【最新版】クレジットカードプランナーがおすすめする実際につくったクレジットカード特集

筆者はクレジットカード業界に携わって長いですが、その期間だけでも毎年どんどん新しいクレジットカードが登場しています。

  • 年会費無料カード
  • ポイント高還元率カード
  • ゴールドカード

などなど。

正直、種類が多すぎてどれが自分に合っているのか分かりづらい状態となっています。

そこで今回は筆者が過去に実際につくった9枚のクレジットカードのなかから、本当におすすめのカードのみを紹介したいと思います。

もし、筆者と同じような境遇でどれが自分に合うのか?

悩んでいる方がいれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

18歳から25歳なら最初の1枚として三井住友VISAデビュープラス

デビュープラスカード

一番最初につくるクレジットカードというのは迷いますよね。

正直、2枚目以降であれば1枚目で不満に思っている部分をカバーできるクレジットカードを作ればいいです。

しかし1枚目というのは、なにも知識がなく、分からないことだらけです。

もし、あなたが18歳から25歳であれば、最初のクレジットカードは三井住友VISAデビュープラスがおすすめです。

三井住友VISAデビュープラス

creditcard - 【最新版】クレジットカードプランナーがおすすめする実際につくったクレジットカード特集
国際ブランド
VISAMasterCard
対応電子マネー
IDアップルペイ


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料今なら永年無料1.0%-2.5%ワールドプレゼント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日10-80万円3.0%-7.5%無料(※2年目以降は前年度に利用があれば無料)
ショッピング保険家族カードETCカード

このカードの特徴は主に3つあります。

おすすめポイント
  • 1年に一度でも使えば、年会費はずっと無料
  • クレジットカードを使ったときのポイント還元率がずっと2倍
  • 入会半年後はポイント還元率が5倍

とにかく、負担にならなくてお得なクレジットカードが欲しいのであれば、三井住友VISAデビューカードがおすすめです。

学生向けカードとなっているので、年会費の負担もなく、クレジットカードを使えばポイントが貯まりやすいというシンプルなクレジットカードです。

貯まったポイントはUSJのチケットなどにも交換できるので、とりあえずの1枚を探すのであればピッタリのカードと言えるでしょう。

また、このクレジットカードは26歳以上になると自動的に三井住友VISAプライムゴールドというゴールドカードへ更新されます。

詳細記事はこちら:三井住友VISAデビュープラスからプライムゴールドカードへの更新と切り替えのタイミング

creditcard - 【最新版】クレジットカードプランナーがおすすめする実際につくったクレジットカード特集

持っているだけでステータスが上がるカードは他にはありませんので、まずはクレジットカードに慣れるという意味でもおすすめしたいカードです。

18歳で三井住友VISAデビュープラスをつくったのが最初のカード

まず、管理人が18歳のときに最初のクレジットカードとしてつくったのが三井住友VISAデビュープラスカードです。

三井住友VISAデビュープラス

creditcard - 【最新版】クレジットカードプランナーがおすすめする実際につくったクレジットカード特集
国際ブランド
VISAMasterCard
対応電子マネー
IDアップルペイ


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料今なら永年無料1.0%-2.5%ワールドプレゼント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日10-80万円3.0%-7.5%無料(※2年目以降は前年度に利用があれば無料)
ショッピング保険家族カードETCカード

