仮想通貨

【仮想通貨市況5月】BTC再び下落。今は壮大なレンジ相場なのか

《すぐにわかる仮想通貨取引所ランキング》

▼当サイトおすすめの取引所はコチラ!

【1位】bitFlyer [世界有数の取引量を誇る国内取引所] 

【2位】bitbank   [高いセキュリティで安心感抜群]

【3位】QUOINEX [国内で唯一QASHの取り扱い]

▼詳細はコチラの記事をご覧ください。

【仮想通貨取引所ランキング】オススメの取引所を比較!

5月前半ではビットコインが108万円を超えてきたものの、再度下落をはじめ80万円前半を推移している状況ですね。

ただし、いったんの底をついたという声も上がってきましたね。

仮想通貨市況①:ビットコイン価格推移

4月に72万円が底となってからトレンド転換したものの、108万円を天井として再度下落。

一時70万円台になりましたが、現在は82万円程度。

ここ数日は青いライン、2017年9月の下落からのサポートライン付近で粘っているという印象です。

ここが崩れてしまうと大きく下落になる可能性もありそうです。

そんな中でも、RSIが上昇傾向です、

ただし、オシレーター系の指標は完全に無視することが過去の傾向としてありますので参考程度に。

これ、壮大なレンジ相場なんじゃないかとも思えますね。

あ、同じこと思ってる人いました。

仮想通貨市況②:仮想通貨全体

仮想通貨時価総額の全体は、一度は復調傾向にあったものの再度資金が抜けつつあります。

なにか、インパクトのある材料がないとこのままヨコヨコを続けていくんじゃないかというものにも見えてしまいます…。

ビットコインドミナンス

ビットコインの割合は38%となっており、先月とほぼ変わりはありませんね。

逆にOTHERSが5月をピークに下落しています。

いわゆる草コインから資金が抜けている状況です。

草コインから資金が抜けてもビットコインドミナンスがあがってこない状況とは、、、

仮想通貨からの資金流出感が拭えないですね。

未承認取引

先月よりも減少しています。

1月のアルトコイン祭りのときは20万くらい未承認取引があったので、それに比べたら全然です。

ビットコイン出来高

約85%をUSDとJPYが占めています。

韓国ウォンは元気がないですね〜。

過去ビットコインが最高値をだした頃は韓国勢がとても勢いがありましたからね。

国内の状況

BTCBOX、QUOINE、 Zaif、bitFlyerがほぼ同量の出来高ですね。

この4取引所が肩を並べるのは珍しいですが、

まーそもそも全体の出来高が少なくなってきてるってのはあります。

twitterの雰囲気

SBIVCが始動しましたね!

まだ開設前なのに期待感がすごいですね〜!

のにこの発表は…つらみ

https://twitter.com/bakuagecoin/status/1001576089708183552

今年は淡々と実需が増してくる年になりそうですね。

海外取引所はおもしろい動きをしています。

HuobiとOKEXで、数種の仮装通貨のインデックス投資商品が発表されました。

もちろんBinenceも追随してくるんじゃないですかね。

国内取引所にはない、取り組みを海外取引所は積極的に実施しています!

ぼくも超注目していますよ。

あわせて読みたい
【Huobi】仮想通貨インデックス投資商品HB10予約開始!限定だから急げ〜! 本日(6/1 10:00〜)から海外取引所Huobi(フオビ)がHB10の予約を開始しています。 さくっと内容をまとめまし...

 

以上、「【仮想通貨市況5月】BTC再び下落。今は壮大なレンジ相場なのか」でした!

 

ツイッターで資産運用について発信中!