【禁断の方法】ウェルスナビの手数料1%を劇的に抑える!もう高いと言わせない

どうも!資産運用に1,000万円以上つっこんでいるノガミです。

投資初心者
投資初心者
ウェルスナビの手数料って高いって言われてるけど安くする方法ないんかな…。
ノガミ
ノガミ
禁断の方法を伝授します…!

今回はウェルスナビのリスク許容度についてお話します。

今回の記事の内容
  • 手数料を抑える禁断の方法とは?
  • 具体的にどのくらい安くなるのか検証
  • ウェルスナビ単体でも抑えられる

この記事を書いているぼくはウェルスナビに投資して20ヶ月運用、最大+12%以上の利回りを経験しています。

ウェルスナビと同じリターンながらも手数料を思いっきり下げられる方法思いついたぞ…!
ちょっとめんどくさいけど😂

先日こんなツイートをしました。その方法ですね。

結論から言ってしまうと、この方法を使えばトータル手数料0.6%代まで抑えることができます…!

これからウェルスナビを始めたいけど、手数料高いしな〜と躊躇していた方はぜひこの記事を読んでみてください!

※期間限定で最大5,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

ウェルスナビ:リスク許容度はいくつ?【結論】

ウェルスナビの手数料は1%です。

この手数料が高いか否か。

結論を言うと額だけ見ると高い。でも手間を入れて考えると安いと思っています。

リバランスや買付けを自動でやってくれるので、忙しい方にはぴったりでほったらかしができます。

ただ、他の投資商品を運用している方や経験を多く積んでいる方はどうしてもウェルスナビの手数料が高いと思ってしまうはずです。

なぜなら他の投資信託やETFは0.5%以下で運用できるものがほとんど。ウェルスナビの手数料1%が高いと感じてしまう要因です。

禁断の方法で0.6%代まで手数料を抑える

タイトルかなり煽ってますw

今回お話する内容ですが、やれば確実に手数料は抑えられます。

その方法とは、

  • 少額でウェルスナビを運用し、ポートフォリオを把握
  • 本資金を使って自分でETFを購入

こうすることで、ウェルスナビと同じパフォーマンスを出しながら手数料を0.6%代まで落とすことができます。

▼自分で購入した場合のコスト一覧(リスク許容度5の場合)

組み入れETF売買手数料信託報酬
米国株VTI(楽天VTI)無料0.1696%
日欧株VEA0.45%(+為替手数料)0.07%
新興国株VWO(楽天VWO)無料0.2696%
米国債権AGG0.45%(+為替手数料)0.05%
GLD(国内金ETF)無料0.50%
不動産IYR0.45%(+為替手数料)0.44%

※ETF名の後に()のあるものは、さらに手数料を抑えられる代替商品

どのETFも1%は超えていませんね…!

100万円を投資したとして、どのくらいウェルスナビと違いが出るのか具体例で比較してみます。

▼自分で購入した場合とウェルスナビの手数料比較(例:100万円投資)

組み入れETF()内は代替商品トータルコスト
自分で購入ウェルスナビ
米国株VTI(楽天VTI)572円3,370円
日欧株VEA 2,536円 3,380円
新興国株VWO(楽天VWO) 391円 1,450円
米国債権AGG 364円 500円
GLD(国内金ETF) 582円 800円
不動産IYR 559円 500円
合計6,056円(0.6%)10,000円(1.0%)

100万円投資した場合、約0.4%、金額にすると4,000円の手数料の違いがあります…!

100万円なのでたった4,000円(0.4%)か。と思う方もいるかもしれませんが投資金額が大きくなるとより手数料も高くなるので、されど0.4%ですよ。

これでウェルスナビを同じパフォーマンスを出しながらも、手数料を抑えることができるのです。

紹介しているETFは楽天証券ですべて購入可です!

