大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説

 

これから大学生になろうとしている方、今すでに大学生の方、クレジットカード持っていますか?

クレジットカードは便利というのは理解していても、なんとなく抵抗があってまだ持っていないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし今ではクレジットカードを持っていない人の方が少数になっています。

なぜクレジットカードを持つのか、つくった人はどんなクレジットカードを持っているのかまとめてみました。

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説
クレジットカードは正しい理解さえ持っていればつくっておくと便利よ。
creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説
正しい知識を持たないでつくるのは確かに不安だね。ちゃんと理解しないと。

タップできる目次

大学生のクレジットカード所持率

大学生のクレジットカード所持率ってどれくらいあるのでしょうか。最新の調べでは57.5%となっています。約6割の大学生がクレジットカードを持っている計算です。

Q. あなたはクレジットカードを持っていますか?

はい 578人(57.5%)
いいえ 427人(42.5%)

参照:https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/51726

ただ、クレジットカードは18歳から基本的につくれるようになるので、必然的に年齢が上がるにつれて所持率は上がっていく傾向にあります。そう考えると、18歳~22歳の大学生期間で57.5%という数値は高いのではないでしょうか。

また、クレジットカードを1枚持っている人は2枚以上持っている人も含まれます。全国の大学生の人数とクレジットカードの発券数で統計を取った場合には数値がもっと大きくなるはずです。

これらのことからも、クレジットカードを大学生の間に持っていることは決して少数派ではなく、むしろ多数派であることが分かりますね。

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説
僕とキリンさんが大学生だったら、どっちかは持っている計算になるね!

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説
そうね。それだけ今の時代はクレジットカードを持つことが主流になっている証拠よ。

社会人になるとクレジットカードの所持率は84%になる

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説

ちなみに社会人になるとクレジットカードの所持率はぐんと上がって84%にもなるそうです。

■ クレジットカードの保有率は84%。平均保有枚数は3.2枚。
クレジットカード保有率は2012年から減少傾向がみられたが、2016年は昨年と同程度の84%であった。
男女20代、男性30代の保有率は他の年代と比べて低く、80%を下回る。
一人あたりの保有枚数は平均3.2枚、携帯枚数(実際に持ち歩くクレジットカードの枚数)は平
均2.0枚で、どちらも昨年と同程度であった。

参照:https://www.global.jcb/ja/press/news_file/file/20170217.pdf

社会人になると、会社の付き合いや接待などの大人数で会食や飲み会を行う機会も増えます。お店の値段も学生の頃よりも単価が高くなっていくので、一時的にクレジットカードを使って会計をするようなシーンが増えます。

特に新社会人は幹事や会計を任さられる機会も多いので、突然10万円払ってと言われても現金を持ちあわせていないときもあります。そういったときにクレジットカードを使って後から精算するケースもよくあります。

また、プライベートでも少し高いお店に行くとテーブル会計の場合がありますよね。そういったときに財布からお札と小銭を出して、、、というのはスマートではないのでクレジットカードを使うようになります。

こういったクレジットカードの利用シーンの増加が、社会人のクレカ所持率の高さの背景になっているのでしょう。

ほとんどの人が社会人になったらクレジットカードを持っていることからも、学生のうちからクレジットカードをつくっておくべきという声があるのも納得がいきます。

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説
社会人になると、当然周りのみんなが持っているようになるわ。
creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説
むしろ持っていない方が取り残されたみたいになっちゃう、、、、

多くの人が大学生のうちからクレジットカードをつくる理由

約6割の大学生がクレジットカードを所有しているということはお伝えしてきましたが、クレジットカードを持っている大学生はどういった理由で作成しているのでしょうか。

出費の機会が増えるから

大学生になると、高校生の頃よりもアルバイトを始めたりシフトに入る回数も増えて所得が増えます。それに伴って、放課後の友達付き合いも増えて支出もなにかと増えていくものです。

例えば、友達とカラオケやカフェに行ったりするだけで3,000円や4,000円を使います。その度に現金で支払うと財布のなかのお金はすぐになくなってしまいます。

財布に現金がないと、コンビニや銀行へ行ってATMでお金をおろしますが、この作業が段々と煩わしくなってきます。クレジットカードを持っておけば、残り財布の中が3,000円しかないからこの買い物はクレジットカードを使おうといった具合にATMへ行く回数を調整できるようになります。

