ウェルスナビの手数料1%は高い?徹底解説!【分配金で相殺できる】

どうも!資産運用に1,000万円以上つっこんでいるノガミです。

ウェルスナビを運用して16ヶ月以上が経ちました。

投資初心者
投資初心者
ウェルスナビの手数料1%は高いって言わてるけど本当?
ノガミ
ノガミ
実際に高いかどうか検証してみよう!

ということで、よく「ウェルスナビの手数料1%は高い」と言われていますが、本当に高いのか、それとも安いのか検証してみました。

結論から言うと、

  • 投資初心者や時間がなく忙しい方は、「安い」
  • 投資経験豊富で海外ETFなどウェルスナビに頼らず投資できる方は、「高い」

 

今回の記事の内容
  • ウェルスナビの手数料は高いけど安い!【レビュー】
  • ウェルスナビの手数料【具体的に説明】
  • ウェルスナビの分配金【分配金で手数料が相殺できる】
  • ウェルスナビを始める3手順【超カンタン】

この記事を読めば、ウェルスナビの手数料のことがすべて分かります。ぜひじっくり見てください。

※期間限定で最大5,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

 

ウェルスナビの手数料は高いけどかなり安い!

ウェルスナビの手数料は1%です。※預り金3,000万円を超える部分は0.5%

100万円で運用していたとしたら、年間約1万円の手数料です。

ツイッターなどの口コミでは高いという声も多くあります。

再度、結論です。

  • 投資初心者や時間がなく忙しい方は、「安い」
  • 投資経験豊富で海外ETFなどウェルスナビに頼らず投資できる方は、「高い」

ウェルスナビを運用している多くの人は、毎日忙しい生活を送っているサラリーマンではないでしょうか?

そんな毎日を送っていたら、海外ETF・債権・金などの運用+リバランス+DeTax(税金の最適化)ってできるでしょうか?

ぼくはできません……。

そういった方から考えると、お金預けるだけで自動で運用してくれるので、「安い」と思います。

投資経験豊富な方はそもそも自分で運用できるはずなので、手数料は高く感じると思いますし、ロボアドバイザーはやる必要ありませんよね。

ということで、立場の違いによって高いか安いかは異なりますが、運用してる方にとっては「安い」と思っています。

なお、ウェルスナビの詳しい解説(メリット・デメリット)はコチラ。これまでの実績推移はすべて公開しています。
>>WealthNavi(ウェルスナビ)で19ヶ月経過【評判・実績をブログで解説】

 

ウェルスナビの手数料【具体的に説明】

手数料1%とありますが、実際の内訳を見てみましょう。

手数料内訳:

  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 売買手数料(金融商品買付け時の手数料)
  • 為替手数料(円とドルの交換時の手数料)
  • 為替スプレッド(為替取引時の手数料)
  • リバランス(資産配分を変更する時の手数料)
  • DeTAX(自動税金最適化の手数料)

以上の内容が手数料1%に含まれています。

って、含まれすぎ!!と思いませんでしたか?

自分で投資するときはこの辺の手数料も考えて投資しなくてはいけません…。

手間と労力を考えたら……もう結論は出てますよね…!

他にかかる費用は?

他にかかる手数料としては、税金と海外ETF運用するための信託報酬がかかります。

税金は0.08%、信託報酬は0.11%〜0.14%かかります。

上記の手数料1%と合計すると、約1.2%が運用にかかる費用ということになります。

 

