アメックス

アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
のがたか
アメックスのポイントは100円=1ポイントの還元率1%です。

でも、オプションサービスを使うと対象店舗で100円=3ポイントがつくようになります!

対象店舗にはAmazonなどの大手もあり、ポイントはどんどん貯まりますよ!

個人・法人のポイントを合算したら相当な金額になりそうですね!

多くのクレジットカードに存在するポイントプログラムのサービス。

アメックスにももちろん存在するサービスです。

なんとアメックスはアメックスカード同士のポイントを合算させることができるのです。

アメックスのポイント合算システムの仕組み、メリット・デメリットなど、ポイント合算の全てについて紹介します。

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
Pay初心者
会社のクレジットカードもアメックスなんですが、ポイントが長年放置されています。

有効活用できないものでしょうか?

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
のがたか
アメックスのポイントは法人・個人で合算できます!

会社によってはポイントは使わないから、自由に使ってというところも。

今回はポイントについて詳しく見ていきましょう!

結論:個人と法人で合算が可能

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK

アメックスのポイントは100円利用するごとに1ポイントが付与。

このポイントのレートは法人用カードと個人用カードで変わりはありません。

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
のがたか
もし法人用カードと個人用カードの2枚を持っているなら、その両方のポイントを1つに合算することができます。

コールセンターに電話するだけ

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK

ポイント合算の方法は非常に簡単!

アメックスのコールセンターである「メンバーシップ・サービス・センター」に電話し、合算したい意思を伝えるだけです。

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
のがたか
合算に関わる複雑な手続きはありませんので、気軽に申し込むことができます!

どちらか一方のカードに合算される

合算は一か所のポイントを複数のカードで共有するのではなく、どちらか一方のカードにポイントをまとめる形になります。

仮に、法人用カードのポイントを個人用カードに合算した場合、法人用のカードのポイント明細は「個人用のカードで確認して下さい」と表示。

そして個人用のポイント明細では、法人用・個人用カードの両方で貯めたポイントが合算して表示されます。

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
のがたか
なお、アメックスのポイント付与は「利用ごとに付与」「即時付与」です!

上記の例で個人用カードを使ったときはもちろんのこと、法人用カードを使用した際も即時にポイントが付与され、個人用カードのポイント明細で確認することができますよ!

合算できるメリット・デメリット

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK

2枚のカードのポイント合算には大きなメリットと、反対にデメリットも存在します。

必ずしも100%得を出来るとは限らないため、十分にメリット・デメリットを吟味し、合算する必要があるかを考えてみましょう!

メリット① ポイントの端数を有効利用できる

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK

アメックスのポイント利用は、マイル交換は1,000ポイントから、金券交換は3,000ポイントからとなるため、長い間貯めなければ利用できません。

もし法人用カードに1,600ポイント、個人用カードに1,400ポイントがたまっていた場合、それぞれマイルに交換すると、

  • 【法人用】600ポイントの残り
  • 【個人用】400ポイントの残り

となり、使い道がないポイントがそれぞれ残ります。

しかし交換前にポイントを交換すれば、

  • 【法人用】1,600ポイント+【個人用】1,400ポイント=【合計】3,000ポイント

となり、マイル交換なら3回、金券への交換なら1回が行えるようになり、端数となって使えないポイントの有効利用ができるのです!

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
のがたか
ポイントが無駄になりませんね。

メリット② メンバーシップ・リワード・プラスの年会費節約

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK

アメックスには「メンバーシップ・リワード・プラス」というプログラムがあり、これに加入するとポイント有効期限の無期限化(通常は有効期限3年)やポイント交換時のレート優遇といったサービスが受けられます。

このプログラムは、年会費が3,000円(税抜)必要。

法人用と個人用で2枚のアメックスを保持しているなら、合計6,000円+税の年会費が必要です。

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
のがたか
カード1枚ごとの加入ですか……。

しかしポイント合算を行うことで、ポイントに紐づくカードは1枚だけとなります。

そしてこのプログラムはポイントの獲得レートには影響がありません!

もし個人用カードにポイント合算を行っているならば、個人用だけプログラムに加入しておけば年会費は半分。

ポイント利用期限の無期限化、交換レートの優遇といった恩恵を十分に受けることができます!

