【2018】ソーシャルレンディングおすすめランキング5選【初心者向け】

《すぐにわかるソーシャルレンディングおすすめベスト3!》

▼当サイトおすすめはコチラ!

【1位】クラウドバンク [ファンド豊富!初心者にも使いやすい!]

【2位】オーナーズブック [不動産担保付きで安心!]

【3位】クラウドクレジット [利回り+10%超えの海外投資が可能!]

 

どうも!資産運用に1,000万円以上つっこんでいるノガミです。

投資初心者
投資初心者
ソーシャルレンディングはじめたいんだけどどこの会社がいいんだろ…??
ノガミ
ノガミ
よーし!ランキング形式で発表するよ!

今回はこのような疑問に答えていきます。

ソーシャルレンディングをはじめたい!と思っても、最近はソーシャルレンディング会社が一気に増え、ネットを見ても10社以上を紹介しているところがほとんど。

・数が多すぎてどこの会社からはじめていいかわからない!!

・ほんとうにその会社で大丈夫?

・実際に運用した結果がないから信頼できない…。

そこでそんな疑問にお答えするべく、実際に運用した3社+今注目の2社をランキング形式で紹介します。

今回の記事の概要

ソーシャルレンディングを始めようと思っているあなたに絶対に読んでほしい!

ソーシャルレンディング会社を比較してランキングで紹介しています!

今、始めるべきおすすめソーシャルレンディング会社がわかります!

本記事を書いているぼくは1年間100万円以上ソーシャルレンディングに投資をしてきました。

結論から言ってしまうとこの1年で元本割れ・遅延はどのソーシャルレンディング会社でもありませんでした…!

そんな実際に運用した結果と徹底的に調べて「本当におすすめできるソーシャルレンディング会社」を紹介していきます。

では、いきましょう!!

ソーシャルレンディングはなぜ会社選びが重要?

ここ1年くらいで一気に伸びてきているサービスで、その分多くの企業が参入しており、実際に運用できる会社は20社以上あります。

問題のある事業者を選んでしまうと、その時点でリスクが非常に高くなってしまいます。

事実、2017年には「みんなのクレジット」はいわゆる自転車操業を行なっていたとして行政処分を受けています。

参考:みんなのクレジット、投資家無視の「禁じ手」を実行か

投資金は3%程しか返却されませんでした…!

このようなリスクがないように、安心して運用ができるソーシャルレンディング会社で運用しましょう。

安心して運用ができるソーシャルレンディング会社の確認ポイントは以下の点です。

  • 過去元本割れがないか
  • 遅延はないか
  • もし遅延していたとしたらその後の対応はどうか(しっかり回収できているかどうか)

この辺はマストでのチェックが必要です。

 

ソーシャルレンディング会社を選ぶときのポイント

まずは、優良なソーシャルレンディング会社を選ぶ3つのポイントを把握しておきましょう。

ソーシャルレンディング会社を選ぶ3つのポイント

  • 安心感(過去、貸し倒れがないか)
  • ファンドの数(豊富な選択肢があるか)
  • 担保や保証があるか

※そもそもソーシャルレンディング自体よくわからん、もっと知りたいという方はコチラの記事「【基礎知識】ソーシャルレンディングで資産運用【特徴・評判・始め方】」で基礎知識を記事にしていますのでぜひご覧ください。

ポイント①:安心感(過去、貸し倒れがないか)

先ほどもお伝えしましたが、投資先の貸し倒れがないかはもっとも重要で必ず確認してください。

ベストは、過去一度も貸し倒れが起きていないこと会社がいいですね。

また、貸し倒れまでいかなくても遅延が起きることがあります。

遅延した場合でも、ちゃんとした案内があるのか、償還の見込みがあるのか公表しているソーシャルレンディング会社は少なからず安心できます。(本当は遅延もよくないですが…)

ポイント②:ファンドの数(豊富な選択肢があるか)

自分にあった投資先を選択する上で、投資先ファンドの選択肢が多いことも大事です。

今、全体として多いファンドは以下。

  • エネルギー(太陽光、風力、バイオマス発電など)
  • 不動産
  • 企業事業支援

ひとつのファンドに多額を投資してしまうのは、リスクの面から考えるとあまり良い状況ではありません。

投資ファンドを分散させてリスクを減らしていきましょう。

さらに利回りや投資期間も大事ですね。

特にソーシャルレンディング初心者は、始めのうちから長期間のファンドを運用するのではなく短期間のファンドで慣れておいたほうがいいと思います。

利回りは、全体として5%以上は目指していきたいところです。

ですが、あまりにも利回りが高いファンドは、その分リスクも高くなっているということなので、しっかり確認してから投資しましょう。

ポイント③:担保や保証があるか

ソーシャルレンディング会社を選ぶ時というより、ファンドを選ぶときに注目してほしいポイントです。

そのファンドに担保や保証がついていると万が一貸し倒れしたときにも、全額・一部返却される可能性があるので多少なりとも安心できます。

ただ、担保や保証があっても完璧ではないので投資した全額返ってくるとは思わないほうがいいですね…。

では、おすすめソーシャルレンディング会社を見ていきましょう!

