iPadレジ導入

Airレジ(エアレジ)評判・メリット・デメリット!導入方法や使い方も徹底解説

Pay初心者
Pay初心者
キャッシュレスにしたいけれど新しいレジスターの買い替えや使い方が負担!
のがたか
のがたか
AirレジならiPadがレジになります!レシートを出すプリンターと揃えても10万円以下!詳しく見ていきましょう!

本記事の内容:

Airレジを導入しようと思ってる方向け

  • Airレジを導入するために必要なものまとめ
  • メリット・デメリットや登録時の疑問を解決
  • 登録方法・使い方をやさしく解説

これから店舗にレジを導入するなら、間違いなくAirレジが選択肢に入ります。

Airレジなら、最小限の導入コストと維持管理コストで、最大限事業の効率化を図ることができます。

もちろん、Airレジのデメリットもしっかりお伝えします。

※なお、Airレジに利用するAirペイも解説しているのであわせてご覧いただくとより理解が深まりますよ。

AirPay(エアペイ)とは?特徴から使い方まで一挙解説!【最多対応するモバイル決済】
AirPay(エアペイ)評判やメリット・デメリット・使い方まで一挙解説!最多対応のモバイル決済 お店の手間を考えると、1つのサービスでたくさんのキャッシュレスに対応してくれればと思いませんか? そこでおすすめな...

導入費用はゼロ円、決済手数料も大幅ダウン!

regi - Airレジ(エアレジ)評判・メリット・デメリット!導入方法や使い方も徹底解説

現在Airレジで利用するAirPayでは導入費用0円でスタートできる「キャッシュレス0円キャンペーン」を実施中です。

2019年10月から2020年6月末の「キャッシュレス・消費者還元事業」期間中は、決済手数料が通常の3.24%~3.74%から、実質2.16%と1%以上ダウン。

キャンペーンの期間は記載がなく、「本キャンペーンは予告なしに変更または終了、終了後に再開することがありますのであらかじめご了承ください」とあります。

現在のキャンペーン:

  • 導入費用 → 0円
  • 決済手数料 → 1%以上ダウン

2019年10月の消費税率引き上げから、キャッシュレス決済の需要は高まる一方です。

軽減税率レジの導入でも補助金が支給される

キャッシュレス端末を導入しない場合でも、軽減税率レジを導入する際には、国から補助金を受けられます。

Airレジは、消費税軽減税率対策補助金の補助金対象サービスに指定さており、Airレジの導入にかかるタブレット・周辺機器等の費用の一部について補助を受けられます。

申請期間は2019年12月16日までであり、中小企業庁が窓口です。

なお、キャッシュレス・消費者還元事業の補助金との併用はできませんので、ご注意ください。

>>Airレジ公式サイトはこちら

 

Airレジとは

regi - Airレジ(エアレジ)評判・メリット・デメリット!導入方法や使い方も徹底解説

Airレジは、POSレジアプリの中でもっとも利用されています。

2019年6月末現在での42.2万店舗以上で使われていることが、Airレジの利便性を物語っています。

Airレジの基本情報

利用プラン無料
導入時の手数料無料
必要機器は要購入
維持管理費無料
消耗品は随時購入
レジ機能・注文入力・会計
・レシート出力
・領収書発行
・キャッシュドロア連携
・オフライン機能
・バーコードの読み取り
・顧客分析
・売上分析
・会計ソフト連携
・商品管理
・クレジットカード決済
・在庫管理
・在庫管理サービス連携
・顧客管理
連動可能なシステム・AirPAY
・AirPAYQR
AirPAYポイント
・AirWAIT
・AirRESERVE
・AirSHIFT
・AirMATE
・おみせのでんき
主な周辺機器・iPadレシートプリンター
・キャッシュドロアー
・バーコードリーダー
・レシートロール
・iPhoneでも利用可能
利用可能な
キャッシュレス決済
・クレジットカード決済
・電子マネー決済
・QRコード決済 ※QRコードは、AirPAYQRに加入した場合
利用店舗数複数店舗での利用可店舗の追加は、自身が運営する店舗と同一の法人に限る
必要設備
インターネットの通信環境Wi-Fi環境推奨
運営会社
株式会社リクルートライフスタイル

