CryptoBridge

【徹底解説】CryptoBridge(クリプトブリッジ)の特徴・評判・登録方法

ノガミ
ノガミ
クリプトブリッジ?聞いたことないなー

多くの方がクリプトブリッジの存在を知らないんじゃないかなと思います。

クリプトブリッジは、「分散型取引所(DEX)」です。

・そもそも分散型取引所って?

・海外取引所だからちょっと不安!

・クリプトブリッジを使う理由ってあるの?

このような疑問があがってきますよね。

分散型取引所(DEX)は、仮想通貨取引所で今後主流になっていくであろう取引所形態です。

取り扱い通貨は100種類以上で、取引所トークン「BCO」も発行しています。

今回はクリプトブリッジの

  • 特徴
  • 評判
  • 登録方法

を解説していきます。

クリプトブリッジをイチから説明していきますね!

クリプトブリッジとは?

取引所形態 分散型取引所(DEX)
運営会社 運営会社はなく、世界各国にノードがある
会社HP https://crypto-bridge.org/
1日最大取引高 400BTC(約4億円)

クリプトブリッジは、国内取引所「 bitFlyer」や「Zaif」の中央集権型取引所とは異なり、分散型取引所となっています。

直近では1日最大取引高が過去最高の約4億円を記録しています。

右肩上がりで成長している取引所です。

さらに、ぼくたちにはとってもうれしい日本語対応もしています。

クリプトブリッジの特徴

以下、3つの特徴があります。

  • 分散型取引所(DEX)!
  • 250種類を超える取り扱い通貨
  • 取引所トークン「BCO」

 

\クリプトブリッジの登録はコチラから/

クリプトブリッジ公式サイト

クリプトブリッジの特徴①:分散型取引所(DEX)

ノガミ
ノガミ
そもそも分散型取引所ってなに?

分散型取引所(DEX)は以下のような取引所をさします。

DEXは分散型取引所の略でP2Pで運営元がいなくても(実質運営元がいる場合があるが各個人の資産にアクセスできない)仮想通貨の取引をできるプラットフォームです。

通貨を売るその時点までその通貨は個人の管理下にあります。

そのため取引所の破綻や保管されている大量の仮想通貨の盗難などのハッキングによるカウンターパーティリスクを防ぐことができます。

引用元:クリプトコインポータル

分散型取引所のウォレットは、取引所がアクセスできない個人のウォレットに保管されています。

つまり、分散型取引所は第三者が介入することができないため、

「取引所破綻」「ハッキング(盗難)」のリスクがないのが特徴です。

クリプトブリッジはこの「分散型取引所」にあたります。

※ちなみに、DEXは、Decentralized EXchange(分散型取引所)の略です。

クリプトブリッジの特徴②:250種類以上の通貨

クリプトブリッジは250種類以上!!の取り扱い通貨があります。

▼BTC建ての一覧です。

圧倒的な通貨数

国産通貨のXPやbitZenyの取り扱いはもちろん、最近話題になっているXSHやNEETコインもありますね。

BTC建ての他にも、

  • BTS建て
  • XSH建て
  • SMART建て
  • NEET建て

など、様々な基軸通貨があります。

XP/ZNYなんていう超マイナーペアもありますw

この中から何百倍銘柄がでてくる可能性は多いにありますよね!

事実、前日比100%超え通貨が…!!

いやぁ、可能性ありますね。

クリプトブリッジの特徴③:取引所トークン「BCO」

BCO(Bridgecoin)とは、クリプトブリッジが発行する仮想通貨です。

国内取引所Zaifの「Zaifトークン」や海外取引所Binanceの「BNBトークン」と同様な位置付けのものです。

このBCOの特徴として、「ステーキング」をすることで配当金がもらえる仕組みです。

ステーキングとは
自分が保有しているBCOをクリプトブリッジに預けること。

クリプトブリッジの手数料収益の50%をステーキングしているBCOの枚数に応じて分配されます。

預けておくだけで、配当金(インカムゲイン)とBCOの価格が上がれば(キャピタルゲイン)両方を取れる可能性がある通貨です。

▼BCOのチャート

1月がピークとなっていますが、以降も他の通貨ほど大きく価格を下げることなく推移しています。

ステーキングしてる人が多いので売り圧が少ないんですよね。

クリプトブリッジの今後:ロードマップ

4/25に最新のロードマップが公表されました。

特に注目のトピックスを抜粋していきます。

●2018年6月

イーサリアムプロトコルのサポート

イーサリアムのサポートを開始するとのこと。ETHペアがリストする予定。

●2018年7月

ERC-20トークンサポート

上記イーサリアムがサポートされるのに伴い、ERC20トークンもサポートされます。

(ERC20トークン:TRX、OMG、ZRXなど)