しかもコンビニや夜間の銀行ATMはお金を引き出すだけで手数料が取られてしまいます。1回の手数料は108円と少なくても、毎日そういった引き出しを繰り返していると年間で40,000円近くを手数料に取られてしまいます。大学生にとってそれらの金額は大金なのでクレジットカードを使うという手段を取るわけですね。

ポイントが貯まるので現金より賢い使い方だから

クレジットカードは手数料が掛からないだけがメリットではありません。各クレジットカードによって異なりますが、還元率といってクレジットカードを利用する度にポイントとして貯まるようになります。貯まったポイントは利用金額の一部を商品やキャッシュバックに還元できるようになります。

例えば還元率が1%のクレジットカードでも、年間で100万円の利用があれば1万円分のポイントが貯まります。もし、この100万円を現金で支払っていたら1円もポイントは貯まりません。

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説
クレジットカードを使えば使うだけ、現金よりオトクになるんだね!

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説
クレジットカードを使うことによる手数料は加盟店といってお店が支払うから、ユーザーからするとメリットしかないわ。

ネットショッピングを使う機会が増えたから

大学生はなにかと忙しいものです。授業やゼミ、部活やアルバイト。さらには友達との遊びに行く機会だってあります。正直、時間がいくらあっても足りません。

そうなってくると、ちょっとしたものであればインターネットショッピングを利用するようになります。Amazonや楽天などのECサイト、ヤフオクやメルカリなどのオークションサイトも一度は利用したことあるでしょう。

こうしたネットショッピングにおいて、お金を支払うための方法はいくつか用意されています。商品代引・口座振込・クレジットカード決済の3種は主に各サイトで用意されている決済方法になります。

商品代引は業者によってはそもそも対応していないケースがありますし、あっても手数料が取られます。

口座振込に関しては入金が確認されるまで商品が発送されないなど、不便さも伴います。

そうしたときにクレジットカードであれば、手数料なしにその場で決済が完了します。

せっかく安くネットショッピングで買ったのであれば、商品を手に受け取るまでは少しでも無駄なお金を掛けたくないですよね。そういった方からもクレジットカードは支持されているようです。

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説
代引きの手数料とかって結構高いんだよね!

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説
業者にもよるけど300円~500円近くかかる場合もあるわ。商品によっては本体料金よりも送料の方が高い場合もあるので気をつけなくてはいけないわ。



大学生でクレジットカードをつくるメリットとは?

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説

大学生からクレジットカードをつくる方に抵抗がある方もいるでしょう。しかし現在では約6割の大学生がクレジットカードをつくっているという統計データもあるように、大学生からクレジットカードをつくることはまったく不自然ではないです。

他の大学生の人たちがどういった理由でクレジットカードをつくることになったかは、以下の記事にまとめていますので良かったらご覧になってください。

https://credit-card-navi.com/college-students/

大学生の内にクレジットカードをつくるメリットは大きく3つあります。

・現金でお金を払うよりもポイントが貯まる

・将来の住宅ローンなどの審査時に有利になる

・旅行などに行くときに保険が自動的に適用される

1つずつ解説していきます。

メリット1:現金でお金を払うよりもポイントが貯まる

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説

現金払いからクレジットカード払いにすることで、ポイントが貯まります。例えば100円の買い物ごとに1%のポイント還元を受けられるクレジットカードであれば、3万円の買い物を現金で支払ってしまうとそれで終わりです。

しかしクレジットカード払いにすると3万円の買い物で300円分のポイントが貯まります。単純にこのポイント分、お得になる計算です。電気量販店のポイントカードと思っておけばいいでしょう。

ポイントカードとクレジットカードのポイントで違うのは、貯まったポイントの使いみちが広いことです。

電気量販店であれば、自分のお店をたくさん利用して欲しいので他の競合店ではそのポイントを使うことができません。しかしクレジットカードで貯まったポイントは、クレジットカードの請求金額からポイント還元分を減額することはもちろん、家電や食べ物、洋服などに交換できるカードも存在します。

一部のクレジットカードではなんと、車がポイントでもらえてしまうものもあります。

毎月の利用は少なくても、クレジットカードで支払うことで現金よりも確実にお得になるため、若い内からクレジットカードを利用する習慣を持っておくといいでしょう。

メリット2:将来の住宅ローンなどの審査時に有利になる

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説

クレジットカードを使うということは当然、お金を支払うことになります。

あなたが現金で買い物をしたという記録は金融機関にデータが残ることはありませんが、クレジットカード会社に支払ったというデータは金融機関に蓄積されます。

これを一般的にクレジットカードヒステリー(クレヒス)といい、この記録は実は今後のクレジットカードをつくるときや将来住宅ローンを組む時などにメリットがあります。

どういうことかと言うと、「この人はきちんとお金を返しますよ。支払ってくれますよ。」という記録があるので、住宅ローンなど金額が大きい借金をするときに現金払いの人よりも信用力が高くなる可能性が大きくなります。