iPadでPOSレジが導入できる

Airレジの特徴しては、iPadをレジとして利用できる点です。

iPadレジなら、持ち運びが可能であり、店舗で利用してもスペースも取りません。

また、アプリは常にアップデートしていますので、増税や軽減税率にも対応しております。

キャッシュレス決済にも対応可能

AirレジはAirペイ(AirPAYQR)と連携することでキャッシュ決済にも対応します。

Airペイはクレジットカード決済と電子マネー決済、AirPAYQRはスマホ決済が利用することが可能です。

クレジットカードVisa,mastercard,JCB,AMEX,Diners,DISCOVER
電子マネー交通系(Suica、PASMOなど),iD,QUIC,Pay,ApplePay
スマホ決済PayPay,d払い,LINEPay,ALIPAY,WeChatPAY
AirPay(エアペイ)とは?特徴から使い方まで一挙解説!【最多対応するモバイル決済】
AirPay(エアペイ)評判やメリット・デメリット・使い方まで一挙解説!最多対応のモバイル決済 お店の手間を考えると、1つのサービスでたくさんのキャッシュレスに対応してくれればと思いませんか? そこでおすすめな...

 



Airレジを導入するメリット

Airレジは導入・維持管理コストが抑えられているのがポイントです。

とにかく安い!

メリット①:導入・維持管理コストがとにかく安い

Airレジは、導入する際の手数料は発生しません。

また、Airレジアプリは無料で利用可能ですし、所持しているiPadがあれば機材を購入しなくても利用できます。

また、Airレジは月々の利用料金も発生しませんので、無料でアプリを使い続けることが可能です。

メリット②:Airレジの5つの機能で事業をサポート

Airレジには5つの機能が存在し、それらの機能のすべてが事業をサポートします。

  • レジ機能
  • 売り上げ分析
  • 顧客管理
  • 在庫管理
  • サービス連携

レジ機能

Airレジのレジ機能は、誰でもカンタンに使えるように設計されていますので、操作性の良さから打ち間違い・計算ミスを削減できます。

また、レジ操作の正確性が向上することにより、レジのお金のチェック時間も短縮しますので、事務の効率化が図れます。

なお、飲食店なら、Airレジハンディを利用して、来店から会計までの業務を一括管理できます。

regi - Airレジ(エアレジ)評判・メリット・デメリット!導入方法や使い方も徹底解説

Airレジハンディは有料ですが、機能が一つに集約されているので、効率性がさらに向上します。

売り上げ分析

売上データの分析が可能。

売上や客数などはいつでも確認することが可能で、商品別の売上分析や粗利率などの詳細なデータもチェックできます。

顧客管理

事業を行う上で、顧客の情報管理はとても重要です。

顧客情報はパソコンなどで別途管理しているケースが多いですが、Airレジなら顧客の名前や電話番号などを登録管理することができます。

また、顧客の購入履歴や来店履歴と連動させることで、商品を販売する機会損失を減らすことが可能です。

在庫管理

データとして登録してある商品の在庫状況の管理や検索ができます。

レジと連動していることにより、売上と在庫の関連性を確認しやすいので、効率化により在庫ロストの削減にも貢献します。

サービス連携

他社の会計管理ソフトやキャッシュレス決済サービスと連携ができます。

会計管理ソフトとの連動は確定申告などの作業短縮に繋がりますし、キャッシュレス決済に対応することで、顧客離れを防ぐこともできます。

>>Airレジ公式サイトはこちら

デメリット①:通信環境の設備は必要

Airレジを管理するのは、Airレジアプリです。

したがって、お店にはインターネットの通信環境が必要となります。

また、情報はクラウド管理しますので、インターネットに接続していないと情報を確認することができません。

スマホが普及している世の中では、Wi-Fiが利用できるかどうかの判断要素となりますので、Airレジ以外の用途としても通信環境は不可欠になっています。

デメリット②:Airレジの利用についての社員教育が必要

Airレジの操作は簡便化していますが、それでも導入した当初は社員に操作方法を説明しなければなりません。

また、アプリのアップデートも必要となるため、Airレジの管理者が操作に慣れておく必要があります。

 

Airレジの評判

Airレジは、レジ以外の多機能が特徴ですが、簡単に操作できることから幅広い場所で導入されています。


いつでも売上を確認できるのは何かと活用できます。

学生でも導入できる便利さがAirレジにはあります!

こんな利用の仕方もありますよ。

>>Airレジ公式サイトはこちら

 


Airレジを購入する前によくある質問

Airレジを購入する前の疑問に答えます。

Airレジアプリのダウンロードは有料?

Airレジのアプリは無料でダウンロードできます。

初期費用はどのくらい必要?

