Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】
funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】
投資初心者
ソーシャルレンディングが気になる〜。
funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】
のがたか
注目のFunds(ファンズ)がスタートだよ!

ここだけの話、こんなに人気が出るとは思ってもいませんでした…。これまでのすべてのファンドで満額成立。

Funds(ファンズ)は今後も超期待のソーシャルレンディングです。

>>無料で登録:Funds(ファンズ)はこちら

今回の記事の内容

安心してソーシャルレンディングに投資したい方向け

  • Funds(ファンズ)のメリット・デメリットまとめ
  • 1円からの投資も可能。お試しで投資をはじめるのもOK!

ソーシャルレンディングNo.1メディアである株式会社クラウドポートが運営する貸付投資サービス「Funds(ファンズ)」

Funds(ファンズ)今までのソーシャルレンディングとは違い、”貸付投資”を通じて事業資金を借りたい企業と個人をつなぐ貸付ファンドのオンラインマーケットです。

今回は、メリットやデメリットを解説していきます。

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

今までのソーシャルレンディングとは違う国内初のサービス

登録は無料。1円から投資可能 

(追記)投資先の開示を発表

これまでソーシャルレンディングでは最終的な投資先は匿名となっていて、その影響でこれまでにソーシャルレンディング業者の不祥事が相次いでいます。

そこで、金融庁は匿名化解除を認める旨の回答を公式見解として発表しました。

参考:ネット融資仲介を透明化 借り手の情報を開示、金融庁 

その方針を受け、Funds(ファンズ)は4月から投資先の開示をするとのこと。

Funds(ファンズ)では、金融庁の見解に対応し、4月以降に公開する全てのファンドにおいてファンド組成企業からの直接的な貸付先を開示し、今回の公表内容を踏まえた情報開示の充実を図ることを発表いたします。

参考:貸付投資のFunds、匿名化解除に対応し貸付先の企業名などの公開方針を発表

これにより、透明性の高さは問題なし。

また積極的に開示できるということは、その投資先に問題がないと判断しているからといえますね。

投資判断も容易になり、これまで以上に安心して投資ができます…!

 

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】※早めの登録がおすすめ!

 

Funds(ファンズ)の運用実績

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

現在は2ファンドに合計10万円投資しています。

いずれもFundsのなかでは大型案件ですね。

利回り:

  • フィルパーク:3.0%
  • アイフル:1.8%

利回りとしては旨味は少ないですが余剰資金の安定的運用として投資しています。

▼5月24日:分配されました!

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

初回分配は147円でした。

額としては少ないですが銀行に預けているよりは全然いい利率ですね(投資商品でリスクがあるので当たり前ですが)

とはえい、初回投資からなにもせずに分配金がもらえるのはありがたい。今のところ元本割れの気配も感じないのでかなり安心です。

現在超人気につき投資したくても投資できない状況です。


1億円のファンドが1分代で満額成立しました…(^p^)

ここまで人気だと、人間どうしても投資したくなりがちですが、しっかり考えた上で投資しましょう。

いつでも相場は、人気の最高潮が天井…って相場はないので関係ないか…。

 

Funds(ファンズ)とは?

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】Funds(ファンズ)とは、”貸付投資”を通じて事業資金を借りたい企業と個人をつなぐ貸付ファンドのオンラインマーケットです。

投資家のお金をFunds(ファンズ )が募集。貸付ファンドを通じて、企業の”貸付け”に対投資、その利息をもとに分配金を得ることができる仕組み。

「コ ツコツと安定的に資産形成したい!」「忙しいので相場に振り回されたくない!」 というニーズに応えるFinTech(フィンテック)サービスです。

Funds(ファンズ )運用の仕組み

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

Funds(ファンズ )の仕組み

  • 投資家からFunds(ファンズ )が資金を集める
  • 集めた資金を、企業が組成するファンドに送金
  • ファンド組成企業は投資金を元手に貸付を行う
  • 借り手企業は貸し付けた企業に利息を支払う
  • その利息が投資家に分配金として支払われる

Funds(ファンズ)は、事業資金を必要とする、様々な企業が組成するファンドに投資することができます。

ファンド組成企業は、Fundsで募集した資金を元手に貸付を行い、貸付事業から得られた収益の分配を、投資家が受け取ることができます。

ここで一番重要なファンドを組成する企業は、上場企業や成長の期待値が高いスタートアップ企業となります。

アイフルやデュアルタップなど上場企業も募集しました…!