このカードを最初のカードに選ぶとき、管理人としてこだわっていたポイントは3つありました。

・最初の1枚なので、万能性のあるカードであること

・学生だったので、年会費などのお金のかかるカードでないこと

・どうせつくるならポイントが貯まりやすいカードであること

これらの条件を満たすクレジットカードが、当時発行されていたカードの中では、三井住友VISAデビュープラスカードであったということです。

このカードの特徴を簡単に説明すると、

・世界中で使いやすいVISAブランドなのでどこでも使える

・18歳から発行可能で、年会費も無料

・ポイント還元率は入会後半年間は5倍、それ以降も3倍で貯まりやすい

といい事づくしのカードでした。

デビュープラスカード

今でもこのカードは解約せずに、サブカードとして使い続けています。

https://credit-card-navi.com/smbc-debut-plus/

ドコモのケータイをお使いならdカード GOLD

creditcard - 【最新版】クレジットカードプランナーがおすすめする実際につくったクレジットカード特集

ドコモのスマートフォンをお持ちなら、dカード GOLDはぜひ持っておきましょう。

注意しなくてはいけないのは、このカードはゴールドカードなだけあって年会費が10,000円かかります。

しかしながらdカードではdポイントというポイントが貯まりますが、dカード GOLDを持っていれば年会費を払う以上のお得さが得られます。

おすすめポイント
  • ドコモのケータイ料金の10%が毎月dポイントとして貯まる
  • ローソンなど特約店で使うと3%割引が受けられる
  • ドコモのスマートフォンで購入から3年間、最大10万円保障

とにかく、ドコモのケータイをお使いの人以外には魅力が少ないですが、もしお持ちのケータイがドコモなら検討する価値は大いにあります。

参考に、年会費10,000円の元を取るのであれば、ケータイ料金が毎月8,000円以上あれば1年間で約10,000円のポイントが貯まるので損をしない計算になります。

ポイントとなるのは、これがdカード GOLDを使わなくても貯まるというところです。これに加えてdカード GOLDでクレジットカードで決済すれば更にポイントが貯まります。

他の高還元率と呼ばれるカードよりも絶対にお得になるのでおすすめしたい1枚です。

ドコモのスマートフォンを使っていたのでdカード GOLDをサブカードに

2枚目のクレジットカードを管理人がつくったのが、20歳のときです。

そのとき、ドコモが発行していた当時のカードがDCMXというクレジットカードでしたが、新たにdカードシリーズが登場したのです。

それまで、auならau walletというクレジットカードがあり、キャリアのクレジットカードとしてお得な印象でしたが、管理人が使っていたスマートフォンがドコモということもあり、つくっていませんでした。

しかし、今ではおなじみのdカード GOLDが登場し、即座につくることを決心します。

dカード GOLD

dカードGOLD
国際ブランド
マスターカード VISA
対応電子マネー
ID アップルペイ


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
10,800円10,800円1.0%~4.0%dポイント
発行
スピード
限度額マイル
還元率
ETC
年会費
無料
家族カードETCカード旅行保険ショッピング保険

dカード GOLDをつくるタイミングの管理人の状況はというと、

・ドコモのiPhoneを利用

・デビュープラスで不満はないが、なにかのときのために2枚目を持っておきたい

・メインはデビュープラスなので、そこまで頻繁に使う予定もない

といった具合でした。

しかし、dカード GOLDは筆者のそういった思いをすべて払拭するように、素晴らしいスペックを持って新登場したカードでした。

・年会費10,800円でドコモのケータイ料金の10%がポイント還元

・万が一のときのケータイ補償が付いてくる

つまり、管理人の中でdカード GOLDはあくまでメインカードではなく、ドコモのスマートフォンを使っていることでお得なカードとしての立ち位置でつくることにしたわけです。

年会費10,800円は高いと思うかもしれませんが、毎月9,000円以上のケータイ料金がかかっている方であれば年会費以上のポイントが貯まるので、実質、ケータイ補償がタダで付いてくるようなものになります。

いまお使いのスマートフォンがドコモなら、つくって損はないカードと言えるでしょう。

特別な記念日に半額でコースを食べれるアメックスゴールド

creditcard - 【最新版】クレジットカードプランナーがおすすめする実際につくったクレジットカード特集

1年間に数回は、大切な人といつもよりリッチなお店で食事をしたい機会ってありますよね。

  • 結婚記念日
  • バレンタイン
  • ホワイトデー
  • クリスマス

などなど。

夜景の見えるレストランなどは、料理の美味しさやホスピタリティは素晴らしいですが、その分コース料金は高く設定されています。

ステータスカードとして有名なアメックスゴールドを筆者は新卒2年目の23歳でつくりました。

年会費はかかってしまいますが、なぜこのカードをつくったのかというと、招待日和というサービスがあったためです。

creditcard - 【最新版】クレジットカードプランナーがおすすめする実際につくったクレジットカード特集

この招待日和とは、指定のレストランで2名のコース利用で1名分が無料となるサービスです。

つまり1万円のコースを二人で利用すれば、会計は1万円となります。

つまり実質、5,000円/人の負担となり、これであれば背伸びしなくて済みますよね。

もちろん、コースの内容が質素になるということもありません。通常料金と変わらないサービスを受けられるのに料金が半額となるのがアメックスゴールドに付帯している招待日和というサービスの素晴らしいところです。

