初めての資産運用はウェルスナビ。その理由は

【トライオートETF】ナスダック100トリプル_ライジングを運用!元本40万円・2日で+7000円超え!

どうも!資産運用に1,000万円以上つっこんでいるノガミです。

ノガミ
ノガミ
前回、ナスダック100トリプルライジングで運用するって言ってたよね?結果は?

前回の記事「【トライオートETF】ナスダック100トリプル_ライジングで運用開始!結果も公開!」でナスダック100トリプル_ライジングで運用を開始しました。

運用開始した次の日、これはいける!と判断し、元本20万円から、さらに20万円増額して合計40万円で運用しました。

果たして、元本40万円で運用した2日目の結果は…!?

 

トライオートETF:元本増額

6/11から運用をはじめたインヴァスト証券の「トライオートETF」

当初20万円で運用していましたが、

「これ、もしかしてすごい利益とれそう」

と判断し、20万円増額して合計40万円で運用しはじめました!

結果次第ではさらに増額することも考えています。

元本40万円で運用後2日目の結果

運用して2日目の結果がコチラ

元本400,000円 → 407,643円(+7,643円)

元本を増額して2日目で+7,643円、月利にすると1.9%ということになり、

年利で考えると、22%超え。

このままのペースで利益が重なっていくと元本2倍いってしまいそうなレベル…!

運用2日目としては十分すぎる結果です。

 

含み損が2,841円ありますが、1日目終了時点では含み損は7000円以上あったのでだいぶ減りましたね。

これはそのうち含み益になり利確されるはずです。

インヴァスト証券のトライオートETF


トライオートETFとは、ざっくり言うと「ETFの自動売買」です。

レバレッジがあり、リスクは高くなりますが、その分リターンも大きくなります。

普通にETFを買うよりは、ハイリスク・ハイリターン商品と言えます。

相場が動くたびに自動で売買をしてくれる自動売買で、そのプログラムはすでに数十種類!

自分の気に入ったものを選ぶだけで運用が開始できますよ。

ナスダック100トリプルを運用しています

ぼくは今回、「ナスダック100トリプル」というプログラムで運用しています。

この商品、通常のナスダック100の3倍の値動きをします。

値動きが激しくリスクが高め、ですが現状の右肩上がりのナスダック100では非常に有効なプログラムになります。

▼右肩上がりのナスダック

プラグラム名の後ろにつく「_スリーカード」や「_追尾」、「_ライジング」というプログラムには異なるロジックがあります。

ぼくは、「スリーカード」と「ライジング」で運用しています。

その理由ですが、ライジングはナスダックが右肩上がりの現状、テスト運用結果は抜群なんですが、下落相場では利益を出すことができません。

スリーカードは下落相場でも利益を出すことができるので、いつか絶対に来る下落相場への対応ということで、スリーカードでリスクヘッジもしつつライジングで大きく利益を取りにいきます。

その結果、ライジングとスリーカードを3:2の割合で保有することにしました。

元本を20万追加し、合計40万円で買い増し。

現在は、ライジング8口、スリーカード4口という状況です。

なお、現在のトライオートETFの運用結果はこちらの記事「トライオートETFをレビューする【ブログで評判・実績公開】」で随時更新していますのであわせてご覧ください。

 

まとめ

運用し始めて日は浅いですが、順調に利益を伸ばしてくれてます。

しかも自動売買ですので完全ほったらかしで運用できています。

さらにナスダック100トリプルは右肩上がりの現状に非常にマッチしたプログラムなので効果的に利益を積み重ねてくれてますね。

なので、このまま運用していきます!

 

トライオートETFの始め方

トライオートETFをはじめるにあたり、トライオートETFの概要から実際に口座を開設し、運用開始するまでの流れを記事にしています。

そもそもトライオートETFってなに?という方や、トライオートETFを始めようと思った方はぜひご覧ください。今のうちに始めてガッツリ利益取りましょう。

トライオートETFの評判・実績

トライオートETFってなに?儲かるの?という疑問に答えるべく基本をイチから解説しています。運用実績もすべて公開しつつメリット・デメリットについても検証しています。

>>この記事を読む

 

コストを検証する(手数料など)

トライオートETFの手数料って?スプレッドはかかってるの?そんな疑問に答えています。結論から言うと、完全自動でこの手数料は”安い”その理由を解説しています。

>>この記事を読む

 

ロスカット対策3選

トライオートETFは右肩上がりの相場に”買い”のみでエントリーします。暴落時は大きな損失の可能性があるためロスカットに対する対策が必要です。現状考えられるロスカット対策を3パターン検証しています。

>>この記事を読む

 

ABOUT ME
30代運用男子ノガミ
資産運用を初心者にもわかりやすく解説しています。

元駄菓子屋ラガーマンという異色の経歴の持ち主
>>元駄菓子屋ラガーマンがなぜ30代運用男子になったのか!?

↓↓↓最新の更新情報を配信

follow us in feedly

コチラの記事も読まれています