【株価指数CFD】FTSE100配当投資で年利20%運用する方法 | 実績公開

投資初心者
投資初心者
株価指数?FTSE100って?配当金が多くもらえるとはきいたけど…。配当金もらえるのって魅力的!
のがたか
のがたか
配当金生活は夢だよね〜。

今回はぼくが運用しているFTSE100について解説していきます。

本記事の内容::

FTSE100の配当金生活に興味がある・株価指数CFDを詳しく知りたい方向け

  • FTSE100をはじめとした株価指数CFDの運用結果
  • 配当投資のメリット・デメリット
  • よくある質問にも回答!

FTSE100という聞き慣れないものをなぜ運用しているのか?

それは10万円が1,000万円になる現実的な可能性を秘めた投資だからです…!カンタンに言うと配当金を複利で運用していく投資法です。

また、FTSE100の原資を稼ぐために日経225やNYダウのトレードも積極的に行い相乗効果で利益を出しています。

GMOクリック証券でCFDトレード!

※無料で口座開設。3ステップ5分で完了します。

 

株価指数CFD投資:運用結果

2018年10月から運用開始

  • 原資:10万円
  • 運用銘柄:FTSE100、日経225、ダウ

配当金はこの1ヶ月で+7,000円程度ですが、先月から価格が下落しているため含み益は少なくなりました。

また、日経225、NYダウのトレードで証拠金が20万円になったのでFTSE100を1枚買い増し、合計2枚の運用となっています。

FTSE100がぶち上がっていたため、これまで保有してたポジションを利確しました…!

FTSE100だけで合計+74,818円、他の株価指数を合計すると+19万円となりほぼ3倍ですね。(原資10万円なので)

約10ヶ月運用してなかなかいい数字ではないでしょうか!

▼FTSE100:配当金結果

枚数累計配当金※1含み損益(%)
2018年10月1-21円-1,680円(-1.68%)
2018年11月1+1,832円-1,868円(-1.94%)
2018年12月1+2,135円-11,950円(-10.19%)
2019年1月1+1,950円-26,200円(-26.20%)
2019年2月1+1,612円-21,750円(-21.75%)
2019年3月1+7,641円-10,250円(-10.25%)
2019年4月1+9,799円+11,499円(+11.49%)
2019年5月2+11,456円+1,556円(+1.55%)
2019年6月2+17,976円+572円(+0.05%)
2019年7月2+18,492円+44,492円(44.4%)
2019年8月+74,818円+74,818円(+74.8%)

※1 累計配当金は金利マイナス分を含む

▼利確時点の口座状況

FTSE100の運用はいったん終わりにして、他の株価指数をGMOクリック証券で触っていこうと思います。

日経225、NYダウでトレードもしています

FTSE100の原資を稼ぐために積極的にトレードもしています。

▼トレード結果

投資銘柄投資結果
2019年3月日経225+51,034円
2019年4月NYダウ+9,466円
2019年5月日経225+59,270円

2019年3月に日経225の配当前後のトレードで+50,000円程度のプラスが出ています。

のがたか
のがたか
日経225のトレードは、日経225で配当投資!儲けられるのか実際に検証を見てくださいね!
日経225で配当投資!儲けられるのか実際に検証【くりっく株365】どうも!30代運用男子!!のがたかです。 こんな疑問に答えます。 くりっく株365でFTSE100を配当狙い...

さらにGMOクリック証券でNYダウ(米国30)、日経225のトレードでも利益が出ています。

詳しくは、GMOクリック証券で米国30・日本225をショートでリスクヘッジ【来たる暴落に備えて】で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

GMOクリック証券で米国30・日本225をショートでリスクヘッジ【来たる暴落に備えて】 どうも!30代運用男子!!のがたかです。 ぼくは現在、ロボアド・投信・米国株など多くの現物を所有。 基本的に...

合計約10万円の利益が出たのでFTSE100を1枚買い増しすることができています!

GMOクリック証券でCFDトレード!

※無料で口座開設。3ステップ5分で完了します。 

 

株価指数CFD:FTSE100とは?

投資初心者
投資初心者
そもそもFTSE100ってなに?