会食に使えるお店も多いので、気になる人はぜひ公式サイトをチェックしてみましょう。

creditcard - 【最新版】クレジットカードプランナーがおすすめする実際につくったクレジットカード特集
【全種類一覧】AMEX(アメックス)おすすめカード超厳選8枚の特徴・違いを徹底比較! 今回はアメックスカードを一覧として網羅的に紹介します。 本記事の内容: アメックスカードを選ぶ理由 ア...

ステータスに憧れてアメックスグリーンを発行

1枚目のデビュープラスカード、2枚目のdカード GOLDで十分な気もしていましたが、この頃からステータスを気にするようになりました。

社会人にもなり、女性と食事に行く機会も増えたためです。

そのときに、みっともないカードで支払いをするのもイヤだなーと不意に考えるようになり、女性から見てカッコいいカードの1つでも持っておこう!と考えるようになります。

そこで発行したのが、アメックスグリーンでした。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス
国際ブランド
アメリカン・エキスプレス
対応電子マネー
アップルペイクイックペイ


年会費ポイント
還元率
ポイント名
初年度2年目~
13,200円13,200円1.0%メンバーシップ・リワード
発行スピード限度額マイル
還元率
ETC年会費
10日程度1.0%無料
海外旅行保険家族カードETCカード

ポイントを貯めることなどは、メインで使用していたデビュープラスカードでしたので、3枚目のカードに求めることはただ一つ、

・ステータス性の高いクレジットカード

ということのみでした。

そうなると、選択肢はダイナースクラブカードやアメックスとなるわけですが、すでにVISAとMasterCardを持っていたこと、そしてダイナースクラブカードは審査が厳しいということを聞いていたのでアメックスグリーンにしたわけです。

結果的には社会人1年目ですぐにつくることができたので、無事に3枚目のクレジットカードとしてステータスカードを入手することができました。

その時の詳細は以下の記事で紹介しています。

creditcard - 【最新版】クレジットカードプランナーがおすすめする実際につくったクレジットカード特集
アメックスグリーンの審査基準は厳しい?年収や属性から見えた難易度を徹底解説しますアメックスはクレジットカードの一枚目に持つカードというよりは、生涯ずっと大事に使える一枚というイメージの方が強い印象ですよね。 筆...

今でもアメックスは付帯サービスとして、

・空港ラウンジが同伴1名まで無料

であることから、旅行の際に使っているカードとなっています。

インビテーションを受けてアメックスゴールドに

3枚目のアメックスグリーンをつくったことで、ある程度の国際ブランドは揃っていましたし、追加のクレジットカードをつくることを検討していませんでした。

しかし、アメックスグリーンをつくって半年程度でアメックスゴールドのインビテーションが届くことになります。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

creditcard - 【最新版】クレジットカードプランナーがおすすめする実際につくったクレジットカード特集
国際ブランド
アメックス
対応電子マネー
アップルペイクイックペイ


年会費ポイント
還元率
ポイント名
初年度2年目~
31,900円31,900円0.33%~0.50%メンバーシップ・リワード
発行スピード限度額マイル
還元率
ETC発行
手数料
10日程度なし0.33%~0.50%850円
海外旅行保険国内旅行保険ショッピング保険家族カードETCカード

インビテーションをもらうことが初めてかつ、さらにステータス性の高いカードでもあったので、年会費の高さに迷いもしましたが、結局つくることにしました。

creditcard - 【最新版】クレジットカードプランナーがおすすめする実際につくったクレジットカード特集
アメックスゴールドのインビテーションがグリーンをつくって半年でもらえた体験談筆者がアメックスグリーンをつくったのが社会人半年目でした。 それから定期的に無理ない程度でアメックスのグリーンを利用していたらゴー...