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

初回募集は16分で満額成立…。クリック合戦が繰り広げられましたね。後述しています。

Fundsが取り扱う2種類のテーマ

Funds(ファンズ)ではテーマとして「ローン型」と「不動産型」の2種類があり、共通点は元本の欠損パターン。

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

投資家の元本が欠損するのは上記2パターン。

  • ファンド組成企業がデフォルトした場合
  • 借り手がデフォルトした場合

※元本が欠損するのみでFXでいう追証(追加入金)は絶対にありません。=借金にはなりません。

資金需要者・不動産事業がデフォルトしても投資家の元本は欠損しません。

続いて違いの部分。

大きな違いは、投資先と返済原資です。

▼ローン型と不動産型の違い

ローン型不動産型
投資先様々不動産
返済原資借り手の事業から得た収益 借り手の不動産事業から得た収益

ローン型スキーム

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】 ローン型スキームは他のソーシャルレンディング(クラウドバンクやクラウドクレジット)と同様の仕組みとなっています。

投資家から集めたお金の使い道は借り手企業に一任されており、様々は使われ方をしています。主な例としてはノンバンクが行う融資事業など。

言い方を変えると、投資家はどこに投資されているかわからない‥。というデメリットも存在します。

(追記)匿名化解除への対応でどこに投資されているか明確になっています。

返済原資は、借り手企業の事業収益が基本原資として分配されます。

不動産型スキーム

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

不動産型スキームは、投資家から集めた資金を元手に営業者が借り手に対して融資を行うファンドで、使用用途は不動産に限定されます。

先ほどのローン型スキームとは違い、不動産のみに使われますので、安心感はありますね。

株価や為替のような日々の市場価格の変動はないので、安定したリターンが期待できるでしょう。

返済原資は、不動産事業から得た収益を基本原資として投資家に分配されます。

 

ソーシャルレンディングとは違う?

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】
投資初心者
今までのソーシャルレンディングとは違うの?

今までのソーシャルレンディングはソーシャルレンディング会社がファンドを組成していたのに対し、先ほども言いましたが、Funds(ファンズ)は、あくまでも資金の募集に特化しています。

つまり、Funds(ファンズ)は募集を行い、ファンドを組成したり貸付を行うことはなく、実際のファンドはファンド組成企業が行うとのこと。

なので、貸付ファンドのオンラインマーケットと呼んでいるんですね…!

サービス運営企業(関係会社を含む)がファンド組成を行わない完全マーケットプレイス型のサービスはFundsが国内初*となります。

”募集”と”運用”を切り分けることで、投資家の立場にたったプラットフォーム運営が可能となります。

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】
のがたか
今までのソーシャルレンディングとは仕組みが違う!

投資先が見える

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】関係会社貸付スキームと呼ばれている仕組みによって、最終的な借り手企業も見えないということはありません。

今までのソーシャルレンディングでは、ここが見えずブラックボックス化されていて不正などが発生する原因ともなっていました…。

Funds(ファンズ )ならまず、ファンドを組成する企業も明確ですし、最終的に借り手企業もその関係会社となるので、投資先がまったく見えなくなるということはありません…!

この辺は今までのソーシャルレンディングより安心できる部分かと。

 

第1回募集案件が発表! 一瞬で満額成立!

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

予想通り、LENDY、デュアルタップ、アイフルからのファンドが発表になりました。


単純に利回り・期間だけ見ると、LENDYがいいですねぇ。

募集した資金は、中小事業者向けオンライン融資サービスの原資となります。

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

デュアルタップは不動産ですね。東京大田区蒲田エリア内のマンション投資の購入原資となるようです。

品川駅まで徒歩10分の超好立地です…!手堅さを感じますね。

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】アイフルの募集した資金は、子会社への貸付を行い、子会社から中小企業に貸付をする原資となります。

参考ですが、以前アイフルがプロ向けに発行した社債と同条件のファンドが、個人でも少額から投資できるというメリットがありますね。

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

全体を通して、募集金額はそこまで大きくなく、現在までの盛り上がりを顧みると、かなりの争奪戦になることが予想されます…!

投資予定の方は正座待機しときましょ。

1月23日 追記———-


LENDYとデュアルタップはものの1分程度で満額成立…。アイフルも15分程度で満額になりました…!

リスクをとって、LENDY狙いでしたが、投資できず。アイフルには投資できました。

超人気でしたね…。

とはいえ、まだまだ次の案件も出てくるでしょうから、今回投資できなかった方も次回まで期待しながら待ちましょ。

焦ってもしょうがないですからね!

追記!2月15日 第2号案件募集!

