初めての資産運用はウェルスナビ。その理由は

LENDEX(レンデックス)をレビューする【メリット・デメリット】

どうも!資産運用に1,000万円以上つっこんでいるノガミです。

投資初心者
投資初心者
レンデックスのレビューして!メリット・デメリットもあわせてね!
ノガミ
ノガミ
調べます!(最近風当たり強い…。)

こういった疑問に答えていきます。

今回の記事の内容
  • レンデックスは不動産特化のソーシャルレンディング
  • レンデックスのメリット・デメリット【比較も】
  • レンデックスの始め方【超カンタン】

本記事を書いているぼくはソーシャルレンディングで1年間100万円以上実際に運用してきました。その運用した経験や調べたことから今回はLENDEX(レンデックス)を解説していきます。

レンデックス特徴はなんといっても利回りの高さ!8%〜10%以上のファンドも存在します…!また1年以内の短期案件に特化しているのでとっつきやすくリスクも抑えられています。

そんなレンデックスの評判や口コミも含めてメリット・デメリットを解説していきます!

 

そもそもソーシャルレンディングって?

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい「借手(事業者)」にお金を貸し出したい「投資家」をマッチングするサービスです。

ソーシャルレンディングのメリットは以下の点です。

ソーシャルレンディングのメリット

  • お金を借りたい「借手(事業者)」は、事業に必要なお金を少ない金利でお金を借りられる
  • お金を貸し出したい「投資家」は、利回りの良い資産運用ができる

今回紹介しているレンデックス(ソーシャルレンディング事業者)は、借手と投資家をつなげる役目を果たしています。

レンデックスとは?

レンデックスは不動産に特化したソーシャルレンディング会社です。

結論から言うと、過去運用したすべての資金が貸し倒れ(元本割れ)はなく償還されています。

ですが、ソーシャルレンディングは投資の一種なので過去貸し倒れを起こしていなくとも今後も起こさないということは言えませんが、実績として残っているのは事実なので安心感はありますね。

レンデックスの魅力は高い利回りと短期ファンドという点。

レンデックスのメリット・デメリット

では、ここからメリット・デメリットについて見てましょう。

メリット

  • 8%〜10%の高利回り
  • 1年以内の短期ファンド中心
  • ファンドの多くで不動産を担保(東急リバブルの査定済み)

デメリット

  • 貸し倒れリスク(元本割れリスク)
  • 資金がロックされてしまう

メリット①:8%〜10%の高利回り

レンデックスの最大のメリットはなんといっても利回りの高さですね。

5%前後でも優秀ですが、レンデックスでは8%を超え10%以上になるファンドも存在します。

高利回りだからリスクもあるんじゃない?と思う方もいると思いますが、レンデックスは過去一度も元本割れを起こしたことがありません。

今後も元本割れの心配がないとは言えませんが、事実として実績がありますので安心しても大丈夫かと思います。

メリット②:1年以内の短期ファンド中心

レンデックスのファンドの多くは1年以内の短期ファンドになります。

短期ということはそれだけリスクを抑えることができますね!

また最低投資額は2万円から。

期間短めで少額で投資できるのでまず試しに始めてみたいといった方にもおすすめです…!

>>レンデックスの募集ファンドを見てみる

ファンドの多くで不動産を担保(東急リバブルの査定済み)

レンデックスはファンドの多くで不動産を担保にしています。

その担保不動産は東急リバブルが査定済みなので金額の信頼性を高める取り組みをしています。

担保が設定されているファンドでは、担保の査定価格の80%を上限にファンドを組成するとしています。

つまり、貸し倒れ(元本割れ)が起きた際も担保から回収するので、投資金の全額・一部が返却される可能性があるということになります。

もしものときでも最悪の結果(投資金が返ってこない)にはなりにくい仕組みです。

✔ 定番のソーシャルレンディング比較

  • クラウドバンク:+5%前後、短期ファンドあり
  • クラウドクレジット:+5%〜+10%、1年以上にファンド中心
  • オーナーズブック:+5%前後、1年以上のファンド中心

デメリット①:貸し倒れリスク(元本割れリスク)

貸し倒れが発生した際は、ソーシャルレンディング事業者が返済を肩代わりすることはありません。

このリスクはすべて投資家が追うものになります。

デメリット②:資金がロックされてしまう

投資期間中は資金がロックされてしまい、投資期間中は資金を引き出すことはできません。

ただ、ソーシャルレンディングは基本的には投資期間が決まっているので計算はしやすいですね。

さらにレンデックスは短期案件がメインなのでこの辺はうまくやれば大丈夫かなと思います。

 

レンデックス:Q&A【よくある質問に解答】

よくある質問に答えます。

  • 手数料はいくらかかるの?
  • 税金はどうするの?

手数料はいくらかかるの?

手数料はすべて無料です。

※レンデックスに入金する際の振込手数料は自己負担です。

税金はどうするの?

普通のサラリーマンなどは利益が20万円を超えたら雑所得として確定申告が必要です。

※雑所得とは

雑所得=利益-経費

本業以外のソーシャルレンディングやアフィリエイト収入などの複業で得た所得も含みます。

つまり、副収入で20万円の利益を超えなければ確定申告は必要ありません。

詳しくは「ソーシャルレンディングの税金って?確定申告は必要?」をご覧ください。

レンデックスの始め方3ステップ

ここまでの記事を読んで実際にレンデックスを始めてみたい!と思った方はここから進めていきましょう。

▼レンデックスを始める流れ

公式サイトにアクセス後、順に進めていけば完了です。

 

特に難しいところはなく、5分程度でサクッと手続きできます。

無事に審査が完了すれば、数日後にクラウドバンクから「口座開設審査完了」の手紙が郵送で届きます。

受け取れば口座開設完了です!

まとめ:レンデックスは短期で高利回り

いかがでしたか?

レンデックスは高利回りでありながら、短期でいて担保もあるのでリスクは抑えられたソーシャルレンディングになります。

安定した投資としてソーシャルレンディングをリスクヘッジの一部として運用するとポートフォリオの安定感が増しますね

無料で登録できるので始めてみましょう!

 

 

ABOUT ME
30代運用男子ノガミ
資産運用を初心者にもわかりやすく解説しています。

元駄菓子屋ラガーマンという異色の経歴の持ち主
>>元駄菓子屋ラガーマンがなぜ30代運用男子になったのか!?

↓↓↓最新の更新情報を配信

follow us in feedly

コチラの記事も読まれています