Ginco(ギンコ)の特徴や使い方|仮想通貨ウォレットアプリ【XRP(リップル)に対応!】

ginco ギンコ

 

ノガミ
ノガミ
国産のモバイルウォレットがあるの?

「Ginco(ギンコ)」というモバイルウォレットをご存知でしょうか?

  • ハードウェアウォレットは少し高くて手が出せない…。
  • でも取引所に保管しておくのは不安だ…。

というあなたにぴったりのウォレットがGinco(ギンコ)です。

日本初の仮想通貨ウォレットであり、スマホアプリのウォレットです。

今回は、モバイルウォレット「Ginco(ギンコ)」の特徴や使い方を説明します!

今回の記事の概要

仮想通貨を安全に保有したい人に絶対読んでほしい!

▼この記事でわかること

  • Ginco(ギンコ)が使えば安全に仮想通貨を保有できる!
  • Ginco(ギンコ)の特徴・使うメリット・使い方がわかる!
  • 国内で人気のXRP(リップル)にも対応!

Ginco(ギンコ)はアプリをダウンロード&インストールするだけで使えるモバイルウォレットです。

もちろん無料で使うことができますよ。

▼ダウンロードはコチラから

Ginco - 仮想通貨ウォレット
Ginco – 仮想通貨ウォレット
開発元:Ginco Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

※現在、iOS版のみインストール可能です。android版は近日中にリリース予定です。

Ginco(ギンコ)って?モバイルウォレットって?

Gincoは2017年12月にできたベンチャー企業がリリースしているアプリになります。

今までのウォレットアプリは海外のものが多く、基本的には英語で記載されていて使いにくさがありました。

そんな中、このGinco(ギンコ)は使いやすさと安全なセキュリティを持つ「日本人の為のウォレットアプリ」と言っても言い過ぎではありません。

ではさっそくGinco(ギンコ)の特徴を見ていきましょう!

Ginco(ギンコ)の特徴

  • 高水準のセキュリティ
  • シンプルで直感的な操作ができる使いやすさ
  • 多くのアルトコインに対応
  • エアドロップで仮想通貨がもらえる

Gincoの特徴①:高水準のセキュリティ

仮想通貨のウォレットを使う最大の理由が、「セキュリティ」面であると思います。

スマホアプリというと、常にネットワークにつながっている状態でリスクが高いと捉えられがちですが、Ginco(ギンコ)は違います。

Ginco(ギンコ)はクライアント型ウォレットという保管方法をしています。

クライアント型ウォレットをざっくり説明すると、自分のスマホからしかアクセスできない形式を取っているということです。

つまり、保管している仮想通貨のコントロール権はすべて使っている本人にしかなく、ハッキングによる盗難のリスクが低くなります。

さらに、クライアント型方式にプラスして独自の暗号通信をしていて、外部からの不正アクセスを遮断しています。

このようなセキュリティ対策を行っており、より高い安全性を確保しているのです。

かなり安全面には気を配っている印象でとても安心して使うことができますよ。

Gincoの特徴②:シンプルで直感的な操作ができる使いやすさ

ginco ギンコ

Ginco(ギンコ)の使いやすさは抜群で、触ってすぐにカンタンに操作できます。

まさに「説明書いらず」ですね。

▼実際のアプリ画面

この画面からもわかるかと思いますが、非常に洗練されたデザインですね。

さらに、国産ウォレットだけあってもちろん日本語対応。

他のウォレットは基本的には英語で、使いにくさを感じる部分がありますが、Ginco(ギンコ)ではそのような問題はまったくありません。

日本人がつくった日本人の為のウォレットです。

Gincoの特徴③:多くのアルトコインに対応、XRP追加!

Ginco(ギンコ)は多くのアルトコインに対応しています。

2018年8月時点で、その数15種類。

ETHBTCBCHLTCXRPREP
DAODGDOMGZRXKNCZIL
ZLASNTMANA

2018年8月に国内で超人気のXRP(リップル)が対応しました!