あなたが現金でコツコツ買い物をしても、金融機関はその事実を知ることができないので信用力は高まりませんが、クレジットカードで買い物をして支払うことで知らない間に信用力が高まるわけです。

メリット3:旅行などに行くときに保険が自動的に適用される

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説

大学生になったらやりたいことたくさんありますよね。サークルに入ったりアルバイトを始めたり友達と旅行に行ったり。しかし旅行につきものなのがトラブルです。旅先でいきなり怪我や事故にあう可能性もあります。

そんな時にクレジットカードがあると、実は保険に自動的に加入することができます。

旅行保険という言葉を聞いたことはありますか?これは旅行先で病気や怪我が起きた時にその代金を一部保証してくれるものですが、通常は代理店経由で契約をしなくてはいけません。

しかしほとんどの人は、それが面倒でいちいち保険に加盟していない人が大抵です。また、一回保険に加盟すると1万円近くかかることもあるので、旅行保険に入らない人がたくさんいらっしゃいます。

怪我や病気というのはいつ起きるか分からないので、出来れば常に入っておくことが望ましいです。

実はクレジットカードを持っていると、そういった保険に自動的に加入されるものがあります。具体的には怪我や病気が起きた時にはその金額をクレジットカード会社が持ってくれます。しかも、なにか個別に契約を結ぶ手間などはなくて、ただクレジットカードを持っておくだけでいいのです。

保険はないよりはあった方がいいという考えを持っている人がほとんどだと思うので、クレジットカードをつくって旅行保険にも加盟できるのであれば大きなメリットになります。

クレジットカードを持っていない派の理由

逆にクレジットカードを持っていない人にはどんな事情があるのでしょう。

クレジットカードを持っているとお金を使いすぎてしまう

クレジットカードは便利な一方で使いすぎてしまうとの声が挙げられます。たしかにクレジットカードを使っても財布から現金がすぐになくなるわけではないので、そういった意見もありそうです。

しかしクレジットカードはそういった使いすぎを防止するための方法が用意されています。

エポスカードなどでは、自分で定めた一定額を超えると翌日にお知らせメールが届くサービスがあります。

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説

こういったサービスによって、気づかない間に請求が10万円もいっていた、、、なんてケースを回避できます。

エポスカード
エポスカード
国際ブランド
VISA
対応電子マネー
アップルペイ


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料無料0.5%エポスポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日0.25%無料
ETCカード

また、ほとんどのクレジットカードがインターネットで自分のマイページから利用金額を確認することができます。翌月にどれくらいの請求があるのかすぐに確認できるので、利用ペースの参考にできそうです。

他にもマネーフォワードなどの大手会計簿アプリではクレジットカードを登録しておけば自動的に内訳をグラフ化してくれるので、自分が何にお金を使い過ぎているかが一目瞭然です。

https://hajimete-creditcard.net/knowledge/kakeibo-moneyforward/

賢く管理できるのは現金ではなくクレジットカードならではなので、お金が手元にあると使い過ぎてしまう心配がある人こそクレジットカードはおすすめできます。

セキュリティや不正利用が怖い

クレジットカードって現金と違ってスキミングやパスワードの不正利用が怖いというのを理由として使っていない人もいるようです。たしかにもし万が一クレジットカードが不正使用されてしまったら、自分が使ったお金でないのに何万円も請求がくるということは考えたくもないですよね。

しかしそこに関しては各クレジットカード会社も万全の対策を行っているので安心しましょう。

各クレジットカード会社は24時間365日、あなたのカードが不正利用されていないかモニタリングしています。

そして不正利用を検知された場合には、クレジットカード会社からあなたに問い合わせが入り、本人の利用かどうかを確認されます。

そのときに不正利用が判明すれば、すぐにクレジットカード会社がカードを止めてくれるのでそれ以上不正利用されることはありません。

ただ、それでも不正利用される不安はつきものです。例えば三井住友カードであれば、そういったケースに備えて「三井住友カード会員補償制度」というものがあります。

これはカード会社へ届け出を行った60日前から損害を補償してくれるサービスになります。なので、後から不正利用に気づいた場合でも大切な財産は守られるので安心です。

基本的に毎月、クレジットカードは自宅に利用明細が届きます。

その度に自分に身に覚えのない利用がないかを確認するようにしましょう。

その時点で気付いてクレジットカード会社に問い合わせを行えば60日以内の保障には十分間に合いますよ。

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説
クレジットカード会社はユーザーに安心して使ってもらえるように万全の対策を取っているのね。
creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説
不正利用がないか常に監視してくれて、もし不正利用があってもお金が守られる仕組みなら安心して使えるね!


