初めての資産運用はウェルスナビ。その理由は

【損失あり】トライオートETFをレビュー!ステマなしで実績公開

どうも!資産運用に1,000万円以上つっこんでいるノガミです。

投資初心者
投資初心者
トライオートETFが気になる〜。レビュー知りたい。

けっこう利益が出るって聞いたけど本当かな?メリット・デメリットにクチコミも見てみたいな〜!

ノガミ
ノガミ
よし!見てみよう!

こういった疑問に答えていきます。

今回の記事の内容

トライオートETFを始めようと思っている人に絶対に読んでほしい!

  • 損することもあるけど…トライオートETFはマジでおすすめ!【レビュー】
  • トライオートETF おすすめの設定【ナスダック一択】
  • トライオートETF メリット・デメリット【比較も】
  • トライオートETF Q&A【よくある質問に回答】
  • トライオートETFを始める4手順【超カンタン】

以上の点を、初心者の方にもわかるようにイチから解説していきます。

この記事を書いているぼくは、トライオートETFで40万円以上運用していて、実際の実績も公開しつつレビューしていきます。

損失になることもあるしデメリットもある…。この辺の正直な話もしていきますのでトライオートETFに興味がある方はぜひじっくり読んでみてください。

期間限定で最大20,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

 

損失もあるけどトライオートETFはマジでおすすめ

まずは実際に運用した結果を公開します。

結論として、トライオートETFの好パフォーマンスに大満足しています。

2018年6月  開始当初は損失あり…。

2018年6月から元本40万円で運用をスタートしています。

確定した利益:+11,420円、含み損:-22,661円

評価損益:388,456円(-11,544円 -2.8%)

運用開始当初は利益もないのでかなり不安定ですね。含み損も出ています。

トライオートETFの性質上、含み損はどうしても出てしまいがちです。(※これがデメリットでもあり…。後述します。)

2018年7月

確定した利益:+24,481円、含み損:-14,543円

評価損益:409,659円(+9,659円 +2.4%)となっています。

7月に一気にプラスに転じました。

2018年8月

確定した利益:+41,184円、含み損:-27,955円

評価損益:412,074円(+12,074円 +3.0%)

7月に一気にプラスに転じたあとも好調に利益を積み重ねています。

更新情報!:2018年9月

確定した利益:+63,218円、含み損:-6,769円

評価損益:456,281円(+56,281円 +14.0%)

8月後半に運用中のナスダックが大爆発!4日で2万円以上の利益がでました…!

この爆発力がトライオートETFの魅力ですね…!

これまでの運用結果まとめ

日時資産総額評価損益
2018年6月388,456円-11,544円(-2.9%)
2018年7月409,659円+9,659円(+2.4%)
2018年8月412.074円+12,074円(+3.0%)
2018年9月456,281円+56,281円(+14.0%)

(2018年6月 原資40万円で運用開始)

着実に運用実績を伸ばせています。

運用開始して4ヶ月目になりましたが、原資40万円で+5万は大満足の結果ですね!

結果報告は随時このブログで報告していきます。

※期間限定で最大20,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

 

トライオートETF:おすすめの設定【ナスダック一択】

運用している自動売買プログラムは「ナスダック100トリプル_スリーカード」と「ナスダック100トリプル_ライジング」です。

ナスダック100トリプル_スリーカードとライジングを1:2(4口:8口)の割合で運用しています。

推奨証拠金の1.5倍程度を証拠金として入金。一番怖いのがロスカット※なので証拠金多めにしてロスカットリスクを減らしています。

ロスカットとは?

一般的に、含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる強制決済のこと。

ロスカットされると大きく損失してしまいます。

 

ナスダック100トリプルの圧倒的リターン率

投資初心者
投資初心者
自動売買セレクト見てみたけど多すぎてわかんないよ…。
ノガミ
ノガミ
おすすめは「ナスダック100トリプル」

プログラムを選ぶなら一択といっても過言ではない、超優秀なプログラムがあります。

それが、「ナスダック100トリプル」というプログラムです。

▼現在の人気順位。なんと上位4つの内、3つがナスダック100トリプル。

通常のナスダック100の3倍の値動きをするので、ボラティリティ(値動き)が高く、その分自動売買がガンガン決済してくれます。

✔ なぜナスダック100?

上記の画像を見てもらえれば一目瞭然ですね…!

