ラッキーバンク事件まとめ!遅延・元本毀損一覧とこれまでの経緯【償還見込みなし】

投資初心者
投資初心者
ラッキーバンクってなにか事件があったの!?詳しく教えて!
のがたか
のがたか
まとめます!

どうも!30代運用男子!!のがたかです。

本記事の内容:

  • ラッキーバンクの事件とは?
  • 事件の時系列〜遅延件数
  • ラッキーバンクの今後の展開

2019年1月、ソーシャルレンディングで人気だったラッキーバンクが不正貸付で出資者たちから訴えられました。

親族会社への不正、債権の売却で2億7,000万円の賠償を求める訴訟です。

高い利回りと毎月の分配金、数万円からの少額投資でメディアにも取り上げられていましたが、2019年9月現在は事実上の廃業状態にあります。

ソーシャルレンディングには出資者を守るルールはあるものの、投資である以上危険はつきものです。

ラッキーバンクのケースを詳しく見ていきましょう。

事件の経緯

高い利回りでとくに人気だったラッキーバンク。

新しいファンドが発表されるたびに、早い者勝ちで枠が埋まっていきました。

設立からわずか4年で150億円の資金が集まるほどやり手だったのです。

しかし、問題が露呈しはじめたのは2018年3月。

  • ファンドの貸付先が代表取締役の親族の会社ばかりだった
  • 経営不振の会社の貸付審査で資産・売上を水増しして審査を通過させた
  • 担保である不動産の査定が正しくない

証券取引等監視委員会から業務改善命令を受けました。

実績や担保を審査して、見合った金額を投資するのが当然ですが、投資先と運営会社がタッグを組んでは出資者はひとたまりもありませんね。

業務改善命令から2ヶ月後、ラッキーバンクのファンドすべてで遅延になりました。

その後、債権回収会社へ債権を譲渡しましたが、元本の3割程度しかお金は戻ってきませんでした。

この債権は49億円あり、本来ならば競売にかけるなどして少しでも多く回収します。

しかし、ラッキーバンクはそれも行わずに、3分の1の約16億円で売却しました。

複数の会社を検討するのではなく、1社にあっという間に売却したのです。

おそらく売却先も親族会社なのでしょう。

出資者45人が2億7,000万円の賠償金を求める訴訟を起こしました。

ラッキーバンクは2019年3月に2度目の業務改善命令を受け、今は完全に停止しています。

▼事件の経緯

2014年5月ラッキーバンク・インベストメント株式会社 設立
2014年12月ラッキーバンク サービス開始
利回りの高さと担保付で注目を集める
2018年2月証券取引等監視委員会がラッキーバンクに業務改善命令をだす
2018年3月出資者らに説明会を開く
2018年5月すべてのファンドで遅延を発表
2018年12月債権回収会社へ債権を3分の1で譲渡
2019年1月出資者ら45人がラッキーバンク・インベストメントらを提訴
2019年3月関東財務局が第二種金融商品取引業の登録取り消し処分
→事実上の廃業

現在の元本毀損額・遅延件数

累計調達資金15,529,450,000円
状 況件 数金 額
運用中3件96,620,000円
終 了521件10,505,920,000円
放棄(分配元本金額)298件4,926,910,000円(1,592,068,844円)

約50億円が放棄されている事実……投資は元本割れすることは珍しくありませんが、運営会社もグルでおこなっているには悪質ですね。

 

これまでの状況・今後の展開

ラッキーバンクを運営しているラッキーバンク・インベストは2014年に設立しており、同年にソーシャルレンディング事業を開始。

わずか4年で150億円の資金を集めるまでに成長しました。

商標名ラッキーバンク
運営会社ラッキーバンク・インベストメント株式会社
所在地東京都中央区八重洲一丁目1番3号 壽ビル9階
代表者代表取締役  田中 翔平
設 立2014年5月1日
資本金2億3,100万円
事業内容ソーシャルレンディング事業
電話番号03-6262-3477
サービス開始2014年12月

