アルトコイン

HTトークン(フオビトークン)が高騰する理由。特徴・評判や買い方も解説!

ノガミ
ノガミ
取引所トークンが盛り上がってるね〜!Huobiのトークンはあるの?

取引所トークンといえば、国内ではZaifのZaifトークン、海外取引所ではBinanceのBNBトークンが有名です。

Huobi(フオビ)にも独自トークン「HT(Huobi Token)」があります。

HTは価格が高騰し注目を集めています。

そこで今回は、

  • 特徴
  • 評判
  • 買い方(購入方法)

を解説していきます。

調べていくと、HTが今後も高騰する理由がありました〜!

HTトークンとは?

 

通貨名Huobi Token(フオビトークン)
通貨単位HT
最終発行枚数5,000,000,000
現在発行枚数2,330,000,000

HT(フオビトークン)は海外取引所Huobi(フオビ)の独自トークンです。

Huobi(フオビ)は現在1日平均取引高は、なんと2000億円を超え、

OKex、Binanceに次ぐ、世界第3位の取引高がある取引所です。

世界第3位の取引量を誇る取引所の独自トークン。これだけで有望銘柄ですねw

では、その特徴を見ていきましょう。

HTトークンの特徴

HTトークンは以下の特徴があります。

  • Huobiの手数料が割り引かれる
  • Huobiの新規上場銘柄の投票券がある
  • 四半期ごとに買い戻される

HTを使うとHuobiの手数料が最大50%オフ


HTトークンを使用すると使用すると最大50%オフとなります。

バイナンスのBNBも同様な機能を持っています。

ただし、バイナンスと違うのは、HTトークンを使ってVIPにならなくてはいけないこと。

手数料を割引きさせるのは少しハードルが高いですね…。

HTが上場投票の投票券として使える

こちらもBinenceのBNBと同様ですね。

新規上場を決める投票のときの投票券として使用できます。

四半期ごとにHTの買い戻しが行われる

Huobi(フオビー)では四半期毎に利益の20%でHTトークンの買い戻しがあります。

買い戻したHTは、ユーザーを保護するための保護基金にプールされます。

買い戻しを行われたHTは、結果的に流通量が減るので希少性が増し、価値の上昇につながります。

HTトークンのチャート

直近では、史上最高値を更新しています。

仮想通貨全体の時価総額が低下している現状でも、順調過ぎるほどの右肩上がりです。

いや、強すぎw

ぶっちゃけ言うと、少し落ちてきてほしい(買ってない

ちなみに他取引所トークンは?

ちょっと気になったので、他の取引所トークンのチャートも見てましょう。

バイナンス:BNB

えぇ…。

強い。

バイナンスコイン(BNB)は2017年7月にICOされ、現在価格では数百倍に…。

OKEX:OKB

強すぎ w

HTトークンの買い方

最後にHTトークンの買い方を説明します。

HTトークンが買える取引所はもちろん、Huobi(フオビ)

Huobi(フオビ)にアクセスしてメールアドレス・パスワード等を入力すれば登録完了です。

国内取引所と違い、登録自体はぶっちゃけ3分以内に終わります。

 

【Huobi】登録はコチラから

 

 Huobi(フオビ)の登録方法を画像付きで解説

 

「海外の取引所って…」と不安な方向けにこちらの記事でHuobi(フオビ)の登録方法を解説しています。

→Huobiの登録方法を画像付きで解説」

Huobiは日本円で取引できないので、国内取引所でビットコインやイーサリアムなどにして送金します。

今はビットコインの送金手数料が高いのでイーサリアムで送金することをおすすめします。

送金後はトップページから「HT」で検索。

HT/USDT、HT/BTC、HT/ETHペアがあります。

あとは送金したビットコインやイーサリアムに応じて、ペアを選択し、HTを買うべし!

というわけでHTトークンの紹介でした!

ノガミ
ノガミ
取引所トークン間違いないよね?

 

バイナンスのBNBや、OKEXのOKBもそうですが、取引所トークンが最強な気がしてきました…。

今はかなり高騰してしまいましたが、次落ちてきたタイミングで仕込みたいですね〜!

 

以上、HTトークン(Huobi Token)が高騰する理由。特徴・評判や買い方も解説!…でしたっ!

 

 

ツイッターで資産運用について発信中!