Funds(ファンズ)インテリックス社のリースバック事業「あんばい」ファンドは投資対象?

funds - Funds(ファンズ)インテリックス社のリースバック事業「あんばい」ファンドは投資対象?
funds - Funds(ファンズ)インテリックス社のリースバック事業「あんばい」ファンドは投資対象?
投資初心者
Funds(ファンズ)って人気すぎて今投資できないのかな?投資できるとしたらどれがいいんだろ?
funds - Funds(ファンズ)インテリックス社のリースバック事業「あんばい」ファンドは投資対象?
のがたか
1億円の大型ファンドが募集開始!

どうも!30代運用男子!!のがたかです。

Funds(ファンズ)は貸付ファンドを展開していて5月30日に大型ファンドが公開されました!

これまでのファンドはすべて満額成立、そしてクリック合戦が繰り広げられていて、投資したくても投資できない状況でした。

今回発表されたファンドは1億円の大型ファンドです。

5月24日付で株式会社Intellex Fundingと業務提携契約を締結し、株式会社インテリックス(東証一部上場)が手掛けるリースバック事業を資金使途とするファンドを本日公開しました。

Funds(ファンズ)は今までのソーシャルレンディングと違い、投資先の見えるソーシャルレンディングとして個人的に非常に注目しているサービスです。

詳しくは、Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】で解説していますのであわせてご覧ください。

funds - Funds(ファンズ)インテリックス社のリースバック事業「あんばい」ファンドは投資対象?
Funds(ファンズ)メリット・デメリット!貸付ファンドで資産運用【ソーシャルレンディングの新しいカタチ】 ここだけの話、こんなに人気が出るとは思ってもいませんでした…。これまでのすべてのファンドで満額成立。 Funds(...

一部上場企業の安心ファンド

登録は無料。今ならギリギリ間に合うハズ! 

Fundsファンド:リースバック事業「あんばい」ファンド#1

funds - Funds(ファンズ)インテリックス社のリースバック事業「あんばい」ファンドは投資対象?

Fundsとしては久しぶりの1億円となる大型案件 リースバック事業「あんばい」ファンド

ファンドの概要

funds - Funds(ファンズ)インテリックス社のリースバック事業「あんばい」ファンドは投資対象?
ファンド組成企業株式会社Intellex Funding
(非上場。インテリックス社の子会社。今回のファンドのために設立し、2019年5月現在他の事業を行っていない)
借り手(貸付先)株式会社インテリックス
投資先(資金用途)リースバック事業「あんばい」での不動産取得資金に利用
予定利回り3.5%
運用期間約9ヶ月
償還方法満期一括
配当方法毎四半期
担保・保証担保なし・保証なし
リスク元本割れリスク(不動産特有)など
最低投資額1円〜
ポイントFundsを利用する理由は認知度向上の為

運用期間9ヶ月、利回り3.5%と投資リターンとしてはよくある案件ですね。

注目ポイントとして、今回インテリックス社がFundsを利用する点が、「インテリックス社の認知度向上の為」という点です。

認知度向上の為のファンド?

インテリックス社の事業部長 俊成誠司取締役のお話です。

ーーリースバック事業でFundsを利用する目的を教えていただけますでしょうか

日本の1世帯あたりの家計資産のうち、約70%以上は不動産です。「あんばい」のサービスを提供していくことで、より多くの不動産の流動性を高められる可能性があると考えています。

2018年1月から「あんばい」のテレビCMをスタートしましたが、全国でも幅広い年齢層のお客様からご相談をいただいており、確かなニーズを感じております。

今回Fundsを利用することによって、インテリックスの認知度をさらに向上させることで、全国の不動産の流動化を進め、該当エリアの価値向上や弊社の物件の仕入れルート拡大などを期待しています。

引用元:インテリックスが見据える中古マンション市場の未来と新サービスの可能性

今回の目的はインテリックス社の認知拡大。つまり、カンタンに言うと広告ってことですよね。

すでに問題なく事業は展開できていて、インテリックス社のさらなる売上拡大の為に広告費としてFundsを利用している。→つまり、資金は潤沢なのでFundsへの返済も余裕あり。

と読み取ることもできそう。(完全にぼくの推測ですが)

確かに注目度が高いFundsの案件、さらにこうやってぼくたちが記事にするので必然的に知ってもらう機会は多くなりますよね。

たぶん、あまりないと思うんですが、自分たち(投資家)のお金をつかって広告とは?と、この辺を不審に捉える方もいるかもですね。

※本来、それを理解して投資しているのでとやかく言うことではないと思います。嫌だったら投資しなければ良いわけで。

 

大型ファンドの投資判断

funds - Funds(ファンズ)インテリックス社のリースバック事業「あんばい」ファンドは投資対象?
投資初心者
これだけ見ても投資したらいいかわかんない!リースバック事業って?