FTSE100とは、イギリスのロンドン証券取引所に上場する時価総額上位100銘柄で構成されるイギリスの代表的な株価指数のことです。

※フッツィーワンハンドレッドと呼びます。

100銘柄なので少ないように見えますが、イギリス全上場企業の時価総額80%をカバーしている規模となっています。

投資初心者
投資初心者
日経みたいなものなんだね!

イギリス版日経平均というところですね。

※GMOクリック証券ではイギリス100と呼ばれています。

FTSE100(イギリス100):構成銘柄

投資初心者
投資初心者
どんな銘柄が組み入れられているの?

HSBCやロイヤル・ダッチ・シェル、ユニリーバなど上位は有名企業が多いですね。

▼組入銘柄上位

HSBCホールディングスは全世界に展開している金融グループです。売上は10兆円を超えています…(´ω`)

ロイヤル・ダッチ・シェルも世界にガソリンスタンドを展開している超有名企業です。

ユニリーバも聞いたことがあるはず。

FTSE100:チャート比較

これまでのチャートを見ていきましょう。世界の有名な株価指数とも比較しつつ確認します。

▼リーマンショック後からの比較

  • 青:FTSE100
  • 黄:日経225
  • 緑:DAX
  • 赤:NYダウ

他の株価指数に比べるとそこまで伸長している印象はありません。あまり上下していなく、逆に言うと安定している感はありますね。

レンジ相場になりやすい指数という感じです。

投資初心者
投資初心者
じゃあなんでNYダウやDAXに投資しないでFTSE100に投資したの?

それは配当金(価格調整額)が多くもらえるからです…!以下で解説していきます。

 

株価指数CFD:FTSE100は配当金がもらえる

なぜFTSE100を運用しているかの理由は”配当金(価格調整額)”がもらえるからです。

投資初心者
投資初心者
他の銘柄でももらえるよね?

確かに他の銘柄でももらえますが、FTSE100の配当金は飛び抜けて多くもらえます。

▼配当金比較

必要最低証拠金配当金相当額※年利
日経22576,000円41,134円54.12%
NYダウ83,000円-1,225円-1.51%
DAX42,000円0円0.00%
FTSE10026,000円23,178円89.14%

※配当金相当額 = 配当金 – 金利

上記の比較はくりっく株365と呼ばれる株価指数CFDでの場合。

ダウやDAXは、±0もしくはマイナスです。

配当金がもらえるのは日経225とFTSE100になるんですが、見て分かる通りFTSE100の年利がかなりいいです。

※上記は最低必要金額(フルレバレッジ)で取引した場合なのでこの証拠金で取引するとすぐロスカットされてしまう可能性があります。

なので本来の年利はもっと落ちますがこのインパクトはわかって頂けるかと思います。

ぼくは10万円で運用しているので年利+23%。十分すぎますねw

価格の上下がある

もちろん金融商品なので価格の上下があり、最悪の場合ロスカットされてしまい今まで受け取った配当金もろとも吹き飛びます…!

とはいえ、適切なリスク管理と証拠金維持率を確保しておけばすぐになくなるものではありません。

※リーマンショック級が来ると厳しいですが…。

 

10万円が25年後に1,000万円【シミュレーション】

FTSE100で受け取れる配当金のシミュレーションです。

シミュレーション条件

  • 元手は10万円(今回ぼくが投資した額と一緒)
  • FTSE100の必要最低証拠金は26,000円
  • レバレッジ7.5倍程度
  • ブレグジットレベルの下落が起きるとぎりぎり耐えられるかどうかという資金量

ブレグジットとは:

イギリスのEU圏離脱の一連の動きのこと

ブレグジットの影響で株価や為替が乱高下している

配当金が10万円貯まるたびに1枚買い増していきます。

現在のFTSE100の年間配当金は金利を差し引いて23,269円程度です。

▼シミュレーション結果(価格の上下は除く)

年数枚数配当金時価総額
1123,269123,269
5123,269216,345
10493,076542,111
149209,4211,170,374
1511255,9591,426,333
2032744,6083,985,923
2139907,491円4,893,414
25912,117,47911,245,851
302586,003,40231,838,916
3573517,102,71590,616,410
3890621,081,714111,698,124

※節目の年をピックアップしています。

1年目〜5年目までは枚数も増えないしちょっときついですね。6年目でやっと2枚になります。

14年目で100万円突破。そこからは早い。複利のパワーがぐんぐん効いてきます…!

