iDeCo(イデコ)とつみたてNISA(積立NISA)を徹底比較!余裕があるなら併用もOK

ideco - iDeCo(イデコ)とつみたてNISA(積立NISA)を徹底比較!余裕があるなら併用もOK
ideco - iDeCo(イデコ)とつみたてNISA(積立NISA)を徹底比較!余裕があるなら併用もOK
投資初心者
iDeco(イデコ)とつみたてNISAってどっちがいいんだろ?
ideco - iDeCo(イデコ)とつみたてNISA(積立NISA)を徹底比較!余裕があるなら併用もOK
のがたか
お互いの特徴をよく確認!

どうも!30代運用男子!!のがたかです。

今回はiDeco(イデコ)とつみたてNISAの違いを確認します。

どちらも税金対策・節税におすすめの制度として認知されていますが、「じゃあ実際どっちがおすすめなの?」という疑問。

今回は、イデコとつみたてNISAの違いを解説しつつ、どちらを選ぶべきか解説していきます。

どちらが良いとか悪いとこではなく、自分にあった制度を活用するのが重要です。

なんだったらどちらも使うことができますよ。

これからイデコやつみたてNISAを始めようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

iDeCo(イデコ)とは?

ideco - iDeCo(イデコ)とつみたてNISA(積立NISA)を徹底比較!余裕があるなら併用もOK

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度です。
この制度への加入は任意で、ご自分で申し込み、ご自分で掛金を拠出し、自らが運用方法を選び、掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受けることができます。
また、掛金、運用益、そして給付を受け取る時には、税制上の優遇措置が講じられています。国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための資産形成方法のひとつとしてご活用ください。

引用元:iDeCo公式サイト

ざっくり言うと、

「現在の年金制度に不安・不満があったり、60歳以降もらえる年金以上に年金をもらいたい場合、自分で毎月積み立てして将来受け取る年金制度」

ということになります。

実際、年金制度はすでに破綻しているなんてことも言われたりして、受取が開始できる年齢もどんどん引き上げられるのは目に見えてます。

イデコのメリット・デメリット

主なメリット

  • 税金が安くなる(所得税・住民税が節税できる)
  • 運用利益や利息に税金がかからない(通常約20%)

主なデメリット

  • 60歳になるまで引き出せない(積立を停止することはできるが引き出せない)
  • 手数料がかかり続ける(積立停止中でもかかる)
  • 積立額を変えられるのは年1回だけ

最大のメリットは積み立てるだけで節税ができるという点。積立金(掛け金)が所得控除され税金が戻ってきます。

▼簡単なシミュレーション

  • サラリーマン 年収500万円
  • 妻・子供あり
  • 毎月の掛金23,000円(会社員が企業年金をしていない場合の限度額)
ideco - iDeCo(イデコ)とつみたてNISA(積立NISA)を徹底比較!余裕があるなら併用もOK

上記の一般的なサラリーマン家庭のシミュレーションの場合、年間43,000円の節税ができます。

掛け金は年間で276,000円で税金として43,000円が節税になるので、利回りで言うと15%を超えているとてつもない数字になります。

iDeCoはメリットも多い反面、60歳まで引き出せない・解約できない、さらに言うと手数料はかかり続けるという厳しい条件(デメリット)が存在します。

使う人を選ぶ制度ですね。

 

つみたてNISA(積立NISA)とは?

ideco - iDeCo(イデコ)とつみたてNISA(積立NISA)を徹底比較!余裕があるなら併用もOK
ideco - iDeCo(イデコ)とつみたてNISA(積立NISA)を徹底比較!余裕があるなら併用もOK
投資初心者
つみたてNISA?

つみたてNISAは少額投資非課税制度という国によって決められた制度です。

つみたてNISA以外に一般NISAもあり、1人につきどちらか一方の口座を開設することができます。

つみたてNISA・一般NISA(少額投資非課税制度)とは?

利益に対して約20%かかる税金が非課税になる制度のことです。

日本に住む20歳以上の方が対象で、投資目的などに合わせて、「一般NISA」か「つみたてNISA」を選べます。

※毎年決まった非課税投資枠が設定されています。

そもそもつみたてNISAの前提として、取引方法は定期的に継続した買付け(積立)である必要があります。

カンタンにいうと、「積立投資専用のNISA」であると言えます。

つみたてNISAのメリット・デメリット

メリット

  • 運用利益や利息に税金がかからない(通常約20%)
  • 管理手数料等はかからない
  • いつでも売却できる

デメリット

  • 所得税・住民税は節税できない
  • 投資できる商品が限定されている

イデコと同様に、運用している商品の運用利益や利息は非買税の対象となります。

イデコでは可能だった、住民税や所得税の節税対象にはなりません…。

その反面、いつでも引き出しが可能です。イデコと比較すると大きなメリットとなります。

投資できる商品は投資信託やETFなどのあらかじめ決められた商品に限るという条件があります。

つみたてNISAはつみたてNISAとは?メリット・デメリットやおすすめ証券会社までゼロから解説!で詳しく解説しています。

おすすめファンドはこちら:つみたてNISAおすすめファンド5選!銘柄の選び方も解説

ideco - iDeCo(イデコ)とつみたてNISA(積立NISA)を徹底比較!余裕があるなら併用もOK
【2019】つみたてNISA(積立NISA)おすすめインデックスファンド5選【銘柄比較】 どうも!30代運用男子!!のがたかです。 つみたてNISAのおすすめ投資信託について解説していきます。 ...

