【2019】ロボアドバイザーおすすめランキング5選!メリット・デメリットも徹底解説

【2019】5社を徹底比較!ロボアドバイザーおすすめランキング
投資初心者
投資初心者
ロボアドバイザーって結局どれからはじめればいいの?いろいろ多くてよくわかんない…。おすすめ順になってると超わかりやすいんだけどな…
のがたか
のがたか
まとめてみよう!

どうも!30代運用男子!!のがたかです。そんな疑問に答えていきます。

ロボアドバイザーを運用した実績や調べた内容から「特に質が高く、コスト面・サービス面でも優秀なロボアドバイザー」を目的・特徴別のランキング形式にしてまとめています。

「とにかく実績がいいもの」という人もいれば、「とりあえず試しに低予算で始めてみたい」のように、目的・好み・重視するポイントが異なるため、人によって最適なロボアドバイザーは当然違ってくるかと思います。

それでもよくわからんという方は総合ランキングから見てください。

この記事は3分あれば読めますので、1日のうち3分だけ本記事にお付き合いくださいm(__)m

前提条件

ロボアドバイザーには、2つの種類があります。

ロボアドバイザー2つの種類

  • 自分に合った運用方法を提案のみしてくれる「アドバイス型」
  • 提案に加えて自動で売買を行なってくれる「運用一任型」

今回紹介しているランキングでは、運用一任型のみを紹介しています。

投資初心者
投資初心者
なんで運用一任型だけなの?
のがたか
のがたか
アドバイス型は結局自分で買ったりリバランスしたりしなきゃいけないんだよ!

ロボアドバイザーは投資初心者や忙しい方にぜひ使ったもらいたい資産運用なので、アドバイス型だと結局自分で買ったりをしなければいけません。

普段多忙で投資を行うことができない方は、運用一任型ロボアドバイザーを活用することで、手間を比較的かけずに資産運用することができるので、今回は投資一任型を中心にロボアドバイザーを紹介しています。

投資初心者
投資初心者
なるほど〜!初心者の私はアドバイスだけされてもよくわかんないし〜!投資一任型がいいね!

 

おすすめロボアドバイザーランキング5選

まずは、運用実績・コスト面やサービスなどあらゆる側面から判断して、

「これは本当に自信を持ってオススメできる!」と思うロボアドバイザーをランキングで紹介します。

第1位 ウェルスナビ

ロボアドバイザー ウェルスナビ

おすすめPOINT

  • 預かり資産1,000億円を超えたロボアドバイザー業界のトップ
  • 運用実績やコスト面の対応も抜群
  • ウェルスナビだけの長期割」「DeTAX(税金自動最適化)」があり最終的に自分の手元に残るお金を多くする仕組みがある

総合ランキング第1位は文句なしのWealthNavi(ウェルスナビ)です。

ウェルスナビはロボアドバイザー業界でNO.1のシェアと実績を誇るロボアドバイザー。

ロボアドバイザー業界で初の長期運用者に対する割引制度や、自動で税金を最適化してくれて最終的に手元に残るお金を増やしてくれる仕組みも備わっています。

運用実績はまったく問題なしで、好パフォーマンスが期待できます。

2018年8月に預かり資産1,000億円を達成し業界のトップを走っています。

900億円から1,000億円までは約1ヶ月の期間で達成…!

ウェルスナビ熱が超あがってますね!

>>WealthNavi(ウェルスナビ)に投資して30ヶ月経過【評判・実績をブログで解説!】

ウェルスナビ(Wealthnavi)メリット・デメリット・評判!実績も公開
ウェルスナビ(Wealthnavi)評判・メリット・デメリット!!32ヶ月の運用実績公開 ウェルスナビを運用して2年以上経ちますが、驚きました。正直、ここまで楽に資産運用ができるとは…。 デメリットもあり...