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

2月8日に第2号案件が発表されました。

前回も募集のあったデュアルタップの不動産案件です…!

  • 運用期間:12ヶ月
  • 予定利回り:4.5%

今回も人気が出そうですね…!クリック合戦になりそうです(^p^)

18:00から募集開始なのでサラリーマンの方も募集しやすくなっています…!

ふと思ったツイートを社長の藤田さんがひろってくれまして。(ぼく以外も含めて)こういった声で募集時間を変更してくれたのかもです。

ユーザー目線に立った素晴らしい対応です!こういうところも信頼につながりますよねぇ。

 

Funds(ファンズ)のメリット・デメリット

では、ここからメリット・デメリットについて見てましょう。

メリット

  • 投資の手間を抑えられる
  • 安定した利回りが期待できる
  • 1円(!)から投資可能

デメリット

  • 途中解約できない・運用期間が確約されていない
  • リスクはもちろんある(ミドルリスク・ミドルリターン)

メリット①:投資の手間を抑えられる

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

Funds(ファンズ)は利回りと運用期間が予定されている金融商品です。

一度投資してから元本と利息が返済・分配されるまでに行うことはほぼなく、ほったらかしで投資が可能。

株式やFXのように、常に相場を見張って売買する必要が無いため、忙しいサラリーマンや家事などで主婦の方でも始めやすい投資です。

メリット②:安定した利回りが期待できる

Funds(ファンズ)は、ファンドを通じて企業の収益事業に投資することで、利息の分配を期待できる資産運用です。

株価や為替のような日々の市場価格の変動は無く、ファンド組成企業の事業進捗が順調であれば、期待したリターンが得られます。

ハイリスク・ハイリターンの投資よりも、利息でコツコツと資産形成したい方に向いている投資と言えます。

▼満額成立したファンド

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

利回りは最大6%のファンドも存在します。

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】
投資初心者
6%なら…十分すぎます!

メリット③:1円(!)から投資可能・短期間もある

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】
funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】
投資初心者
1円から!?超気軽に投資ができるね…!

Funds(ファンズ)では驚きの、1円(!)からでも投資が可能…!

はじめは少額から投資できるのが安心ですね。気軽に・お手軽にお試し投資ができます。

投資までのハードルがめちゃくちゃ低いです…!

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】
のがたか
これは驚きでした!

さらに言うと、1円単位で投資ができるので、分配などで余った端数の資金も無駄なく再投資に回すことが可能。効率的な運用ができます。

※1円未満の分配金は切り捨てられるので、ごくわずかしか投資していない場合は、予定利回りが得られない可能性があるそうです。

✔ 定番のソーシャルレンディング比較

(参考):借り手側にもメリットがある

ぶっちゃけた話、銀行からもお金が借りられるレベルのファンドもあります。

すでに満額成立した「フィル・パーク東京スカイツリーリバーサイドファンド」は連帯保証もついていてファンドとしての安定せは高い。

実際にFundsに聞きましたが「銀行からも融資が出るであろう案件」とのことです。

じゃあ「なぜFundsで募集するのか?」というと、広告効果も望めるからというのが理由のひとつ。

お金を集めつつ、多くの方に知ってもらうことができる借り手側としては一石二鳥ということですね。

デメリット①:途中解約できない・運用期間が確約されていない

他のソーシャルレンディング や投資型クラウドファンディングでも同様ですが、基本的に途中解釈できません。

できるとしても「やむを得ない事由」があった場合のみ、やむを得ない事由は、本人が死亡、相続関係など、本当に事情がある場合だけです。

また、何らかの事情で投資先ファンドの進捗に想定外の問題が生じた場合は、予定されていた償還日よりも出資金とそれまでの運用で得られた利息の分配が前後する可能性も。

遅延と言われているものですね。

なので、投資する場合はじっくりと検証して、自分で納得してから投資するのがベターですね。

デメリット②:リスクはもちろんある(ミドルリスク・ミドルリターン)

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】Funds(ファンズ)はあくまでも金融商品のため、損失リスクもあります。

投資先ファンドの進捗によっては、貸し倒れとなり、分配・償還される金額が、投資額以下となる可能性もあります。

こういったリスクがあることは確実に押さえておきましょう…!

>>貸付投資Funds(ファンズ )の損失リスクと対策【投資前に確認】

Funds(ファンズ )の運営はクラウドポート

クラウドポートは国内No.1のソーシャルレンディングメディアです。

参考:クラウドポート

ソーシャルレンディングの酸いも甘いも理解していると思います。なので今回のFunds(ファンズ )はぼく個人としてかなり注目しています…!

