おすすめFX会社 厳選5選!

OCO注文は自動で注文・決済可能!指値・逆指値を同時に指定して思い通りのFXトレードをしよう

今回も初心者から1歩上になれる!かもしれない方法をマスターしましょう!

ほぼ自動でトレードできる方法の1つ「OCO注文」について解説していきたいと思います。

しっかり理解して稼げるトレーダーになりましょう!!

OCO注文とは

OCO注文は自動で注文・決済可能!指値・逆指値を同時に指定して思い通りのFXトレードをしよう

OCO注文とは、オーシーオー注文と呼ばれていて、新規注文や決済注文などを2つ同時に注文できます。

そして、片方が約定しましたらもう片方は、自動でキャンセルされます。

  • ①「もしこの価格になったら新規売り注文」
  • ②「もしこの価格になったら新規買い注文」、「もしこの価格になったら利益確定決済注文」
  • ③「もしこの価格になったら損切りする」

などを1度に2つ同時に注文できます。

新規注文も決済注文も上がっても下がっても約定しますのでとても便利な注文方法なのです!

OCO注文の使い方を理解

OCO注文をどうやって使うのか?について説明します。

1度に2つ同時に注文できるので、まずはどの価格になったら買うのか、どの価格になったら売るのかを決めます。

例:1ドル110円

  • 1つ目は、1ドル111円になったら買い注文
  • 2つ目は、1ドル109円になったら売り注文。

1つ目の注文111円が約定したら2つ目の注文は自動でキャンセル、もしくは2つ目の注文109円が約定したら1つ目の注文111円はキャンセル

上がっても下がっても良いように2つ同時発注できて、片方が約定しましたらもう片方は自動でキャンセルされます。

上がっても下がってもいいので使い勝手はいいですね。

新規注文で使う場合の方法

OCO注文では、大きく分けて2つの使う方法があります。

まず1つ目は、新規注文で使う方法です。(新規ポジションをとる時の使い方)

例:1ドル110円の時に1ドル111円になったら買い注文、1ドル109円になったら売り注文を入れます。

このようにポジションを持っていない状態でこの価格になったらエントリーを2つ同時に入れる方法です。

片方が約定したら、もう片方は自動でキャンセルされます。

決済注文で使う場合の方法

今度は、ポジションを既にもっていて決済で使う方法です。

FXでは感情に左右されて利益確定や損切りが難しいと言われていますから、これは、重要ですね!

例:1ドル110円買いで入っていた時に、1ドル111円になったら利益確定の売り決済注文と1ドル109円になったら損切りの売り決済注文を入れ流ことが可能

どちらかが約定したら、もう片方は自動でキャンセルされます。

OCO注文を使うメリット

まずはメリット。

感情に左右されることなく最初に決めたポイントで自動エントリー又は自動決済ができることです。

特に決済時には有効。

FXでは、利益確定や損切りなどの時に感情に左右されて最初に決めた価格で決済できなくて大きく損をしてしまったなんてことがあると思います。

なので、このようなことが起きないようにできるメリットがありますね!

次に、上がっても下がっても自動でエントリー、もしくは決済がされるってとこです。

こちらも特に決済で言えることです。

損切り注文はいれたのだけど、利益確定注文は入れてなかったから戻ってきちゃって結局損切り・・・なんてことも防げますね。

上がっても下がっても良いように注文が入れられるので、忙しい方やサラリーマンの方にはかなりメリットがありますよ。

OCO注文を使うデメリット

ぶっちゃけデメリットはそこまでないんです…!

ただ、どんな状況でも自動で約定するので予想通りの方向に行き含み益がある時に、もっと利益を伸ばせるかもしれない相場でも決済されてしまうことはありますね…。

まとめ:OCO注文

OCO注文は自動で注文・決済可能!指値・逆指値を同時に指定して思い通りのFXトレードをしよう

OCO注文は、ずっとレートを見ていることができないサラリーマンの方やお忙しい方にはかなり便利なものです!

使い方や仕組み、メリットやデメリットをしっかりと理解するといいですよ。

OCO注文をマスターすることで、より良いトレードができます!

 

初心者が始める注文方法