おすすめFX会社 厳選5選!

FXネオとは?メリット・デメリットについてわかりやすく解説

ネットで「FXネオ」について、聞いたことはあるけどサービスはよくわからないといった人が多いと思います。

星の数ほどあるFX会社の比較や、その特徴をつかむのは非常に大変なので、今回は「FXネオ」についてメリットデメリットを解説していきます。

機能の解説をした後に、最終的にはどのような人に向いているのかについて解説をしていきます。

この記事で分かること:

FXネオとは何か

FXネオの使える機能
FXネオのメリットデメリット
FXネオはどのような人に向いているのか
FXネオはどのプラットフォームで提供されているのか

FXネオとは

FXネオとはGMOクリック証券が出しているFXプラットフォームで、「スプレッド」「高金利スワップ」「高機能取引ツール」に強みを持っています。

本項ではこれらの強みについて、より具体的に掘り下げていきたいと思います。

スプレッド

FXネオは取引コストが非常に安いです。

FXで資金を運用する際には多くの場合、 売り買いの差額である「スプレッド」のほかにも、「取引手数料」が発生します。

しかし、FXネオではメキシコペソと南アフリカランドの取引を除き、取引手数料がかかりません。

さらに、スプレッドも業界内で比較しても非常に低い数値となっています。

具体的なスプレッドの数値についてはスプレッドの項で解説しているのでそちらをご覧ください。

高金利スワップ

低金利通貨建てで高金利通貨を買うとスワップポイント(金利差相当分)が受け取れます。

多くの場合、スワップポイントは低めに低めに設定されていますが、FXネオでは業界内でも高い数値となっています。

スワップポイントの具体的な数値については、スワップポイントの項で解説しているのでそちらをご覧ください。

高機能取引ツール

FXネオでは高性能で使いやすい取引ツールを多数用意しています。

FXプラットフォームは「はっちゅう君FX」(PC)と「GMOクリックFX」(スマホ)で主に展開されています。

本項では、これら2つについてより詳しく見ていきたいと思います。

はっちゅう君FX

はっちゅう君FXは操作性を重視したリッチクライアント型の次世代FX取引ツールで、パソコンにインストールすることで使うことができます。

こちらのソフトウェアは、感覚的に使いたい初心者からツールを巧みに使いたい上級者まで幅広いニーズを満たしているため、非常におすすめです。

はっちゅう君FXの目玉機能は以下の通りです。

はっちゅう君FXの特徴:

  • 約定比が従来比六倍アクティブトレーダー仕様「大口モード」
  • 取引に必要な機能をフリーレイアウトで自由にカスタマイズすることができる
  • ワンクリックで即時注文が可能な「スピード注文」
  • チャート表からのダイレクト注文
  • 人気のテクニカル指標
  • 複数建玉一括決済
  • スムーズな資金移動、ワンクリック送金

このような特長から、はっちゅう君FXを使えば他のトレーダーにシステム的な問題で負けることがなくなるため、裁量トレードで攻めたい人にはこのソフトウェアがお勧めです。

GMOクリックFX

GMOクリックFXは超高機能チャートを搭載しているスマートフォンアプリです。もちろんAndroid、IPhoneの両方に対応しているため手軽に利用することができます。

GMOクリックFXの目玉機能は以下の通りです。

GMOクリックFXの特徴:

  • 「actionボタン」チャート上で指値、逆指値の価格をラインで指定
  • 分割チャート。4画面、最大16チャートを保存
  • 「スピード注文チャート」縦横自在にチャートを見ながら発注
  • ウィジェットやFXトレード日記などで充実のトレード情報
  • 無料デモ口座

このように、GMOクリックFXはスマホの感覚的な部分を取り入れて、使いやすいものとなっています。

特にデモ口座が使えることや、分割チャート、ライン指定での指値などはほかのFXプラットフォームにはない斬新なサービスですので、「FXをより感覚的に行いたい人」には非常におすすめです。

まとめ

このようなことからFXネオでは、ユーザーのライフスタイルに合ったツールを柔軟に使用することができ、PCでもスマホでも手軽にトレードを行うことができます。

FXネオの基本スペック

対応通貨

対応通貨は以下の通りです。

FXネオの対応通貨:

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 豪ドル
  • NZドル
  • スイスフラン
  • トルコリラ
  • 南アフリカランド
  • メキシコペソ

このようなことから、対応通貨はメジャー、マイナー通貨共にオーソドックスなものになっています。

そのため、「中国人民元などの成長国の通貨で高利益を狙いたい」といった人にはお勧めできません。

スプレッド

次に、FXネオスプレッドを見ていきましょう。

FXネオとは?メリット・デメリットについてわかりやすく解説

(GMOクリック証券 – FXネオのスプレッド・取引手数料 | FXネオ | サービス一覧)

