初めての資産運用はウェルスナビ。その理由は

レバレッジの使い方!レバレッジ投資を紹介【少額で利益最大化も可能】

どうも!資産運用に1,000万円以上つっこんで身銭を切って検証しているノガミです。

投資初心者
投資初心者
積立投資もいいけどまったりしてるし、もっと効率よく投資したいな〜。
ノガミ
ノガミ
そんなときはレバレッジをかけて少ない投資額で大きく利益を出そう!

ロボアドバイザーをはじめとした積立投資は、安定した利益が期待できるんですが、利幅はマイルドでだんだんと変化が欲しくなってくるんですよね。

さらに現物のみの取引なので、どうしても元本を大きくしないとリターン額が少なくなってしまいます。

そんな方に向けて今回は、レバレッジをかけて少ない資金で効率よくできる投資を紹介します。

今回の記事の概要

レバレッジをかけて効率よく投資したいあなたに絶対に読んでほしい!

  • この記事のポイントは?

レバレッジをかける理由、レバレッジ投資を紹介

  • この記事を読んで得することは?

レバレッジ投資と現物の違い、使い方がわかります。

効率よく資金をまわしたい方はぜひ参考にしてみてください。

レバレッジ投資って?

レバレッジ取引では、大きな金額で取引をすることが可能です。

自分の元手を証拠金として、数倍~数百倍の金額で取引できます。これをレバレッジといいます。

レバレッジをかけると、少ない元手でも大きな金額の取引ができます。

何倍で取引できるかは取引所によって異なり、通常レバレッジ○○倍といった言い方をします。

レバレッジ10倍の場合

自分の元手(証拠金)=10万円

10万円×10倍=100万円

つまり、100万円までの取引が可能です。

レバレッジをかけると自分の元手以上の大きな金額で取引することができるため、うまく使えば多くの利益を得ることができますよ。

レバレッジ投資:現物取引との違い(比較)

現物取引とレバレッジ取引を比較します。

  • 少額でも大きく利益を出すことができる
  • 売り(ショート)でも利益を出すことができる
  • 追証・強制ロスカットがある

少額でも大きく利益を出すことができる

現物取引では自分の元手までの取引しかできませんが、レバレッジ取引では自分の元手以上の取引することが可能です。

先程の例で説明してみます。

原資10万円:ドル/円(100円)と仮定

  • 現物取引の場合:1000通貨までポジションを持つことができる
  • レバレッジ10倍の場合:1万通貨までポジションを持つことができる

→ 価格が1円上昇して101円になった場合

  • 現物取引:1,001,000円となり、+1,000円の利益
  • レバレッジ10倍の場合:1,010,000円となり、+10,000円の利益

つまり、レバレッジをかけることで、現物取引よりも多くの利益を出すことができます。

特に、自分の元手が少ない方にとっては大きく利益を出すことができる手段のひとつです。

売り(ショート)でも利益を出すことができる

レバレッジ取引の大きな特徴のひとつとして、売り(ショート)ポジションを持つことができます。

価格が落ちることを予想して売り(ショート)でポジションを持って、実際に価格が落ちれば利益を得ることができます。

下落トレンドでも売り(ショート)をすれば利益を出すことでできるのです。

特にショートの使い方は重要で、現物保有時のリスクヘッジにも使えます。

下記の記事は仮想通貨を題材にしていますが、どの商品でも同じことが言えます。

あわせて読みたい
仮想通貨暴落・下落時の対策。ショートを使ってリスクヘッジ【仮想通貨FX(ビットコインFX)】どうも!資産運用に1,000万円以上つっこんでいるノガミです。 皆さん暴落時はどのように過ごしていますか? ...

追証・強制ロスカットがある

レバレッジ取引は証拠金取引になるので、追証制度・ロスカット制度が存在します。

現物取引では、いくら価格が下がったとしても保有している枚数が変わることはありません。

レバレッジ取引では、「強制ロスカット」があり決められた証拠金維持率を下回った場合、強制的に保有しているポジションが決済され、損失が確定してしまいます。

レバレッジ10倍かけていた場合、10倍の利益が出せる反面、10倍の損失になってしまう場合もあります。

そのためには、自分の資金管理・リスク管理が大事で、ハイレバレッジで取引しない・なんでもかんでもポジションを持たないなど、慣れと経験が必要です。

レバレッジ投資をポートフォリオの一部に

レバレッジをかけると自分の資産以上のポジションを持つことができるので、効率的に運用することができます。

ですが、資産すべてをレバレッジ投資にするのはリスクが高めです。

なので、自分のポートフォリオの一部(ぼくは構成比30%くらい)がいいと思っています。

そうすると、他の投資でリスクを抑えつつ、レバレッジ投資で資産を最大化することができるかもしれません。

実際に運用しているレバレッジ取引

レバレッジをかけても、リスクは低い投資法

  • トライオートETF(自動売買ETF)
  • トライオートFX・トラリピ(自動売買FX)