大学生でつくるべきクレジットカードのポイントとは

大学生でクレジットカードをつくる場合にはどういったポイントを意識すれば良いのでしょうか。ここからは既にクレジットカードをつくっている大学生が重視してきたポイントを紹介します。

ポイント1:年会費無料のクレジットカードを選ぶ

クレジットカードには持っているだけでお金がかかる年会費が発生するカードが存在します。

もちろんその分、付加サービスが付いていたりするのですが、まずこれからクレジットカードを持ち始める場合には負担の少ない年会費無料のクレジットカードを選ぶといいでしょう。

ポイント2:学生限定のポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶ

クレジットカードには18歳から持てるクレジットカードや、学生向けのクレジットカードと呼ばれるものがあります。各クレジットカード会社はクレジットカードを利用してもらうことで加盟店から手数料を受け取ってビジネスが成り立っています。

そのため各社は早い段階からユーザーを確保するために、通常の入会よりも学生の内に入るとお得なキャンペーンを実施している場合があります。

せっかく学生の内からクレジットカードをつくるのであれば、そういったサービスを見逃すわけにはいきません。

ポイント3:将来のステータスカードに繋がるクレジットカードを選ぶ

クレジットカードにはプロパーカードと提携カードに大きく分類されます。

プロパーカードとは国際ブランド自らが発行しているクレジットカードであり、それ以外のカードは提携カードという分類に入ります。

プロパーカードは長く使い続けていることで、クレジットカード会社からインビテーションという上級カードへの招待が届く場合があります。いわゆるゴールドカードやプラチナカードが上級カードに該当するわけですが、これらのカードには一部自分たちから申し込みできない、招待のみでつくれるクレジットカードも存在します。

そういったインビテーションから作成できるクレジットカードには、他のカードにはないメリットが存在します。専用のコンシェルジュがついたり限定コンサートやライブへの招待、高級レストランの割引or1名料金無料など。

今は必要がなくても、30歳、40歳となったときにもクレジットカードは使い続けているはずです。そのときに大きな恩恵を受けられるよう、1枚目のクレジットカードはインビテーションを受けられるクレジットカードなのかどうかを考慮して選ぶ必要があります。

クレジットカードの作り方

クレジットカードをいざつくろうと思っても、初めての場合には戸惑うことも多いハズです。ここからは実際にクレジットカードを申し込むときにどんなことが必要になるのかを解説していきます。

クレジットカードの申し込みには何が必要?

クレジットカードの申し込みには大まかに3つ必要になります。

・本人確認書類(免許証)

・通帳またはキャッシュカード

・銀行印

本人確認書類とクレジットカードの代金を引き落とすための金融機関の通帳かキャッシュカードは必ず必要になりますが、最近では銀行印が必要のないクレジットカードも増えてきました。

インターネット経由で申し込みをする場合、手元に免許証とキャッシュカードがあればつくれる場合も多いので面倒な方はインターネットから申し込みできるクレジットカードを選ぶといいでしょう。

下で紹介するクレジットカードはすべて、インターネット経由で申し込みできるクレジットカードになっているのでおすすめです。

保護者の確認など必要?

20歳未満の場合、保護者の同意が必要になります。

保護者の確認には大きく2種類があり、書面で同意の記載があるものと電話確認を行うものです。

書面記載のものは直接保護者に電話連絡が行くことはないので、例えば両親と離れて住んでいるといった場合やバレたくないというときには書面で記載するカード会社を選ぶといいでしょう。

例えば、三井住友VISAのデビュープラスは書面同意なので煩わしさはありません

三井住友VISAデビュープラス

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説
国際ブランド
VISAMasterCard
対応電子マネー
IDアップルペイ


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料今なら永年無料1.0%-2.5%ワールドプレゼント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日10-80万円3.0%-7.5%無料(※2年目以降は前年度に利用があれば無料)
ショッピング保険家族カードETCカード

どうやって申し込む?