スプレッドは以上の通り、非常に低い数値となっています。

特に、米ドル/円の0.2銭は業界内で非常に安い数値ですので、「FXでドル円スキャルピングを極めたい。」といった人には非常におすすめです。

スワップポイント

FXネオのスワップポイントは、日によって変わります。

スワップポイントは、前述したように、通貨同士の金利の差で大きさが決まるため、金利が低い先進国の通貨よりも金利が高い途上国の通貨のほうが発生しやすい特徴があります。

そのため、南アフリカランドやメキシコペソは以下の通り2021年2月においては、高いスワップポイントとなっています。

FXネオとは?メリット・デメリットについてわかりやすく解説

(GMOクリック証券 – いま選ばれるGMOクリック証券のFXとは | FXネオ | サービス一覧)

しかし、2021年4月1日時点でのスワップポイントは以下のようになっています。

FXネオとは?メリット・デメリットについてわかりやすく解説

(GMOクリック証券 – ユーロ・ドル・豪ドルの為替レート | FXネオ | サービス一覧)

ご覧の通り、米ドルやトルコリラを除き現在は多くの通貨が0円にスワップポイントが抑えられています。

そのため、スワップポイントで稼ぎたい人は、米ドルもしくは、トルコリラで取引するかほかのFXプラットフォームを使うようにしましょう。

まとめ

このようなことから、FXネオはスプレッドが低い一方で、スワップポイントが流動的でさらに、扱っている通貨が少ないということができます。

これらのことを鑑みたうえで、次にFXネオのメリットデメリットについてみていきましょう。

FXネオのメリット

スプレッドが低い

前述したように、FXネオはFX取り扱い額最大手のGMOが運営していることもあり、スプレッドは業界内でも最も低いものとなっています。

そのため、スキャルピングトレードをする際にはお勧めのFXプラットフォームです。

使いやすい

FXネオではアプリからPCソフトウェアまで幅広いソフトウェアが用意されています。

描画ツールやユーザーインターフェイスが充実していることから誰にでも使いやすいツールです。

そのため、感覚的に使いたい初心者から、分析ツールにこだわりたい上級者まで非常におすすめです

FXネオのデメリット

1000通貨単位でのトレードができない

FXネオは最低通貨が「10000通貨」と定められています。

そのため、1ドル110円の場合は、取引金額が110×1万(通貨単位)で110万円必要になります。

一方、他のFXプラットフォームの場合は、1000通貨から取引することができるため、取引可能最低金額が少なくて済みます。

このことから、少額取引から始めたい初心者の方にはお勧めできません。

ロスカット手数料が発生する

前述したように、FXネオでは取引手数料やスプレッドが低いですが、ロスカットの際に1万通貨あたり、500円の手数料が発生してしまいます。

ちなみに、ロスカットとは、損失の拡大を防ぐための強制決済方法のことで、損失は出てしまいますが、原則として最低限の資金は温存されます。

このことから、FXネオを利用する際はロスカットをしないように、以下のことを意識して投資に取り組みましょう。

気を付けること:

  • レバレッジを高くしない
  • 総資産に対して証拠金が50パーセント以上使用するような取引をしない

どのような人にお勧め

このような特長から、FXネオは資金力を持っていてさらに、スキャルピング取引を検討している人にはお勧めです。

本項では、「トレード方法」「資金力」の2つに分けてより深堀をしていきたいと思います。

トレード方法

トレード方法はスキャルピングでも、オシレーターやインジケーターを駆使したトレードを行いましょう。

例えば、有名な分析方法でゴールデンクロスやデットクロスといったものがあります。

FXネオとは?メリット・デメリットについてわかりやすく解説

(第2回目 ゴールデンクロス/デッドクロス|チャート道場|岩井コスモ証券ネット取引)

この分析法は直近5日間と直近25日間の移動平均線の交わりでトレンドの騰落を予想するといった分析法で、交わりの角度が急になればなるほどトレンドの的中率が上がるといわれています。

他にもスキャルピング取引の分析手法はありますので、もし興味を持ったら、スキャルピングの3つの手法について基本からコツまで詳しく解説でまとめてありますのでそちらをご覧ください。

資金力

資金力に関してはドル円でスプレッドを多少かけることを鑑みて、100万以上資本がある方がより盤石なトレードを行うことができます。

また、前述したようにロスカットを被った場合、1万通貨(1 lot)につき500円の手数料がかかってしまうので、レバレッジや通貨数を上げずに取引に臨むのがベストです。

資金力とトレード方法に関してはこれらのことを意識して取引に臨むようにしましょう。

まとめ

FXネオは、GMOクリック証券が出しているFXプラットフォームで、「スプレッド」「高金利スワップ」「高機能取引ツール」に強みを持っています。

スプレッドのドル円に関しては業界最低水準で、取引ツールに関しては高度な描画ツールや多くの分析ツールがあります。

一方で最低取引数量が10000通貨で、ロスカットには手数料がかかってしまうため注意が必要です。

これらのメリットデメリットを鑑みて、「スキャルピングをしたくてさらに資金力がある人」にFXネオはお勧めです。