ウェルスナビの詳細

  • 過去1年運用実績: 6.7%(リスク許容度5)
  • 利用手数料: 3000万円まで1%/3000万円を超える部分は0.5%
  • 実質手数料: 0.5%〜0.7%
  • 最低運用資産:10万円
  • 特徴:長期割やDeTAX機能によって実質手数料が下がる仕組み

第2位 THEO(テオ)

おすすめPOINT

  • 体験人数38万人、満足90%を超えるウェルスナビと並ぶロボアドバイザーの大手
  • 1万円からお手軽に始められ、運用実績も抜群
  • dポイントが貯まる!使える!

THEO(テオ)の特徴は好パフォーマンスの運用実績に加え、1万円から始められるお手軽さ。

直近では、手数料割引制度や税金自動最適化制度がリリースされウェルスナビを追随しています…!

まず試しにロボアドバイザーを始めてみたい・コスト抑えたいという方はTHEO(テオ)がおすすめです。

テオの公式サイトは洗練されたデザインで本気度を感じます。

また、スマホアプリももちろんリリース済み。出先でも運用結果が確認できたりとロボアドバイザー専門会社としてバツグンのサービス体制です…!

>>THEO(テオ)レビュー!運用実績も公開 | メリット・デメリット・評判

THEO(テオ)の運用実績公開 !メリット・デメリット・評判まとめ
THEO(テオ)17ヶ月目の運用実績公開 !メリット・デメリット・評判まとめ THEO(テオ)を含めてロボアドバイザーを運用していますが、驚愕の連続です。 その理由、本当になにもすることがなく...

THEO(テオ)の詳細

  • 過去1年運用実績: 8.03%(リスク許容度5)
  • 利用手数料: 1%
  • 最低運用資産:1万円
  • 特徴:1万円から好パフォーマンスのロボアドバイザーを手軽に始められる

第3位 楽ラップ(楽天証券)

ロボアドバイザー 楽ラップ

おすすめPOINT

  • 年率1%未満の手数料でありながら、運用実績もウェルスナビに次ぐ成績
  • TVT機能という損失リスクを限定的にする独自のサービスがある
  • 証券会社が運用しているので安心感あり

楽ラップは今勢いのある楽天証券が展開するロボアドバイザーです。

他のロボアドバイザーが手数料1%で展開する中、楽ラップは年率1%未満という低コストで運用ができます。

さらに証券会社が展開しているので、なにかとかゆいところに手が届くサービスで、リバランス状況や運用状況を随時更新しているので安心して運用できます。

TVT機能は相場下落時のショックを和らげる、つまり損失リスクを限定的にしてくれる機能です。

ロボアドバイザーは基本的に安定を求める方が多く、理にかなった機能ですね。

また楽天証券は楽天スーパーポイントで投資ができたりと、証券会社としてもかなり使い勝手がいいのでとりあえず登録しておいて損はありません。

>>楽ラップは楽天証券のロボアド!メリット・デメリット【実績もすべて公開!】

楽ラップは楽天証券のロボアド!メリット・デメリット【実績もすべて公開!】 楽ラップのこういった疑問にお答えします。 本記事の内容: 楽ラップをはじめてみようか悩んでいる方向け...

楽ラップの詳細

  • 過去1年運用実績:9.09%(運用コース「1000900」)
  • 利用手数料: 0.702%(固定報酬型)
  • ファンド費用:0.288%
  • 実質手数料:0.989%(ファンド運用状況等で1%を超える場合もある)
  • 最低運用資産:10万円
  • 特徴:下落時のショックを和らげるTVT機能でリスクを抑える

第4位 LINEスマート投資 ワンコイン投資

LINEスマート投資の新サービス、ワンコイン投資

おすすめPOINT

  • LINE上から手軽に500円で積立投資ができる
  • カンタンなステップで運用開始!複雑な設定はありません
  • ほったらかしでOK

ワンコイン投資は1日500円から積み立て投資が可能なサービスです。

積み立て金額は1日500円から、500円単位で積立金額を設定可能。

積み立て頻度は週1回お手軽プラン・週5回平日プラン・週7回毎日プランから選べます。

積み立て時に口座への入金は不要で、LINE Pay残高、もしくはLINE Payに登録した銀行口座から、翌月初めに積み立て額が引き落とされる。

LINEではじめるワンコイン投資

※無料で登録。5分程度で完了します。   

>>LINEワンコイン投資メリット・デメリット【500円からはじめる投資】

LINEワンコイン投資のメリット・デメリット【500円からはじめる投資】 どうも!30代運用男子!!のがたかです。 LINEから超カンタンに手軽に500円から投資ができるサービス「ワンコイ...

