通常の口座に日本円を入金した後、使いたい分だけレバレッジ口座に振り替えを行います。

レバレッジ口座に証拠金が振り返られたら、いよいよレバレッジ取引を行います。

レートや注文量・買い(ロング)か売り(ショート)かを選び、注文へと進んでいきます。

現在は停止中

メリットも大きいコインチェックのFXレバレッジ取引ですが、2018年の5月以降中止したままとなっています。

残念ながら再開の目処はたっておらず、現在は新規借り入れが行えません。

NEM流出事件から立ち直ったコインチェック

コインチェックといえば、国内でも有名な仮想通貨取引所で、扱っている仮想通貨の種類も豊富である点が特徴です。

スマホ用のアプリは使いやすいと評判で、ダウンロード数は日本一ともいわれています。

そんなコインチェックですが、2018年にハッキング被害を受けたことで一時的に取引を中止せざるを得ませんでした。

海外のハッカー集団がコインチェックに不正アクセスしたことで、仮想通貨の1種であるNEM(ネム)が流出。

被害額は580億円と大規模な事件です。

2019年1月下旬には金融庁から業務改善命令が下るなど、世間をにぎわせていました。

不正アクセスが大きく報じられたことで、「仮想通貨は危険」というマイナスイメージを持つ方もいます。

しかしコインチェックは事件後、オンライン証券の最大手であるマネックスグループの子会社として参入。

管理体制も強化して、再発防止に取り組んでいるんですよ。

参照:Coincheck PRESS 当社に対する金融庁の業務改善命令について

まとめ:コインチェックFX

コインチェックのFXレバレッジ取引を紹介しました。

少ない資金で大きな利益を狙えるレバレッジ取引は、仮想通貨が下落した時にも利益を出せる方法です。

覚えていただきたいのは、レバレッジの倍率は既定の範囲内であれば自分で決められるということ。

ハイリスク・ハイリターンといわれるFX取引ですが、レバレッジ倍率を調整することでリスクヘッジにもなりますよ。

現在は中止となっているコインチェックのFXレバレッジ取引。

セキュリティや管理体制が強化されはじめたことですし、早く復活してほしいですね。

コインチェックが見事に復活!

無料で口座開設。5分程度でカンタンに登録できます 

 

 資産運用初心者におすすめの投資5選

POINT


右も左もわからない投資
初心者にやさしく解説!

ほったらかしでOK!運用したらやることなし!

当サイトが厳選しておすすめする投資5選を紹介

 

\ マンガの続きを読む /

自動売買FX 当サイト限定キャンペーン中!



ループイフダン

アイネット証券>>詳細はこちら

 


トライオート

トライオートFX>>詳細はこちら


のがたか
のがたか
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
感想や質問、お気付きの点などがあれば、下のコメント欄、LINE@Twitterからお気軽にご連絡ください!

\SNSでシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

関連記事を読んでみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。