おすすめFX会社 厳選5選!

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えて

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えてFX初心者

リスクオフ局面になりそう…!?
リスクヘッジで米国30・日本225にショートするべし!

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えてのがたか

現在、ロボアド・投信・米国株など多くの現物を所有。

基本的には価格が上がれば利益が出るというポジションを持っています。

暴落が来たときは大きくマイナスになり、投資活動が停滞してしまうことも。

本記事の内容:

 

暴落時になにもできず利益が減るのを見ているだけの方向け

  • 株価指数CFDを売ってリスクヘッジ
  • GMOクリック証券の米国30・日本225とは

リスクヘッジとしてGMOクリック証券で米国30・日本225を売る(ショート)戦略を行なっています。

今回はその理由と、なぜGMOクリック証券なのか?じっくり解説していきます。

今まで、下落局面ではただただ減っていく含み益を見ることしかできなかった方でも、こういった考えを持っておくことで自分の投資のリスクヘッジとなり得ます。

下落局面でも積極的に利益をとっていくことができますよ。ぜひじっくりご覧ください。

なぜ米国株価指数をショート(売る)するのか?

現在、株式銘柄の現物を多く所有しています。

運用中の現物:

いずれも価格が上昇すれば利益がでる銘柄となっていて、上昇局面では問題ないですが下落局面では増えていく含み損を眺めているだけで、なにもすることができません。

また、塩漬けになるので他の投資にお金をまわせず機会損失も伴います。

そんなときのリスクヘッジ。

リスクヘッジとは、起こりうるリスクの程度を予測して、リスクに対応できる体制を取って備えることです。
例えば、資産運用において、現物(株式など)を買い付けると同時に、先物市場で同量の売り注文を出して、現物の値下がりが続きそうなときに、先物市場で先に売ったものを安く買い戻せば、現物取引で生じた損失をカバーできます。

引用元:SMBC日興証券

金融で言われるリスクヘッジとは、ざっくりと以下の方法。

  • 現物損失のカバー
  • 現物のマイナス分をショート(売り)することによって±0にする

このような意味合いになります。

下落トレンド・暴落時ではこのリスクヘッジが自分の資産を守るためにとても有効です。

ショートをすることで落中でも利益を出すことができ、その利益で再投資することで、現物の価格が戻った・高騰したときには今以上に利益を大きくすることができるのです。

もちろん反対に動いた場合にはロスカットになるので余裕資金は必要です。

ですが、ヘッジをかけて成功したときは大きい。なので個人的には積極的に局面ではショートしていますよ。

米国株価指数トレード履歴

これまでの主なCFDトレードの履歴を紹介します。

GMOクリック証券で、米国株価指数である米国30(ダウ)と日本225(日経225)をつかっています。

2019年5月:米国30・日本225ショート

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えて

NYダウで2018年10月からの暴落、そしてその後のリバで週足での大きな三尊天井が構築されているのを確認。

※三尊天井とは

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えて

三尊とは、2つ目の山(高値)が1つ目の山を越えた所で再び小さな谷(安値)を形成し、3つ目の山が1つ目の山を越えずに、みたび下降している状態です。

大きな下落が予想できたので、4月下旬からじっくりと米国30を売っていきました。

この時点で+1万円程度。そこから日経225に乗り換え。

現在、トランプ大統領の発言をきっかけに下落がはじまっています…!

現在5万円程度の含み益ですが、もう少し引っ張ります。

追記:

ブログを書いている途中で決済しました。

2019年3月:日経225 配当日前後の取引

CFD(くりっく株365)の日経225では配当があります。1枚あたり約17,000円と大きい配当です。

前回は3月。その配当日前後にトレードをしていました。

このような感じで配当を挟んでトレードを行い、原資20万円で約5万円の利益を出すこともできています。

詳しくは、日経225で配当投資!儲けられるのか実際に検証で詳しく検証していますのであわせてご覧ください。

考え方を記事にしていますので参考になる!

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えてのがたか

無料ではじめる!

※無料で口座開設OK。5分で入力完了します。

 

GMOクリック証券の米国30・日本225とは

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えて

今回利用している証券会社はGMOクリック証券です。

米国30・日本225はGMOクリック証券の独自の商品です。

米国30

アメリカのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)に上場されているダウ先物ミニ(E-mini Dow($5) Futures)が参照原資産となっているCFD。

ダウ先物ミニは、アメリカのダウ平均株価(ダウ工業株30種平均)の先物で、CMEで取引されています。

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えて

ダウ平均株価は、アメリカのNY証券取引所とNASDAQに上場している、様々な業種を代表する30社の株価から算出されている株価指数です。

世界一の経済大国であるアメリカを代表するような30社から構成されているため、世界を代表する株価指数として、世界中の投資家から注目されています。

▼構成銘柄

Appleインテルマイクロソフト
メルクエクソン・モービルシスコシステムズ
ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスユナイテッド・ヘルス・グループジョンソン・エンド・ジョンソン
NIKEJPモルガン・チェースユナイテッド・テクノロジーズ
ファイザーマクドナルドP&G
ボーイングVisa3M
ウォルト・ディズニーIBMベライゾン
ゴールドマン・サックス・グループウォルマートアメリカン・エキスプレス
コカ・コーラダウ・デュポンシェブロン
キャタピラーホーム・デポトラベラーズ

日本225

こちらもCME、シンガポール証券取引所(SGX)に上場された日経225株価指数の先物を参照原資産としたCFD。

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えて

日経225はご存知の通り日経平均を構成している225社からなる株価指数です。

GMOクリック証券で売る理由

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えて

これまでCFD取引はFTSE100配当投資でくりっく株365を利用していましたが、トレードにはGMOクリック証券を使っています。

>>FTSE100は配当がもらえる株価指数!CFDで投資するメリット・デメリットを徹底解説!

GMOクリック証券を使う理由は大きなメリットがあるから。

特に売る場合はメリット多いです。

くりっく株365と比較しつつ、メリット・デメリットを解説します。

GMOクリック証券を使うメリット:

  • 最小取引単位が小さい
  • スプレッドがかなり狭い
  • (参考)米国30なら売りでも金利・配当がもらえる

 

デメリット:

  • 最大レバレッジが低い

メリット①:最小取引単位が小さい

GMOクリック証券の取引単位は1枚から。1枚といってもくりっく株365の1枚の0.1枚相当です。

つまり、くりっく株365の1/10の単位になり、少ない枚数で取引が可能です。

GMOクリック証券で1枚で投資:

  • 日本225が100円下落→1,000円の損失

くりっく株365で1枚投資:

  • 日本225が100円下落→10,000円の損失

このように最小取引単位が小さいので、リスクを抑えた投資も可能です。

メリット②:スプレッドがかなり狭い

画像を見てもらえれば一目瞭然。

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えて

左がGMOクリック証券、右がくりっく株365

スプレッドは状況によって変化していきますが、現状でも約7倍程度の差があります。

米国30:

  • 投資した瞬間に-200円からスタート

くりっく株365:

  • 投資した瞬間に-1,500円からスタート(さらに150円程度の手数料も発生)

コスト面ではGMOクリック証券に分があるのは明らか。

短期トレードではGMOクリック証券でOKですね。

▼CFDのスプレッドの差(くりっく株365と比較)

銘柄GMOクリック証券くりっく株365
日本2252〜1010〜20
米国302〜1010〜20
イギリス1002〜1020〜40
ドイツ301〜1020〜30

正直、圧倒的な差ですね。

CFDをトレードする方は選択肢のひとつとしておすすめです。

(参考)米国30なら売りでも金利・配当がもらえる

米国30の場合、価格調整額という名目で配当的なものが受け取ることができます。

反対に日本225は支払いとなりマイナスとなります。

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えて

とはいえ、そこまでの大きな額ではないので、個人的にはあまり気にしていません。

デメリット:最大レバレッジが低い

個人的なデメリットとして、くりっく株365が30倍程度の最大レバレッジに対し、GMOクリック証券は10倍となっています。

最大レバレッジが高ければ、ロスカットまでの下落幅が大きく許容できます。

ですが、メリットになる場合もあり仮にロスカットした場合でも多くの資金が残っているので再投資が可能。

逆にレバレッジが高いと多くの資金を失ってしまうのでダメージも大きいです。

この辺は人によってメリットにもなりますし、デメリットにもなる部分かなあと思っています。

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えて  

無料ではじめる!

※無料で口座開設OK。5分で入力完了。
>>GMOクリック証券 公式サイトはこちら

 

2019年、来たる暴落に備えてショートする

リスクヘッジとしてショートポジションをつくる準備は完了しています。

その理由は、来たる暴落に備えてリスクヘッジとしてのポジション保有です。

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えて

現在は日本225で売っていますが、米国30にも乗り換えつつトレードしていきますよ。

チャンスの多い方で売っていきます!

また、その後の戦略としては、ショートで利益が出た場合は米国株配当投資の原資として投資を加速させていきたいですね。

まとめ:米国30・日本225でリスクヘッジ

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えて

今回は、来たる暴落に備えてリスクヘッジをしましょうというお話でした。

ショートを使えるようになることで、投資の幅が広がります。現物のリスクヘッジだけならレバレッジをかける必要もありません。

(ですが、ロスカットがあることはお忘れなく)

個人的には思惑と逆に価格が高騰したとしても現物の利益が出ているので良しとします。

これまで暴落を指を加えて見ているだけだった方も少額からでもいいと思うので積極的に投資してみるのがいいですよ。

CFDトレードにおすすめはGMOクリック証券。メリット多め。

無料で口座開設できます。

3ステップ5分程度で始められることができるのでこの機会にぜひ始めましょう!

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えて  

無料ではじめる!

※無料で口座開設OK。5分で入力完了。
>>GMOクリック証券 公式サイトはこちら

GMOクリック証券をレビュー

GMOクリック証券の米国30・日本225をショートでリスクヘッジ!来たる暴落に備えてGMOクリック証券のメリット・デメリットを徹底解説!
評判や口コミもまとめてレビューしています。結論から言うとレバレッジ取引をするには必須の証券会社。使い勝手もよくコストもかなり低いですよ。

>この記事を読む

 

 

CFDの投資商品