ワンコイン投資の詳細

  • 利用手数料: 1%(2020年4月30日まで無料!)
  • 最低運用資産:500円
  • 特徴:債権比率高めの安全性が高いとポートフォリオ

第5位 FOLIO(フォリオ)

おすすめPOINT

  • ウェルスナビとほぼ同様のアルゴリズムで問題なし!
  • ロボアドバイザー以外にテーマ投資という独自のサービスが展開!

第5位はFOLIO(フォリオ)のおまかせ投資です。

ロボアドバイザーとしての機能は上位のウェルスナビやテオを同様で問題ありません。

FOLIO(フォリオ)の現在の大きな特徴は、ロボアドバイザーではなく、テーマ投資と言われる投資です。

テーマ型投資は近年注目されている投資法で、テーマに沿った複数の企業に少額から投資できる注目のサービスです。

ワンクリック・少額から投資できるので、超初心者にはぴったりです。

>>【FOLIO(フォリオ)のロボアド】おまかせ投資を徹底解説!

【FOLIO(フォリオ)のロボアド】おまかせ投資を徹底解説!運用するならテーマ型投資でOK どうも!30代運用男子!!のがたかです。 こんな疑問に答えます。 本記事の内容: これからFOLI...

 

イチオシ!おすすめは「ウェルスナビ」

ウェルスナビがおすすめな3つの理由

  • ローリスク・少額から始められる!
  • 忙しい方にはぴったり!全自動で運用
  • 他のロボアドバイザーになないコスト削減(長期割・DeTAX)

ロボアドバイザーランキングでもっともおすすめだったのは、ロボアドバイザーのウェルスナビという結果になりました!

忙しい方・これから資産運用を始める方にはぴったりの全自動、ローリスク、そして少額から始められる点がポイントです。

さらに他のロボアドバイザーにはない、コスト削減の取り組みがあり、業界No.1の実力をみせています…!

長期的に運用することでリスク・リターンともに安定してきますので、早めの投資がおすすめです。

登録は無料。はじめようと思った今がチャンスです…!

現在期間限定キャンペーン中!はじめるなら今!

※初心者でも手軽に投資が可能。無料で口座開設できます。

 

ロボアドバイザーを気軽に:機能・サービス比較

初心者でもカンタンに、気軽にサービスが使えるかどうかを比較します。

スマホアプリがあってケータイでも使いやすいか、積立サービスは自動になっているか、税金(確定申告)は必要かどうかの使いやすさを比較しています。

初心者にとって使いやすいかどうかも判断材料のひとつです。

自動積立スマホアプリ確定申告有無
ウェルスナビ
THEO(テオ)
楽ラップ
ワンコイン投資
FOLIO

ウェルスナビとTHEO(テオ)はロボアドバイザーのみをサービスとしている独立系の運営会社なので使いやすさの面では間違いないです!。

楽ラップはスマホアプリはありませんが、サイト画面の使いやすいなどは抜群です。アプリなくともブラウザでアクセスできますしね…!

ワンコイン投資はLINE上で運用できるのでスマホとの親和性は抜群です‥!

 

もしもロボアドバイザー選びで迷ったら

もし、「結局どれが自分に向いているのかわからない!」と迷ってしまったら、まずはこのランキングに載っている中から、気になったロボアドバイザーの口座を開設してみましょう!

今回紹介しているロボアドバイザーは、どれを選んでもそこまで問題はないですね。安心しましょう…!

