ポイント投資

ポイントで投資ができる資産運用5選!楽天ポイント・Tポイント【徹底比較】

のがたか
のがたか
これから資産運用を始めようと思っている方向けに、ポイントが貯まる・投資できるサービスをまとめました。

自分の持ち出し不要で投資ができますよ。もしくは投資をしたときにポイントがもらえるのでお得に資産運用ができます。

初心者必読!

ポイントで投資ができる…つまり、自分でお金を持ち出さなくてもいいということ。

気軽にお手軽に投資ができますね…!

本記事の内容:

ポイントが余って使い道のない方、手軽に投資してみたい方向け

  • ポイントで投資できる・投資をするとポイントがもらえる方法を紹介
  • 実際に運用した結果も公開

※この記事を書いているぼくは資産運用に1,000万円以上投資していて、基本的なスタンスはほったらかし。ポイントで投資できるサービスをいくつか使っています。

2019年はポイント投資が流行!

2019年の投資は「手軽・カンタン・少額」がキーワードで、これから資産運用を始める初心者の方が、気軽に始められる投資が盛り上がっています。

本記事で紹介する、ポイントを使って投資できるサービスはぴったり。ポイント投資をまとめて紹介していきます。ぜひじっくりご覧ください。

投資初心者
投資初心者
買い物したときにポイント貯めてるんだけど、正直使い道なくて困ってるんだよね〜。
のがたか
のがたか
そんなときは、ポイントで投資ができるサービスを使ってみたらどう?

▼動画でポイント投資を紹介しています。約6分で概要が理解できます。

ポイント投資ができる資産運用5選

ポイントで投資できる5選:

  • Tポイントで株式投資(SBIネオモバイル証券)
  • Tポイントで投資信託(SBI証券)
  • 楽天ポイントで投資信託(楽天証券)
  • インヴァストポイントでETF運用(インヴァスト証券)
  • dポイントで投資(ポイントのみ)

今回5つのサービスを紹介しますが、結論を言ってしまうと、今始めるなら楽天ポイント投資・Tポイント投資ですね…!

これから投資を始める方にはSBIネオモバイル証券と楽天証券がおすすめです。

▼当サイトのおすすめはTポイント投資と楽天ポイント投資!

Tポイント投資

Tポイントで投資ができるサービスは2つ

ネオモバは国内の株に対し、SBI証券は投資信託を買うことができます。

ぼくは楽天ポイントで投資信託を買い進めているので、Tポイントは個別株を買うためにネオモバで運用しています。

どちらが良い・悪いはないので自分にあった証券会社を選択してください。

個人的にはTポイントのみで買い進めて行くならネオモバで株を買い、自己資金も含めて自分のメインとなる投資を行っていくならSBI証券で投資信託を買うのがいいと思いますよ。

国内株を買うなら!SBIネオモバイル証券

Tポイントで株式投資ができるSBIネオモバイル証券です。

楽天ポイント同様、お買い物の際に貯めたTポイントで株式を買うことができます…!

そしてなんと、Tポイント会員は国内で6800万人!多くの方に投資機会がありますね。

1株500円から株式を買うことができるので気軽に投資が始められます。

のがたか
のがたか
詳しくは、SBIネオモバイル証券(ネオモバ)のメリット・デメリットで解説していますのでぜひご覧ください!

Tポイント投資をするにSBIネオモバイル証券の口座登録が必要です。

無料でカンタンに登録できますよ。

▼現在の口座状況(2019年9月時点)

少額ですが、はじめての株投資にはぴったりですよ。

ネオモバでTポイント投資!

