トラリピのおすすめ通貨ペアは?まず始めるなら豪ドルorNZドルで決まり!

投資初心者
投資初心者
トラリピでどの通貨ペアで運用すればいいの?
のがたか
のがたか
いくつかありそう!見てみよう!

そんな疑問に答えていきます。

本記事の内容:

  • 初心者におすすめの通貨
  • どんな通貨ペアがいいのか【解説】

今回はトラリピで運用するならどの通貨ペアがいいのか、考え方からぼくがおすすめする通貨ペアを紹介していきます。

通貨ペアの選択は自動売買をはじめるにあたり、最初に重要な部分ですのでぜひ最後までご覧くださいm(__)m

結論:おすすめ通貨ペアはこれだ!

まずは結論から言ってしまうとおすすめ通貨ペアは以下になります。

おすすめ通貨

  • 豪ドル/円、豪ドル/米ドル
  • NZドル/円、NZドル/米ドル

 いろいろ検討した結果トラリピで始めるべき通貨ペアはコレ!

・豪ドル
・NZドル
次いで、米ドルって感じ!

これらの通貨は、トラリピで攻めるべきポイント

・レンジ形成
・レンジ幅が狭くボラがある
・レートが低い

この3点を満たしてる。

NZドル/米ドル、豪ドル/米ドルで運用中!

ぼくは現在NZドル/米ドルと豪ドル/米ドルも運用してるので、その結果を公開しています。

最新の実績は、【損失あり】トラリピのメリット・デメリットをレビュー | 設定&実績公開をご覧ください。

【損失あり】トラリピのメリット・デメリットをレビュー | 設定&実績公開
【損失あり】トラリピのメリット・デメリットをレビュー | 設定&実績公開 トラリピを運用開始して約1年…なんと20万円以上の利益が自動で出ています…! これは驚きですね……。しかも自分ではほとんど...
投資初心者
投資初心者
なんでこの通貨を選んだの?
のがたか
のがたか
「レンジ形成・レンジ幅が狭いけどボラがある・レートが低い」だから!

こんな理由からです。具体的には後述します。

運用開始当初は、USD/JPYだった

証拠金50万円で、トラリピをはじめたときに運用したのがUSD/JPYです。

過去5年は100円〜125円のレンジ相場で、その中で過去2年は100円から120円のレンジ相場です。

  • 110円を中心としたハーフ&ハーフ
  • 買い:98円から110円まで
  • 売り:110.6円から122.6円まで
  • トラップ幅:0.6円
  • 本数は21本ずつ
  • ストップロス:上限125円・下限95円

証拠金50万円とリスクを考えた設定になったんですが、0.6円のトラップ幅だとなかなか注文にかからなかったのが事実。

証拠金50万円に対してロスカットリスクを減らしたトラップ幅が0.6円という結果でした。

これ以上狭くすると証拠金がさらに必要になり、現在の50万円ではリスクが高まっちゃうんですよね。

日本円ドル/通貨ペアが悪いということではなく、これは先ほど出てきた「レンジ幅が広い」「レートが高い」からで今の証拠金では対応できなかったからです。

 

どんな通貨ペアがいいのか

トラリピで運用する上で選ぶべき通貨ペアのポイントは3つです。

  • レンジ形成:通貨ペアでトラリピが一番利益を出しやすいレンジ相場を形成しているか
  • レンジ幅が狭いけどボラがある:多く値動きはするけど、狭い範囲を上下しているか
  • レートが低い:1通貨の価格が安いかどうか

レンジ形成:長期間にレンジ相場をつくっている通貨

投資初心者
投資初心者
レンジ相場をつくってる通貨がいいってこと?
のがたか
のがたか
そのとおり!

トラリピは長期で運用することを方針としています。そしてトラリピが本領発揮する相場はレンジ相場です。

まず、通貨ペア選択する際に最初に見るポイントで、一番重要な項目です…!

トラリピは想定したレンジ内で値動きをすることで利益を積み重ねていきます。なので、レンジ相場を形成している通貨でなくてはいけません。

例としてあげた豪ドル/円は長期的に見てもレンジ相場を形成しています。

続いて「トルコリラ/円」。ひと目見てもわかる右肩下がりのチャートです…。

こういった通貨はトラリピには向きません。他には南アフリカランドが該当しますね。(いずれも高金利通貨で有名)

レンジ相場を形成している通貨

  • 米ドル/円
  • 豪ドル/円、豪ドル/米ドル
  • NZドル/円、NZドル/米ドル
  • ユーロ/円、ユーロ/豪ドル
  • カナダドル/円

レンジ相場ではない通貨

  • トルコリラ/円
  • 南アフリカランド/円

レンジ幅が狭く、ボラがある

投資初心者
投資初心者
ボラがあるけどレンジ幅が狭い??
のがたか
のがたか
仕掛けるレンジ幅が狭く、値動きが多い通貨推奨ってこと!

