イチから始める資産運用

【徹底解説】トライオートETFとは? 特徴・評判・リスクなどまとめてみた

ノガミ
ノガミ
リスクはあるけど、ハイリターンな投資ってない?

このブログの中心は仮想通貨なので、仮想通貨!と答えたいところですが、自分でトレードをしなければいけないのに加え、直近では仮想通貨全体が低調なので少しオススメしづらいところです。

なので今回は、自動売買ができるトライオートETFを紹介します!

トライオートETFの、

  • 概要
  • 特徴
  • デメリット(リスク)
  • 実際に運用した結果

を、初心者の方にもわかるようにイチから解説していきます。

リスクをとって積極的に運用したい方にトライオートETFはオススメです!

トライオートETFとは?

インヴァスト証券のサービスです。

インヴァスト証券というと、トライオートFXやシストレ24などの自動売買系サービスを得意としている証券会社です。

そのインヴァスト証券のサービスのひとつがトライオートETFなのです。

 

超ざっくりいうと

ETFにレバレッジをかけて、自動売買プログラムで、自動的に買って売ってを繰り返してくれるものです。

こんなイメージです。

【相場の値動きに合わせて、注文を仕掛けることにより自動で収益に転換する仕組み】

 

レバレッジをかけるのでリスクは高まりますが、その分、

  • 短期間で、
  • 少ない資金で、
  • 大きなリターンが得られる

という仕組みです。

 

「いや、そもそもETFってなに?」という方はコチラを確認ください。

ETFとは、特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託です。

ETF=Exchange Traded Funds(上場投資信託)のことです。

引用元:ETFとは? | ETF(上場投資信託)|日興アセットマネジメント

平均株価や指数に投資するもので、個別株よりも値動きはマイルドです。

投資初心者は、「まずは投資信託やETFを買え」ってことは言われていますね。

レバレッジとは?

トライオートETFでは、「レバレッジ」という用語がでてきます。

自分の元手を証拠金として、数倍~数十倍の金額で取引できます。これをレバレッジといいます。

レバレッジをかけると、少ない元手でも大きな取引ができます。

トライオートETFでは最大5倍のレバレッジをかけて取引します。

レバレッジ5倍の場合

自分の元手(証拠金)=100万円

100万円×5倍=500万円

つまり、500万円までの取引が可能です。

レバレッジをかけると自分の元手以上の大きな金額で取引することができるため、うまく使えば多くの利益を得ることができます!

その逆もあって、大きく損失を出してしまうこともあるのです。

ただし、リスクをとらなければ大きなリターンを求めることはできないので、リスク管理は確実に必要になってきます。

トライオートETFの特徴①:自動売買プログラム

インヴァスト証券のトライオートETFには、多くの自動売買プログラムがあります。

極端にいうと、このプログラムを選んであとは放置してるだけで利益が積み重なります。笑

ノガミ
ノガミ
でも、どのプログラム選んだらいいかわかんないよ!

そんな疑問には、インヴァスト証券はしっかり対応していて、過去の運用成績をのせたページがあります。

  • どのくらいの実績があり、
  • どのような特徴のプログラムなのか

を説明してくれているので、そこをじっくり読んで選ぶだけで運用が開始できちゃいます!

自動売買プログラムを見てみる

トライオートETFの特徴②:ナスダック100トリプルというプログラムの存在

ノガミ
ノガミ
オススメの自動売買プログラムはある?

ぶっちゃけ、プログラムを選ぶなら一択といっても過言ではない、超優秀なプログラムがあるんです。

それは、「ナスダック100トリプル」というプログラムです。

▼自動売買プログラムの人気順位。なんと上位4つの内、3つがナスダック100トリプル。

この商品、通常のナスダック100の3倍の値動きをします。

値動きが激しくリスクが高めですがボラティリティが高く、その分自動売買がガンガン決済してくれます。

さらに、ナスダック100 トリプルには、異なる3つのロジックがあります。

ロジック①「_追尾」

一定のレンジ幅に、各設定値が同一の連続注文を複数仕掛けています。
レンジ幅は過去1年の最大下落幅から算出しています。
もみ合い相場やレンジ相場に強いストラテジーです。損切りは設定していません。

レンジ相場に有効です。

ロジック②「_スリーカード」

設定の異なる自動売買3タイプを組み合わせ、上昇または下落のトレンドが生じた局面で効率良く収益を狙うストラテジーです。
損切りは設定していません。

「_スリーカード」はトレンドが出ている相場に有効的ですね。下落トレンドでも利益を出すことができます。

ロジック③「_ライジング」

上昇トレンドを狙う大きめの利幅と小幅な値動きで利益を積み上げる2タイプの連続注文を組み合わせ、上昇局面で利益を積極的に積み上げることを重視するようにデザインされています。

コツコツ利確する注文と、大きく利幅を狙う注文をしているロジックですね。

上昇トレンドにおける、スリーカード強化版のようなロジックです。

 

このような自動売買プログラムとロジックを選んでいきます。

もちろんリスクヘッジで分散投資、様々な自動売買プログラムを組み合わせることも可能です。

トライオートETFの特徴③:為替リスクがない!

トライオートETFは、主に海外ETFを取引している為、投資している元本自体に為替差損が発生してしまうことがあります。

トライオートETFでは差金決済取引にあたるため、差損益のみでの運用となり、為替リスクはありません。

通常の海外ETF取引だと、「ETF+為替」を考えて運用しなければなりませんでしたが、トライオートETFでは、ETFのみの値動きのみ気にすればOKです。

通常のETFよりも運用のしやすさはありますね。

トライオートETFの特徴④:手数料無料!

