ロボアドバイザー結果

WealthNavi(ウェルスナビ)で16ヶ月経過。評判・利回り・実績をブログで検証!

このブログは仮想通貨を中心に発信していますが、実はその裏で淡々と資産運用しています。

完全お任せで運用してくれるWealthNavi(ウェルスナビ)を運用しています。

ぼくが運用を始めたのは2017年3月頃。

その頃はロボアドバイザーの黎明期とも言っていいくらい情報も少なく、運用実績もあまり出回っていなかった印象です。

その中でWealthNaviを選んだ理由は、海外(米国)ETFでの運用だったことと、投資のバランスがよく自動でリバランスを行ってくれることが決め手でした。

現在では、運用の評判もよく信頼できるサービスです。

その評判のWealthNavi (ウェルスナビ)に投資をはじめて16ヶ月が経過したので、運用結果をすべて公開します!

皆さんが期待している通りのパフォーマンスなのか?

ぼくの運用実績を基に検証していきます!

さらに、ここまでの振り返りと今後についても考察していきます。

ノガミ
ノガミ
結論から言うと、プラスです!

WealthNavi(ウェルスナビ)って?

WealthNavi(ウェルスナビ)はざっくり言うと、

ロボアドバイザーによる国際分散投資を自動的に運用してくれるサービスです。

ロボアドバイザーとは?

ロボアドバイザーroboadvisor)は、運用会社や証券会社などが、最新のAI(artificial intelligence=人口知能)等を利用して、インターネットやアプリを通じて、投資助言、あるいは投資助言と運用を提供するサービスのことです。

つまり、最新のAIを利用して投資助言を行うロボットです。

出典:ロボアドバイザーとは | 投資信託の投信資料館

ロボアドバイザーについてもっと知りたいという人はコチラの記事をどうぞ。

参考:【ローリスク&安定】ロボアドバイザーとは?特徴・リスクなどまとめてみた

事実、ぼくはこの1年間なんにもしていません!

投資しているのを忘れてしまうくらいです。(お金を入金しているだけ)

 

世界経済と比較

この1年間の世界経済と比較してみます。(金融の中心:NYダウ平均株価と比較)

▼ダウ平均株価

▼ウェルスナビ

世界の株式市場は1月終わりから急激に価格が下落しました。

もちろんウェルスナビもこのときに下落してしまい、含み損になっています。

ツイッター上でもウェルスナビがマイナスになってしまったとのツイートが溢れました。

その時、ドル建での結果は?

2018年2月株価が暴落したときのドル建ての結果を確認してみましょう。

WealthNavi(ウェルスナビ)は基本的には米国ETFを運用しているのでドル建てが基本です。

つまり、ドル建てが本当のWealthNavi(ウェルスナビ)のパフォーマンスとなります。

(円建て換算すると、為替の影響を受けるためウェルスナビ本来のパフォーマンスとは言えないのです。)

その時のドル建ての結果がコチラ

結果は、+333ドル(+5.36%)

先ほどの円建てより高い結果となっています。これが本来のWealthNavi(ウェルスナビ)のパフォーマンスです。

世界経済の状況が悪い中でも、かなり高いパフォーマンスを誇っています!

ノガミ
ノガミ
この状況でも高パフォーマンスを出してるウェルスナビは本物!

ここまでの運用実績

それでは運用実績です。

2017年3月から30万円の元本からスタートし毎月積み立てを行い、元本総額71万円です。

▼2018年1月21日(運用開始10ヶ月)

円ベースで+89,046円(+13.49%)の含み益です。

 

▼2018年4月2日(運用開始12ヶ月)

運用開始してちょうど1年後の実績です。

2月の株式市場の暴落を受け含み益は減ってしまいましたが復調傾向ですね。

▼2018年8月1日(運用開始16ヶ月)

ウェルスナビ※途中10万円抜いています。

そしてこれが今の実績です。現状の結果としては、

+60,788円(+8.36%)となっています。

正直、パフォーマンス良すぎですね。笑

ウェルスナビに期待している人も満足の結果じゃないでしょうか?