リースバック事業ってなに?と思いますよね。公式サイトには以下が記載されています。

リースバックとは、老後のための資金などが必要な方向けに、インテリックス社がご自宅である不動産を買い取り、売り主はその不動産の借り主として、そのまま住み続けることができるサービスです。

ざっくりとリースバック事業がわかる動画です。

注目のポイント

実際にどのポイントを見て投資判断をしたらいいか、今回のファンドの注目ポイントは以下。

注目ポイント

  • インテリックス社の財務状況

インテリックス社の財務状況

はじめに今回のファンド組成企業である株式会社Intellex Fundingの財務状況を確認しましょう。

funds - Funds(ファンズ)インテリックス社のリースバック事業「あんばい」ファンドは投資対象?Intellex Funding社は今回のファンドの為に立ち上げられた会社なので財務状況はなにもないですね。

今回のファンド以外には事業は行っていません。

では、借りて企業であるインテリックス社を見ていきましょう。

▼昨期のインテリックス社財務状況(抜粋)

  • 売上高:421億円
  • 経常利益:120億円
  • 純資産額:93億円

詳細はこちら

さすが一部上場企業ですね…。これだけを見ると財務状況になにも問題はないと感じます…。

1億円なんてはした金…?(^p^)

リスクを確認!

funds - Funds(ファンズ)インテリックス社のリースバック事業「あんばい」ファンドは投資対象?

上記図を確認すると、不動産事業(今回はリースバック事業「安売」)の事業での回収が滞ったとしても元本割れはありません。

インテリックス社がデフォルトでアウト、さらにその先のIntellex Funding社がデフォルトでもアウトです。

つまり、キーはインテリックス社になります。が、先ほどの財務状況を見る限り資金は潤沢そのもの。

かなり安心してもいいのではないでしょうか…?

 

社債に近いファンド

以前、取材をしたとき(Funds(ファンズ)藤田社長に取材!今後の投資先や投資の注意点を聞いてきた!)に、社債に似た「安定的でコツコツお金が増えていく」金融商品のニーズに答えていくとのことでした。

funds - Funds(ファンズ)インテリックス社のリースバック事業「あんばい」ファンドは投資対象?
Funds(ファンズ)藤田社長に取材!今後の投資先や投資の注意点を聞いてきた!どうも!30代運用男子!!のがたかです。 ソーシャルレンディングNo.1メディアである株式会社クラウドポートが運営する注目...

今回のファンドは以下の部分において社債に近い投資先と考えています。

  • ファンド組成企業の信用力
  • 借り手である関係会社から返済が正常に行われるかどうか

一部上場企業や成長が期待できるスタートアップ企業をFundsが精査・選定し信用力を高めていて、借り手は一部上場企業や信用力の高い企業の関係会社に貸付しています。

そうすることにより、一部上場企業などに「返済の義務」が発生します。

もし貸し付けた企業で運用の遅延やデフォルトが起こったとしても基本的には投資家のリスクを一部上場企業などに「受け止めてもらう」形になり、投資家のリスクは非常に低くなるということです。

このような理由から社債に似た商品であると言えるんですね。

募集金額も1億円と多くの方に投資ができるチャンスがあり、社債ではありえない”1円”から投資が可能、さらに社債以上の利回りが期待できるファンドとなっていますね。

利回りは抑えられていますが、安心感がある企業がファンドを組成し、投資家も信頼感を持って投資ができる新しいマーケットをつくっていきたい。

藤田社長 談

藤田社長、Fundsが目指している金融商品になっていると言えますね。

社債・個人向け社債とは?