21年目で約500万円。25年目で1,000万円突破。そして38年目で1億円 ( ・)و ̑̑

10万円から1億はかなり夢がありますね…。しかも38年目は毎月175万円の配当がもらえます。笑

全然暮らせるっていうか余裕すぎる。1億あれば人生イージーですね…。

さらにもっと早く1億円に達成する方法としては、

  • 初期投資額を増やす
  • 毎月積み立てる

例えば、初期投資額を500万円にすれば21年目のスタートからと同じことになり、あと17年で1億円達成ですね。

毎月積み立ててればペースを加速することができますよ。

とはいえ、こんなカンタンにうまくいかない

シミュレーションでは価格の上下を抜きにして考えているのでカンタンそうに見えます。

とはいえ、実際はレバレッジもかかっているのでリーマンショック級の下落が起きればあっさりとロスカットされます…。

なので、配当金による利益が積み重なってきたらレバレッジを落とすために1枚あたりの証拠金量を増やしたり、買い増しペースを落としたりしてリスクを抑えていきましょう。

一番怖いのはくりっく株365の仕様変更…。

2017年12月まではNYダウでも配当金がかなりもらえていましたが、仕様変更があり現在は金利も同じくらいかかり配当金でプラスにはならない状況です。

NYダウじゃなくてFTSE100を選ぶ理由【くりっく株365で配当投資】解説していますよ。

株価指数CFDでNYダウじゃなくてFTSE100を選ぶ理由【配当生活】どうも!30代運用男子!!のがたかです。 そんな疑問に答えます。 以前の記事くりっく株365(株価指...

 

FTSE100を投資するのはCFD?ETF?

投資初心者
投資初心者
なるほど〜!配当金はいいね!日本人は配当金大好きだしね。じゃあどこで買えばいいの?

でFTSE100に投資する場合、どうやって投資すればいいのか見てみましょう。

まず現在FTSE100が買えるのはCFD取引かETF取引になります。

で、おすすめは断然CFD。

株価指数CFDとは

CFDの中でも、今回ぼくが運用しているのは「くりっく株365」と呼ばれる東京金融取引所に上場している株価指数CFDです。

現在は店頭CFDと呼ばれるGMOクリック証券で運用中。

ざっくりとした特徴は以下の通り。

  • 個別銘柄ではなく株価指数に投資
  • FXのように買いからも売りからも取引可能
  • レバレッジもかけられる

FXは外国通貨を取引対象としていますが、株価指数CFDは日経やNYダウなどの株価指数に対して証拠金取引をするということです。

「株価指数CFD(株価指数証拠金取引)」は東京金融取引所に上場されており、2010年にスタートしたばかりの比較的新しい金融商品です(愛称:くりっく株365)。日本の日経225(日経平均株価)のほか、米国のNYダウ(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)など海外株価指数を対象とした取引が可能です。

引用元:マネースクエア

そして、いちばん重要である配当金には、株価指数CFDなら問題なく受け取ることができますよ。

 

株価指数CFD:FTSE100の効率的な投資方法

投資初心者
投資初心者
じゃあ株価指数CFD(くりっく株365)で投資してみるね!効率的なやり方ってある?

FTSE100に投資して効率的にお金を増やすや方法は、「レバレッジ×配当税先送り」が有効です。

ぼくの運用状況を例にすると、

  • 原資:10万円
  • レバレッジ:7.5倍程度
  • 投資枚数:10枚

と、原資にレバレッジをかけて資金効率をアップさせています。10万円で年間23,000円の配当金ゲット。年利+23%です。

ここからが肝なんですが保有しているともらえる配当金(正確には配当相当額)が実際に受け取れるのは決済をしたときです。

つまり、配当金は決済しなければ課税されずに発注可能額に加算されるため、税金がかかることなく複利運用が可能です。

配当金目的で複利運用をしていくならできる限り決済をせずに税金を後回しにしてどんどん枚数を増やせます。

決済させずに配当金を投資にまわしていく=複利のパワーが働くことでお金が増えていく仕組みをつくります。

配当金だけで考えると初期投資した10万円が14年後には100万円。25年後には1,000万円。38年後には1億円になります…!

