【株の失敗談】働きたくない僕が億万長者を夢見て700万円損した話

こんにちは。八丈島に移住した僕の仕事とお金の話を運営しているIG(@saltabiig)と申します。

今日は僕の投資の失敗談について書いていきたいと思います。

この記事を読んでわかること

  • 僕が失敗した-700万円の大損失の内容
  • 失敗から学んだこと

2●●●年:投資開始

僕が投資を始めたのは21歳の時。高校卒業後に入社した地元の企業の初任給は16万5000円、手取りは13万弱。

地方ですし実家暮らしだったのでなんとか生活はできましたが、

「こんな給料じゃやってらんねー!もっとお金欲しい!なんとか増やす方法ないかな?」

なんてことばかり考えていました。

会社は副業禁止でしたし、パチンコなどのギャンブルではお金を増やせないと思っていたのですが、「株ならいけんじゃね?」と思い、知識などは全くありませんでしたが株をやってみることに。

「商業高校出身だから大丈夫」と言う根拠のない自信だけはありました。

最初の資金は50万円

最初の運営資金は給料とボーナスで貯めた50万円。

「10万くらい負けても(損しても)いいかな、勉強代と思えばいいっしょ!?」と安易な考えではじめ、自分が好きというだけの理由でココイチの株を購入。

ココイチの株は2週間ほどで少ーし上昇し売却。2000円ほどの利益。

その後も特に明確な根拠を持って取引するわけでもなく、知ってる株をてきとーに選んで買っていました。

損切りはできなかったので含み損になったら戻るまで待つと言う「素人スタイル」でしたが開始後3ヶ月で3万円ほどプラスに。

「ものすごく増えてる訳じゃないけどマイナスになってる訳じゃないし、まだ21だしこのままいけばすごく増えんじゃね?俺って天才!?」

なんて思い上がっていました。

その頃に書店である本に出会いました。

それがこちらの本です。

※なんという名前の本でしょうか?

著者の三村さんは30万を3億円にした強者です。

デイトレード〜スイングトレードで高値掴み高値離しを得意としておりいわゆる旬の株、動きのある株を取引するスタイルの投資家です。

それ以外にも株の本は何冊か読んでいましたがこの本のインパクトは強烈で当時の僕はものすごく衝撃を受けたのを覚えています…!

三村さんの真似をしてみる

同学年で出身地も近い三村さんにできるなら僕にもできると思い、見様見真似で三村くんのスタイルを真似してみることに。

その時人気のある株、動きの激しい株を中心に取引するようになり、取引の量も増えました。

資金が50万では足りないと感じこの頃に100万追加し、さらに信用取引も開始。

三村さんが情報収集に使ってた株情報サイトの有料会員にもなりました。月会費8000円は高かったですけど、一勝負取れれば余裕で元が取れると考えたからです。

サイトで情報を得ながら取引をしていたので利益が出ることもありましたが、損切りが下手で塩漬けしてしまったり、せっかく積み上げた利益を食い潰す損失を出したりして資金は増っては減り、減っては増えという感じでした。

 

ライブドアショックで100万円の損失

そんな時にあれがおきました。

そうです。あれです。

世間を震撼(?)させたライブドアショックってやつです。

損切りできない僕は必死で耐えようとしましたが、抵抗虚しく追証が発生。

追加証拠金が払えず強制決済…。ここで100万ほど失いました。

21歳の僕には立ち直れないほどの金額でしたが、しかし株でお金持ちになりたいと言う僕の気持ちは消えません。

その後も損失を重ね、損失額は150万円を超えました。

 

会社を辞め、デイトレーダーに転向

利益を出す為に情報サイトや株の本も色々と読みましたがそこには必ずと言うほど「損切りしなさい」と書かれていました。

僕は損切りできないのは相場に張り付いて見てられないからだと思い、5年半務めた会社を辞めデイトレーダーになりました。

どうしても僕は株で億万長者になりたかったので。

 

リーマンショックで200万円の損失

デイトレーダーになったもののやはり損切りはできませんでしたが、相場に張り付いていられる分対応も早くチマチマと利益を出せていました。

少しずつ利益が出せるようになり、『よーし、ここから今まで負けた分をとりかえすぞー』と意気込んでいた矢先あれがおきました。

そうです、リーマンショックです。

前の会社の退職金も全部つぎ込んで取引していましたがほとんど吹っ飛んでしまいました。

ここまでで350万円ほど損失を出していましたが、それでもやっぱり株でお金持ちになりたいという僕の気持ちは消えません。

 