無料で口座開設できるので、登録してみて実際にロボアドバイザーをさわって判断してください。口座開設後、口座維持料等はかかりませんので特に使わなくてもOKです。

※ぼくも他のロボアドバイザーを特に使わずに放置してるところありますよ…笑

いくら評判の良いロボアドバイザーであっても、自分に合うかどうかは実施に確かめてみないとわからないので、まずは百聞は一見に如かずでロボアドバイザーをさわってみてください。

 

運用実績にこだわりたい・ロボアドバイザーランキング

ここからは特長・タイプ別のロボアドバイザーランキングを見ていきましょう!

まずは、運用実績が高いロボアドバイザーランキングを紹介します。

TOP3ともなるとそこまで差はありませんが、その中でも特に運用実績のいいロボアドバイザーを紹介します。

とにかく結果を残したいという方はぜひこのランキングを参考にしてください。

(2018年9月時点)

第1位 楽ラップ(楽天証券)

ロボアドバイザー 楽ラップ

過去の運用実績

  • 過去1年:+9.09%
  • 過去1ヶ月:+2.23%
  • 最低実績(過去6ヶ月):-1.73%
  • 設定来:32.41%

運用実績NO.1は楽ラップ!

+5%以上でも十分な実績ですが、楽ラップは驚異の+9.09%を記録しています。

100万円が1年間で109万9000円になっていることになります。

楽ラップが運用を開始してからの設定来実績は驚異の32%超え!恐ろしい実績ですね…!

第2位 THEO(テオ)

過去実績

  • 過去1年:+8.03%
  • 過去1ヶ月:+2.89%
  • 最低実績(過去6ヶ月):-0.22%
  • 設定来:30.93%

楽ラップと比較すると見劣りしてしまいますが、それでも+8%を超えていて十分な実績です…!

特に注目すべきは、最低実績が-0.22%とマイナス幅をかなり抑えている点。

損失リスクを抑えながらも高いパフォーマンスを維持しているのでバランスがいいですね。

テオはウェルスナビ・楽ラップの最低投資額が10万円なのに対し、1万円から始められるのでまずお試しで始めてみたい方にはとてもおすすめです。

第3位 ウェルスナビ

ロボアドバイザー ウェルスナビ

過去実績

  • 過去1年:+6.70%
  • 過去1ヶ月:+2.90%
  • 最低実績(過去6ヶ月):-2.00%
  • 設定来:30.40%

高い評価のウェルスナビは運用実績も十分です。

過去1年では+6.70%で、ひとつの基準である+5%以上は確保できています。

ウェルスナビは運用結果だけを見ると楽ラップやテオには劣りますが、DeTAX機能や長期割)によって最終的に手元にお金が残る仕組みが備わっています。

 

最低投資額が低いロボアドバイザー

続いて、最低投資額ランキングTOP3を発表します。

✔ 最低投資額とは?

ロボアドバイザーで運用を始めるのに最低必要な金額

最低投資額を満たしていないと運用が開始されない

ロボアドバイザーに興味があるけど、そもそも投資できるお金があまりないし…まずはお試しで始めてみて良かったら追加投資したいという方向けのランキングです。

最低投資額が低いからと言っても運用実績はまったく問題ありませんよ。

LINEスマート投資 ワンコイン投資

LINEスマート投資の新サービス、ワンコイン投資
  • LINE上から手軽に500円で積立投資ができる
  • 債権比率高めのリスクを抑えたポートフォリオ

ワンコイン投資は1日500円から積み立て投資が可能なサービスです。

積み立て金額は1日500円から、500円単位で積立金額を設定可能。業界最安値水準で運用可能です。

ワンコイン投資はフォリオのプラットフォーム&運用はフォリオが行っています。(そのためフォリオの口座登録が必要なんですね)れる。

マネラップ(MSV LIFE)(マネックス証券)

  • 最低投資額は、業界最低”1,000円”から始められる
  • これまでの最高運用実績は12.74%と他ロボアドバイザーと同水準

マネラップ(MSV LIFE)はマネックス証券が2016年から展開するロボアドバイザーです。2018年3月には運用受託残高が344億円を突破しています。

最低投資額はなんと1,000円から!

