iPadレジ導入

【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?

regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?
のがたか
スマレジの導入を考えている方向けに、スマレジはどんなサービス?導入方法は?使い方は?デメリットは?など疑問を解決!

少しの費用で最新の税制にも対応できるスマレジで、効率よく経営しましょう。

本記事の内容:

スマレジ導入を検討している方向け

  • スマレジとは?メリット・デメリットまとめ
  • 多くのキャッシュレスに対応できるようなる!
  • よくある質問に答えて悩みを解決!

消費税の増税や、軽減税率の導入に伴い会計処理をするのも一苦労です。

また、キャッシュレス社会に対応するためにクレジットカード決済などの対応も急務です。

それでも人件費や経費を節約したい場合に選択肢になるのが、『スマレジ』です。

regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?
Pay初心者
POSレジのカンタンな導入方法はないのかな?
regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?
のがたか
スマレジならとってもカンタンです!多くの店舗でも使われ、信頼もあります。詳しく見ていきましょう!

スマレジは71,000店舗以上で利用されているPOSレジ

スマレジは2019年7月現在、で71,000店舗で利用されているPOSレジです。

導入されている業種は、飲食店や小売店はもちろんのこと、アパレルや美容関連のお店など、幅広い業種で導入されています。

regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?

iPadでPOSレジが導入できる

スマレジレジは、iPadやiPhoneに専用アプリをダウンロードして利用します。

iPadがレジになりますので、持ち運びが可能であり、店舗で利用してもスペースも取ることはありません。

また、アプリ形式なのでアップデートにより、セキュリティ面や最新の税制の対応もできます。

嬉しい悲鳴!主な機能だけでも24種類ある多機能性

スマレジは、主な機能だけでも24種類あります。

レジ機能はもちろんのこと、在庫管理や売上管理もすることができます。

<スマレジの主な機能>

機 能 機能内容
レジ機能 アプリを使った基本的なレジ機能
周辺機器対応 レシートプリンター、バーコードリーダー、自動釣銭機等のハードウェアなどの連動と連動可能
クレジットカード・電子マネー・QR決済 契約したキャッシュレス決済代行サービスと連携して利用が可能
免税対応 免税販売から免税帳票の印刷まで対応
軽減税率対応 消費税増税や軽減税率にも対応
商品別税設定 商品や店舗ごとに内税/外税の切り替えが可能
クイックコマンド 値引きやキャンペーンなどをショートカット設定し、会計時にワンタッチで利用可能に
売上分析 売上データをリアルタイムに集計すると同時に、年別・日別・時間帯別で売り上げ分析が可能に
予算管理 店舗ごとに予算設定をすることで、各店舗の目標設定や経営状態をサポート
顧客管理 来店や取引履歴がすぐにわかる顧客管理機能。ポイント機能も。
※プレミアムプラス以上で利用可能
複数店舗管理 複数店舗を一括管理することができ、利用者ごとに閲覧権限の設定も可能
※プレミアム以上で利用可能
高度な在庫管理 棚卸や発注、入荷出荷、店舗間移動などを管理
※リテールビジネスのみ利用可能
データのCSV出力
スマレジ内の商品情報や売上分析、会員情報等、各種データをCSVで出力可能
スタッフ管理 利用者ごとで権限を設定可能
また、利用者のログイン・操作履歴管理もできる。
※プラミアム以上で利用可能
外部システム連携 弥生シリーズなどの会計ソフトやiPadセルフオーダーシステムと連携し、確定申告準備をスムーズに。
※プレミアム以上で利用可能
スマレジAPI ERPやCRMなどのシステムとの連携が可能
※プレミアム以上で利用可能
オーダーエントリー スマレジ・ウェイターを利用した飲食店向けの高機能オーダーエントリー機能
※フードビジネスのみ利用可能
オフライン対応 店舗内サーバーを設置することで、インターネットが繋がらない状態でも注文管理を可能にする機能
※別途料金が必要※フードビジネスのみ利用可能
セルフオーダー テーブルに端末を設置することで、お客さん自身が注文できる機能
※別途料金が必要
※フードビジネスのみ利用可能
トレーニングモード
スタッフを対象に、スマレジのトレーニングシミュレーションが可能。
スマレジ・ストア
管理画面からレシート紙や値札作成が可能。
イベントカレンダー
イベントなどのスケジュール管理をすることが可能。
PL管理 予算達成の状況や経費を損益とあわせて確認することが可能
※プレミアムプラン以上で利用可能
アラート機能 在庫不足や注意事項を自動通知してくれる機能
※リテールビジネスのみ利用可能

会社の規模にあわせてプランが選択できる

スマレジは、無料プランと4種類の有料プランが用意されています。

regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?

基本的な機能は無料プランでも利用可能ですが、お店の規模や店舗数によって利用頻度の高い機能は変わりますので、月額の利用料金が無駄になりません。

また、フードビジネスプランは飲食店向け、リテールビジネスは在庫管理が大変な小売店など業種に合ったプランを利用できます。

 

スマレジを導入するメリット

スマレジの魅力は4つあります。

  • 国内外のキャッシュレス決済に対応
  • 免税販売に対応
  • 多言語のオーダーに対応
  • 充実の保証

メリット①:キャッシュレス決済に対応

スマレジは、8種類の決済サービスが用意されています。

<決済サービス一覧>

クレジットカード決済 電子マネー決済 スマホ決済
JMSおまかせサービス ×
StartPay × ×
楽天ペイ
コイニー ×
Square × ×
Payment Meister 問い合わせ ×
WeChatPAY × ×
スマレジPAYMENT × ×

国内外のキャッシュレス決済に対応しており、中国クレジットカードの銀聯や、スマホ決済のALIPAYも利用できるのも特徴です。

regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?

<スマレジで利用可能なキャッシュレス決済一覧>

キャッシュレスの種類 利用可能ブランド
クレジットカード決済
  • Visa
  • マスターカード
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス
  • ディスカバー
  • ダイナースクラブ
  • 銀聯
電子マネー決済
  • 交通系(Suica、PASMOなど)
  • ApplePay
  • QUICPay
  • iD
  • 楽天Edy
  • nanaco
  • WAON
スマホ決済
  • PayPay
  • LINEPay
  • 楽天ペイ
  • d払い
  • ALIPAY
  • WeChatPAY

メリット②:免税販売にも対応

海外観光客が増加している中で、免税販売店の恩恵は大きいです。

消費税が10%に増加しましたので、対応しているかどうかでお店の売上にも影響します。

また、2020年4月から免税販売手続きが電子化になり、紙の帳票印刷、パスポートへの添付はなくなり、購入記録情報を電子データで保存・提出する事が必要になります。

スマレジは電子化にも対応予定なので、免税販売店の電子化の手助けを担えます。

メリット③:多言語対応のオーダーが利用できる

スマレジはお客さんがテーブルで注文する、セルフオーダー機能も搭載しています。

regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?

セルフオーダーは従業員の作業事務削減に繋がりますし、注文ミスの防止にもなります。

また、多言語に対応しているため、外国人観光客が来店した場合でもスムーズに注文してもらえるのもポイントです。

メリット④:充実のサービス保証

クラウド型のレジを利用する場合に困るのが、サーバートラブル。

スマレジではSLA(サービス品質保証)を定め、サービスの品質を保証する取り組みを行っています。

スマレジが取り組んでいるサービスとして、最も大きいのがスマレジサーバーの月間稼働率99.95%を保証です。

また、万が一月間の稼働率が保証値を下回った場合には、月額費用の10%を返還するなどの措置もあります。

クラウド管理の場合サーバー稼働率は死活問題なので、限りなく100%に近い稼働率は導入の判断基準になります。

※SLAとは、サービス事業者が契約者に対してどの程度の品質を保証するかを定めたもの。

メリット⑤:事前に体験できるショールームがある!

スマレジは、実際に機能を体験できるショールームが全国6か所あります。

<ショールーム会場>

  • 東京(恵比寿)
  • 池袋
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 福岡

また、全国12か所のヤマダ電機でもスマレジが設置していますので、体験することが可能です。

なお、近くにショールームがない方でも、オンライン体験できますので導入する前にチェックすることができます。

 

スマレジのデメリット

スマレジを導入する際の3つのデメリットです。

クラウドレジに共通する部分もありますので、しっかりチェックしてください。

デメリット①:通信環境の設備は必要

スマレジはアプリで運用するシステムなので、通信環境が必須です。

そのため、スマレジを導入する際にはお店にWi-Fiなどの通信設備が必要になります。

デメリット②:周辺機器は購入する必要がある

スマレジは、iPadで利用することが可能ですが、お店の業態によってはレシート機能など周辺機器をそろえる必要があります。

なお、周辺機器はセットプランを利用すれば、10万円以下で揃えることができます。

デメリット③:利用する為の社員教育が必要

スマレジは多機能が売りですが、機能を使いこなすためには従業員の教育が必要です。

ただ、スマレジの機能で「トレーニングモード」が用意されていますので、事前にシミュレーションにより効率よく従業員経の指導が可能となっています。

 

スマレジの評判・感想

スマレジは、個人店から複数の店舗を持つ法人まで幅広い層から支持を集めています。

政府がキャッシュレス社会を推進していますので、キャッシュレス決済の需要は高まっています。

お店の売上などをデータ管理する際には、システムの使い勝手も事務効率に影響します。

利用者のシンプルイズベストな回答!

 

スマレジを購入する前によくある質問

スマレジを購入する前によくある質問にお答えします。

契約から導入までの期間はどれくらい?

スマレジのアカウント作成から、機器納入までは約2週間です。

スマレジアプリのダウンロードは有料?

スマレジのアプリは無料でダウンロードできます。

初期費用はどのくらい必要?

スマレジは自前でPadを用意する必要があります。

また、周辺機器などに関しては、9万9999円で一式の機器を導入できるスターターキットが用意してあります。

regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?

そのため、すでにiPadを用意してある場合には、10万円以内で周辺機器を揃えることが可能です。

 

JMSおまかせサービスキャンペーン

regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?

スマレジ導入のキャンペーンとして、「JMSおまかせサービスキャンペーン」を利用できます。

JMSとは、国内大手カード会社のJCB・三菱UFJニコス・UCカードの出資により設立された、クレジットカード決済代行会社です。

1つの契約で主要のキャッシュレス決済が利用可能に

JMS おまかせサービスに契約すると、主に利用されているキャッシュレス決済が利用可能になります。

regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?

また、各キャッシュレス決済の振込明細・入金・お問い合わせ先をJMS1つにまとめられるので、キャッシュレス決済の会社ごとに事務処理や経理処理を行う必要はありません。

期間限定!スマレジ対応の決済端末が無料で導入できる

regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?

JMSのキャンペーン中に加入すれば、決済端末が無料で導入できます。

導入機器は、本体はもちろんのこと、クレジットカード決済に必要なPINパッドや電子マネー決済に必要なリーダライターも無料になります。

キャンペーンは予告なしに終了しますので、キャンペーン期間中に購入を検討してください。

 

スマレジの登録方法と使い方

スマレジのはじめ方を説明します。

<スマレジの設定する際の4ステップ>

  1. スマレジアプリをダウンロード
  2. アカウント作成
  3. 商品登録
  4. 支払方法の登録

スマレジアプリをダウンロードする

スマレジを利用するiPadなどに、スマレジアプリをダウンロードします。

スマレジを登録する

アプリを起動するとアカウント作成画面が開きますので、アカウント登録をします。

スマレジは無料・有料プランの両方ありますが、登録してから30日間はすべての機能が無料で利用可能となります。

なお、30日間有料プランへの申し込みをしなかった場合には、自動で無料プランに切り替わりますのでご注意ください。

商品の登録

登録が完了しましたら、商品の設定を行います。

商品設定は、カテゴリーと商品登録を行います。

カテゴリーは「飲み物」・「食べ物」など、商品登録は「コーヒー」・「オムライス」などのお店の商品名を入力します。

regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?

支払方法の登録

お店で利用できる支払方法を登録します。

現金やクレジットカード決済以外にも、電子マネー決済や金券・ギフト券も登録すれば支払い可能となります。

regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?

 

まとめ:スマレジで快適な決済を

regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?

スマレジまとめです。

  • 71,000店舗以上で利用されている
  • 無料プランと4種類の有料プランがある
  • 主な機能だけでも24種類ある
  • お店の通信環境は必須
  • 導入費用が必要
  • キャンペーン期間であれば決済端末無料

スマレジは無料で利用できるのも魅力ですが、有料プランが4種類に分かれているため、店舗の規模や業種によって最適なプランを選べます。

また、レジ機能だけでなく、会社の経営向上にも貢献しますので、まずは30日間の無料期間をお試しください。

regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?
Pay初心者
従来のPOSレジは税制改正などで買い替えが必要でしたが、スマレジならずっと使えますね!費用削減!

 

キャッシュレス決済店舗導入 完全ガイド!

regi - 【驚愕】スマレジ完全ガイド!高性能クラウドレジが0円から利用可能って本当…?[su_row][su_column size=”1/2″ center=”no” class=””]

 オススメ!!
店舗スマホ決済導入ガイド

[/su_column] [su_column size=”1/2″ center=”no” class=””]

 まず読む!!
店舗キャッシュレス導入ガイド

[/su_column] [/su_row]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。