おすすめFX会社 厳選5選!

外為オンラインとは?メリットデメリットの徹底解説

ネットで「外為オンライン」について、名前は聞いたことはあるけどサービスはよくわからないといった人が多いと思います。

星の数ほどあるFX会社の比較や、特徴をつかむのは非常に難しいと思いますが、今回は、「外為オンライン」についてメリットデメリットを解説していき、使える機能を紹介します。
最終的にどのような人に向いているのか解説をしていきます。

この記事で分かること:

外為オンラインとは何か

外為オンラインの使える機能
外為オンラインのメリットデメリット
外為オンラインはどのような人に向いているのか
外為オンラインはどのプラットフォームで提供されているのか

外為オンラインとは

外為オンラインの特徴は五つあります。それは、

  • 話題のiサイクル2取引を行っていること
  • 使いやすいこと
  • デモ口座があること
  • 豊富なコンテンツがあること
  • 安心できる取引環境があること

です。
これらについて今回はより深堀をしていきます。

話題のiサイクル2取引

iサイクル2取引は、最初の設定を行うだけで自動注文を繰り返す自動売買ツールです。

忙しくてチャート表を見れない方でも、自身で決めたロジックに沿って機械が自動でトレードしてくれるため、利益を積み上げることができます。

このようなことから、忙しくてFXにチャレンジできなかった人にはこの「iサイクル2取引」がお勧めです。

では次に、iサイクル2の機能面をより具体的に見ていきましょう。

iサイクル2のトレンド機能

外為オンラインとは?メリットデメリットの徹底解説

(参照:外為オンラインが選ばれる理由|FX|外為オンライン FX取引 - あなたの為の、外為を。)

iサイクル2取引では、システムがトレンドを判断する「トレンド機能」が新たに実装されました。

トレンドによる自動注文の機能を使えば、上の図のようにトレンドの転換点に合わせて、システムが買い注文、または売り注文を判断し取引を開始し、買い注文や売り注文を自動で反転させながら取引を続けます。

iサイクル2の簡単取引

iサイクル2取引は、ランキング方式、マトリクス方式、ボラティリティ方式の3つから選択することにより簡単に取引をスタートすることができます。

①ランキング方式

外為オンラインとは?メリットデメリットの徹底解説

(参照:外為オンラインが選ばれる理由|FX|外為オンライン FX取引 - あなたの為の、外為を。)

iサイクル2では連続注文が初めての人でも簡単設定で取引をスタートすることができます。

連続注文とは、最初に発注した注文(現物株の売買注文、信用新規注文)が約定したら、自動的に次の注文を発注するという連続した注文方法のことです。

連続注文は、一見難しそうに見える設定ですが、iサイクル2取引の「ランキング方式」では、過去のシミュレーションで、高い利益を獲得している注文をランキングから選び、同じ内容で簡単に運用を始めることができます。

②マトリクス方式
外為オンラインとは?メリットデメリットの徹底解説

(参照:[24時間、あなたに代わって賢くトレード。]iサイクル2取引™・サイクル2取引™|外為オンライン

マトリクス方式では、お客様の新規注文額で注文可能な条件が青いゾーンであらわされています。

このマトリクス方式は上の図のように、リスクをレンジとpipsといった軸から視覚的に把握することができ、青いゾーンををクリックすることで選択した同じ条件で取引が開始します。

 

③ボラティリティ方式

ボラティリティ方式は、売り/買いの選択、過去の変動幅(値動き)、対象資産を設定するだけの3ステップではじめることができます。

この中では一番シンプルな運用方法ですが、ボックス相場では非常に役に立つトレード方式です。

ボックス相場とは

外為オンラインとは?メリットデメリットの徹底解説

(参照:ボックス相場は「逆張り」の取引手法を | マネックス証券)

ボックス相場とは、市場全体、あるいは個別銘柄の動きがはっきりした上昇、または下降トレンドを持たず、一定の範囲内で推移することを表します。

このような株価全体の動き方についての基礎的な解説は、スキャルピングの3つの手法について基本からコツまで詳しく解説 | FX男子!!にて記載しています。

興味がある人はぜひこちらをご覧ください。

使いやすい

外為オンラインは、FXの初心者から上級者の方まで、誰もが使いやすく、親しみやすい取引システムをPC版、スマホ版で提供しています。

あらゆるお客様が取引に集中できるように、シンプルでわかりやすいことはもちろん、自由にカスタマイズできることが特徴です。

画面の操作に迷うことなく、じっくりと相場と向き合うことができる、外為オンラインだけの取引システムとなっています。

デモ口座がある

FXが未経験の方にとって、ルールや画面の操作を覚えることは非常に大変です。

さらに、どのくらい伸びればどのくらい儲かるのかというのを知るために、いきなり実践から始めるのは少しリスクが高いと思います。

そのようなリスクをヘッジできるように外為オンラインでは、仮想のお金でFXにチャレンジできます。

デモ口座の登録はわずか1分で済み、ニックネームとメールアドレスだけで無料登録をしてデモトレードを行うことができます。

豊富なコンテンツがある

外為オンラインでは、豊富な情報コンテンツやFXセミナーが用意されています。

ホームページコンテンツや為替のプロであるアナリストのレポートを読むことができるほか、世界のニュース、人気トレーダーのブログなど、外為オンラインには取引を指南する豊富な情報コンテンツがそろっています。