スタバのコーヒー2杯分でロボアドバイザーに投資できます。

1,000円なら気軽にロボアドバイザーをお試しすることができますね〜。

ロボアドバイザーがどんなものか、とりあえずさわってみたいという方にはピッタリです。

マネラップの運用は、マネックス・セゾン・バンガード投資顧問というマネックス証券とクレディセゾン、バンガード・グループのが共同出資した資産運用の専門会社が運用しています。

ざっくりいうと、投資の超プロが運用しているということで信頼感がありますよ。

マネラップの詳細

利用手数料: 1%未満
最低運用資産:1,000円
特徴:マネックス証券が手がける1,000円から始めるロボアドバイザー

THEO(テオ)

  • 最低投資額、“1万円”から始められる本格派ロボアドバイザー
  • 運用実績・サービス・手数料も問題なし

業界トップのウェルスナビとテオでロボアドバイザー2大巨頭とも言われており、実力(実績・サービス・ツール面)で問題なし。

そんなテオは1万円から始めることができます…!

1万円からお試しで、安心してロボアドバイザーを始めることができます…!

 

お得にコスパよく運用できるロボアドバイザー

お得に・コスパよく運用できるロボアドバイザーです。

お得・コスパ良くとは、特に手数料が安いロボアドバイザーを中心に、割引制度があるか、キャンペーンはあるかとコスト面を総合的に見て判断したTOP3となっています。

コストは極力抑え、ランニングコストをあまりかけずに運用したいは必見です。

ウェルスナビ

  • 手数料は1%と他のロボアドバイザーと同水準だが、長期割の対象になると最大0.9%まで手数料が抑えられる
  • ウェルスナビだけのDeTAX(税金自動最適化)のおかげで実質0.5%程度
  • 頻繁に手数料がキャッシュバックされるキャンペーンを行っている

ウェルスナビの手数料は1%です。

ロボアドバイザーの中では同水準ですが、業界で唯一の長期運用者の手数料を割引する「長期割」があります。

条件はありますが、最終的には手数料0.9%に割引されます…!

さらに、ロボアドバイザーではウェルスナビにしかない機能「DeTAX(税金自動最適化)のおかげで年間0.4~0.6%程度の負担減となるとのこと。

つまり実質手数料は0.5%前後まで安くなります…!

キャンペーンも頻繁に行っており、現在は手数料1ヶ月分キャッシュバック・最大5,000円キャッシュバックなどキャンペーン中です。

もっともお得に始められるのがウェルスナビです。

THEO(テオ)

  • 手数料割引で最大0.65%まで引き下げ可能
  • 税金自動最適化も新たに搭載!

2019年に、手数料割引制度や税金自動最適化制度がリリースされウェルスナビを追随しています…!

投資額と積立によって最大0.65%まで手数料を抑えることができます。

またウェルスナビと同様に、税金自動最適化のおかげで負担減となるとのこと。

 

そもそもロボアドバイザーって?【カンタンに説明】

ここからは、そもそもロボアドバイザーってなに?というところからロボアドバイザーの種類など概要と特徴を見ていきます。

ロボアドバイザーの仕組み

投資初心者
投資初心者
そもそもロボアドバイザーってなに?
のがたか
のがたか
カンタンに言うと、ロボットが全自動で資産運用してくれるサービスだよ

ロボアドバイザーは最適なポートフォリオを自動で作成し、状況が変わったときには自動的にリバランスもしてくれるサービスです。

現在の主流は投資一任型と呼ばれるロボアドバイザーで、入金さえすれば購入からリバランスまですべて自動で運用を行ってくれます。

皆さんは投資経験はありますか?