個人の判断で低レバレッジでもハイレバレッジにもできる

  • ビットコインFX

 

トライオートETF(自動売買ETF)

レバレッジをかけて積極的にリターンを求めるなら、自動売買ETFのトライオートETFがおすすめです。

すでに実績がある自動売買プログラムを選ぶだけで運用できます。

▼自動売買プログラム

原資40万円で2ヶ月運用して、利益は+4万円!

基本的に上昇相場にあわせてつくられた自動売買プログラムなので、上昇相場ではガンガン利益を生み出します。

逆に、為替FXのように売りから入ることはないので、下落相場では含み損が膨らんでしまうというデメリットもあります。

ただし、トライオートETFは推奨している証拠金で運用していれば、リーマンショック級の暴落がない限りロスカットされることはないでしょう。

そのようなリスクがありながらも、このリターンは非常に魅力的です。

>>【徹底解説】トライオートETFとは? 特徴・評判・リスクなどまとめてみた

トライオートFX(自動売買FX)

レバレッジ投資の代名詞「為替FX」です。

為替FXですが、自動で運用してくれる自動売買FXになります。

自動売買FXは設定さえしてしまえば、あとは放置OK。

トライオートFXでは、すでに設定が完了している優秀な自動売買プログラムがあるのでそれを選ぶだけ。

▼自動売買プログラム

50万円あれば、「1ヶ月で2万円程度」お金が増えていきます。

>>【ブログで検証】トライオートFXの特徴・評判・デメリットを徹底解説!運用実績も公開!


>>【検証】トラリピとは? 評判・設定・リスクなど。ブログで実績公開中!

ビットコイン(仮想通貨)FX

ハイリスク・ハイリターンですね!

今話題の仮想通貨「ビットコインやアルトコイン」にレバレッジをかけて取引をします。

そもそもの値動きが大きいところに、さらにレバレッジをかけて取引しますのでリスク管理は要注意です。

為替FXでは規制がかかっているレバレッジですが、仮想通貨ではまだ規制がかかっていないので、国内でも最大レバレッジ25倍、海外では100倍のレバレッジがかけられる取引所も存在します。

▼今までの成績

2017年は、100万円から1,000万円で10倍!

 

2018年は、 300万円以上焼かれていますw

ビットコインFXは、主にBitMEX(ビットメックス)で取引しています。

\今なら取引手数料6ヶ月間10%オフです/

>>BitMEX(ビットメックス)評判・登録方法・使い方【日本語対応・初心者向け!】

 

アルトコインでFXをするなら今話題のCryptoGT(クリプトGT)がおすすめです。

現物を証拠金にしてトレードできるので下落トレンド中のリスクヘッジにも使えます。

>>CryptoGT(クリプトGT)評判・使い方・登録方法【仮想通貨FX(ビットコインFX)取引所】

まとめ:レバレッジ投資をして効率的に資産を増やそう

今回はレバレッジ投資の考え方と投資を紹介しました。

しっかりとした考え方とリスク管理を行えば、レバレッジ投資はポートフォリオのスパイスとなり、大きなリターンも期待できます。

さらには現物保有のリスクヘッジにも使えますので、この機会にレバレッジ投資を覚えてみてください。

今回紹介したレバレッジ投資

 

【2018】10万円から始める資産運用

初めての資産運用に一番おすすめしてるのはロボアドバイザーなんですが、2018年の今、ロボアドバイザー以外にもおすすめできる投資法が多くあります…!

当記事では初心者がはじめるおすすめの資産運用10選として解説しています。

どの投資法もぼくが実際に運用した結果もすべて公開しつつ検証しています。

ロボアドバイザーとともに参考にしてみてください!

>>【2018年】10万円から始める初心者におすすめの資産運用10選

 

 

ABOUT ME
30代運用男子ノガミ
資産運用を初心者にもわかりやすく解説しています。

元駄菓子屋ラガーマンという異色の経歴の持ち主
>>元駄菓子屋ラガーマンがなぜ30代運用男子になったのか!?

↓↓↓最新の更新情報を配信

follow us in feedly

コチラの記事も読まれています