ウェルスナビの分配金【分配金で相殺できる】

ウェルスナビは海外ETFに投資しているため分配金を受け取ることができます。

※特に何かすることはなく勝手に口座に振り込まれています。

▼実際に振り込まれた分配金

ウェルスナビ 分配金

そこで実際に手数料と分配金どちらが多いのか調べてみました。

ウェルスナビの手数料と分配金の関係が気になったので調べてみた。

H29.3〜H30.2の1年間で

・手数料は、5,124円
・分配金は、8,087円

ってことは手数料1%は少し高いものの、分配金で手数料以上にもらってるってことだ

分配金にはあまり言及されてなかったイメージなので、ちょっと気になって調べてみたら、手数料以上に分配金を受け取っています。

ウェルスナビを運用するには手数料1%はかかりますが、分配金で相殺以上になると考えると、相当コスパはいい印象です。

※期間限定で最大5,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

長期割が新設されました。

ロボアドバイザー各社に先立ってウェルスナビから手数料割引サービスの「長期割」が新設されました。

「長期割」は、最大0.90%(年率)まで段階的に手数料を割り引きます。

割引幅は長期割判定額によって異なり、「50万円以上~200万円未満」なら0.01%、「200万円以上」なら0.02%を割り引きます。

とのことで、預け資産と運用期間によって段階的に割引されます。

▼長期割

預け入れ資産が50万円以上なら5.5年で段階的に手数料0.9%に、

200万円以上なら3年で手数料0.9%になります。

長く運用している方に還元するサービスなので非常に好印象ですね。

DeTAX(自動税金最適化)でさらに割安に

ウェルスナビには自動税金最適化と呼ばれるDeTAX機能がついています。

配当やリバランスなどによって生じる税負担が一定額を超えた場合に、お客様のポートフォリオ組入銘柄の中に含み損がある銘柄があれば、その銘柄を一旦売却しすぐに買い戻すことによって損を実現し、益と相殺することでその年の税負担を軽減します。

カンタンに説明します。

①ウェルスナビで一定以上(2万円以上)の税負担が発生

②ポートフォリオの中で含み損となっている銘柄を売却

③売却した銘柄を同じ数量、同じ価格で買い戻す

※この作業をウェルスナビが自動で行ってくれます。

こうすることで、損失と利益を相殺して税負担を少なくする(節税)仕組みとなっていて、節税できた分は再投資しているので資金効率が格段にアップします。

DeTAX機能によって年間0.4~0.6%程度の負担減となるそうです。

最終的に手元に残るお金をより多くしてくれる仕組みがウェルスナビには備わっているんですね。

ウェルスナビのデメリットとして手数料1%が高いと言われていますが、このDeTAX機能があることを考えると手数料は0.5%程度。

他社は軒並み手数料1%なので割安です…!

 

まとめ:ロボアドバイザーならウェルスナビ!

ウェルスナビの手数料1%は「安い」と言えますね!

特に本業が忙しいサラリーマンの方にはほったらかしで運用できてかなりおすすめです。

無料で登録して入金するだけで運用開始できるので、気軽にサクッと始められますよ。

※期間限定で最大5,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

 

現在キャンペーン中です!

3つのキャンペーンが同時展開中です!

始めるのが今が超お得なキャンペーン中です。ぼくが口座開設したときは何もなかったので羨ましいですね……。

詳しくは下記のキャンペーンまとめ記事で紹介しています。

>>ウェルスナビのキャンペーンで今一番お得に始める!

 

ウェルスナビの始め方

ウェルスナビの概要から口座を開設し、運用開始するまでの流れを徹底解説中!この記事を見て、ウェルスナビを始めてみたい!と思った方はぜひ読んでください。

無料でサクッと始められるウェルスナビ、未来のために投資しましょう。

wealthnavi ウェルスナビウェルスナビの評判・運用結果

ウェルスナビってなに?儲かるの?という疑問に答える基本をイチから解説しています。運用実績もすべて公開しつつメリット・デメリットについても検証しています。

>>この記事を読む

 

ウェルスナビの手数料を徹底解説

ウェルスナビの手数料1%は高いと言われているけど本当に高いの?そんな疑問に答えています。結論から言うと、完全自動でこの手数料は”安い”その理由を解説しています。

>>この記事を読む

 

ウェルスナビウェルスナビの損失・デメリットは?

ウェルスナビの運用で損失することあるの?デメリットはないの?そんな疑問に徹底的に答えています。損失リスクはあるけれどそれ以上にロボアドバイザーの魅力がありました。

>>この記事を読む

 

おすすめロボアドバイザーをランキングで発表

ぼくがロボアドバイザーを運用した実績や調べた内容から「特に質が高く、コスト面・サービス面でも優秀なロボアドバイザー」をまとめています。

「とにかく実績がいいもの」という人もいれば、「とりあえず試しに低予算で始めてみたい」のように、目的・好み・重視するポイントが異なります…!

人によって最適なロボアドバイザーは当然違ってくるかと思いますので、目的・特徴別のランキング形式にしてまとめています。

まだ迷っている方・もう少しロボアドバイザーを見てみたい方は必見です。

>>【2018】ロボアドバイザーおすすめランキング【5社を比較レビュー】

 

ABOUT ME
ノガミ@1000万円資産運用中
資産運用を初心者にもわかりやすく解説しています。

元駄菓子屋ラガーマンという異色の経歴の持ち主
>>元駄菓子屋ラガーマンがなぜ30代運用男子になったのか!?

コチラの記事も読まれています