GMOクリック証券でCFDトレード!

※無料で口座開設。3ステップ5分で完了します。 

 

くりっく株365のルール変更で長期保有不可に

2019年5月以前までは、くりっく株365での取引をおすすめしてきましたが、仕様変更があり、ぶっちゃけ使いづらくなっています。

くりっく株365でルールが変わることになりました。

これまで保有ポジションは無期限保有可能でしたが2021年3月をもって上場廃止、2021年3月で強制決済となります。

今後は2020年9月に1年に1度だけ限日取引を対象株価指数で決済する新商品を上場する予定です。

2021年3月以降は無期限保有は不可になり長期的に保有することができなくなりました。

つまり、”長期保有”による配当投資は事実上、不可ということです。

おいしい投資先にはすぐにメスが入ります。笑

個人的な意見としては、まあしょうがないかなというところ。

とはいえ、どうにか運用できないかなーと考えているかも多いハズ。

そこでおすすめなのが店頭CFDのGMOクリック証券で運用することになります。

 

新たに投資するならGMOクリック証券がおすすめ

もし2021年3月以降もFTSE100を投資をしたいなら店頭CFDのGMOクリック証券がおすすめです。

これまでもFTSE100配当投資以外でCFDに投資するならGMOクリック証券が優秀でした。

▼くりっく株365とGMOクリック証券のスペックを比較

取引所CFD(くりっく株365)店頭CFD(GMOクリック証券)
取扱銘柄数株価指数:4銘柄株価指数:10銘柄
他126銘柄
レバレッジ最大30倍程度最大10倍
取引コスト手数料+スプレッド スプレッド(手数料無料)
為替影響受けない受ける
税制申告分離課税(20%)申告分離課税(20%)

GMOクリック証券がおすすめな理由:

  • 取引手数料無料&スプレッドが狭い
  • 取引単位が小さい
  • 配当金(価格調整額)が受け取れる

デメリット:

  • 為替の影響を受ける
  • レバレッジが低い

このような点があげられますね。

特にスプレッドはくりっく株365より大幅に縮小できます。

GMOクリック証券でCFDトレード!

※無料で口座開設。3ステップ5分で完了します。

メリット①:取引手数料無料 & スプレッドが狭い

くりっく株365の大きなデメリットが取引手数料がかかること、スプレッドが広いことが挙げられます。

手数料はだいたい153円程度(片道)

2019年5月現在、スプレッドがかなり広がっています…。

FTSE100は40円前後のスプレッドがあります。

つまり、買った瞬間に-4,000円前後からのスタートとなってしまいます…。

※くりっく株365ではどの証券会社を使ってもスプレッドは同じ。

対して店頭CFDであるGMOクリック証券は取引手数料はかからず、スプレッドもかなり狭いです…!

スプレッドは1ポンド前後。

コスト面では店頭CFDに軍配が上がり、GMOクリック証券が優秀です。

メリット②:取引単位が小さい

くりっく株365では1枚からの取引でしたがGMOクリック証券ではその1/10から取引可能。

くりっく株365よりも少ない資金ではじめることができます。

メリット③:配当金(価格調整額)が受け取れる

店頭CFDのGMOクリック証券では年4回にはなりますが、配当を受け取ることができます。(価格調整額と呼ばれるもの)

▼GMOクリック証券:過去配当状況

2018年は、1枚あたり年間3,711円となります。

例として、FTSE100(イギリス100)をくりっく株365とGMOクリック証券で受け取れる概算配当金を比較していきます。

取引所CFDGMOクリック証券
2018年配当金23,000円3,700円
想定利回り(レバ1倍時)+3.3%+3.6%※2
想定利回り(フルレバ)+88.4%(28.7倍)+36.0%(10倍)

補足説明

※:配当額が少なく見えるのは、1枚あたりの約定代金に違いがある為。

約定代金の計算式は、【取引価格×英ポンド円為替レート×0.1】

つまり、2019年5月現在では、

7,264円(取引価格)×140円(ポンド円) ×0.1 = 101,696円(約定代金)