デメリット:入会特典が適用されなくなることも

残念ながら、ポイント合算にはわずかながらデメリットも存在します。

アメックスには入会特典として、利用状況や継続に応じてポイントやギフト券がもらえるキャンペーンが行われているのですが…、

ポイントの合算をすることで、合算される側の入会特典が無効となることが!

入会特典は入会時期により内容が異なりますが、以下のような種類のものがあります。

【個人】

  • ○か月以内に○○円決済したらAmazonギフト○○円分プレゼント
  • さらに○か月以内に○○円決済したら○○ポイントプレゼント
  • 翌年もカードの契約を継続したら○○ポイントプレゼント

【法人】

  • 上記に加えて1年間で○○円決済したら○○ポイントプレゼント

頻繁にカードを使う人にとっては大きな金額となるプレゼントです。

これらのキャンペーンの効果は永続的に続くわけではないため、特に合算を急ぐ理由もないなら、キャンペーンの期間が一通り終わってからポイントを合算することがおすすめ!

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
のがたか
時期を見極めてポイント合算ですね!

ポイントの使い道

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK

合算させることで、より使いやすくなったポイント。

せっかく貯めたポイントは有効に利用しましょう!

使い道① マイルに交換

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK

貯めたポイントはANAのマイルに交換することができます。

ANAのマイルへの交換はメンバーシップ・リワード・プラスへの加入の有無でレートが変化。

  • メンバーシップ・リワード・プラスに加入=1,000ポイントで1,000マイル
  • メンバーシップ・リワード・プラスに非加入=2,000ポイントで1,000マイル

なお、ANAのマイルへの交換は別途「メンバーシップ・リワードANAコース」に加入する必要があり、通常のメンバーシップ・リワード・プラスの年会費に加え年会費5,000円(税抜)が必要です。

また、年間のANAマイル交換上限は40,000マイルまでと制限されています。

その他、提携する15の航空会社各社のポイントへの交換も可能です。

これもメンバーシップ・リワード・プラスによってレートが変わります。

  • メンバーシップ・リワード・プラスに加入=1,250ポイントで1,000マイル
  • メンバーシップ・リワード・プラスに非加入=2,000ポイントで1,000マイル

こちらは別のプログラムに加入しなくても交換可能です。

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
のがたか
上限も定められていません。

この提携航空会社にはJALは含まれていませんが、同じアライアンス(航空連盟)であるワンワールドに加入しているBA(ブリティッシュ・エアウェイズ)のマイルへの交換は可能です。

BAのマイルを経由することで、JAL特典航空券を入手できますね!

使い道② 他のポイントへの交換

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK

ポイントを他のポイントプログラムサービスのポイントに移行することができます!

例として「楽天ポイント」に交換したい場合は以下のようなレートで交換可能です。

  • メンバーシップ・リワード・プラスに加入=3,000ポイントで1,500楽天スーパーポイント
  • メンバーシップ・リワード・プラスに非加入=3,000ポイントで1,000楽天スーパーポイント
amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
のがたか
メンバーシップ・リワード・プラスの加入で交換レートが高くなっている!損をしたくないなら加入ですね!

使い道③ カード利用代金への充当

ポイントをカードの利用代金の一部として利用することができます。

これもメンバーシップ・リワード・プラスによりレートが変わりますよ!

〇メンバーシップ・リワード・プラスに加入
航空会社で利用=1ポイントで1円
ホテル・旅行代理店で利用=1ポイントで0.8円
旅行関連以外で利用=1ポイントで0.5円

×メンバーシップ・リワード・プラスに非加入
上記の利用全て=1ポイント=0.3円

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
のがたか
0.3円で損をするよりも、加入した方がよさそう……

使い道④ 旅行代金への充当

また指定の旅行会社での利用の際、支払代金の一部としてポイントが利用可能!

これもメンバーシップ・リワード・プラスによりレートが変化します。

〇メンバーシップ・リワード・プラスに加入
アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインで利用=1ポイントで1円
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで利用=1ポイントで0.8円
日本旅行の対象店舗で利用=1ポイントで0.8円

×メンバーシップ・リワード・プラスに非加入
上記の利用全て=1ポイント=0.4円

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
のがたか
メンバー・シップ・リワードで全体的に還元率がよくなります!

