トライオートETFのコストを検証する【手数料・スプレッド・金利】

どうも!資産運用に1,000万円以上つっこんでいるノガミです。

投資初心者
投資初心者
トライオートETFのコストを知っておきたいんだけど、手数料にスプレッドに…他になんかあるのかな?
ノガミ
ノガミ
検証してみよう!

そんな疑問に答えていきます。

この記事を書いているぼくは、トライオートETFを3ヶ月以上運用しています。投資をする中で気になる手数料やスプレッド、さらにコスト面について検証してみました。

コストは勝つために必須で覚えておいたほうがいい知識なので損はないはずです。

この記事は3分で読み終わることができます。24時間のうち3分だけお付き合いいただけると幸いですm(__)m

※期間限定で最大20,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

 

トライオートETFにかかるコスト【解説】

トライオートETFに関わるコストは以下になります。

トライオートETFのコスト

  • スプレッド
  • 金利調整額
  • 取引手数料(無料)
  • 入出金手数料(無料)

スプレッド

スプレッドとは、「買値(ask)」と「売値(bid)」との価格差のことを言い、外貨交換手数料として徴収されています。

トライオートETF最大のコストと言えます。

▼「ナスダック100トリプル」売と買でスプレッド(価格差)がある

この時のスプレッドは0.46ドル(0.6%)ほど。

思ったよりスプレッドは小さいと思います。自動売買なのでもっと手数料がかかるんじゃないかと思ってました…!

スプレッドは固定値ではなく市場の流動性に応じてどんどん変化していくとのこと。

※トライオートETFでは、買値(ask)の方が売値(bid)よりも高いため、最初にポジションを持った瞬間は、スプレッド分だけマイナススタートとなりますよ。

金利調整額

通常、米国ETFを運用するにはドル建てですので為替差が発生しますが、トライオートETFで為替リスクを気にする必要がないといったメリットがあります。

その代わり「金利調整額」というコストが発生します。

トライオートETFの金利は「Libor+0.9%」となっています。

投資初心者
投資初心者
Liborってなんだ?

Liborとは?

London Interbank Offered Rateの略で、インターコンチネンタル取引所(ICE)が計算し公表するロンドン市場での銀行間取引金利のことです。

投資初心者
投資初心者
うーん、よくわかんない…。結局どのくらい金利がかかってるの?

正直なかなか難しい…!

ということでざっくりですが、2018年8月現在で約2.8%程度でした!

10万円のETFに対し年間2,800円程度の金利支払いということになります。

▼実際の金利状況

トライオートETFは買いポジションしか入れません。

FX取引では金利差を狙って毎日スワップポイントをもらう手法もありますが、トライオートETFではポジションを保有し続けることで金利分マイナスになってしまいます。

つまり、下落トレンドになったときは要注意で、塩漬けとなったポジションを保有しているだけで金利の支払いが発生してしまい損をしてしまいます。

なので、長期下落トレンドになった際は対策が必要ですね…!

 

取引手数料

通常、取引手数料として「1回の取引につき○円」徴収されます。

取引手数料は、注文を約定したときと決済したときにかかるので、往復分の手数料がかかります。

ですが、トライオートETFでは取引手数料は「無料」です!

この辺はうれしいサービスですね〜!

※期間限定で最大20,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

入金・出金手数料

入金・出金手数料もトライオートETFでは無料です!

特に出金手数料無料はうれしいですね。早ければ翌営業日には振込が行われるとのこと。

入金はクイック入金は完全無料です。

※通常の振込を行う場合は、使っている銀行の振込手数料がかかります。

つまり、トライオートETFのコストは「スプレッドと金利調整額」2つをあわせたもののことを言います。

▼スプレッド+金利調整額=トライオートETFにかかるコスト

トライオートETFではこの辺のコストがかかってきます。

そこまで高すぎるというわけではないですがコストは自分の利益が圧迫されるものなので、知っておいて損はないです。

なお、トライオートETFの詳しい解説(メリット・デメリット)はコチラの記事「トライオートETFをレビューする【ブログで評判・実績公開】」で解説していますのであわせてご覧ください。

まとめ

コストを理解して運用をすると最終的な利益が変わってきます。

自分のお金が「増える・減る」がかかっているのでコスト面にはトコトンこだわりたいところ。

トライオートETFのコスト面は特に高すぎるといった印象はないので問題ないでしょう!

トライオートETFを始めてみたいと思った方は、口座開設は無料ですのでぜひ登録してみてください!

※期間限定で最大20,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

 

トライオートETFの始め方

トライオートETFをはじめるにあたり、トライオートETFの概要から実際に口座を開設し、運用開始するまでの流れを記事にしています。

そもそもトライオートETFってなに?という方や、トライオートETFを始めようと思った方はぜひご覧ください。今のうちに始めてガッツリ利益取りましょう。

トライオートETFの評判・実績

トライオートETFってなに?儲かるの?という疑問に答えるべく基本をイチから解説しています。運用実績もすべて公開しつつメリット・デメリットについても検証しています。

>>この記事を読む

 

コストを検証する(手数料など)

トライオートETFの手数料って?スプレッドはかかってるの?そんな疑問に答えています。結論から言うと、完全自動でこの手数料は”安い”その理由を解説しています。

>>この記事を読む

 

ロスカット対策3選

トライオートETFは右肩上がりの相場に”買い”のみでエントリーします。暴落時は大きな損失の可能性があるためロスカットに対する対策が必要です。現状考えられるロスカット対策を3パターン検証しています。

>>この記事を読む

 

 

ABOUT ME
ノガミ@1000万円資産運用中
資産運用を初心者にもわかりやすく解説しています。

元駄菓子屋ラガーマンという異色の経歴の持ち主
>>元駄菓子屋ラガーマンがなぜ30代運用男子になったのか!?

コチラの記事も読まれています