Android&iOSモバイルアプリ

新しいバージョンを公開するのではなく、内部的にテストされた直後に、新しい機能やバグ修正の継続的な導入を行います。

●2018年8月

暗号化プロトコルのサポート(Monero、IPBCなど)

今後もクリプトブリッジは新規通貨をどんどん上場していくことがわかります。

また、スマートフォンアプリにも対応し利便性が向上していきますね!

現状、流通量が少ない取引ペアもあるのでもっと有名になっていけば解消されるでしょう。

今後のクリプトブリッジに期待大です!

クリプトブリッジの評判

GOXのニュースなんかあると分散型取引所の必要性が高まってきますね。

https://twitter.com/kt6nb2/status/994399614865321984

5月上旬にUIを刷新しています!アップデートも順次行なっていますよ。

https://twitter.com/jieotaka/status/994591693419638784

弱点として、webサイトが少し重かったりします。

クリプトブリッジの登録方法

さっそく登録しましょう。ものの5分で完了します。

また、分散型取引所なので、メールアドレスも必要ありません!

 

\クリプトブリッジの登録はコチラから/

クリプトブリッジ公式サイト

ダウンロードをクリック

WEB-VERSIONをクリック

Create Accountをクリック

アカウント名を入力

今後、ログインの際にアカウント名とパスワードが必要なので設定します。

以上で登録は完了です。

ここで設定したアカウント名とパスワードは絶対に紛失しないようにして下さい!

パワスワードがわからなくってしまうと、ログインできなくなりセルフGOXします…。

必ずメモかプリントアウトをしておきましょう。

二段階認証は?

仮想通貨の取引所において、今や二段階認証の設定は必要不可欠です。

セキュリティの観点からも二段階認証を設定していないと逆に不安になりますよね。

ですが、クリプトブリッジは二段階認証設定は出来ません。

ただ、先ほども言った通り分散型取引所はセキュリティ面でも安心できるため問題はありません!

まとめ:クリプトブリッジの特徴

クリオウトブリッジの特徴を最後にもう一度まとめると、

  • 分散型取引所(DEX)!
  • 250種類を超える取り扱い通貨
  • 取引所トークン「BCO」

でしたね!

ノガミ
ノガミ
分散型取引所(DEX)のクリプトブリッジは安心だね!

分散型取引所(DEX)という性質上、セキュリティ面では非常に安心できる取引所です。

さらに多くの通貨が上場しており、幅広い選択肢で取引できます。

さらに、取引所トークンの「BCO」は今後、クリプトブリッジが発展していけば、需要が増し価格があがる可能性があります。

ロードマップが刷新され今後が明るいクリプトブリッジ、この記事を機にぜひ登録してみてください。

草コインが盛り上がったときに非常に役立つ取引所ですよ!

以上、【徹底解説】CryptoBridge(クリプトブリッジ)の特徴・評判・登録方法…でした!

 

\クリプトブリッジの登録はコチラから/

クリプトブリッジ公式サイト

 

▼クリプトブリッジの取引所トークンBCO(ブリッジコイン)の詳細はコチラから!

$資産運用を始めたいときに読む記事$

 

仮想通貨・仮想通貨をはじめようと思ったら読む記事

これから仮想通貨を始めたい!と思っている人のための記事です。これを読んで楽しい仮想通貨投資をしてみましょう!

bitcoin fx・仮想通貨をはじめてBTCFXに興味が湧いた人が読む記事

ビットコインFXの基本をイチから解説しています!

 

・投資金額が1000万円突破!資産運用のポートフォリオ公開

仮想通貨を含めた資産運用で投資金額が1000万円を超えました。そのポートフォリオをすべて公開しています。