お店のレジの利用法によって異なりますが、目安の金額は以下のようになります。

使い道合計費用内訳
iPadレジのみを利用合計37,790円~Airレジ アプリ…0円
iPad…37,790円~
移動販売目的での利用合計74,690円~iPad…37,790円~
モバイルレシートプリンター…36,900円
店舗でPOSレジとして利用合計87,570円Airレジ アプリ…0円
iPadまたはiPhone…37,790円〜
据え置き型レシートプリンター…41,800円〜
キャッシュドロア…7,980円〜

Airレジの対象機器の購入方法は?

Airレジ対象機器は、ビックカメラなどのAirレジ サービスカウンターもしくはオンライン(ポンパレモール)で購入できます。

Airレジのヘルプデスク体制を教えて!

Airレジのヘルプデスクには、3種類の方法(メール、チャット、電話)での対応が用意されています。

応対時間や回答については、時期によって異なりますのでご注意ください。

 

Airレジの登録方法と使い方

Airレジの登録方法と使い方について説明します。

Airレジは、ビックカメラ店にデモ機があるので一度触って操作性なども確認できます。

Airレジの周辺機器を購入する

Airレジを利用する前に、周辺機器の購入を検討しましょう。

iPadが手元にない場合には、先にiPadを購入することになります。

AirIDを登録する

iPadが手元に届きましたら、AirIDを登録します。

Airレジ公式サイトにアクセスします。

regi - Airレジ(エアレジ)評判・メリット・デメリット!導入方法や使い方も徹底解説

AirIDの新規登録の画面から登録が可能です。

Airレジのアプリをダウンロードする

AirレジのアプリをiTunesからダウンロードしましょう。

ダウンロードしましたら、アプリ内から登録するアドレスやお店の情報を入力します。

Airレジの基本設定

Airレジのダウンロードが終わりましたら、④設定を選択し、「レジの基本設定」に進みます。

regi - Airレジ(エアレジ)評判・メリット・デメリット!導入方法や使い方も徹底解説

「レジの基本設定」で、内税・外税の設定をしましょう。

regi - Airレジ(エアレジ)評判・メリット・デメリット!導入方法や使い方も徹底解説

次に、「設定」⇒「消費税」に進むと消費税の設定もできます。

regi - Airレジ(エアレジ)評判・メリット・デメリット!導入方法や使い方も徹底解説

商品のカテゴリーや商品の種類を登録する

お店で販売している商品をAirレジに登録します。

ホーム画面⇒「商品」⇒「関連メニュー」⇒「カテゴリー設定」

regi - Airレジ(エアレジ)評判・メリット・デメリット!導入方法や使い方も徹底解説

カテゴリー設定では、商品をカテゴリー別に設定できるほか、色でも判別できるようになります。

regi - Airレジ(エアレジ)評判・メリット・デメリット!導入方法や使い方も徹底解説

また、商品設定は、カテゴリー設定から戻って登録可能です。

  • カテゴリー
  • 商品名
  • 金額
  • 消費税率
  • 表示の有無

を入力し、登録します。

regi - Airレジ(エアレジ)評判・メリット・デメリット!導入方法や使い方も徹底解説

注文・お会計の操作の確認

商品の登録が完了すると、注文入力画面に商品が表示されます。

商品の登録やカテゴリーについては随時変更できますので、注文画面で使い心地を確認しましょう。

regi - Airレジ(エアレジ)評判・メリット・デメリット!導入方法や使い方も徹底解説

 

まとめ:Airレジを徹底解説!

regi - Airレジ(エアレジ)評判・メリット・デメリット!導入方法や使い方も徹底解説
  • 最も利用されているレジアプリ
  • 最小ゼロ円で導入可能
  • 月額費用も基本無料
  • キャシュレス決済にも対応可能
  • レシートなどの機材は別途購入
  • インターネットの通信環境が必要
  • 簡単便利な操作性

一般的なレジからiPadレジに移行する事業者は多いですが、iPadレジから一般のレジに戻す人の話は耳にしないので、使いやすさが実感できている人が多いです。

また、iPadレジの中でも、Airレジは最小限の金額から導入できますので、導入するレジアプリの選択肢となります。

補助金対象期間中であれば、格安で導入できますので、今のうちにご検討してみてください。

Pay初心者
Pay初心者
つねに最新のレジシステムにメンテナンスされるので、今後はレジを買い替えなくてもよくなります。レジの使い方に悩まなくなりますね!
regi - Airレジ(エアレジ)評判・メリット・デメリット!導入方法や使い方も徹底解説

>>Airレジ公式サイトはこちら

 

Airレジは評判よし!

初期費用は無料!

キャッシュレス決済店舗導入 完全ガイド!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。