※以前、クラウドポートの社員の方とお話しさせていただき、熱意を持って取り組んでいる様子が伝わってきました。それもありぜひ盛り上がっていってほしいところです。

今までのソーシャルレンディングとは違う国内初のサービス

登録は無料。1円から投資可能

 

Funds(ファンズ)の評判・口コミ

すでに口座開設完了している方もいらっしゃいますね〜注目度は高そうです。

今後、発表される募集案件の中には、大手企業も名を連ねる予定なので、随時チェック!

社長の藤田さんのツイートです。

ぜひ素晴らしいサービスを展開していってほしいですね…!

>>Funds(ファンズ)の評判・口コミまとめ【現時点では高評価】

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】
Funds(ファンズ)の評判・口コミまとめ【現時点では高評価】どうも!30代運用男子!!のがたかです。 新しくサービスがリリースされた貸付オンラインマーケットのFunds(ファ...

 

Funds(ファンズ):Q&A【よくある質問に解答】

よくある質問に答えます。

  • 手数料はかかるの?
  • 元本は保証されてるの?
  • 運営会社が倒産した場合、出資したお金はどうなるの?

手数料はかかるの?

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】
投資初心者
なるべくコストを抑えたい!

手数料はかかりません。

口座開設や投資、デポジット口座からの出金などすべて無料!

元本保証されてるの?

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】
投資初心者
元本保証あったらうれしいな…。

元本保証はされていません。

延滞や貸し倒れ等により損失が発生した場合は、出資比率に応じて投資家が損失を負担する必要があります。

先ほどもお伝えしたリスクの面ですね…。

なお、損失負担は出資金が限度となるため、追加で入金することはありません。(つまり、借金には絶対にならない。)

運営会社が倒産した場合、出資したお金はどうなるの?

デポジット口座にてお預りしている資金のみ、デポジット口座の管理者であるFunds(ファンズ)運営会社のクラウドポートの倒産による影響を受けます。

一方、ファンド組成企業がファンドを運営している最中にクラウドポートが倒産した場合、ファンド組成企業の手もとにある資金はクラウドポートの倒産による影響を受けません。

つまり、Funds(ファンズ)に置いてあるお金はなくなるかもしれない、投資中のお金は問題なし。と覚えておけばOK。

今までのソーシャルレンディングとは違う国内初のサービス

登録は無料。1円から投資可能  

 

maneoマーケットと何が違うの?

※maneoは、現在大規模遅延中。元本割れが濃厚です。

結論から言うと、maneoマーケットと仕組みは同じそうです。

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】
投資初心者
じゃあちょっと危ない?

詳しく解説している方がいらしゃったので引用します。

maneoファミリーでは貸付係の選定がいい加減だったため、グリーンインフラレンディングのような業者がファミリになってしまいました。

Fundsでは下記の4+3つの基準で貸付係を審査しています。

  • 実在性(事業が実際に存在するか)
  • 財務状況の健全性
  • 必要な許認可の取得状況
  • 投資対象として信任に値する
    • 上場している
    • 監査法人による監査を受けている
    • ベンチャーキャピタルなどから出資を受けている

経営状態に問題がなく、上場企業など信頼性がある。これらの基準をすべて満たして初めて貸付係になることができます。

つまり、Fundsで僕たち投資家のお金を扱うことができるのは、ちゃんとした企業だけということです。

引用元:ソーシャルレンディングの勉強ノート

これらに加え、Funds(ファンズ)ノンリコースローンではなくリコースローンとなっています。(今までのソーシャルレンディングは基本的にノンリコースローン)

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

何がいいかと言うと、ファンド組成企業の関連会社である借り手企業の全財産が返済原資となっています。

ざっくり言うと、今までのソーシャルレンディングではもしものことが起こった時に返却される見込みがなかった資金が、Funds(ファンズ )なら返却される可能性があるという認識です。

 

Funds(ファンズ)に登録する価値はあるか

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

結論から言うと、ぼくは登録をすでに完了しています。新しいもの好きというのもありますが。笑

まだ案件は出ていませんが、良案件だった場合に、登録できてなくて取りこぼすのだけは避けたいので。

そう思われるなら、まずは登録だけは済ませておくのがベターです。

※以前、他の業者の登録を忘れていい案件を逃しました…。こういったことにならないためにも早めに行動しておきましょう。

今までのソーシャルレンディングとは違うサービスなので、他のソーシャルレンディングで消耗した方にもおすすめですし。

オーナーズブックのようにクリック合戦に巻き込まれないためにも早め早めの行動です。

今までのソーシャルレンディングとは違う国内初のサービス

登録は無料。1円から投資可能 

 

そもそもソーシャルレンディングとは?