こちらの記事でも詳しく書いていますが、結局、アメックスグリーンの戻すことにしたわけですが、アメックスグリーンよりも付帯サービスは素晴らしく、使いこなせる人にはおすすめのカードと言えるでしょう。

管理人の場合、メインカードとサブカードがすでにあったので、年会費の元を取れないと判断し、アメックスグリーンに戻しています。

Amazonでのショッピングが多いのであれば、オリコカード

Orico Card THE POINT
オリコカード
国際ブランド
マスターカードクレジットカードアイコン
対応電子マネー
IDQUICPay


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料無料1.0%~2.0%ORICOポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
無料
家族カードETCカード

筆者はちょっとした買い物であれば、わざわざ店頭に足を運ぶのが面倒でしたのでAmazonで買い物をすることが多くありました。

スキマ時間を見つけて、お店に足を運ぶよりもちょっとした時間でAmazonで注目して自宅に届けてもらえるのでとても便利です。

しかし、Amazonは一般的なECサイトとは違ってポイントが貯まらないのでなんだか損した気分になりませんか?

そこで筆者が考えたのが、クレジットカードのポイントでお得に利用しよう。ということでした。

Amazonでの買い物でポイント還元率が高くなるクレジットカードといえば、Amazonが発行しているAmazonクラシックとAmazonゴールドです。

この3枚を比較してみると、実は面白いことがわかります。

券種オリコカード・ザ・ポイントAmazonクラシックAmazonゴールド
券面creditcard - 【最新版】クレジットカードプランナーがおすすめする実際につくったクレジットカード特集creditcard - 【最新版】クレジットカードプランナーがおすすめする実際につくったクレジットカード特集creditcard - 【最新版】クレジットカードプランナーがおすすめする実際につくったクレジットカード特集
Amazon還元率2%(入会後半年間は3%)1.5%2.5%
年会費無料1,350円10,800円

パット見ていかがでしょうか。

Amazonのクレジットカードは実はポイント還元率がそこまで高いわけではないのです。しかも、年会費もAmazonクラシックから発生します。

その点オリコカード・ザ・ポイントなら、年会費無料でAmazonの還元率は常時2%。Amazonクラシックよりも高い還元率となっています。

しかも入会半年間はAmazonでの還元率が3%と高くなるので、この期間であれば年会費10,800円のAmazonゴールドよりも高い還元率となります。

正直、Amazon専用クレジットカードって使いにくいですよね。

しかしオリコカード・ザ・ポイントなら、他の用途にも使いやすいデザインとなっているので、このカード1枚でメインカードとしても問題ありません。

さらにはオリコカード・ザ・ポイントだけの特徴として、

  • オリコモール経由でポイントを0.5%加算
  • QUICPayとIDの電子マネー2つが搭載

という便利な特徴があります。

筆者の周囲にもオリコカード・ザ・ポイントをメインカードとしている人もいるので、Amazonの利用が定期的にある人であれば入会を検討されることをおすすめします。

Tポイント派ならヤフーカード

ポイントって各社で色々あるので迷いますよね。

筆者はTSUTAYAでCDやDVDを借りることが多いので断然Tポイント派です。

ファミリーマートでもポイントを貯められるので、気づいたら3万ポイントを超えていました。

creditcard - 【最新版】クレジットカードプランナーがおすすめする実際につくったクレジットカード特集

そんなTポイント派のあなたならヤフーカードがおすすめです。

ヤフーカード
クレジットカード名
国際ブランド
マスターカードJCBVISA
対応電子マネー


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料無料1.0%~3.0%Tポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短2分公式サイト参照公式サイト参照500円
ショッピング保険家族カードETCカード

ヤフーカードの特徴は大きく3つあります。

TSUTAYAの会員証をヤフーカードに統合できる

年会費が永年無料なのに最大10,000円分のポイントGET

ヤフーショッピングで使えばポイントが3倍貯まる

難しいことを考えずに、Tポイントをとにかく貯めやすいクレジットカードとして覚えておけばいいでしょう。

Yahoo JAPANのIDをお持ちなら申し込みもとても簡単でスピーディーに終わります。

https://credit-card-navi.com/yahoo-card/

ルミネで年に1万円以上買い物するならルミネカード

筆者はインターネットで極力買い物を済ませたい派ですが、自分の洋服はサイズ感もわからないので年に数回セールの時期にまとめてルミネで買い物します。

その際に絶対に持っておかないと損をするのがルミネカードです。

ルミネカード
ルミネカード
国際ブランド
VISAJCBMaster
対応電子マネー


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料953円1.0%JREポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
無料
ETCカード旅行保険