募集したファンドの多くは高金利。中には10%を超える案件も存在しました。

銀行では金利がつかない状況での利回り10%は魅力的だったのは事実。

▼募集していたファンド

人気が出た理由がわかります。

それぞれのファンドは厳しい審査を受けて、さらに担保として不動産物件を用意しています。

2段構えの安全策だったはずですが、親族会社にはズブズブ。

2018年:経営不振にも関わらず親族会社の審査を通し、親族会社の担保の不動産価値を水増しした

2019年:債権を3分の1の価格で売却

投資初心者
投資初心者
これはひどいね…。

問題が露呈した2018年、発覚から2か月が経過した時点ですべてのファンドの支払いが遅延。

それから債権を譲渡するまでに「あおい法律事務所」がラッキーバンクの訴訟の説明会を行いますが、問い合わせが殺到で1週間ほどで締め切られました。

第二種金融商品取引業の資格はソーシャルレンディングをやるうえでは欠かせないもの。

現在は、それが登録取り消しになり廃業状態となっています。

償還の見込みは…ほぼない

今後の運営が絶望的である以上、最後の希望は債権の売却でした。

しかし、ラッキーバンクは3分の1の安値で手放し、残りは貸し倒れとなりました。

のがたか
のがたか
運営会社たちの利益を最優先とした取引…がこの結果です。

出資者に戻ってくるお金も3分の1になりました。

出資者の45人が損害賠償請求訴訟を起こしたのは2019年1月、それ以降、目立った動きはありません。

裁判となっても、かけたお金の大半は戻ってこない可能性が高いです…。

 

現在は停止中

すでにソーシャルレンディングに必要な金融商品取引業の登録を取り消されており、ソーシャルレンディングは廃業状態です。

これは、トラストレンディングを運営していたエーアイトラストに続いて2社目。

ソーシャルレンディングの性質上、取引の細部を出資者が確認することはできません。

投資の知識はなくても、信頼たる運営会社を見極めることが重要ですね。

すずめのなみだ程度の分配金…頼みの綱であった債権売却も3分の1で売却されたので、出資者に戻ってくるお金も3分の1に目減りしています。

3分の2の損失は許せません。

みんなのクレジットとラッキーバンクで損を出しても、他のソーシャルレンディングに投資する勇者もいます。

たしかに別の会社であり、真面目に運営しているところの方が多いです。

 

まとめ:ラッキーバンク事件

投資した資金の大半を失う事態となったラッキーバンク事件。

ソーシャルレンディングのすべてが危険というわけではありませんが、ひとりの投資家として無視のできない事件でした。

出資者の中には裁判を起こしたくとも着手金が用意できずに、泣き寝入りを覚悟している人も……。

ソーシャルレンディングは今まで投資に興味がなかった人でもかんたんにできるほど手軽です。

運営会社も借入人も共に増えていくことが考えられます。

日本国内だけでなく、将来的には海外の案件を取り扱うところも出てくることでしょう。

高い利回りと担保だけでなく、投資先の安全性と公平性、経営者のことも調べた上で投資をすることをおすすめします。

 

おすすめソーシャルレンディング会社を紹介

本記事では、危険なソーシャルレンディング会社、ラッキーバンクを紹介しました。

下記記事では一定の安心感があるおすすめのソーシャルレンディング会社を紹介しています。

投資初心者
投資初心者
はめ込まれないためにもぜひ確認してくださいね!

実際に運用した実績や調べた内容から「特に質が高く、コスト面・サービス面でも優秀なソーシャルレンディング会社」をランキング形式で紹介しています。
ソーシャルレンディングは会社選びが超重要。過去に元本割れがない会社を選んでいます。

>>この記事を読む

 資産運用初心者におすすめの投資5選

POINT


右も左もわからない投資
初心者にやさしく解説!

ほったらかしでOK!運用したらやることなし!

当サイトが厳選しておすすめする投資5選を紹介

 

\ マンガの続きを読む /

 

自動売買FX限定キャンペーン中!

 

のがたか
のがたか
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
感想や質問、お気付きの点などがあれば、下のコメント欄、LINE@Twitterからお気軽にご連絡ください!

\SNSでシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

関連記事を読んでみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。