無料で口座開設。5分程度でカンタンに登録できます 

投資信託なら!SBI証券

SBI証券本体でもTポイントで投資ができるようになりました。(7月20日〜)

1ポイントから利用できます。

対象投資先は、投資信託のみですが、約2,000種類以上あるので使い道に困ることはないですね。

また、Tポイントが貯まるサービスも充実。以下のとおり。

国内株式現物取引スタンダードプラン及びPTS取引の月間合計手数料の1.1%相当のポイント
投資信託取引
(投信マイレージ)
対象投資信託の月間平均保有額が
1000万円未満は年率0.1%相当のポイント
1000万円以上は年率0.2%相当のポイント
金・プラチナ取引スポット取引及び積み立て買い付けの月間合計手数料の1.0%相当のポイント
新規口座開設一律100ポイント
国内株式入庫1回の移管入庫につき100ポイント
各種キャンペーンキャンペーンにより変動

完全に楽天証券に対抗してますね!!

ただ、これは本当にいいことだと思っていて投資のハードルが一気に下がります…!

これまでTポイントを持っていたものの使い道がなかった方には朗報です。

まずはじめに登録する必須の証券会社

登録は無料。5分で完了!

ヤフーカードを支払いに使うとガンガンポイントが貯まりますよ。Tポイント経済圏、楽天経済圏、あなたはどっち!?

 

楽天スーパーポイントで投資信託(楽天証券)

はじめに紹介するのが、楽天スーパーポイントで投資信託をする方法です。

楽天スーパーポイントは楽天市場で買い物をしたり、楽天カードで買い物したときに付与されるポイントです。

この楽天スーパーポイントで楽天証券の投資信託を運用できます…!

その貯まったポイントで投資信託を買うことができ、投資信託がうまくいけば元手0からお金を増やすことができます!

購入対象である投資信託商品は、約2,000種類以上あり、100円以上1円単位で購入できるのが特徴です。

話題のひふみプラスや楽天VTI、eMAXIS Slimなども対象です。

ポイントで買えるので、資産運用のはじめての方でもリスクゼロでOK。

詳しくは、楽天ポイントで投資信託した結果と詳細で解説していますので、あわせてご覧ください。

楽天スーパーポイント投資をするには楽天証券の口座登録が必要です。

超カンタンに登録することができるのでぜひ登録してみましょう。


投資信託・つみたてNISAならポイント投資ができる楽天証券!

※無料で口座開設。3ステップ5分で完了します。

運用資金がない方でも買い物は絶対にしますよね。買い物を積極的に楽天市場や楽天カードで支払うと、ガンガンポイントが貯まっていきます。

>>楽天カードのメリット・デメリット!10年間使用してわかったポイント(専門サイト)

 

インヴァストポイントで自動積立ETF

インヴァストカード(クレジットカード)の使用分の1.0%還元分を自動的にETF(上場投資信託)で運用します。

インヴァストポイントをゲットするには、インヴァストカードの発行・利用が必要です。

  • 元手資金0円から運用できる
  • ポイントは1Pから毎月自動で口座にキャッシュバック
  • ポイントからのキャッシュバックで世界ETFに投資可能
  • どこで使っても高い還元率1.00%!

インヴァストカードを利用して獲得したポイント(100円で1ポイント=1円)はすべて海外ETFでの運用になります。

楽天ポイントと異なる点としては、ポイントの使い道はETFの投資に限られている点で、ポイントで買い物もしたいという方は少し使い勝手が悪いです。

なので、まずは楽天証券でポイント投資を試してみて、同じような仕組みで※海外ETFに投資したいならインヴァストカード推奨です。

※楽天証券のポイント投資では海外ETFに投資できないので。

インヴァストカードを発行するにはインヴァスト証券の口座登録が必要です。

>>【マネーハッチ】クレジットカードのポイントで元手資金ゼロからはじめられる資産運用

 

dポイント投資(実際のお金にはならない)

ドコモが提供する投資サービスです。dポイントで投資ができます。

さらに運用先はロボアドバイザー「THEO」やテーマ別の投資信託を選ぶだけなので誰でも簡単にスタートできます。

のがたか
のがたか
個人的にはポイント投資の時点で現金手出しはない=損はないといってもいいくらい。

もしdポイントが余っていて使い道に困っている人はdポイント投資で運用するのがオススメです。

失敗しても手元の現金は減らないので、投資を始めるキッカケとして使ってみるのもいいですね。

▼dポイント投資イメージ

詳しくは、dポイント投資のメリット・デメリットをやさしく解説していますにであわせてご覧くださいね。

https://dagashiya-bitcoin.com/dpoint

 