上記図で示しているようにトラリピはレンジ内に罠をしかけるように注文を出していきます。この罠(トラップ)により引っかかるほうが売買するチャンスが増えます。

つまり、レンジ内で激しく値動きする通貨(=※ボラティリティがある通貨)が適していると言えます。

※ボラティリティは変動の激しさをあらわす言葉

プラスして、レンジの幅が狭いことも重要で、なぜかと言うと必要な資金量が少なくて済むからです。

  • レンジ幅が広い→ひとつのポジションの最大損失額が大きくなる多くの証拠金が必要
  • レンジ幅が狭い→最大損失額が小さくなり、証拠金が少なくて住む

米ドル/円と豪ドル/円とのレンジ幅の差は10円あります。それだけ豪ドル/円のレンジ幅のほうが狭いということです。

つまりこの場合は、豪ドルのほうが最大損失額が抑えられ証拠金も少なくて済みます。

ボラは大きいけどレンジ幅が狭い通貨

  • 豪ドル/円、豪ドル/米ドル
  • NZドル/円、NZドル/米ドル
  • カナダドル/円
  • ユーロ/円、ユーロ/ドル

レートが低いか

投資初心者
投資初心者
レートが低いとどうなるの?
のがたか
のがたか
必要な証拠金が少なくて済むんだ!

最後は単純にレートが低いかどうかです。

レートが低い通貨は証拠金が少なくて済みます…!

ユーロ/円と豪ドル/円で比較します。

単純計算で通貨を持つのに必要な資金:

  • ユーロ/円:1,000 ✕ 132円 = 13,200円
  • 豪ドル/円:1,000✕ 82円 = 8,200円

1,000通貨でもこれだけの違いが出てきます。

必要な証拠金が低いことで多くのトラップ・ポジションをつくることができるので、低いに越したことはありません…!

レートが低い通貨

  • 豪ドル/円、豪ドル/米ドル
  • NZドル/円、NZドル/米ドル
  • カナダドル/円
  • トルコリラ/円
  • 南アフリカランド/円

 

結論:豪ドル・NZドル・米ドル

まとめると最初に述べたとおり、

おすすめ通貨

  • 豪ドル/円、豪ドル/米ドル
  • NZドル/円、NZドル/米ドル

以上の結果になりました…!

まずは、豪ドル・NZドルいずれかの運用がいいと思います。

 

まとめ:まず始めるなら豪ドル・NZドル

まず初心者がはじめるなら豪ドルかNZドルをおすすめします。証拠金50万円あれば網羅性の高い設定が組めるはずです。

※米ドル/円は100万円前後証拠金がないと、トラップ本数も多くできずなかなか注文にかかりません。一度失敗済み。

その点、豪ドルやNZドルなら少ない証拠金でも多くのトラップ本数を持つことができるので、少額でまず試してみたいという方にも非常にオススメできます。

設定や通貨ペアを変えるだけで全然結果が変わってきますので、最適な通貨ペアを選びたいところ。

トラリピは設定が命なので、状況が変わればどんどん改良していく必要がありますが、自動で運用できるので、忙しいサラリーマンの方や主婦の方にもおすすめです。

\限定レポートプレゼント中/

無料:口座開設5分で完了。自動売買FX初心者に超おすすめ。 

 

トラリピの始め方

トラリピをはじめるにあたり、特徴(メリット・デメリット)から設定をつくって実際に運用するまでの流れを記事にしています。

>>この記事を読む

はじめてトラリピで設定をつくるときに読む記事

これからトラリピで設定をつくっていく方のためのまとめ記事です。
この記事を読めばゼロから設定がつくれるようになる!ハズ。設定づくりに悩んでいる方は必見です…!

>>この記事を読む

 

自動売買FX限定キャンペーン中!

 

のがたか
のがたか
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
感想や質問、お気付きの点などがあれば、下のコメント欄、LINE@Twitterからお気軽にご連絡ください!

\SNSでシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

関連記事を読んでみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。