ビットコイン

次々と日本企業がマイニング事業に参入!日本の仮想通貨が盛り上がる!

日本企業がマイニング事業に参入します!

これって日本が注目されるから、多くの日本人が仮想通貨に投資し、

JPYマネーが流れ込み、ビットコイン上がる!ってお話です。

GMO・DMM・SBIと日本企業がマイニングに参入

先週、GMOとDMMがマイニング事業に参入とのニュースがありました。

GMOのマイニング事業参画、その理由と意義は | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース
「マイニングで勝つために、半導体チップを開発しないといけないと思ったのです」 9月13日、GMOインターネット代表取締役会長兼社長の熊谷正寿氏は質疑者に対しそう答えた。 GMOのマイニング事業参入だけでもインパクトがあるニュースだが、その上、ビットコインのマイニング専用ASICの開発と拡販にも乗り出した。北欧にマイニングセンターを立ち上げ、消費電力を3分の1に抑える。ASICの核になる半導体プロセスは、世界中のファウンドリが量産体制に入っていない「7nm」(ナノメートル)が採用されている。 同社の発表によれば、マイニングASIC(半導体チップ)の単体性能は以下のとおりだ。 単体性能: 10TH/s(テラハッシュ/秒) 体積: 競合製品の20分の1 消費電力: 500W(競合製品の2倍の消費電力効率) 48V直流給電方式 国内生産・製造 16x35mの小さなスペースで500PH/sを叩き出す。 56%消費電力減 2018年上半期のローンチを予定しているマイニングセンターにはASICを50,000台を投入する予定で、ハッシュレート換算では500PH/s(現在のシェアでは6.3%相当)を目指す計画だ。事業投資額は、マイニングASICの研究開発とマイニングセンターの設営で100億円を試算している。ASICの試作品は、早ければ2018年の初めに完成すると熊谷氏は語った。 気になるのはASICの開発を請け負う「日本国内のパートナー」だが、会見の場でその名前は明かされなかった。とはいえ市場に存在しない7nmの半導体プロセスに対応し、既に試作段階に入れる国内企業は限られる。 熊谷氏によれば、2年ほど前から仮想通貨事業への参入を計画し研究していたとのこと。マイニング事業への参入を決断したのも、「今しかない」と思ったからだ。 2年前から研究しており、特許を出したり、研究成果を公表したこともある。昨年には仮想通貨関連事業のための新会社(GMOコイン)も設立した。マイニングへの参入は慎重に研究した結果、「今しかない」と思ったからだ。場所も見つかり、ボードの開発目処もたった。マイニング事業は究極的には、シンプル過ぎる業態なので、場所とチップを抑えれば負けはないだろう。
仮想通貨のマイニング事業、DMM.comも参入 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース
9月8日、さまざまな事業を手がける株式会社DMM.comが、マイニングファームを設立することがわかった。 声明によれば、同社は9月8日に仮想通貨事業部を発足、10月より試験的に「DMMマイニングファーム」を運営し、今年度末までに「DMM POOL」を全世界に公開する。 「国内事業者では他に類を見ない大規模なジャパンクオリティのマイニングファームを運営します」と、同社は声明の中で述べた。「将来的には世界のマイニングファームのトップ3に入る規模での運営を計画しています。」 同社の計画では、仮想通貨における世界有数のマイニングファームを目指すとともに、2018年内の上位10社入りを目指すとのこと。ビットコインのデータ統計サイトbitcoinityによれば、現在、ビットコインにおいては上位10社が全体の85%を占めており、5~6%のシェアを獲得(300ペタハッシュ/秒)すれば10位内に入る。 現段階においては、どの仮想通貨のマイニングが行われるかは明かされていない。9月7日には、GMOインターネット株式会社もマイニング事業に参加するとし、ASICの製造・販売も行うと発表している。 DMMプレスリリース

今週になって、SBIの仮想通貨戦略が公開され、マイニングへの参加の記載がありました。

(すでに関連会社であるSBI Crypto20178月に設立されてるっぽい。)

その前にマイニングとは

詳しくはこのへんでかくにん!

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】
採掘(マイニング)とは何か、ビットコインは採掘(マイニング)で無限に生み出されるのか、採掘(マイニング)されたビットコインは誰が管理しているのか、ビットコインの採掘(マイニング)について解説します。

すごく、すごくかんたんにすると、ビットコインの生成(新規承認)をすること!

(生成自体はPCで膨大な計算を行います。)

その計算が一番最初にできた人には、報酬をあげるよ。って感じですね。

今のマイニングの状況

出典:Blockchain.info

※AntPool、BTC.TOP、BTC.com、F2Pool、BTCC Pool、ViaBTC、Bixinが中国のマイナー

現在は、マイニングの大半は中国のマイナーによって行われています。

なので、中国のマイナーには、大きな影響力があると言われています。

事実、世界で最も多くのビットコインを採掘しているアントプール(AntPool)のCEOであるジーハン・ウーは、725日に11月のハードフォーク(Segwit2x)についてネット放送で発言したことが原因(と思われる)で、一時ビットコイン価格が大きく下落しています。

今後の予想

昨日の記事で書いたとおり、今後、中国の仮想通貨へのアクセス禁止(マイニング規制)が進むとなると、

中国でマイニングができなくなる

       ↓

日本企業のマイニングが注目される

       ↓

多くの人が仮想通貨へ興味を持ち投資をはじめる

       ↓

日本での仮想通貨が更に盛り上がり、JPYマネーが流れ込む

       ↓

ビットコインの価格が上がる

(これは直近の話じゃなくて長期的な話ね)

ちなみにYahooのアンケート ↓

「仮想通貨の購入や利用に興味がありますか?」

90%の人はビットコインに興味がない・投資はしないと答えています。

この辺が動くことになれば、更に莫大な金が流れてくる

・・・仮想通貨はまだまだ市場拡大の余地あり!

ビットコインを買うなら

仮想通貨の初心者なら迷わずコインチェックをオススメします。 見やすいスマホアプリで1,000円から売買可能!ビットコイン、リップルやイーサリアムなどの購入に。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
₿ ビットコインFXなら ₿

▼ビットコインFXができる取引所ランキング

【BTCFXランキング】ビットコインFXができる取引所を比較!

【TOP3】ビットコインFXができるオススメ取引所をランキング形式で比較!|マネゴト
《すぐにわかるビットコインFX取引所ランキング》 ▼当サイトおすすめの取引所はコチラ! 【1位】BitMEX 

▼当ブログ一押しはBitMEX!レバ100倍なのに追証なし!

【BitMEX】評判・登録方法!レバ100倍なのに追証なしの取引所

【BitMEX(ビットメックス)】評判・登録方法!レバ100倍なのに追証なしの取引所|マネゴト
最大のメリットはなんといってもレバレッジ100倍!一発逆転を狙うならBitMEXがオススメです。 さらにハイレ

【BitMEX】勝つために絶対に抑えておくべき使い方

【BitMEX徹底解説】勝つために絶対に抑えておくべき使い方|マネゴト
前回の記事【BitMEX(ビットメックス)レバレッジ100倍】メリット・デメリット・評判まとめ!で 特徴・評判