社債とは、企業が必要となる資金を調達するために発行する「債券」です。株式の発行や金融機関の借り入れといった資金調達以外の方法として、よく用いられています。

社債は機関投資家向け以外にも、個人向けに小口化され、各証券会社を通じて購入できることがあります。(取り扱い証券会社は異なる)

引用元:クラウドポート

企業がお金を借りることができる手段のひとつが「社債」の発行です。

機関投資家以外に個人向けの社債をそのまま「個人向け社債」と呼びます。

機関投資家向けの社債は、数千万円〜数億単位で発行されていて、銀行や共済、年金団体や個人でも富裕層のみ投資ができるものです。

個人向け社債は、数十万〜数百万円で購入できるように小口化されたものをいいます。

社債の一番の魅力は金利。通常銀行鋼材に保有しておくよりも数倍〜数百倍の利回りが期待できます。

さらに、基本的には期限まで保有していれば元本割れはありません。

  • 株式とは違い、大きく相場に左右されない
  • 銀行に比べ、利息が数百倍にも(最大利回り2%程度)
  • 基本的には元本保証

近年では、ソフトバンク債やSBI債が人気ですね。

当初3,500億円の募集があまりの人気に4,000億円まで増やしたという話もあるほど。

それほど安定を求める方の優良投資先として個人向け社債は認知されています。

※とはいえ、社債にもリスクはあります。投資先の企業が倒産すれば債権は一気に紙くずに。

Fundsと個人向け社債との違い

違いを一覧でまとめました。

 個人向け社債Funds
購入方法各証券会社Funds
最低購入額10万円以上1円以上
利回り最大2%程度最大6%程度
運用期間長期(1年以上)比較的短期(数ヶ月〜1年)
貸付先事業資金として企業に貸付
リスク・リターンローリスク・ローリターンミドルリスク・ミドルリターン

両者、株式やFXのように相場には大きく左右されず安定して運用することができます。

両者ともにリスクは低く、安定したリターンが期待できます。

その中でもFundsは多少のリスク込みでリターンの高い投資先もあるので、状況に応じて投資可能ですね。

 

まとめ:Funds大型ファンド「インテリックス社」

funds - Funds(ファンズ)インテリックス社のリースバック事業「あんばい」ファンドは投資対象?

今回はFunds(ファンズ)の大型ファンド リースバック事業「あんばい」ファンド#1が投資対象になるかどうかを深掘りしました。

募集申し込みは6月6日スタートです。投資を検討中でまだ登録してない方はお早めの登録が必須です。

大口が買うとすぐ満額になっちゃいますよ(´⊙ω⊙`)

無料で登録可能で、今ならギリギリ間に合うと思います!

今回の投資先はより社債に近い、安定した投資先になると思っています。

コツコツとお金を増やしたい方にはおすすめの投資先です。

一部上場企業の安心ファンド

登録は無料。今ならギリギリ間に合うハズ!

 

Funds(ファンズ )をもっと知ろう!

ファンズってなに?儲かるの?という疑問に答える基本をイチから解説しています。

今までのソーシャルレンディングとは違う、貸付投資で企業と個人をつなぐオンラインマーケットです…!

funds - Funds(ファンズ)インテリックス社のリースバック事業「あんばい」ファンドは投資対象?

>>マンガの続きを読む

 

 

 資産運用初心者におすすめの投資5選

-
POINT


右も左もわからない投資
初心者にやさしく解説!

ほったらかしでOK!運用したらやることなし!

当サイトが厳選しておすすめする投資5選を紹介

 

\ マンガの続きを読む /

はじめての自動売買FXはこちら!キャンペーン中!

アイネット証券ループイフダンなら3ステップでかんたんに運用開始!

>>詳細はこちら

マネースクエアトラリピ独自の機能「決済トレール」で利益最大化!

>>詳細はこちら

質問や相談はこちらからお気軽にどうぞ!

  • STEP01
    コメント欄に記入

    下記コメント欄にお気軽にメッセージを書いてください。

    必ず回答致します!

  • STEP02
    LINE@で直接メッセージ!

    • スマホでご覧の方はこちらをタップ!
    • PCでご覧の方は以下のQRコードをスマホで読み取ってくださいね。

  • STEP03
    ツイッターで聞いてみる

    • ツイッターアカウントはこちらから
    • @noggylogを投稿文に入れて話しかけてもOK!