クレジットカードの申し込み方法は大きく2つあります。

・書面による郵送申し込み

・インターネット経由での申し込み

現在ではインターネット経由での申し込みが主流となっており、本人確認書類などもスマホから写真を取るだけでOKなところも増えています。

書面による郵送申し込みの場合、免許証をコンビニでコピーして郵送する必要があったりなど、手間や時間もかかってしまうのでインターネット経由での申し込みをおすすめします。


大学生向けのクレジットカード

最後に筆者がおすすめするクレジットカードを紹介します。

ここで紹介するクレジットカードはどれも本当におすすめで、特に三井住友VISAデビュープラスカードは筆者も18歳になって最初につくった思い入れのあるクレジットカードです。

気になるクレジットカードがあったら詳細ボタンから各クレジットカードの記事詳細ページにも飛べるので、ぜひ読んでみてください。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラス

creditcard - 大学生でクレジットカードを持っていないのは少数派!学生生活を満喫するために作るべきカードを徹底解説
国際ブランド
VISAMasterCard
対応電子マネー
IDアップルペイ


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料今なら永年無料1.0%-2.5%ワールドプレゼント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日10-80万円3.0%-7.5%無料(※2年目以降は前年度に利用があれば無料)
ショッピング保険家族カードETCカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、18歳から25歳限定のクレジットカードです。

年会費は基本無料なのに、いつでもポイントが2倍となっていて高還元率のカード。

しかも満26歳になったら自動的にプライムゴールドという、三井住友VISAのゴールドカードにレベルアップできます。

初めての一枚に選ぶなら、迷わずこのカードをおすすめします。

JCB CARD W

JCB CARD W
JCB CARD W
国際ブランド
JCB
対応電子マネー
クイックペイ


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料無料1.0%~2.5%OkiDokiポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日公式サイト参照公式サイト参照無料
海外旅行保険家族カードショッピング保険ETCカード

JCB CARD Wは2017年にリニューアルされた、JCBのクレジットカードです。

キャンペーンを積極的に行っているので、つくるだけでメリットが受けられるクレジットカード。

しかも年会費はずっと無料です。

エポスカード

エポスカード
エポスカード
国際ブランド
VISA
対応電子マネー
アップルペイ


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料無料0.5%エポスポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日0.25%無料
ETCカード

マルイによく行く人におすすめのクレジットカード。

セール期間なら、このカードを使うだけで全商品が10%OFFになるとってもお得なカードです。

カードのデザインは赤と黒から選べます。

リクルートカード

リクルートカード
リクルートカード
国際ブランド
マスターカードJCBVISA
対応電子マネー


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料無料1.2%リクルートポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
0.6%無料
海外旅行保険家族カードショッピング保険ETCカード

じゃらんやホットペッパーを展開するリクルートが発行する、年会費がずっと無料のクレジットカードです。

このカードの最大のメリットはどこで使ってもポイント還元率が1.2%な上に、リクルートのサービスであるホットペッパーやじゃらんではさらにポイントが貯まりやすくなる点です。

旅行などによく行く人におすすめです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
クレジットカード名
国際ブランド
クレジットカードアイコン
対応電子マネー


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料1,000円0.5%~1.0%セゾン永久不滅ポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日公式サイト参照公式サイト参照無料
ETCカード家族カード

アメリカンエクスプレス、通称アメックスって聞いたことありませんか?

ステータス性の高いクレジットカードで、お金もちの人が使っている印象の強いカードです。

そんかアメリカンエクスプレスのクレジットカードが、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードなら年会費無料で持つことができてしまいます。

しかも最短で申し込みしたその日に受け取ることができるので、すぐに使いたい!という人におすすめです。

来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

おすすめのスマホ決済5選

-
POINT


 初心者にやさしく解説!

 スマホ決済で現金いらず!簡単に決済可能

 当サイトがおすすめするスマホ決済を厳選して紹介

\マンガの続きを読む/
>> おすすめスマホ決済5選

特集!アメックスゴールド完全ガイド


アメックスゴールド


プラチナ級の価値があるゴールドカード「アメックスゴールド」持っているだけで少しリッチな気分にさせてくれる特別なクレカです。

アメックスゴールドを完全ガイド形式で紹介!

この記事を読む


のがたか
のがたか
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
感想や質問、お気付きの点などがあれば、下のコメント欄、LINE@Twitterからお気軽にご連絡ください!

\SNSでシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする



あわせて読みたい