ポイントが貯まるポイント投資

ここからはポイントが貯まる投資を紹介します。

ポイントが貯まる:

  • ウェルスナビ for JAL,ANA(マイルが貯まる)
  • THEO+docomo(dポイントが貯まる)
  • エポスカードで投信積立(エポスポイントがもらえる)

ウェルスナビ for JAL,ANA(マイルが貯まる)

ロボアドバイザーサービスのウェルスナビではANAやJALなどと提携して、ウェルスナビを運用するとマイルが貯まるサービスを展開しています。

ウェルスナビをはじめると○マイル、運用中に○マイルというようにマイルがゲットできますよ。

テオプラスドコモでdポイントがもらえる

THEO+docomoは、ロボアドバイザーのTHEOを運用することでdポイントがもらえるサービスです。

機能や投資方法は本家THEOと一緒でして、機能的に違いはありません。

docomoと名前がついてる通り、ドコモユーザーには2つのメリットがあります。

  • 運用額に応じてdポイントがもらえる(dアカウントがあればdocomoユーザーでなくてももらえる、docomoユーザーならポイント1.5倍)
  • dカード利用でおつり投資ができる

dアカウントユーザーなら運用額に対して、1%のポイント、docomoユーザーなら1.5%のポイントがずっともらえます…!

※dアカウントはdocomoユーザーじゃなくても、誰でもつくれます。

現在、すでに本家THEOを運用している方も、THEO+docomoに変更できるので、dアカウントをつくって移行しておくとかなりお得ですね。

※変更方法

マイページ ➡︎ お客さま情報から変更できます。

THEO(テオ)レビュー!で運用実績や特徴を解説していますのであわせてご覧ください。

THEO(テオ)の運用実績公開 !メリット・デメリット・評判まとめ
THEO(テオ)18ヶ月目の運用実績公開 !メリット・デメリット・評判まとめ THEO(テオ)を含めてロボアドバイザーを運用していますが、驚愕の連続です。 その理由、本当になにもすることがなく完全ほっ...
期間限定!最大5,000円がもらえるキャンペーン中!

エポスカードで投信積立(エポスポイントがもらえる)

エポスカードで投資信託を積み立てるとエポスポイントがもらえるサービスです。

※このサービスで投資信託を積み立てるのはtumiki証券のみとなっています。

ざっくり解説すると、エポスポイントでつみたてNISA対象の投資信託を購入すると、年間のつみたて金額に応じてエポスポイントが貯まる仕組みです。

付与率は他のサービスと比較すると低め

なんといっても女性におすすめ!

マルイでセミナーなどサポートも実施していますし、付与されたポイントはマルイの購入で使うことができますので。

このサービスを利用するにはエポスカードとtumiki証券の登録が必要なので気になった方はぜひ。

>>無料登録:エポスカード

 

2019年はポイント投資が盛り上がる

日本は預金文化が根強く残っており、銀行に眠っている個人の現金がなんと900兆円近くあるそうです。

各社はその900兆円を引き出そうと、まずは手軽にはじめられるポイント投資をプッシュしていくと思われます。

確かにポイント投資は、お手軽・自分の持ち出し不要なのでほぼリスクなしと考えると、これから資産運用をはじめる初心者の方にはうってつけだと思っています。

なくなっても痛手は少ないので。

なので、「資産運用をはじめてみたいけど、まずはお試しで…。」という方にはかなりおすすめできます。

もし悩んでいる方はこの機会にぜひ始めてみることを推奨します。

 

まとめ:ポイント投資おすすめ資産運用5選

おすすめ ポイント投資

今回はポイントで投資ができる、ポイントが貯まる投資を紹介しました。

元手0円でもポイントがあれば投資することができます。

今回紹介した投資はすべて無料で登録ができます。

まずは始めてみて、経験を積んでいきましょう!