東日本大震災直後の下落で50万の損失

お金がほぼほぼスッカラカンになり、しばらくは取引できませんでしたが、それでも数十万の蓄えができた時にまたまた50万ほど入金してトレードを再開。

開始後1ヶ月後くらいに東日本大震災の暴落でまた損失。

ここまでで450万円以上の損失。

 

ホットリンク(3680)で250万の損失

2013年にまた株を再開。

この年はたまたま買った株があたり8ヶ月ほどで150万ほどプラスになりました。

特に12月の1ヶ月だけで100万ほどの利益が出てようやく今までの勉強代を取り戻せると思っていました。

が、年が明けて持ち株が暴落。

この株は暴落して上昇、暴落上昇を繰り返して高値をつけてきた株だったのでどうせまた戻るだろうとナンピンするも株価の下落は止まらず。

1日で100万円の損失。

ナンピンしたものの株価は戻らず2週間ほどでさらに150万ほど損失を出し前年のプラスを2週間ほどで消してしまいました。

ここまでで600万円以上の損失です…。

でもまだまだ株でお金持ちになりたいと言う僕の気持ちは消えません。

 

ブランジスタで100万の損失

結婚、出産に何かとお金がかかったので少し投資ができない期間がありましたが、落ち着いてから投資再開。

ひと月で20万ぐらいプラスになったので調子に乗って信用取引でマネーゲームに参戦してしまうも惨敗。

家族のお金50万と子どもの貯金にするはずの、出産祝い金50万も溶かしてしまい妻に大激怒されました。

21の時から億万長者を目指してお金を貯めては投資、失ってまた貯めて、また失って繰り返し、結局損失は総額で700円万以上となってしまいました。

 

何がいけなかったの?

なにがいけなかったのか…こういう機会なので原因をまとめます。

損切りができない

700万円の損失で一番大きな原因は、やはり損切りができなかったことではないかと思います。

ここで売ったらマイナスだけど、待っていたら株価が戻るどころか上昇して超プラスになるかも!?

なんて頭をよぎってしまうと損切りが成功の道と知っているのに損切りできず損失を最小限に抑えれなかったことだと思います。

知識・勉強不足

投資はギャンブルではないとは言え、当然リスクはあります。

リスクを抑える為にも勉強は必要だと思いますが、教材を購入しただけで勉強したつもりになっていたんじゃないかと思います。

大事な資産を運用するわけなのでもっと慎重にいくべきだったんじゃないかと思います。

信用取引は諸刃の剣!?

信用取引は自分の資金にレバレッジをかけて取引ができるのでリターンが大きくなる可能性がありますが、その分リスクが高くなります。

ある程度安定して利益が出せていればいいかもしれませんが初めのうちからただただリターンを大きくする為にレバレッジをかけるのは危険です。

 

まとめ:結局投資はやらない方がいいの?

僕は結果的に700万円という大きな大きな損失を出してしまいましたが、僕のやり方が間違っていただけで投資しようとしたこと自体は間違ってないと思っています。

なのでこれからも投資は続けていきたいと思っています。

今は自分で銘柄選びをする必要がない、損切りするかどうか悩む必要のない完全お任せ運用のウェルスナビで投資をしています。

短期間で大きなリターンは望めませんが長期的にみると安定したリターンが望めそうな投資方です。

少しお金が貯まったら次はトラリピかトライオートFXをやろうと思っています。

短期投資から長期投資へと投資スタイルは変わりましたが、お金を貯めては投資していくスタイルは変わりません。

だって僕は投資で稼いで億万長者になりたいので。

 

 

管理人のがたかのコメント

のがたか
のがたか
700万円の損失ってやばくないですか…。

 

記事中に出てきた投資はぼくも解説していますので、あわせてご覧ください。

 資産運用初心者におすすめの投資5選

POINT


右も左もわからない投資
初心者にやさしく解説!

ほったらかしでOK!運用したらやることなし!

当サイトが厳選しておすすめする投資5選を紹介

 

\ マンガの続きを読む /

自動売買FX 当サイト限定キャンペーン中!



ループイフダン

アイネット証券>>詳細はこちら

 


トライオート

トライオートFX>>詳細はこちら


のがたか
のがたか
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
感想や質問、お気付きの点などがあれば、下のコメント欄、LINE@Twitterからお気軽にご連絡ください!

\SNSでシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

関連記事を読んでみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。