楽天証券は楽天スーパーポイントで購入できたりと、最近かなりおもしろい証券会社なのでとりあえず登録しておいて損はないですよ。

 

\楽天スーパーポイントでリスクゼロで資産運用が始められる/詳細ページ公式ページ※登録も超カンタン。5分以内に完了します。

NISA口座も使えるので税金がかからず、トータルコストはさらに抑えられますよ。

ただし、この方法は弱点がある

想像つくかもしれませんが、ひとことでいうと「超めんどくさい」

完全にウェルスナビと同じポートフォリオを組むなら、リバランスしたタイミングで自分もしなければいけないので手間がかかります。

さらに短期で買ったり売ったりを繰り返すと、売買手数料がかかりコストもかさんでしまいますね。

この辺をどう捉えるか…。

自分で購入する方法は大きな金額を扱う方や、投資に割ける時間がある方が使うと恩恵がありそうですね。

 

ウェルスナビでも手数料割引サービスが展開開始!

ここまでは自分で購入すれば手数料が抑えられますよというお話でしたが、ウェルスナビでも手数料を抑えることができます。

それが、新設された長期割というものです。

「長期割」は、最大0.90%(年率)まで段階的に手数料を割り引きます。

割引幅は長期割判定額によって異なり、「50万円以上~200万円未満」なら0.01%、「200万円以上」なら0.02%を割り引きます。

とのことで、預け資産と運用期間によって段階的に割引されます。

▼長期割

預け入れ資産が50万円以上なら5.5年で段階的に手数料0.9%に、200万円以上なら3年で手数料0.9%になります。

長く運用している方に還元するサービスなので非常に好印象ですね。長期割がフルで適用されれば、自分で購入する場合の差は0.3%。

この差をどう捉えるかは自分の投資スタイルや割ける時間などによって違ってきますよね。

>>ウェルスナビの手数料1%は高い?徹底解説!【分配金で相殺できる】

 

まとめ:禁断の方法を紹介!

今回はウェルスナビの手数料を極限にまで落とす禁断の方法を紹介しました。

手数料は抑えられる代わりに手間はかかってしまいます。この手間と手数料、どう考えるかは投資家の条件などによって変わってきます。

これから資産運用をはじめてみたい!本業が忙しくて時間が割けない!という方は、まずウェルスナビがいいですよ。

すでにETFなどの投資経験があって自分で考えられる上級者の方なら、ウェルスナビを運用する必要はないと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

もう一度いいます。

これから資産運用をはじめる方にはウェルスナビが超おすすめです。

ウェルスナビで身銭を切って投資することからはじめて徐々に学んでいくのがいいと思いますよ。

ウェルスナビの登録は無料で、3ステップでカンタンにできちゃいます。

今キャンペーン中なので、始めるなら今がチャンスです。ぜひはじめましょう!

 

期間限定で最大5,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

※5分程度で登録できます!

 

ウェルスナビの始め方

ウェルスナビの概要から口座を開設し、運用開始するまでの流れを徹底解説中!

この記事を見て、ウェルスナビを始めてみたい!と思った方はぜひ読んでください。

無料でサクッと始められるウェルスナビ、未来のために投資しましょう。

ウェルスナビの評判・運用結果

ウェルスナビってなに?儲かるの?という疑問に答える基本をイチから解説しています。運用実績もすべて公開しつつメリット・デメリットについても検証しています。

>>この記事を読む

 

ウェルスナビの手数料を徹底解説

ウェルスナビの手数料1%は高いと言われているけど本当に高いの?そんな疑問に答えています。結論から言うと、完全自動でこの手数料は”安い”その理由を解説しています。

>>この記事を読む

 

ウェルスナビ損失・デメリットは?

ウェルスナビの運用で損失することあるの?デメリットはないの?そんな疑問に徹底的に答えています。損失リスクはあるけれどそれ以上にロボアドバイザーの魅力がありました。

>>この記事を読む

 

ABOUT ME
ノガミ@1000万円資産運用中
資産運用を初心者にもわかりやすく解説しています。

元駄菓子屋ラガーマンという異色の経歴の持ち主
>>元駄菓子屋ラガーマンがなぜ30代運用男子になったのか!?

コチラの記事も読まれています