投資した経験がある方はわかると思いますが、人には感情があり、人の感情が投資判断の邪魔をして誤った投資をしてしまうことがよくあります。

特に投資初心者の方に多いです。(慌てて買ってしまったり、利確タイミングを逃したり…。)

そのような投資判断に邪魔な感情をなくし、過去の値動きなどを踏まえて自動で最適な運用をしてくれるのがロボアドバイザーなのです。

こんな方におすすめ

資産運用に興味はあるが始め方がわからないし、うまく投資できるか不安

お試しで少額からはじめてみたい

忙しくて投資先や運用プランを考える時間がない

業界最大手のWealthNavi(ウェルスナビ)は預かり資産1,000億円突破しました。

しかも900億円から1000億円までは約1ヶ月で達成…!

ロボアドバイザー人気がかなり高まっています!

ロボアドバイザーの種類:アドバイス型と投資一任型

ロボアドバイザーには2種類の大きな仕組みの違いがあります。

この画像でカンタンに説明します。

  • メンテナンス型・・・運用提案まで行ってくれる。買付けやリバランスは自分で行う必要がある。手間はかかるがメリットしては手数料が安い。
  • 投資一任型・・・運用提案から買付けやリバランスまですべて行ってくれる。

✔ アドバイス型

アドバイス型とは、投資に関するアドバイスのみを行うロボアドバイザーです。

簡単な質問に答えると、ロボアドバイザーが自動的にあなたに適した運用方針や投資銘柄を選んでくれます。

その後のファンドの購入や運用は自分で行う必要があります。

その点、手数料が低く、100円から始めることもできます。

アドバイス型のロボアドバイザー

  • 投信工房(松井証券)
  • SBIファンドロボ
  • SMART FOLIO(スマートフォリオ)など

✔ 投資一任型

投資一任型はアドバイス型の運用方針や投資銘柄を選んでくれる+運用からリバランスまですべてを行ってくれます。

つまり、入金さえすれば運用からすべて自動で行ってくれます。

現在の主流は、この投資一任型となっており、これから始める方にはぜひ投資一任型をおすすめしたいです。

アドバイス型は、結局購入などは自分でしなくてはいけないので少しハードルが高いです。

その点、投資一任型はすべて自動なので本当に自分ですることがありません。

これが投資初心者におすすめする理由なのです。

投資一任型の主なロボアドバイザー

デメリットとしてはアドバイス型と比較して手数料が少し高いといった点がありますが、手間を考えたら安いと思います。

投資一任型とアドバイス型の違いを比較

投資初心者
投資初心者
なんとなくわかったけど、アドバイス型と投資一任型の違いってなに?メリットあるの?
のがたか
のがたか
比較して説明します!

アドバイス型と投資一任型には違いがあり、まずは以下の表をご覧ください。

アドバイス型投資一任型
運用プランの選定
購入(買い付け) ○ 
メンテナンス(リバランス) ○ 
手数料0.5%以下1%前後
最低投資額100円から1,000円から

運用プランの選定はどちらも違いはありませんね。

次からは違いについて詳細に見ていきましょう。

購入(買い付け)・リバランスは、自動か・自分でやるか

まず大きな違いのひとつが購入やリバランスは、「自動でやってくれるか、自分でやるか」という点です。

アドバイス型では、ポートフォリオの提案まではしてくれますが、その後の購入やリバランスは自分でしなければなりません…。

急な相場変動に対応するリバランスなどは投資初心者にとってはなかなか難しいですよね?そういった相場を読み取って購入・売却をする必要がアドバイス型では必要です。

その点投資一任型では、購入からリバランスまですべての作業を自動で行ってくれますので、基本的に入金さえすればほったらしで運用できます。

ほったらかしで運用できるというロボアドバイザーの利点がアドバイス型では活かすことができないのです…!