 

イデコとつみたてNISA:比較

イデコとつみたてNISA、どちらも節税できる制度です。

共通点としては、投資した商品の運用益が非課税となるところ。

通常は、運用益の20.315%(所得税+住民税)が税金としてかかります。

ですが「イデコ」と「つみたてNISA」で運用すれば、税金ゼロで100%の利益を受け取れます。

年間10万円の利益が出たとすると、そのうち2万円は税金、手元に残るのは約8万円ということですね。

イデコとつみたてNISAの違い

iDeCo(イデコ)つみたてNISA
非課税投資枠14万4000円〜81万6000円40万円/年
非課税期間60歳まで最長20年間
非課税投資総額運用益・所得税・住民税運用益の最大800万円
対象商品一部の投資信託、債権、預金など一定の要件を備えた投資信託など
いつでも引き出し不可可能
途中解約不可可能

イデコ最大のメリットは所得税・住民税が節税になる点。

つまり、所得がない方・所得が低い方はイデコの恩恵を受けることができません。

その場合のメリットは運用益が非課税になる場合のみ。なのに60歳まで資金がロックされるという大きなデメリットを抱えなければいけません。

そんなときは、つみたてNISAが有利です。

つみたてNISAはイデコと同様に運用益は非課税なのに対し、いつでも引き出し可能・途中解約も可能です。余計な手数料もかかりません。

 

イデコ・つみたてNISAをおすすめする人・しない人

2つの制度は、いつお金を使うのか?どのようなことにお金を使うのか?

その辺の考えで使い分けるのがいいですね…!

例えばイデコを使うべき人は、

  • 「国民年金だけでは老後が不安…。」
  • 「節税しつつも老後資金を備えたい」
  • 「所得が多くお金が余っている方」

以上のような方が使うべき制度だと思っています。

前提として、イデコは個人型確定拠出年金、つまり自分専用の年金ということをまずは理解してください。

以下のような方はイデコに加入するのはおすすめできません。つみたてNISAを使うべきです。

  • 「老後より先に、10年後の住宅の購入を見据えてる」
  • 「子供の教育資金に積み立てたい」

特に一般的なサラリーマンの方は月々の収支が厳しいにもかかわらず無理してイデコをする必要はないと思います。

※ぼくの超個人的な意見ですが、60歳以降あまり動けないときにお金があってもうまく使えないんじゃないかと思っています。それであるならば体が元気なうちに自分の事業などに使いたい。その方が有益だと思っています。

イデコとつみたてNISAの併用も可能

とはいえ、「どちらも同じくらい大事だ!」という方もいらっしゃると思います。

そのような方は、実はどちらかではなく、どちらも併用することが可能です…!

イデコの最低積立額は5,000円、つみたてNISAは100円から可能です。思いの外、多くの資金は必要ないんですね。

 

まとめ:イデコとつみたてNISAどっちがいい?

ideco - iDeCo(イデコ)とつみたてNISA(積立NISA)を徹底比較!余裕があるなら併用もOK

イデコやつみたてNISAの使い分け、併用は個人の考え方による部分が非常に大きいです。

ぜひご自分の状況に合わせて選択してほしいです…!

誰かがお得と言ってるから…で決めるのはよくないですよ。

繰り返しになりますが、両者のメリット・デメリットはしっかり把握してください。

いざとなったときに引き出せない…。ということはあってほしくないので。

 

イデコ・つみたてNISAなら楽天証券がおすすめ!

楽天証券は次々と革新的な取り組みをしている証券会社で、今一番注目されているのは「楽天スーパーポイントで投資信託が買えるポイント投資」です。

もちろんつみたてNISAにも対応!

ポイントで投資なので実質リスクゼロ…!これから投資をはじめてみたい方も痛手なくお手軽にはじめることができますよ。

ideco - iDeCo(イデコ)とつみたてNISA(積立NISA)を徹底比較!余裕があるなら併用もOK

>>マンガの続きを読む

 

 

 資産運用初心者におすすめの投資5選

-
POINT


右も左もわからない投資
初心者にやさしく解説!

ほったらかしでOK!運用したらやることなし!

当サイトが厳選しておすすめする投資5選を紹介

 

\ マンガの続きを読む /

はじめての自動売買FXはこちら!キャンペーン中!

アイネット証券ループイフダンなら3ステップでかんたんに運用開始!

>>詳細はこちら

マネースクエアトラリピ独自の機能「決済トレール」で利益最大化!

>>詳細はこちら

質問や相談はこちらからお気軽にどうぞ!

  • STEP01
    コメント欄に記入

    下記コメント欄にお気軽にメッセージを書いてください。

    必ず回答致します!

  • STEP02
    LINE@で直接メッセージ!

    • スマホでご覧の方はこちらをタップ!
    • PCでご覧の方は以下のQRコードをスマホで読み取ってくださいね。

  • STEP03
    ツイッターで聞いてみる

    • ツイッターアカウントはこちらから
    • @noggylogを投稿文に入れて話しかけてもOK!

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA