【トライオートFX】自動売買セレクト「コアレンジャー_豪ドル/NZドル」を運用開始!始め方・選び方を説明

どうも!資産運用に1,000万円以上つっこんでいるノガミです。

今まで、トライオートETFでしか使えなかった自動売買セレクトが、7/14のバージョンアップでトライオートFXでも使えるようになりました!

>>【トライオートETF】インヴァスト証券のセミナーに参加!自動売買セレクトがバージョンアップでさらに使いやすくなる!

初心者の方にもとてもかりやすく使いやすいツールなので、トライオートFXをはじめるならここからがいいですね!

プログラムを選んで購入するだけで自動売買がはじまります。

FX版自動売買セレクトでは、2つにロジック「コアレンジャー」と「スワッパー」が提供されています。

早速今日からコアレンジャーでの運用を開始しました〜!

※期間限定で最大20,000円キャッシュバック中!

 

運用するのは「コアレンジャー_豪ドル/NZドル」

今回運用するのは、「コアレンジャー_豪ドル/NZドル」

このロジックは圧倒的なリターン率。

▼圧倒的なリターン率

2017年1月からの現在まで約1年半で期間リターン率は驚異の62%……!

このリターン率のままいけば、2〜3年で原資が回収できてしまいます。笑(ま、そんなことはないだろうけど)

とはいえ、過去2年の結果がこの実績になるので可能性としてはありますね〜。

今回の数量は「1,000」で推奨証拠金は13万円程度なのでお手軽に投資できますね。

※ぼくは原資が足りなくて10万円で運用しています。強制ロスカットは避けたいので証拠金維持率が低下してきたら追加入金する予定です!

▼現在の口座状況

赤枠で囲った部分が今回運用をはじめたコアレンジャーです。

すべてあわせても今のところ証拠金維持率も1000%を超えているのでかなり安心してみています。

※期間限定で最大20,000円キャッシュバック中!

AUD/NZDを選んだ理由

驚異的なリターン率をなのはもちろん、レンジの中で売って買ってを繰り返すコアレンジャーにはもっとも最適な通貨ペアだと思っているからです。

▼過去10年のチャート

過去10年間を見ると、下限1.01ドル〜上限1.35ドルあたりまで、

他の通貨ではだいたい0.5ドル幅以上のレンジ相場となっている中で、0.35ドル程度とかなり狭いレンジ相場となっています。

それだけ行ったりきたりするので、自動売買では「注文⇛約定」する流れが他の通貨ペアよりも多くなり、どんどん利確していきます。

なので、先程のリターン率も高いということが言えます。

AUD/NZDは自動売買には向いた通貨ペアだと思いますよ。

なお、トライオートFXの特徴と最新の運用結果は「トライオートFXって?特徴は?ブログで設定・実績公開【評判・クチコミ】」で詳しく解説していますのであわせてご覧ください。

 

 

自動売買FXの通貨ペア

現在、トライオートFXとトラリピで自動売買FXを運用しています。

通貨ペアは以下の通り。

  • コアレンジャーの通貨ペアはAUD/NZD
  • トライオートFXで他に運用している通貨ペアはAUD/USD
  • トラリピ(自動売買FX)では、NZD/USD

と、自動売買に向いた通貨ペだと言えるAUD、NZD、USDの組み合わせとなってしまいましたw

AUD、NZDは過去のチャートを見ても狭いレンジ相場となっているので、自動売買にはオススメできる通貨ペアです。

結果はもちろんこのブログで追記していきます!

※期間限定で最大20,000円キャッシュバック中!

 

トライオートFXの始め方

トライオートFXの概要から実際に口座を開設し、運用開始するまでの流れを記事にしています。

トライオートFXの運用を検討している方は参考にしてみてください。

トライオートFX 特徴トライオートFXの評判・実績

トライオートFXってなに?儲かるの?という疑問に答えるべく基本をイチから解説しています。運用実績もすべて公開しつつメリット・デメリットについても検証しています。

>>この記事を読む

 

トライオートFX損失への対策

トライオートFXで損失が出てしまう理由と、損失に対応する方法を考えました。トライオートFXは絶対にロスカットは避けるべきでしてそれに対する対策を紹介しています。

>>この記事を読む

 

トライオートFXトライオートFXの運用結果

トライオーFXの運用結果を毎週更新しています。これまでのの実績推移もあり、これからトライオートFXを始めようとしている方にはとても有益な情報です。

>>この記事を読む

 

ABOUT ME
ノガミ@1000万円資産運用中
資産運用を初心者にもわかりやすく解説しています。

元駄菓子屋ラガーマンという異色の経歴の持ち主
>>元駄菓子屋ラガーマンがなぜ30代運用男子になったのか!?

コチラの記事も読まれています