この理由でロボアドバイザー初心者には投資一任型をおすすめしています。

手数料はアドバイス型の方が安い

先ほどの説明から、アドバイス型はポートフォリオ提案までなので当たり前ですが投資一任型より手数料は安くなります。

一般的に0.5%以下の手数料体系となっています。

投資一任型では1%前後。

とはいえ、完全自動で買付け・リバランスもやってくれると考えると妥当な手数料と思います。

さらに「手数料を割引する制度」や「税金を最適化する仕組み」(ウェルスナビ)によって手数料を下げることもできます。

なので、投資一任型で運用できるならアドバイス型よりも高い手数料もまったく問題ないと言えますね。

最低投資額もアドバイス型の方が低く始められる

最低投資額もアドバイス型の方が少額から始められます。

✔ 最低投資額とは?

ロボアドバイザーで運用を始めるのに最低必要な金額

最低投資額を満たしていないと運用が開始されない

アドバイス型では、なんと100円から始められますので、ほんとに気軽にできますね!

ですが、100円を投資したところで2倍のリターンが得られたとしても200円。

これでは投資の旨味がありません。

なので、もしロボアドバイザーを手軽に試してみたいといった方には有利ですが、リターンもそれなりに得たいという方は10万円以上で始めたいところ。

10万円あれば、投資一任型のすべてのロボアドバイザーが運用できますよ。

 

ロボアドバイザーのメリット・デメリット

続いて、ロボアドバイザーのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

  • 超安定&ローリスク
  • ほったらかしで運用できる
  • カンタンな質問に答えるだけで運用できる

デメリット

  • 損失する可能性がある
  • 手数料が少し高い

メリット①:超安定&ローリスク

投資にはリスクがつきものです。リスクが大きければそれに見合ったリターンが得られますが、マイナスになる可能性も高いということ。

その点、ロボアドバイザーは世界分散投資で、自動でリバランスしてくれるので非常にリスクは低くなっています。

状況に応じてポートフォリオの現金比率を増やし、含み損にならないような対応もしてくれます。

リスクを抑えながらも、過去25年のシミュレーションを見てみると、そのまま貯金していた場合と比較して約2.4倍の成績となりリターンも期待できます。

メリット②:ほったからしで運用できる

ロボアドバイザーが自動で運用してくれるということは、つまり、自分で投資先を選んだり買ったり、リバランスをする必要がありません。

会社員の方は、日中は会社に出社しなかなかトレードができない状況ですよね。

ロボアドバイザーは自動で運用してくれますので、特にやることはなくほったらかしで運用ができます。

いつも忙しいサラリーマンの方や主婦の方にはぴったりのサービスです。

メリット③:1万円から手軽に投資できる

以前は最低投資額がかなり割高でしたが、最近ではウェルスナビや楽ラップは10万円から始められます。

THEO(テオ)についてはなんと1万円から運用することができます。

運用初心者の方には、お手軽に投資できるのがありがたいですね。

メリット④:カンタンな質問に答えるだけで最適なポートフォリオができる

簡単な質問を通して自分用の最適なポートフォリオが作成されます。

質問結果から「リターン重視」や「リスク回避」などのパターンがあり、リターン重視なら株式の比率が高くなったり、リスク回避なら債権の比率が高くなったりと最適なポートフォリオにしてくれます。

各社の運用実績を見ると一番実績がいいのはやはり「リターン重視」のポートフォリオですね。

デメリット①:元本割れする可能性がある

これは投資をしている以上ずっとつきまといます。ロボアドバイザーだけでなくすべての投資でリスクはあるものです。

短期的に小規模なマイナスはあったりします。

ロボアドバイザーは基本的に長期運用となるので最終的にプラスになっていればよく、短期的なマイナスは気にする必要はないですよ。

運用開始した時期によってマイナスになることがあるかもしれませんが、マイナスになったとしても一喜一憂することはなく淡々と積み立てていきましょう。

デメリット②:手数料が少し高い

どのロボアドバイザーも手数料はだいたい1%程度。

自分でETF等で運用すれば0.3〜0.5%くらいには抑えられます…。

ただし、自分で運用した場合はリバランスや買い増しなど自分で管理しなければいけいのでほったらかしにすることはできません。

ロボアドバイザーは、手数料が高い分、完全ほったらかしOKです。

自分でリバランスしたり…。と考えると安いですよ。

1億以上運用していたら、1%の手数料もバカにならない金額になると思いますが、数十万円単位なら数千円レベルです。

自分で運用することを考えたら安いものだと思っています。

✔ 追記

ウェルスナビで長期運用者を割引するサービス「長期割」がスタートしました。

条件はありますが最大0.1%の割引、つまり手数料0.9%で運用することができます。

成長を続けるロボアドバイザー業界では、預かり資産の増えていることと業界内での競争で今後も手数料を割引くサービスは出てきそうですね…!