また、直接話が効ける会場セミナーも充実しているため、初心者から上級者まで自分にピッタリのセミナーを見つけることができます。

そのほか、スマートフォンアプリからニュースを見たり、Twitterやフェイスブックから情報を得ることもできます。

ただし、情報コンテンツを得ウランする場合には本口座の開設が必要なため注意が必要です。

安心できる取引環境がある

外為オンラインとは?メリットデメリットの徹底解説

(参照:外為オンラインが選ばれる理由|FX|外為オンライン FX取引 - あなたの為の、外為を。)

お客様からお預かりした資金は、当社の固有財産と明確に区分して信託銀行に信託する「信託保全スキーム」を導入しています。

また、会社の健全性を表す指標となる自己資本規制比率においても高い水準を維持しているため安心して取引をすることができます。

まとめ

このようなことから外為オンラインとは、

  • 話題のiサイクル2取引を行っていること
  • 使いやすいこと
  • デモ口座があること
  • 豊富なコンテンツがあること
  • 安心できる取引環境があること

の5点が非常に魅力的なFXプラットフォームということができます。

次はスプレッドなどの基本スペックについてみていきましょう。

外為オンラインの基本スペック

本項では基本的な機能の「スプレッド」や「対応通貨」などについて解説をしていきます。

スプレッド

外為オンラインとは?メリットデメリットの徹底解説

(参照:スプレッド|FX(外国為替)|外為オンライン)

外為オンラインは、スプレッドに強みを持っていないのが現状です。

外為オンラインでは、ドル円のスプレッドは0.9銭ですが、SBI FXトレードでは、ドル円のスプレッドは0.1銭です。

そのため、スキャルピング取引をする場合には、SBI FXトレードなどほかのFX プラットフォームを使うことがお勧めです。

通貨ペア

上のスプレッド対応図からわかるように、対応通貨は「英ポンド」、「ユーロ」をはじめとした主要通貨しかほぼなく、マイナー通貨は「南アフリカランド」しか対応していません。

そのため、マイナー通貨などいろいろな通貨でトレードをしたい人にはお勧めすることができません

次にこれらを鑑みたメリットデメリットを見ていきましょう。

外為オンラインのメリット

自動売買ツールが充実している

上述したように外為オンラインでは、自動売買ツールが充実しています。

そのため、自動売買トレードを挑戦したい人にはメリットだらけのFXプラットフォームになっています。

安心できるセミナー

こちらも先ほど記載したように、FXブロードネットでは初心者から上級者までに適した多彩なセミナーやニュースを提供しています。

このことから、ファンダメンタル分析には非常に適しているFXプラットフォームであるということができます。

初心者に向いている

初心者には、デモ口座があることやセミナーが開かれていることから非常に向いています。

外為オンラインのデメリット

スプレッドが高く通貨ペアが少ない

先ほども述べたように、スプレッドが他社と比較して高く、さらに通貨ペアが少ないです。

そのため、短期間のトレードで小さな利鞘を積み重ねるスキャルピング取引には残念ながら向いていないFXプラットフォームです。

自動トレードを行う際の必要資金が高い

外為オンラインとは?メリットデメリットの徹底解説

(参照:外為オンライン iサイクル2取引™がさらに使いやすくバージョンアップのお知らせ)

自動トレードで特にマトリクス方式を行う場合には上の図のように必要資金が非常に多くなります。

このようなことから、マトリクス方式で自動売買を運用する際には注意が必要です。

アプリの使い勝手が悪い

アプリの評価は非常に低く、外為オンラインの評価はiPhone版で、☆1.6となっています。

不具合については、外為オンラインがメンテナンス中にもかかわらず適切に通知されなかったり、すぐにアプリが落ちてしまうといった不具合があるようです。

また、機能面でもiサイクル2がアプリ内では使えないためアプリの利用価値は低いです。

しかし、チャートの通知機能がついているため、相場の急激な変化などは知ることができます。使い勝手が悪い中でもうまく使っていきましょう。

どのような人にお勧め

このようなことから、スキャルピングトレードではなく長期運用や、自動売買トレードを行いたい人にはお勧めすることができます。

なぜなら、前述したようにスプレッドが高い一方で、EAのプラットフォームやセミナー、アナリスト分析などが充実しているからです。

そのため、中長期的なトレードでスプレッドを上回るような利鞘を獲得していくように心がけましょう。

まとめ

外為オンラインは「話題のiサイクル2取引を行っていること」、「使いやすいこと」、「デモ口座があること」、「豊富なコンテンツがあること」、「安心できる取引環境があること」の5点が非常に魅力的なFXプラットフォームであるということができます。

一方で、他社と比較して、スプレッドが高かったり、取り扱い通貨が少なかったりするため、スキャルピングトレードには向いていない仕様となっています。

また、アプリには不具合が多くアプリケーションが落ちたり、EAが使えなかったりするため、相場の急変を知らせてくれる通知機能を使うくらいにとどめておきましょう。

このようなことから、外為オンラインは長期運用や自動売買トレードを行うように心がけ、弱点であるスプレッドを上回るようなトレードを行うにしていきましょう。