今までXRP(リップル)が保管できる使いやすいウォレットはあまりなかったので、今回の対応は非常に嬉しいですね〜!

※ただし、XRPを使えるように有効化するには20XRP必要。

Ginco(ギンコ)の仕様ではなくXRP(リップル)の特性によるものです。

まずは自分の持っている通貨で試しに使ってみてもいいですね。

今後も対応通貨を増やしていくとの方針なので、まだ保有している通貨が対応していない方も今後に期待しましょう!

Ginco - 仮想通貨ウォレット
Ginco – 仮想通貨ウォレット
開発元:Ginco Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

Ginco(ギンコ)の特徴④:エアドロップで仮想通貨がもらえる

Ginco(ギンコ)は不定期ですが、エアドロップを行っています。

過去にもエアドロップを行っていて、ぼくも実際にエアドロップに参加して無料で仮想通貨をもらうことができました!

関連記事:Ginco(ギンコ)がライトコインを無料配布!6/23までだから急げー!!

今後も取扱通貨に追加されたXRP(リップル)のエアドロップを準備しているとのこと。

エアドロップを受け取るだけでも導入する価値があるので、この機会にぜひインストールしましょう!

Ginco - 仮想通貨ウォレット
Ginco – 仮想通貨ウォレット
開発元:Ginco Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

エアドロップとは?

ざっくり言うと、無料で仮想通貨がもらえる!!

Gincoのデメリット

  • 秘密鍵やバックアップはすべて自己管理
  • スマホでしか使えない
  • android版がまだない

これは安全面とは引き換えにはなるんですが、秘密鍵やバックアップはすべて使用している本人による自己責任になります。

これは仮想通貨に関わる以上しょうがない部分ですし、これができなければ仮想通貨と関わっていくのは厳しいと思います…。

さらにメリットの裏返しでスマホアプリでしか使うことができません。

PCで使いたい場合は、ハードウェアウォレットなど他のウォレットを使うしかないですね。

関連記事:ハードウェアウォレットは必要か? ( Ledger Nano S・Trezor比較)

android版は近日中にリリース予定とのことなので期待して待ちましょう!

Gincoの評判

やっぱりXRP(リップル)の対応は嬉しいですね!

国産ウォレットの強みでもありますね!日本人にはGinco(ギンコ)があってます。笑

 

これ、洗練されたデザインからくる希望ですよね。笑

確かに全部入れてくなる…!!

まとめ:Gincoまずはインストールを

ginco ギンコ

今回はGinco (ギンコ)の特徴を紹介しました。

国産ウォレットでモバイルウォレットの決定版ですね〜!

ぶっちゃけ、Ginco(ギンコ)を使う予定がなくてもインストールさえしておけばエアドロップで仮想通貨がもらえるので損はありません。

ぼくももちろんエアドロップをゲットしています!

そろそろXRP(リップル)のエアドロップもありそうなので早めにどうぞ。

Ginco - 仮想通貨ウォレット
Ginco – 仮想通貨ウォレット
開発元:Ginco Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

セキュリティ対策の始め方

セキュリティ対策を行うにあたり、二段階認証の重要性から複数のメールアドレスの使い分け、おすすめのウォレットを記事にしています。

この記事を見て、しっかりセキュリティ対策をしよう思った方は参考にしてみてください。

1.セキュリティ対策の基本

セキュリティ対策、基本のキ。最低限のセキュリティ対策を紹介しています。

 

2.アカウント用メールアドレスを複数用意する方法

取引所のアカウント登録用メールアドレスを効率的に使い分ける方法を説明しています。

 

3.おすすめハードウェアウォレットの比較

ハードウェアウォレットが必要な人はどんな人か、おすすめハードウェアウォレットも比較・紹介しています。

 

 

ABOUT ME
ノガミ@1000万円資産運用中
資産運用を初心者にもわかりやすく解説しています。

元駄菓子屋ラガーマンという異色の経歴の持ち主
>>元駄菓子屋ラガーマンがなぜ30代運用男子になったのか!?

コチラの記事も読まれています