 

ロボアドバイザーQ&A:よくある質問に答えます

ここからはみみなさんが疑問に思うよくある質問に答えていきます。

✔ よくある質問

  • 税金てどうするの?
  • NISA口座ってつくれるの?

質問①:税金ってどうしたらいい?

投資初心者
投資初心者
税金とか確定申告ってどうするの?
のがたか
のがたか
すべて会社がやってくれます!

サラリーマンや主婦の方は利益が出たときの確定申告が不安な方もいるはずです。

その辺はだいたいのロボアドバイザーなら心配ありません。

口座開設(登録)するときに「特定口座(源泉徴収あり)」を選べば、すべてロボアドバイザーを運営している会社が税金の支払いまでやってくれるので、自分で確定申告をする必要はありません。

なお、税金は利益確定分の約20%かかると覚えておけばOKです。

NISA口座ってつくれるの?

投資初心者
投資初心者
どうせだから税金かからないNISAでやりたいんだけど?
のがたか
のがたか
残念なお知らせです…。

現状、証券会社が運用しているロボアドバイザーを含めNISA口座に対応しているところはありません。

残念ですがしょうがないので諦めましょう…。

…ちなみにiDeco(確定拠出年金)も使えません。

 

ロボアドバイザーの始め方【超カンタン】

ロボアドバイザーの始め方を紹介します。

多くのロボアドバイザーが下記の流れで始められますので、ざっくり覚えておいておきましょう。

画像はウェルスナビのものですが他社もほぼ同じです。

  1. 無料運用プラン診断
  2. 口座開設(オンラインで)
  3. 入金後、自動運用

※無料口座開設には下記の本人確認書類等が必要ですので事前に準備しておきましょう(アップロードして使います。)

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • マイナンバーがわかるもの
  • メールアドレス
  • 銀行口座

 

まとめ:ロボアドバイザーランキング【比較】

ロボアドバイザーをはじめてみよと思ってる方向けの記事でした。

ロボアドバイザーを始めるのは、この記事を読んだ”今”ですよ…!

今始めればまだ遅くはありません。まだまだ利益取れます。

無料登録なのでぜひこの機会に始めましょう!

…ちなみに各ロボアドバイザーの詳細をもう少し知りたい!という方は下記で詳細に解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

今回紹介したロボアドバイザーの詳細

今回紹介したロボアドバイザーの詳細を知りたい方は以下のリンク先で確認してみてください。

総合おすすめランキング

1位:ウェルスナビ:詳細 / 公式

2位:THEO(テオ):詳細 / 公式

3位:楽ラップ(楽天証券):詳細 / 公式

4位:LINE ワンコイン投資:詳細 / 公式

5位:FOLIO おまかせ投資:詳細 / 公式

 

 資産運用初心者におすすめの投資5選

POINT


右も左もわからない投資
初心者にやさしく解説!

ほったらかしでOK!運用したらやることなし!

当サイトが厳選しておすすめする投資5選を紹介

 

\ マンガの続きを読む /

はじめての自動売買FXはこちら!キャンペーン中!

アイネット証券当ブログ限定!Amazonギフト券ゲット!

>>詳細はこちら

マネースクエア当ブログ限定の攻略レポート配付中!

>>詳細はこちら

のがたか
のがたか
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
感想や質問、お気付きの点などがあれば、下のコメント欄、LINE@Twitterからお気軽にご連絡ください!

\SNSでシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。