さらにポイントを貯められるボーナスポイントプログラム

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK

さらにアメックスでは、メンバーシップ・リワード・プラスの加入者向けサービスとして、「ボーナスポイントプログラム」を用意。

一部のショップでの利用に対し、通常100円=1ポイント付与のところ、さらに2ポイントが加算されます!

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
のがたか
対象店舗は還元率3%!

対象ショップは以下の通り。

なお、ショップ内の全てのサービスが対象ではありません。

  • Amazon
  • Yahoo! Japan
  • iTune Store / App Store
  • JAL公式ウェブサイト(www.jal.co.jp)にてオンライン購入
  • HISの公式ウェブサイト(www.his-j.com)にてオンラインご購入

ショップは少ないですが、旅行に強いアメックスならではの、特に旅行者にとって利用頻度の高いサービスで、多くのポイントを獲得できるのはうれしい要素です。

ポイントの移行先についてはこちらの記事がおすすめ!

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
アメックスのポイント移行とマイル交換の注意点まとめ!マイル移行は還元率が高い! 飛行機だけでなく、日々の買い物やサービスを受けることで溜まっていくマイル。 本記事の内容: マイルにポイント...

ポイントと税金

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK

お得に獲得し利用できるようになったポイントですが、法人用カードの利用で獲得したポイントは、事業収入として扱い、会計処理をしなければいけないのでしょうか?

ポイントは事業収入に含まれない

法人用カードの利用であっても、獲得したポイントは事業収入には含まれず、帳簿への記載をする必要はありません。

そのため、法人用カード利用で獲得したポイントで個人旅行に行くなど、私的に使用しても全く問題はありません。

ただし、前述の通りにポイントは1つのカードにまとめられる形となるため、法人用カードにまとめておくと個人的なポイントの使用がやりにくくなります。

ポイントを私的な旅行代金への充当やマイル変換をしたいなら、個人用カードにまとめておくのが良いでしょう。

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
のがたか
会社名義のカードは念のために会社に確認しておきます。

まとめ

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK

アメックスのポイントはお得なのですが、1,000ポイントからの利用などルールがあいます。

少額では使えませんので、カードが複数枚ある方は合算することがおすすめです!

合算するにはメンバーシップ・サービス・センターへ電話をするだけでできます。

注意点として、キャンペーンの適用外になっていまうかもしれないので、時期を確認してから行いましょう!

 

アメックス
グリーン
アメックス
ゴールド
アメックス
プラチナ
amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
年会費

初年度 13,200円 31,900円 143,000円
2年目以降 13,200円 31,900円 143,000円
家族カード 6,600円 4枚目まで無料 無料
ETC 無料
※発行料935円

ポイント
還元率 0.3〜1.0%
名称 メンバーシップ・リワード
マイル
還元率
1.0% 1.0% 1.0%
発行スピード
(最短)
10日程度
限度額 上限なし
海外旅行保険 利用付帯 自動付帯 自動付帯
国内旅行保険
利用付帯
ショッピング保険
空港ラウンジ 国内28空港、海外1空港
プライオリティ
パス

年会費 無料
利用料 年2回まで無料 年2回まで無料 無制限で無料
特徴 アメックス
初めの一歩
ハイステータス 極上のサービス
公式サイト >>公式 >>公式 >>公式
ガイド記事 >>詳細 >>詳細 >>詳細

アメックスカードを一覧で一挙解説!

詳しくは、【全種類一覧】AMEX(アメックス)おすすめカード超厳選8枚の特徴・違いを徹底比較!を見てくださいね。

amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
Pay初心者
プロパー、提携カードあわせて解説しています!
amex - アメックスは個人と法人カードのポイントが合算可能!メンバーシップ・サービス・センターに電話でOK
【全種類一覧】AMEX(アメックス)おすすめカード超厳選8枚の特徴・違いを徹底比較! 今回はアメックスカードを一覧として網羅的に紹介します。 本記事の内容: アメックスカードを選ぶ理由 ア...

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。