ルミネカードの特徴はというと、

・初年度の年会費無料、次年度も953円と維持コストが安い

・ルミネカードさえ持っていればいつでも5%オフ

・年に数回のセール期間はルミネカードで10%オフ

とにかく、元が一瞬で取れるカードです。

10%オフのセール期間中に10,000円の買い物をすれば1,000円引きとなります。これだけでルミネカードの元は取れてしまいます。

https://credit-card-navi.com/lumine-sale/


結婚して、家関連の支払いをするために家族カードが無料発行できるJCBゴールド

このタイミングで管理人に大きな転機がありました。

それはプライベートですが、結婚をしたことです。

結婚のタイミングで、お財布状況は大きく変わり、自分のプライベートで使うお金よりも妻と住む家の家賃や光熱費の支払いがメインとなってきました。

賃貸で住む家の支払いを当初は、管理人のクレジットカードで支払っていましたが、家計管理が複雑になってきたことから、家関連は専用のクレジットカードをつくって管理することにしました。

そこで候補に上がったのが、JCBでゴールドです。

JCBゴールド

JCBゴールド
国際ブランド
JCB
対応電子マネー
クイックペイ


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料10,000円0.5%~2.5%OkiDokiポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日公式サイト参照公式サイト参照無料
海外旅行保険家族カード国内旅行保険ETCカードショッピング保険

なぜ、JCBゴールドにしたのかというと、管理人がつくりたいカードの条件として3つ挙げられます。

・VISAかMasterCard以外のカードであること

・妻にもカードを持たせたいので、家族カードの発行が無料であること

・ETCカードの発行ができて、年会費無料であること

これらの条件を満たせるのが、JCBゴールドというわけでした。

JCBゴールドは、日本発祥の国際ブランドということもあり、かなり要望にあったクレジットカードであったのです。

・国際ブランドはJCB

・家族カードの発行が1枚まで無料

・ETCカードも年一回の利用があれば無料

まさに、いま管理人が欲しいクレジットカードというわけでした。

インターネット経由の申し込みですぐに審査通過し、手元に届いたのでその点でも魅力的と言えました。

https://credit-card-navi.com/jcb-gold-shinsa/

今は、自分のJCBゴールドの他に、妻の財布に家族カード、そして車で使うETCカードをこのカードに統一し、家賃や光熱費はここから支払うようにしているので、家計管理も楽チンになりました。

楽天市場での買い物が増えてきたので、楽天カードを発行

ここまで読み進めてくれた方からすると、もういらないでしょ….

と思われるかもしれませんが、まだクレジットカードの発行は続きます。

先ほど紹介したJCBゴールドからさらに1年が経過し、最近クレジットカードを発行していないなーと思ったので、試しに楽天カードをつくってみました。

楽天カード
楽天カード
国際ブランド
マスターカードJCBVISA
対応電子マネー
楽天edy


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料無料1.0%~4.0%楽天スーパーポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照公式サイト参照0.5%~2.0%540円
海外旅行保険家族カードETCカード