ちなみに最大含み益は、2018年1月22日に+14.33%でした。

▼今までの実績を表にしました。

※2018年6月に136,143円出金しています。

月によって含み損益にバラツキがあります。このくらいは全然変動しますね。

幸いぼくの運用実績はほとんど含み損になっている期間はないのですが、含み損になっても長期的に見るとプラスになっていく可能性が高いので焦らずそのまま様子見しましょう。

ウェルスナビの運用プラン

ウェルスナビはカンタンな質問に答えるだけで自動的に自分にあった運用プランを作成してくれます。

▼運用プラン

ウェルスナビでの運用プランは「リスク許容度」という指標です。リスク許容度が高ければ高いほど、積極的な運用になります。

ぼくの運用プランはリスク許容度5/5、ウェルスナビでは一番積極的なポートフォリオが作成されます。(主に株式中心)

ちなみにぼくの運用プランでいくと、20年後には72%の確率で1,000万円以上になる予定です!(なってほしい

長期的目線で運用しよう

WealthNavi(ウェルスナビ)に投資する上でのポイントも書きます。

2018年からウェルスナビをはじめた方は、短期的に見ればマイナスになっている状況です。

 

ただし、ウェルスナビは本来長期的目線で運用していくものです。

 

短期的にマイナスで辛いという方は下記の話も参考にどうぞ。

含み損に耐えながら、淡々と有望な銘柄の枚数増やしていけば、大きな果実が得られる可能性がある。
これが投資の面白さですね。「リスクを取る」ということです。
答え合わせは早くて3年後。リーマンショック級だとしたら、5年後を見るべし。仮想通貨はそのくらいの時間軸で考えてます。

リーマンショック後は、含み損が4年続いたんですよ。

この話は仮想通貨の話なんですが、ほかの投資でも同じことだと思っています。

ぼくは運用開始したのが早かっただけでマイナスになることはほぼありませんでしたが、マイナスになったとしても一喜一憂することはなく淡々と積み立てていきます。

手数料1%は高い!?

ウェルスナビの運用手数料は1%で、少し高いという意見も多くあります。


うーんこれ、ほんとに高いのかなと思って実際に調べてみました。


つまり、分配金で手数料は相殺できています。むしろ分配金が上回っています。

同じようなポートフォリオを組んで自分で運用することで手数料をもっと下げることはできます。

ですが、自分でやる手間と分配金のことを考えたら、完全お任せで運用できるWealthNavi(ウェルスナビ)の手数料1%は逆に安いと感じますね!

まとめ:ロボアドバイザーならウェルスナビ!

ここまでWealthNavi(ウェルスナビ)運用して感じたポイントをまとめます。

  • 世界経済が厳しい状況でも高いパフォーマンス
  • 短期的にはマイナスでも長期的に見ればプラスになる
  • 完全お任せ運用は投資経験が少ない人でも超楽チン

 

働く世代の資産運用で一番ネックなのは時間があまり割けないということ。

完全おまかせで投資ができるので、忙しいサラリーマンや主婦の方、さらには投資初心者にもおすすめできます。

ウェルスナビは正直ほんとにやることがないので退屈と言えば退屈ですが。笑

コツコツ積み立てていけば、数年後にはただ貯金しているだけの方と比較すると大きな差が出てくるでしょう。

登録も気軽にサクッとできるのでこの機会に始めてみましょう!

はじめての投資&ロボアドバイザーに興味がある方にWealthNavi(ウェルスナビ)は超オススメです。

 

ウェルスナビをはじめるにあたり、概要から実際に口座を開設し、運用開始するまでの流れを記事にしています。

>>ウェルスナビの登録方法(口座開設方法)はこの記事から!

 

ウェルスナビと同じく評判の高いTHEO(テオ)ぶっちゃけどっちがいいのか比較してみました。

>>ウェルスナビとTHEO(テオ)を徹底比較!実績・手数料・サービス

現在キャンペーン中です!

積立を開始すると最大3000円もらえるキャンペーン実施中です!

以下、2つの行動が必要になります。

・キャンペーンにエントリー

・3ヵ月連続で自動積立を行ったお客様(1ヵ月目は新規の積立)

積立金額に応じて最大3000円をキャッシュバック

8月22日までのキャンペーンなので登録はお早めに。

 

\現在キャンペーン中!最大3000円キャッシュバック/

ツイッターで資産運用について発信中!