電子マネー

Suica(スイカ)とは?評判・口コミとお得な使い方 | みんな知ってる電子マネー

のがたか
のがたか
今回は、説明いらずのSuicaを紹介します!でもあらためて再確認!

今や当たり前に誰でも使っている電子マネーのSuica。

特徴を再確認の意味でぜひご覧ください。m(__)m

Suica(スイカ)のキャンペーン

Suicaは定期的におとくなキャンペーンを実施しています。

アキュアで当たるWキャンペーン

e-money - Suica(スイカ)とは?評判・口コミとお得な使い方 | みんな知ってる電子マネー

アキュア自動販売機(JR駅に設置されている自販機)でSuica購入すると、びゅう商品券が最大5,000円分、総計300名に当たります。

エントリーが必要で、応募期間は4月1日(月)から6月30日(日)です。

e-money - Suica(スイカ)とは?評判・口コミとお得な使い方 | みんな知ってる電子マネー

さらに!

ひと月3本以上購入で、総計300名にJRE POINTが2,000ポイント当たります。

 

Suicaの特徴と仕組み

e-money - Suica(スイカ)とは?評判・口コミとお得な使い方 | みんな知ってる電子マネー

JR東日本の交通系ICカードで、タッチするだけで改札を通ることができます。

乗り越しも自動精算されるため、現金を持たずに鉄道や提携の交通機関が利用できます。

また、Suicaは提携店舗でキャッシュレス決済できるので、レジで小銭のやりとりをすることなく、チャージ残高をプリペイド利用可能です。

Suicaがあれば、JRをはじめ提携しているぼく鉄やバス、店舗も利用できます。

また、JR西日本のICOCAや関西のPASMOをはじめ、全国相互利用できる交通系ICカードのエリア内ならSuicaのみで鉄道やバス、ショッピングが可能です。

カードリーダーにワンタッチすれば、キャッシュレス&サインレスで改札を通ったり買い物ができます。

 

Suicaのメリット・デメリット

Suicaには主に次のようなメリットがあります。

メリット

  • 改札をワンタッチで自動精算
  • ワンタッチで買い物できる
  • Suica定期券なら繰り返し使える

デメリット

  • 券売機で乗車券を購入したほうが安くなることがある

メリット①:改札をワンタッチで自動精算

e-money - Suica(スイカ)とは?評判・口コミとお得な使い方 | みんな知ってる電子マネー

Suicaカードを自動改札機のリーダー部にタッチすれば、そのまま運賃の自動精算ができます。

切符の購入したり、持ち歩くことなくスムーズに改札を通ることができます。

また、乗り越しても自動精算されるので、窓口や精算機で乗り越し精算しなくて済みます。

メリット②:ワンタッチで買い物できる

e-money - Suica(スイカ)とは?評判・口コミとお得な使い方 | みんな知ってる電子マネー

SuicaマークやICOCAなど全国の相互利用可能な交通系ICカードのマークのあるレジなら、自動改札機のようにワンタッチでレジの決済が完了します。

お財布がなくてもSuicaカードだけで電車にのってキオスクやコンビニの買い物が済ませられます。

メリット③:Suica定期券なら繰り返し使える

紙の定期券と違って、Suicaカードの券面をリライトできるため同じSuicaカードを何度でも定期券として更新可能です。

デメリット①:券売機で乗車券を購入したほうが安くなることがある

券売機で切符を買うよりIC運賃のほうが割安ですが、ルートによって券売機で現金購入したほうが安く乗車できるケースがあります。

また、エリアや路線限定の1日乗車券など、フリー切符の場合も同様です。

 

Suicaの評判・口コミ

e-money - Suica(スイカ)とは?評判・口コミとお得な使い方 | みんな知ってる電子マネー

ここからは、Suicaの使い勝手やメリットをネットで聞いてみましょう。

①Suicaカードさえあれば外出できる

②利用シーンが広がっている

③キャラクター仕様でカードの種類豊富

④つい使ってしまうほど便利

⑤Suicaグッズは子どもから大人まで人気

 

Suicaのよくある質問

Suicaで気になるポイントをまとめて調べてみました。

  • ①Suicaはカードタイプだけ?
  • ②チャージ方法は?上限額はある?
  • ③Suicaカードをなくしてしまったら保証はある?

①Suicaはカードタイプだけ?

Suicaには「Suica定期券」と記名式の「My Suica」、無記名式の「Suicaカード」という3つのカードタイプのほか、モバイルSuicaがあります。

モバイルSuicaは、スマートフォンや携帯電話の端末を改札機にかざすスタイルです。

②チャージ方法は?上限額はある?

自動券売機やコンビニのレジで現金チャージをします。1回でチャージできる金額は、

  • 500円
  • 1,000円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

となっています。

また、チャージの上限は20,000円です。

なお、モバイルSuicaやSuica付きビューカードならオートチャージ機能で現金不要のチャージが可能です。

残高が一定の金額になるので、残高不足で改札でブロックされる心配がありません。

③Suicaカードをなくしてしまったら保証はある?

購入時に個人情報を登録する記名式の「My Suica」と「Suica定期券」はみどりの窓口に紛失を申し出ると再発行できます。

なお、無記名式の「Suicaカード」は紛失すると保証されませんのでなくさないよう注意しましょう。

 

Suicaのはじめ方(使い方)

Suicaの使い方は以下の通り。

  • STEP01
    Suicaカードを手に入れる

    Suicaカードは、JR東日本の駅構内にある多機能券売機やみどりの窓口で販売しています。

  • STEP02
    カードにチャージする

    Suicaカードを駅の多機能券売機に挿入して現金でチャージします。

  • STEP03
    改札はワンタッチ、レジでは「Suica払いで」

    駅の改札を通るときは、自動改札機の読取り部にワンタッチすると通れます。

    液晶画面に残高が表示されるので確認しておきましょう。

    また、Suicaマークのあるお店や自動販売機では「Suica払い」であると伝えて、リーダーにかざすと決済できます。

 

まとめ:Suicaを解説

e-money - Suica(スイカ)とは?評判・口コミとお得な使い方 | みんな知ってる電子マネー

今回は、Suicaを解説しました。

いまや当たり前に、現金派の方でも使っているSuicaですが、あらためて特徴を確認することでより良い使い方が再確認できますね。

ぜひ積極的に利用していきましょう。

 

おすすめのスマホ決済5選

-
POINT


 初心者にやさしく解説!

 スマホ決済で現金いらず!簡単に決済可能

 当サイトがおすすめするスマホ決済を厳選して紹介

\マンガの続きを読む/
>> おすすめスマホ決済5選

あわせて読みたい