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】
投資初心者
そもそもソーシャルレンディングって?

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい「借手(事業者)」にお金を貸し出したい「投資家」をマッチングするサービスです。

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

ソーシャルレンディングのメリット

  • お金を借りたい「借手(事業者)」は、事業に必要なお金を少ない金利でお金を借りられる
  • お金を貸し出したい「投資家」は、利回りの良い資産運用ができる

ソーシャルレンディング会社は、借手と投資家をつなげる役目として、投資の募集と運用を行っています。

これが今までのソーシャルレンディング会社でした。

Fundsは、自らファンドをつくって貸付を行うことはなく、「投資の募集」のみを行うプラットフォームを提供しているに過ぎません。

ですが、そのプラットフォームに載せるためにはFunds内の厳しい審査を通過する必要があるので、募集しているファンドはFundsのお墨付きという訳ですね。

 

Funds(ファンズ)の始め方

ここまでの記事を読んで実際にFunds(ファンズ)を始めてみたい!と思った方はここから進めていきましょう。

▼Funds(ファンズ)を始める流れ

  • メールアドレス登録
  • 基本情報登録 & 本人確認書類・マイナンバーカードのアップロード
  • ウェルカムレター(手紙)の受け取り

公式サイトにアクセス後、順に進めていけば完了です。

>>無料:Funds(ファンズ)無料登録はこちら

画像大量で口座開設方法をやさしく解説しています。

詳しい口座開設方法はここをタップ

 

▼メールアドレス登録

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

登録したメールアドレスに認証メールが届くのでタップします。

▼本人情報の入力

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

住所・氏名・年齢等記入

 

▼重要書類への同意

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

確認して問題なければ次に進む。

 

▼本人確認書類のアップロード&マイナンバーカードの提出

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

スマホのカメラで撮ったものをアップロードすればOK。

特に難しいところはなく、5分程度でサクッと手続きできます。

全体の流れは以下の通り。


funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

無事に審査が終われば、数日後にFunds(ファンズ)から手紙が郵送で届く予定です。

受け取れば完了です。

 

 

1月8日12:00くらいに登録して、その日の19:00にウェルカムレターが発送されたとのメールが届きました!

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

 

1月9日(登録の次の日):手紙届きました。はっや!!

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

 

Funds(ファンズ):基本情報

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】
名称Funds(ファンズ)
運営会社名株式会社クラウドポート
住所東京都渋谷区渋谷2丁目6-11 花門ビル5階
登録/加入協会第二種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3103号
一般社団法人第二種金融商品取引業協会加入
公式HPhttps://funds.jp/

▼運営体制

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

 

まとめ:Funds(ファンズ)メリット・デメリット

funds - Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】

ソーシャルレンディングの新しいカタチ Funds(ファンズ)の解説をしました。

今までのソーシャルレンディングとは違い、運営企業がファンドを組成しない国内初のサービスなので期待値は高いです。

まずは試しようということでぼくも少額から投資しています。1円から投資できますしね…!

登録は無料なので、とりあえず登録だけしておいても損はないです。

人気が出て投資が困難になる前に先行者利益取っていきたいですね。

今までのソーシャルレンディングとは違う国内初のサービス

登録は無料。1円から投資可能  

 

 資産運用初心者におすすめの投資5選

-
POINT


右も左もわからない投資
初心者にやさしく解説!

ほったらかしでOK!運用したらやることなし!

当サイトが厳選しておすすめする投資5選を紹介

 

\ マンガの続きを読む /

はじめての自動売買FXはこちら!キャンペーン中!

アイネット証券ループイフダンなら3ステップでかんたんに運用開始!

>>詳細はこちら

マネースクエアトラリピ独自の機能「決済トレール」で利益最大化!

>>詳細はこちら

質問や相談はこちらからお気軽にどうぞ!

  • STEP01
    コメント欄に記入

    下記コメント欄にお気軽にメッセージを書いてください。

    必ず回答致します!

  • STEP02
    LINE@で直接メッセージ!

    • スマホでご覧の方はこちらをタップ!
    • PCでご覧の方は以下のQRコードをスマホで読み取ってくださいね。

  • STEP03
    ツイッターで聞いてみる

    • ツイッターアカウントはこちらから
    • @noggylogを投稿文に入れて話しかけてもOK!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA