おすすめFX会社 厳選5選!

FXブロードネットとは?メリット・デメリットの徹底解説

ネットで「FXブロードネット」について、聞いたことはあるけどサービスはよくわからないといった人が多いと思います。

星の数ほどあるFX会社の比較や、特徴をつかむのは非常に難しいと思いますが、今回は、「FXブロードネット」についてメリットデメリットを解説していき、その最大の特徴について言及していきます。

最終的には、どのような人に向いているのかや具体的なトレードの方法まで解説をしていきます。

この記事で分かること:

FXブロードネットとは何か

FXブロードネットの使える機能
FXブロードネットのメリットデメリット
FXブロードネットはどのような人に向いているのか
FXブロードネットはどのプラットフォームで提供されているのか

FXブロードネットとは

FXブロードネットとは、業界最高水準の環境でFXのプラットフォームを提供しているため、初心者からの人気が高いです。

このFXプラットフォームは「取引コスト」、「ツール」、「自動売買」、「最低取引可能金額が低い」「安全性」といった5つの側面から、業界最高水準を誇っています。

そのため、これら5つの特徴について解説をしていきます。

取引コスト

FXのトレードにおいて基本的に、コスト面では、「取引手数料」と「スプレッド(買値と売値の差)」がかかります。

FXブロードネットは、「取引手数料」が無料であるため、取引コストはスプレッドのみになります。

投資家が収益を増やすためには取引コストの安い会社を選ぶのが重要になるため、FXブロードネットは最適なサービスです。

ツール

FXブロードネットは、パソコンからスマートフォンまで、シンプルで使いやすいFX専用の取引ツールを用意しています。

そのため、お客様のシーンに応じて、どこでも取引ができる為、チャンスを逃さずにトレードすることができます。

自動売買

FXブロードネットには「トラッキングトレード」と呼ばれる手法で、自動売買トレードを運用しています。

為替レートは上げ下げを繰り返しジグザグに動く性質があり、価格はトレンド(上昇・下降・横ばい)を形成する特徴があります。

トラッキングトレードとは、その法則を利用して、安く買って、高く売る、高く売って、安く買い戻す注文(IFDO)を複数発注し、自動的に繰り返す注文方法です。

このため、上げ下げの回数に応じてコツコツ利益を積み上げていくことが可能です。

最低取引可能金額が低い

FXブロードネットは、通常の一万通貨だけでなく、その1/10である1000通貨から取引することが可能なため4000円から取引を始めることができ、細やかなポジション管理を行うことが可能になります。

このことから、初最低取引金額が安く、リスクヘッジして取引を行うことができるため初心者の人やリスクヘッジしたい人にはお勧めすることができます。

安全性

FXブロードネットとは?メリット・デメリットの徹底解説

(参照:FXブロードネットが選ばれる5つの理由|FXブロードネット

FXブロードネットは、顧客から預かっている証拠金を三井住友銀行の金銭信託口座に自己資金と区別して管理しています。

これにより、FXブロードネットが破綻したとしてもお客様の資産を守ることができます。

まとめ

「取引コスト」、「ツール」、「自動売買」、「最低取引可能金額が低い」「安全性」といった5つの側面から非常に優れているといえます。

そのため、初心者だけでなく中級者や上級者にもお勧めすることができます。

次項ではスプレッドや扱っている通貨の種類などのプラットフォームの基本スペックについてみていきましょう。

FXブロードネットの基本スペック

スプレッド

FXブロードネットのスプレッドは以下のようになっています。

FXブロードネットとは?メリット・デメリットの徹底解説

(参照:業界最高水準の低スプレッド|FXブロードネット

このようにスプレッドは、他の業業界最低水準を謳うFX会社とそん色ないものとなっています。

ただし、午前4時から8時まではスプレッド値が変わりスプレッドが大きくなるため注意しましょう。

使える通貨の種類

上の図からわかるように使える通貨は、「スイスフラン」「日本円」、「英ポンド」、「豪ドル」、「NZドル」、「米ドル」「カナダドル」、「ユーロ」、「南アフリカランド」のみであまり多くないのが実情です。

そのため、「中国人民元」や「トルコリラ」など値の変動が激しい通貨でトレードを行いたい場合には、FXブロードネットはお勧めすることができません。

このように、FXブロードネットには一長一短の特徴がありますので次項からは、メリットデメリットについて解説をしていきます。

FXブロードネットのメリット

FXブロードネットのメリットは以下の通りです。

初心者向き

前述したように、「取引コスト」、「ツール」、「自動売買」、「最低取引可能金額が低い」「安全性」といった5つの側面から非常に扱いやすいものとなっているため、初心者には非常にお勧めです。

デモ口座がある

FXブロードネットとは?メリット・デメリットの徹底解説

(参照:FXデモ|無料でFX取引ができる|FXブロードネット)