第1位 Crowd Bank(クラウドバンク)

クラウドバンク
総合評価
安心感
ファンドの種類
おすすめPOINT
  • 短期・長期幅広くファンドが展開
  • 投資先も多く分散可能
  • ドル建て海外投資が可能になり、さらに便利に

運営開始から4年以上経っても、元本割れは「0」で安心できるソーシャルレンディング会社です。

とても洗練されたデザインで、募集画面や管理画面も迷うことなく使うことができます。 

全体的にファンドは多く、他の事業者にはあまりない「期間の短いファンド」が豊富です。

期間が短くとも利回りは、5%以上でとても優秀なソーシャルレンディング会社です。

募集中のファンドでも、5%は余裕で超えてきますね。

ソーシャルレンディングの業者ってなぜかとても使いづらいサイトなんですが、クラウドバンクは、非常に洗練されたデザインで直感的に操作できるので初心者にもおすすめです。

ファンドの種類も多く、分散投資も可能なクラウドバンクが文句なしのおすすめ1位です。

クラウドバンクは実際に1年間運用しています。詳しくは「クラウドバンクで85万円を1年間投資した結果!ブログで実績公開【評判・口コミ】」で解説しています。

運用した所感としては、かなり安心感はありますね。毎月の分配金も期日までにしっかり入金されていますし、バツグンに使いやすいです。

また、短期案件が多いのも嬉しいです。近々使う予定のあった現金でも期間が把握できますので。

 

第2位 OwnersBook(オーナーズブック)

OwnersBook
総合評価
安心感
ファンドの数
おすすめPOINT
  • 不動産中心のファンド
  • 募集開始と同時に殺到するほど超人気
  • 投資する不動産を担保にしているのでリスク低め

上場企業(ロードスターキャピタル)が運営している不動産事業者に投資するソーシャルレンディング会社がOwnersBook(オーナーズブック)です。

とにかく、今人気のソーシャルレンディング会社でファンドの受付が始まるとものの5分以内には募集終了してしまいます。

1万円から投資することが可能で、投資先の会社が持っている不動産を担保に買付けを行っています。

もちろん、その不動産の価値もしっかり見極めていて、貸付金総額より不動産の価値が高くないとファンドとして募集していません。

万が一貸し倒れが起きたときに、その担保不動産を売却して投資家に返却するので安心して投資できます。

第3位 CrowdCredit(クラウドクレジット)

総合評価
安心感
ファンドの数
おすすめPOINT
  • 利回りが高い海外投資がメイン
  • これまで元本割れはなし
  • 多くのファンドが募集しており、いつでも投資可能

クラウドクレジットは運用ハードルが高いと言われている海外ファンドに1万円から投資できます!

投資経験が少ない方や投資元本が少ない方にはとっても嬉しいですね。

利回りが高いファンドが多く、10%を超える案件も存在します。その分リスクはありますが、しっかり見極めることで高利回りが可能です。

投資ファンドもとても多く、いつサイトを見ても募集しているような状況です。

コチラの記事で「クラウドクレジットに投資して元本割れなしで償還!」で実際に運用した結果をまとめていますのでぜひご覧ください。

利回りが高いものの、遅延しているファンドもあるのでよくチェックしてから運用することをオススメします。

ちゃんとファンドを選べば、高利回りなのでとっても魅力的です!

 

第4位 LENDEX(レンデックス)

総合評価
安心感
ファンドの数
おすすめPOINT
  • 不動産中心のファンド
  • +10%以上もある高利回り
  • 東急リバブルと提携して安心感あり

LENDEX(レンデックス)も不動産事業者に投資するソーシャルレンディング会社です。

オーナーズブックと同様、LEDENX(レンデックス)も今、強烈な人気でファンドの争奪戦が起こっています…!

その理由はなんといっても高利回りな投資ファンドです。

最低ラインは8%前後。中には10%を超えるファンドもありますよ。

もちろん、不動産を担保(しかもその担保は東急リバブルの査定を行っている)に貸付を行っていますので、万が一の貸し倒れのときには安心です。

【参考】 maneo(マネオ)

2018年7月にmaneoに行政処分が下されました。

落ち着くまではmaneoに投資するのはおすすめしてません。

総合評価
安心感
ファンドの数

業界最大手のmaneo(マネオ)

過去2年間で成約したローンは総額1200億円を超え、2位の事業者からは2倍以上の金額となっています。

行政処分が下る以前はぼくも実際に投資をしていて元本20万円、10ヶ月のファンドで運用した結果210,268円で償還されました。

つまり、+10,268円(利回り+5.2%)という結果でした。この間遅延もありませんでした。

 

まとめ:ソーシャルレンディングおすすめ5選

今回は、実際に運用してオススメできるソーシャルレンディング会社+今人気の会社を紹介しました。

運用にリスクはつきものなので、リスクについては自分でしっかりと調べて納得のいくものに投資しましょう!

ソーシャルレンディングは運用期間も決まっていて利回りも把握できるので、予定がたてやすい投資です。

この機会にぜひ始めてみましょう!

今回紹介したソーシャルレンディング

ABOUT ME
ノガミ@1000万円資産運用中
資産運用を初心者にもわかりやすく解説しています。

元駄菓子屋ラガーマンという異色の経歴の持ち主
>>元駄菓子屋ラガーマンがなぜ30代運用男子になったのか!?

コチラの記事も読まれています