この約定代金ももとにしてレバ1時の利回りは、以下の計算

3,700円(年間配当)÷ 101,696円(約定代金) = +3.6%(利回り)

現在の計算では配当の利回りは同じくらい、むしろ店頭CFDの方が少し高いですね。

プラスしてスプレッド分を加味するとトータルで優位に立てる。

デメリット①:為替の影響を受ける

くりっく株365は円取引になるため為替の影響を受けませんでしたが、GMOクリック証券ではポンド円の取引レートの影響を受けます。

つまり、本来のパフォーマンス以外のところで価格が変動しパフォーマンスが変わってきていまうということ。

利益が増える場合もあれば、減る場合もある。読めない部分は大きくなりますね。

デメリット②:レバレッジが低い

くりっく株365の最大レバレッジは30倍を超えているのに対し、GMOクリック証券は10倍まで。

資金効率の面では悪くなってしまいます。

事実、ぼくの運用でも価格が落ちてくると10倍以上のレバレッジになっていることもあるのでこのまま運用すると、ロスカットになってしまう可能性も。

仮に今からGMOクリック証券に乗り換えるなら買い増しタイミングや証拠金に対しての保有数を検討する必要がありますね。

ただ、最小取引単位が小さいので細かい枚数調整は可能です。

GMOクリック証券でCFDトレード!

※無料で口座開設。3ステップ5分で完了します。

 

再度結論、GMOクリック証券はおすすめ

これからFTSE100で投資をはじめようと思っている方はGMOクリック証券はおすすめです。

NYダウや日経225のトレードには最適

ここまではFTSE100の投資に限った話でしたが、NYダウや日経225のトレードには最適です。

実際にぼくもGMOクリック証券でNYダウや日経をトレードしています。使い勝手にまったく問題はありませんよ。

日経225で配当投資!儲けられるのか実際に検証【くりっく株365】どうも!30代運用男子!!のがたかです。 こんな疑問に答えます。 くりっく株365でFTSE100を配当狙い...
GMOクリック証券で米国30・日本225をショートでリスクヘッジ【来たる暴落に備えて】 どうも!30代運用男子!!のがたかです。 ぼくは現在、ロボアド・投信・米国株など多くの現物を所有。 基本的に...

ということで、これから運用しようと思っている方も、すでに運用中の方もGMOクリック証券に登録しておいて損はありません。

決済日付近にバタバタするのも嫌なので早めに行動しておきましょう…!

GMOクリック証券でCFDトレード!

※無料で口座開設。3ステップ5分で完了します。

トレードでけっこう利益出てます!

GMOクリック証券をもっと詳しく知りたいなら、GMOクリック証券のメリット・デメリットをレビュー!をご覧ください。

GMOクリック証券のメリット・デメリットをレビュー!【最強FX・CFD】 どうも!30代運用男子!!のがたかです。 GMOクリック証券を解説します。 本記事の内容: GMO...

 

まとめ:株価指数CFDのFTSE100で配当投資

今回はイギリスの株価指数であるFTSE100を紹介しました。

FTSE100は多くの配当金がもらえる投資先で株価指数CFD(くりっく株365)を使うことでレバレッジをかけて効率的に投資することができますよ。

なるべく早く始めることで複利のパワーが働き、後々ガンガン配当金がもらえるようになります。

無料で登録可能、少額から投資できるので気軽にサクッと始めてみましょう!

GMOクリック証券でCFDトレード!

※無料で口座開設。3ステップ5分で完了します。 

 資産運用初心者におすすめの投資5選

POINT


右も左もわからない投資
初心者にやさしく解説!

ほったらかしでOK!運用したらやることなし!

当サイトが厳選しておすすめする投資5選を紹介

 

\ マンガの続きを読む /

はじめての自動売買FXはこちら!キャンペーン中!

アイネット証券当ブログ限定!Amazonギフト券ゲット!

>>詳細はこちら

マネースクエア当ブログ限定の攻略レポート配付中!

>>詳細はこちら

のがたか
のがたか
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
感想や質問、お気付きの点などがあれば、下のコメント欄、LINE@Twitterからお気軽にご連絡ください!

\SNSでシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 ・  ・  ・ ・ ・ ・