ナスダック100は10年以上右肩上がり。しかもリーマンショックではさすがに下落していますがその後余裕で最高値更新。

直近の暴落時の値動きを、日本株式の指標でもある日経225と比較してみます。

▼2月暴落以降のナスダックのチャート

世界的に2月に暴落が起きましたが、ナスダック100はその後2回も高値を更新。

▼日経225

日経225は2月暴落以降、高値を更新できていません。

この強さがナスダック100が選ばれている理由なのです。

そして、トライオートETFの取引量ランキングも見てみます。

▼2017年・2018年取引量ランキング

ナスダック100トリプルは2年連続で1位を獲得しています。それだけ人気ということはちゃんとリターンが得られているということですね。

インヴァスト証券のセミナーで聞いた話で、トライオートETFを運用している80%の方はナスダック100系を運用しているとのことです。

ということで、まずはナスダック100系の自動売買プログラムがオススメです。

ナスダック100系には、異なる3つのロジックがあって、そのロジックによって発注の仕組みが異なってくるのでここで解説します。

ロジック①:スリーカード

設定の異なる自動売買3タイプを組み合わせ、上昇または下落のトレンドが生じた局面で効率良く収益を狙うストラテジーです。
損切りは設定していません。

「スリーカード」はトレンドが出ている相場に有効です。下落トレンドでも利益を出すことができるオールマイティなロジックですね。

まずはスリーカードをベースにして他のロジックで味付けするのがいいかなと思います。

ロジック②:ライジング

上昇トレンドを狙う大きめの利幅と小幅な値動きで利益を積み上げる2タイプの連続注文を組み合わせ、上昇局面で利益を積極的に積み上げることを重視するようにデザインされています。

コツコツ利確する注文と、大きく利幅を狙う注文をしているロジックです。

上昇トレンドには一番利益が出せるロジックです…!

▼2017年1月〜3月までの上昇トレンドでの他ロジックとの比較

上昇トレンドではスリーカードより、約2倍の成績を残しています!

この結果を見る限り、上昇トレンドでは最強のロジックと言えますね。

ただし、基本的には上昇トレンドにフォーカスしたロジックのため下落トレンドには弱く、含み損が大きくなる可能性があります。

ロジック③:追尾

一定のレンジ幅に、各設定値が同一の連続注文を複数仕掛けています。
レンジ幅は過去1年の最大下落幅から算出しています。
もみ合い相場やレンジ相場に強いストラテジーです。損切りは設定していません。

レンジ相場に有効なロジックです。

このようなプログラムを自動売買セレクトで選んでいきます。

もちろんリスクヘッジで自動売買プログラムを分散して組み合わせることも可能です。

※期間限定で最大20,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

 

トライオートETF:概要・特徴

上場企業であるインヴァスト証券が運営しているサービスで、トライオートFXやシストレ24などの自動売買サービスを得意としている証券会社です。

そのインヴァスト証券のサービスのひとつがトライオートETFなのです。

 

ざっくりいうと

海外ETFを自動売買プログラムで運用自動的に買って売ってを繰り返してくれるもの仕組みです。

▼トライオートETFの注文イメージ

【相場の値動きに合わせて、注文を仕掛けることにより自動で収益に転換する仕組み】

なぜ海外ETFなのか?

国内におけるETFの認知率は26%に対して、世界経済の中心アメリカのETF残高の5割以上は個人投資家によるものです。

それだけアメリカでは、ETFが認知され優良な投資対象として見られています。

なぜ、アメリカはETFに積極的な投資をしているかはアメリカの代表的な株価指数S&P500と日経225との比較を見れば一目瞭然。

▼S&P500と日経225のパフォーマンス比較

日経225はヨコヨコなチャートに対し、S&P500は右肩上がり。(この20年で4倍以上)

10年間での伸長には大きな差があります。

常に伸び続けている市場に投資すれば、それだけ資産を増やすことができますよね!