取引手数料は無料です!!

ですが、手数料以外に、スプレッドと保有するポジションに対する金利はかかってしまいます。

▼手数料は無料ですが、スプレッドはあります。

▼保有ポジションに対し金利も発生します。

なので、実質手数料が1%前後かかるということになります。

とはいえ、自動売買系のロボアドバイザーなんかも手数料1%なので、自動売買系としては同水準くらいですね。

トライオートETFの運用結果

▼運用結果はコチラ

6/14 400,000円:運用開始

6/16 407,643円(+7,643円)

6/21 411,147円(+11,147円)

6/26 411,470円(+11,470円)

怖いくらい着実に運用実績伸ばしてますね!

トライオートETF

結果報告は随時このブログで報告していきます!

トライオートETFをオススメできない人

ここまでトライオートETFのメリットを書いてきましたが、オススメできない人(デメリット)をあげていきます。

  • レバレッジをかけているため、リスクは高い
  • 安定した運用を求めたい
  • 元本割れ(ロスカット)の可能性がある

やはり、レバレッジ取引になるので、急な価格変動によってロスカットされ元本割れしてしまう可能性はあります。

堅実で慎重派の方にはあまりオススメできません…。

 

なので、逆にオススメできる人は、

  • レバレッジをかけて効率的に稼ぎたい
  • リスク管理も理解しているし実際にできる
  • リスクが高くてもいいから短期間・少額で運用したい

という、積極的な運用をしたい方には非常にオススメできるサービスです。

 

ちょっとだけぼくの考えを…。

リスクがあることに違いはありませんが、リスクを取らないで簡単にお金は手に入りません。

「リスクを取らないことがリスク」

何もしないこと、何も挑戦しないことがそもそものリスクだという意味です。

運用にリスクはつきものです。ただそのリスクを受け入れてコントロールしないとお金は手に入りません。

なのでぼくはこのようなサービスにも積極的に投資していきます!

自動売買系といえばロボアドバイザー

とはいえ、やっぱり堅実にやっていきたいという方ももちろんいらっしゃると思うので、そんな方にはロボアドバイザーがオススメ!

ローリスクで安定して利益をあげることができています。

実際にぼくも運用して年利5%以上は利益が出ていますよ。

▼ロボアドバイザーをイチから説明しています。

・【ローリスク&安定】ロボアドバイザーとは?特徴・リスクなどまとめてみた

ロボアドバイザーとの違い

自動売買系ということでロボアドバイザーと比較してみます。

先に言ってしまうとロボアドバイザーとはだいぶ性質が異なります。

超ざっくりいうと、

  • トライオートETFは、ハイリスク・ハイリターン
  • ロボアドバイザーは、ローリスク・ローリターン

といったところです。

トライオートETFは、ガンガン注文と約定を繰り返して利益を確定します。さらにレバレッジをかけて元本以上の取引をしています。

対して、ロボアドバイザーは現物のみで、運用中は利確していません。資金を引き出す時に利確となります。

このように自動売買系と言えどもリスク・リターンの取り方が違ってきますので、運用するときは自分にあった投資法で運用してください。

トライオートETFの評判

トライオートETFの利益率は、正直不安になるくらい利益出てますよねぇ^^;

こんな出ちゃっていいんでしょうかw

口座開設もかなり早いです!思い立ったらすぐ行動できますね!

まとめ:リスクはあるがリターンも期待できる

いかがだったでしょうか?

トライオートETFの魅力とリスクはご理解いただけたでしょうか?

ノガミ
ノガミ
大きくリターン狙いたいね!

思ったよりずっと簡単に始める事ができるので、さっそくはじめましょう!

リスクをとって、積極的にリターンを求めたい方に、トライオートETFは非常にオススメできます!

 

以上、「【徹底解説】トライオートETFとは? 特徴・評判・リスクなどまとめてみた」でした!

今のところほったらかしでガンガン利益が出ています。

ナスダックは日本時間の夜中に取引が行われているので、今は朝起きるのが楽しみで仕方ないです。笑

 

\トライオートETFができるインヴァスト証券はコチラから/

インヴァスト証券でトライオートETFをはじめてみる

トライオートETFの始め方

トライオートETFをはじめるにあたり、トライオートETFの概要から実際に口座を開設し、運用開始するまでの流れを記事にしています。

この記事を見て、トライオートETFの運用を検討している方は参考にしてみてください。

1.トライオートETFとは?

当記事でトライオートETFの基本をイチから解説しています。

 

2.トライオートETFの登録方法

登録方法(口座開設方法)はコチラから!

 

3.トライオートETFの運用結果・よもやま話

トライオートETFの運用結果とよもやま話です。

 

トライオートETFを始めてみたいけど、元手がない…という方に

ノガミ
ノガミ
トライオートETFを始めてみたいけど、元手もないしリスクがありそうで少し不安…。

そんな方には、同じインヴァスト証券から元手資金ゼロで始められる「マネーハッチ」というサービスがあります。

還元率1%のクレジットカード(インヴァストカード)の利用料に応じたポイントが付与され、そのポイントで海外ETFに投資することができます。

これならリスクもほぼないので気軽に始められますね。投資初心者や未経験の方にはかなりオススメできますよ。

関連記事:【マネーハッチ】クレジットカードのポイントで元手資金ゼロからはじめられる資産運用

 

 

 

 

 

 

ツイッターで資産運用について発信中!