FXブロードネットは、デモ口座があることも特徴です。

デモ口座の特徴は上の画像のようになっていて、トラッキングトレードについて試すことができることや、FXブロードネットの使い勝手を確認することができます。

もちろん無料で行うことができるため、実金トレード前にトレード練習ができるため「リスクヘッジ」という点でかなり優れています。

自動売買に強い

前述した「トレッキングトレード」にFXブロードネットは強みがあるため自動売買をしたい人にはお勧めです。

様々なプラットフォームがある

取引ツールには、スマホ版とPC版、ブラウザ版が用意されており、様々なニーズをくみ取ることができます。

そのため、これら3つについてより深堀り、特徴について解説をしていきます。

PC版

多機能なはPCダウンロード型トレードシステムは、1画面内で取引レート、チャート、テクニカル分析、取引分析などお客様の取引しやすい画面表示を設定できるカスタマイズ性を重視した取引ツールです。

このような柔軟性から、FXトレードの初心者の方から上級者までご満足頂ける取引ツールとなっております。

さらに、見たい情報を見たい場所に設定し、好みの画面レイアウトを最大10個まで保存することができ、思いのままレイアウト設定をすることができます。

スマホ版

スマホの特徴を活かし、タッチスクリーンによる直感的操作でストレスなしのトレードが可能です。

 iPhoneアプリ版は時間も場所も選ばないので、いつでもどこでも快適にFX取引することができます。

また、iPhone版にはレートアラート機能というものがあります。

レートアラート機能により、売りか買いのレートが一定範囲に到達するとiPhoneの画面に通知するため、FX取引のチャンスを逃しません。

さらにアプリ版では、ログインの手間なしで、為替レート、為替チャートを即座に確認できます。

テクニカル面でも、EMA・ボリンジャーバンド・乖離率など12種類のテクニカル指標を搭載し、さらにローソク足の他に平均足も実装しているため基本的なトレードには困ることがありません。

投資家に定評のある投資関連情報のFX wave、MarketWin24のニュースをスマホ版なら24時間リアルタイムで閲覧できるので、マーケットの最新情報を素早く取得し、ファンダメンタルズ分析に役立てることができます。

ブラウザ版

ブラウザ機能は、インターネット機能があればどこでも取引を行うことが可能です。

しかし、スタンダードな指標モジュールも使うことができないため、ストレージの余裕がある場合はスマホ版やPC版で取引を行うようにしましょう。

FXブロードネットのデメリット

一方でFXブロードネットの弱みは以下のようになります。

取り扱い通貨が少ない

前述したように、取り扱い通貨が少ないことが特徴としてあげられます。

titan FXやxm trading などの海外FXnのFX事業者のほうがマイナー通貨に対するレパートリーは多いです。

そのため、多くの通貨でトレードしたい人は、FXブロードネットを使わないようにしましょう。

約定力が弱い

FXブロードネットは、スキャルピング取引が認められているものの、スキャルピング取引には向いていないFXサービスです。

なぜなら、FXブロードネットは、見出しにも書いてあるように「約定力が弱い」サービスだからです。

ちなみに約定力とは、スリッページ(=指値との乖離)や約定拒否が発生せずに、トレーダーの意図する価格とタイミングで注文成立する強さを表す用語です。

そのため、約定力が弱いFXブロードネットでは、成り行き注文の際に、一定の頻度で、滑ってしまったり注文がはじかれたりしてしまいます

通貨ペアによってはスプレッドが高い

米ドルやユーロ、豪ドルのスプレッドは非常に低い数値となっていますが、南アフリカランドのスプレッドは16.4銭となっており非常に高い数値となっています。

このような側面からも、利鞘といった面でマイナー通貨のスキャルピング取引は適していないということがわかります。

FXブロードネットでの上手い運用法

スプレッドが一部通貨で高いといった特長から、FXブロードネットではスキャルピング取引ではなく、中長期トレードが向いているということが言えます。

そのため、スマホで情報取集などを行いつつ、PCのテクニカル分析モジュールを使いトレードを行うのがベストです。

また、FXブロードネットでは自動売買ツールも運用することができるので裏方でそれを動かしつつ、自分でトレードを行ってもうまく儲けることができるかもしれません。

まとめ

FXブロードネットとは、業界最高水準の環境でFXプラットフォームを提供しているため、初心者からの人気が高いです。

このFXプラットフォームは「取引コスト」、「ツール」、「自動売買」、「最低取引可能金額が低い」「安全性」といった5つの側面から、業界最高水準を誇っています。

一方で、約定力や南アフリカランドでのスプレッドには弱みを持っているため、注意しましょう。

これらの強身を引きのばして、弱みを改善するためには、スキャルピング取引ではなく、中長期トレードを行うようにして、トレード方法については、スマホで情報取集などを行いつつ、PCのテクニカル分析モジュールを使いながら行うのがベストです。