これが海外ETF※に投資する理由なのです。

ETFとは

特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託です。

ETF=Exchange Traded Funds(上場投資信託)のことです。

引用元:ETFとは? | ETF(上場投資信託)|日興アセットマネジメント

 

※期間限定で最大20,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

 

トライオートETF:メリット・デメリット【他の自動運用とも比較】

ここからはトライオートETFのメリット・デメリットを解説していきます。

メリット

  • ①自動売買セレクトを選ぶだけで運用できる
  • ②為替リスクがない
  • ③手数料無料
  • ④スマホアプリでカンタン操作

デメリット

  • ①相場の下落局面に弱い
  • ②保有ポジションに金利がかかる

 

メリット①:自動売買セレクトを選ぶだけで運用できる

トライオートETFには、自動売買セレクトという自動的に動くプログラムを選択して運用します。

ざっくり言うと、このプログラムを選んで放置してるだけで利益が積み重なります。

取扱い銘柄は世界から選抜した26銘柄。

▼トライオートETF取扱い銘柄

 

投資初心者
投資初心者
どの銘柄を選んでいいかわからないよ〜!
ノガミ
ノガミ
そんなときは過去実績を見てみよう!

 

そんな疑問には、過去の運用成績をのせたページを見てみましょう!

  • どのくらいの実績があり、
  • どのような特徴のプログラムなのか

 

じっくり読んで選ぶだけで運用が開始できちゃいます!

>>トライオートETFの自動売買プログラムを見てみる

メリット②:為替リスクがない

主に海外ETFを取引する場合は、円とドルの為替差損が発生してしまうことがあります。

トライオートETFでは差金決済取引(CFD)にあたるため、差損益のみでの運用となり、為替リスクはありません。

通常の海外ETF取引だと、「ETF+為替」を考えて運用しなければなりませんでしたが、トライオートETFでは、ETFのみの値動きのみ気にすればOKです。

メリット③:取引手数料無料

すべての取引手数料は無料です。

手数料は無料ですが、スプレッドと保有するポジションに対する金利はかかってしまいます。

とはいえ、スプレッドがかかっても最大0.3%程度。

自動売買系のロボアドバイザーも手数料1%前後なので、自動売買系としてかなり安い部類に入ると思います。

メリット④:スマホアプリでカンタン操作

トライオートETFはスマホアプリに対応しているので、PCがない環境でも手動注文が行えたり設定ができます。

自動売買セレクトも購入することができるので、非常に便利です!

使い勝手もよく直感で操作できますよ。

▼スマホアプリの使い方・機能を解説しています。

>>【トライオートETF】超カンタンにスマホアプリ使いこなそう!

デメリット①:下落局面に弱い

トライオートETFのロジックは上昇相場を追うことを基本としています。

FXと違い、売りポジションを持つことはありません。これがデメリットです。

下落局面では保有ポジションが約定せず、含み損を抱えてしまいます。

▼ある日の運用状況。元本40万円ですが含み損は元本を大きく割り込む。

ただし、含み損自体は確定されてないので、その後価格が上昇すれば含み損が解消され利益に繋がります。

選択するロジックによってこの含み損がある程度抑えることができます。

先ほどのナスダック100のロジックで言うと、「ライジング」は下落局面ではまったく注文を出さないので、最高値を更新するまで含み損を抱え続けてしまいます。

「スリーカード」は価格が落ちたところで注文を出すので「ライジング」より含み損は抱えにくく下落局面でも利益を出すことができますよ。

デメリット②:保有ポジションに金利がかかる

保有ポジションに対して金利がかかります。

下落相場では含み損を抱える上に、毎日金利でマイナスが増えていきます。

▼保有ポジションに対し金利が発生(ただし業界最低水準…!)

▼実際の金利額(赤枠)

もし価格が下落して長期間含み損をかかえてしまいそうな場合は、損切り設定をしておくなど対応が必要です。

ただ現在ではそれ以上に利益が取れているので、あまり心配はしなくてもいいと思っています。

✔ 他の自動運用といえば‥

トライオートETFは自動で運用をしれくれるツールですが、他にも自動運用してくれるサービスはいくつかあります。

自動運用サービス比較

・自動売買FX:トラリピやトライオートFXが有名。FXを自動で売買。

・ロボアドバイザー:世界経済(ETF、債権、金)などに投資。ローリスクだが長期的な運用で(5年以上)短期的に大きな利益は期待できない。

・投資信託:ロボアドバイザー同様、長期的な運用で短期で大きな利益は期待できない。

ロボアドバイザー・投資信託は基本的には長期的な運用で利益を出していく仕組みなのでトライオートETFとは設計が違いますね。

自動売買FXも短期的では大きな利益は見込めないので、短期的に利益を出していくにはトライオートETFって思います。

※期間限定で最大20,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

 

トライオートETF:Q&A【よくある質問に回答】

トライオートETFを始めるにあたり、よくある質問は次の通り。

  • その①:含み損は解消すれば大丈夫ってあったけど、損することあるの?
  • その②:いくら位から始められるの?
  • その③:レバレッジってかかってるの?