CMで同じみのカードなので、ご存知の方も多いクレジットカードです。

このカードをつくったきっかけは大きく3つ。

・楽天市場を頻繁に利用する

・年会費がずっと無料

・入会特典でポイントが大量にもらえる

でした。

正直、3つ目の入会特典目当てであったというのもありますが、とりあえずつくっておくかなー程度の軽い気持ちです。

結局、ポイントが分散してしまうので、楽天市場のポイントが貯まりやすかったわけですが、半年程度で解約することになりました。

それでも、入会特典のポイントで1万円弱のものを無料で買えましたし、お金も一切かからなかったのでつくって後悔はしていません。

マイルを貯めることに興味を覚えて家用カードをJCBゴールドからANAアメックスに変更

今までつくったクレジットカードは、どこのお店でも使えるように国際ブランドをなるべく被らないようにつくったり、ポイント還元率を重視してきました。

しかし、6枚のクレジットカードをつくっていく内に貯めたポイントの使いみちに困ることも増えてきました。それは、欲しいと思える交換商品があまりなかったためです。

せっかくポイントを貯めても使いみちがなければ、貯める意味がありません。

さらに、結婚して奥さんと一緒にポイントを貯めるようになってからは使いみちも難しくなってきました。二人で貯めたポイントを一人で使うのは申し訳ないですからね。

そういった悩みがあり、筆者が行き着いたのがマイルを貯めることでした。

海外旅行や国内旅行は年に1回程度ではありますが二人にとっての贅沢です。そのため、一回の旅行で20万円〜30万円程度が飛んでいくのですが、その大半の費用が飛行機代でした。

なので、この飛行機代を少しでも抑えることができれば、いつもよりいいところに行けたり、現地での観光や食べ物を贅沢することができます。

そこで、航空券チケットに交換できるマイルを今後は貯めていこうと思い、つくったのがANAアメックスです。

ANA・アメリカン・エキスプレス・カード

クレジットカード名
国際ブランド
アメックス
対応電子マネー
アップルペイクイックペイ対応電子マネーミニアイコン


年会費ポイント
還元率
ポイント名
初年度2年目~
7,700円7,700円0.33%~0.75%ANAアメックスメンバーシップリワード
発行スピード限度額マイル
還元率
ETC年会費
10日程度なし0.33%~0.75%発行料935円
※年会費無料
海外旅行保険国内旅行保険ショッピング保険家族カードETCカード

このカードは常に入会キャンペーンを実施していたり、ちょっと工夫すればマイルを有効期限なしでずっと貯めることができるので夫婦共通のメインカードとして使っています。

プライベート用もマイルを貯めるためにSPGアメックスに統一

家用のカードをANAアメックスに統一してからは、筆者のプライベートカードもマイルを貯めることに振り切ることにしました。

ポイントが貯まるクレジットカードはたくさんありますが、それらのポイントをマイルに換えるときに交換レートが良くないものがほとんどです。

そこで目をつけたのがSPGアメックスです。

SPG アメリカン・エキスプレス・カード

SPGアメックス
国際ブランド
アメックス
対応電子マネー
アップルペイクイックペイ


年会費ポイント
還元率
ポイント名
初年度2年目~
34,100円34,100円3.00%Marriott Bonvoy
ポイント
発行スピード限度額マイル
還元率
ETC年会費
10日程度なし1.00%~1.25%発行料935円
※年会費無料
海外旅行保険国内旅行保険ショッピング保険家族カードETCカード

SPGアメックスは一言でいうと、マイルを最速で貯めたい&年に1度以上は贅沢にホテル旅行したい人にピッタリのクレジットカードです。

まず、マイルは入会特典とあわせて大量にGETできます。

・入会特典:30,000ポイント

・100円利用=3ポイント

貯まったポイントは3ポイント=1マイルに交換できて、その際の航空会社の限定はありません。

ANAカードやJALカードなど、航空会社に特化したクレジットカードがありますが、このSPGアメックスはどの航空会社のマイルにも遜色ないレートで交換できるクレジットカードとなっています。

しかも、貯めたポイントの有効期限も実質なし。最後にポイントを貯めてから1年以内に新たなポイントが貯まれば有効期限が伸びるので1年に1度でもクレジットカードを利用すればマイルを無限に貯めれます。

さらに、カードを更新したときの特典として毎年、マリオットボンヴォイの提携ホテルへの無料宿泊が1泊2名分、無料で付与されるので航空券代+ホテル代をこのカード1枚でタダにすることも可能。

いろいろなクレジットカードをつくったけど、最終的に1枚にまとめたいという人におすすめのクレジットカードとなっています。

 

のがたか
のがたか
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
感想や質問、お気付きの点などがあれば、下のコメント欄、LINE@Twitterからお気軽にご連絡ください!

\SNSでシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。