含み損は解消すれば大丈夫ってあったけど、損することあるの?

基本的は含み損もポジションも利益確定まで持ち続ければ、最終的に損失することはありません。

損失する理由として一番避けたいのが、強制ロスカットです。

トライオートETFの強制ロスカット率は証拠金維持率100%以下に設定されているので、この証拠金維持率を下回ると強制ロスカットが発動し、損失が確定されます。

強制ロスカットへの対策としては、コチラの記事「損切り設定を入れたり、追加入金して証拠金維持率を高くしたりといった対策」で解説しています。あわせて確認ください。

レバレッジってかかってるの?

レバレッジは5倍で設定されています。

レバレッジが危ない・危険というイメージがありますが、適切な証拠金維持率にしておけば今すぐお金がなくなることがありません。

ひとつ前の質問でも回答しましたが、証拠金を多く持ったりポジションを多くしすぎなければすぐにロスカットされる心配はありませんよ。

いくら位から始められるの?

銘柄によって異なりますが、5万円から始められます。

人気のナスダック100トリプル_ライジングでも1口なら25,000円程度、5万円あれば2口で始められますよ。

他のロジックもだいたい同じような金額でOKです。

※期間限定で最大20,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

 

トライオートETFの評判

トライオートETFの利益率は、正直不安になるくらい利益出てますよね。

こんな出ちゃっていいんでしょうかw

口座開設もかなり早いです!思い立ったらすぐ行動できますね!

トライオートETFの始め方【超カンタン】

トライオートETF:登録に必要なもの

口座を開設するために以下の4点が必要です。サクッと登録するためにも事前に準備しておきましょう。

  • メールアドレス
  • 銀行口座
  • マイナンバー確認書類
  • 本人確認書類

トライオートETF:登録の流れ

公式サイトにアクセス後、4ステップ・5分程度で登録できます。

>>【無料で口座開設】トライオートETFの公式サイトはコチラから
※今なら最大30,000円キャッシュバックキャンペーン中です。

 

WEB上での入力と、マイナンバー・本人確認書類を提出すればOK。

あとは書類が届くのを待つだけです。

登録から書類到着までだいたい3営業日ほどで届きます!

さらに詳しい説明は下記の記事でどうぞ。

>>トライオートETFの登録方法(口座開設方法)【トライオートETFの始め方】

 

まとめ:短期で大きなリターンが期待できる!

いかがだったでしょうか?

思ったよりずっと簡単に始める事ができるので、さっそくはじめましょう!

これだけ利益が出ているトライオートETFをまだ始めてない方は、正直損してます。

でもまだまだ遅くはありません…!今ならガッツリ利益取れますよ。

始めるならこの記事を読んだ”今”です。

無料で口座登録できるのでぜひこの機会に始めましょう!

※期間限定で最大20,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

 

トライオートETFの始め方

トライオートETFをはじめるにあたり、トライオートETFの概要から実際に口座を開設し、運用開始するまでの流れを記事にしています。

そもそもトライオートETFってなに?という方や、トライオートETFを始めようと思った方はぜひご覧ください。今のうちに始めてガッツリ利益取りましょう。

トライオートETFの評判・実績

トライオートETFってなに?儲かるの?という疑問に答えるべく基本をイチから解説しています。運用実績もすべて公開しつつメリット・デメリットについても検証しています。

>>この記事を読む

 

コストを検証する(手数料など)

トライオートETFの手数料って?スプレッドはかかってるの?そんな疑問に答えています。結論から言うと、完全自動でこの手数料は”安い”その理由を解説しています。

>>この記事を読む

 

ロスカット対策3選

トライオートETFは右肩上がりの相場に”買い”のみでエントリーします。暴落時は大きな損失の可能性があるためロスカットに対する対策が必要です。現状考えられるロスカット対策を3パターン検証しています。

>>この記事を読む

 

ABOUT ME
30代運用男子ノガミ
資産運用を初心者にもわかりやすく解説しています。

元駄菓子屋ラガーマンという異色の経歴の持ち主
>>元駄菓子屋ラガーマンがなぜ30代運用男子になったのか!?

↓↓↓最新の更新情報を配信

follow us in feedly

コチラの記事も読まれています